元祖。

わたしを新感線の世界に誘った連れが
「これよ、これなのよ! 『髑髏城』はこうでなくちゃ!」
今にも泣きださんばかりの勢いでそう感動していたので『元祖・髑髏城の七人』と言えるとおもうわけだが、確かに。
これまで観たなか(2011年版も含む)でいちばんテンポがよく、わかりやすく、面白かった!
席の位置の関係もあるかも、だが、演者さんのセリフもよく聞こえたし。

なによりキャスティングがよかった。
前作・前々作も決してはずしてないけど、今回のメインの役どころの男性俳優陣があまりにもハマってて、もうしんぼう堪らん! という感じ。
意外、と言っては失礼なんだけど、マツケンがこんなに捨之介と天魔王に合うとはおもっていなかったので、オドロキと共にああ、この捨之介(天魔王)がいちばん「らしく」見えるな、と妙に納得させられた。
そしてそして、そして!
特筆すべきは蘭兵衛を演じた向井理くんですよ! なんなの、あのかっこよさはッ!! そして立ち姿のすっきりとした美しさは!!! 
蘭兵衛のトレードマークであるストレートロングの黒髪があんなに似合って、艶(いろ)っぺぇ蘭兵衛、初めてじゃね?
あたしゃ完全に目を奪われちまったよ。鼻息も荒くなるよ!
そんな美しい「天魔王×蘭兵衛」(←BLの公式)のシーンには我知らず “萌えて” しまったのだった(〃▽〃)。
うきゃー!!
でも蘭兵衛の殺陣がちょっと残念で、ここに関してはやっぱり早乙女太一くんの右に出る蘭兵衛はいないなぁ、とも感じた。
ていうか、蘭兵衛に関しては、外見・向井君、殺陣・太一君、演技・ヤマコーという、3人を足して3で割ったら無敵最強だとおもう!(そんな俳優さん居らんがな)

あとは私的にヒジョーに楽しみにしてた生瀬さんの演技。
こちらも最高! 胡散臭さといい加減さ満載の狸穴二郎衛門にベストマッチ! 完全にわたしのアタマの中では「二郎衛門=生瀬さん』でインプットされてしまったよ。

しかし敵地に乗り込んでの “百人斬り” のシーンは毎回毎回演出を変えてきてアタマがさがる。

続きを読む >>
SHIN-KANSEN comments(0) trackbacks(0)
鉄子のための。
切符取れたんで、こんどこれ乗る―(^O^)



会津方面、初めて訪れる地なので、いろいろ楽しみです。

次は「HIGH RAIL 1375」に乗りたいが、この路線は夏がベストのような気がするが、秋はどうなんだろう。
鉄子の道 comments(0) trackbacks(0)
異世界の学び舎。
そういえば、の話しではありますが、東武動物公園に行ったとき、園に入る前に我々の目をクギづけにした或る建物がありました。
それは一部では有名な『宮代町立笠原小学校』です。
(ぐーぐる先生のトップページのテキストボックスに「宮代」と入力すると、かなり上位に「宮代町立笠原小学校」と候補で出てくるほど)
こんなまとめページもあるほど、魅力的なその外観。
なるほど【竜宮城】と称されるのもうなずけまして、我々も動物園に入るのをしばし忘れて外をウロウロしてしまいました。
あとあと判明したのですが、こちらは校内の一部を一般開放していて、時間内なら生徒の保護者・出入り業者でなくても中に入れたんです。
そしたら校内のすばらしい建築意匠も撮影できたのに、それを知らずに居たので、撮れたのは外観のみ数枚。
今回はそちらをご覧いただくとして、機会があればまた訪れて、今度は校内を拝観したいと切に願うのでありまする。


その他のエンタメ comments(2) trackbacks(0)
部屋には古い暖炉があるのよ。

なぜだ。
なぜ『暖炉』ときくとときめいてしまうのか。
最近は『囲炉裏』にもえもいわれぬ憧憬の心を抱いてしまうのだがおそらく根底はつながっているとおもう。

『囲炉裏』も無理だがこの『暖炉』も我が家には似合わないなぁ。
ありふれた日常 comments(2) trackbacks(0)
まちがいさがし。

おじぃたちの真似してライオンに座ろうとおもったら、熱くて! アカンかっただ(^◇^;)
ケータイ見聞録 comments(0) trackbacks(0)
全制覇!



私はセンセイと一緒で絶叫系乗りものがすきなのだ。だからカワセミも大丈夫なのだが、連れは賢様と同じように本当は苦手なのに付き合って乗ってくれた。
ありがとー(*^o^*)
とはいえ25年ぶりくらいのジェットコースターはさすがに凄かったぜ。
ケータイ見聞録 comments(2) trackbacks(0)
東の動物園だけど。

白虎。




※釈迦に説法だとはおもうけど、いちおう解説。
なぜ「東の動物園だけど」「白虎」かと申せば、四神神話では白虎は西の方角を司る神獣だからです。
ケータイ見聞録 comments(0) trackbacks(0)
夏がねばってる。

いちおう沿線住民だし、夏祭りのDVDパンフでおじぃたちが

「来なさい!」

と言ってたから来たよ!


でもなんという暑さだ!!

もう秋ですよって、依田さん(気象予報士)が言ってたのに。

ケータイ見聞録 comments(0) trackbacks(0)
秋色の風景。


遠足に来た。

ケータイ見聞録 comments(0) trackbacks(0)
駅と海。
評価:
村松 拓
雷鳥社
¥ 1,620
(2017-08-25)

電車(列車)に乗ってて、視界が開けると嬉しい。
たとえ高層ビルが林立する都会だっても、ふいに鉄橋にさしかかって、一瞬でも遠くが見渡せるとなんだかほっとする。
そんなだから、広い海が目の前にあらわれたらもっと嬉しい。しかもその景色の一部と化した駅に降り立って、存分に堪能できたら、最高じゃないか。

という「乗り+撮り鉄」である(たぶん)著者さんの珠玉の名作集大成の本書は、日本全国の、海沿いにある美しいの景色の一部となった駅・70箇所を紹介してくれたもの。
webサイトの中からの厳選作品を集めてあるとおもわれるのだが、とにかくすべて素敵!

わたしも行ったことのある駅(「堀内」や「青海川」に「下灘」)がいくつかあるけど、それよりもまだ知らぬ駅がとても魅力的でたまりませんですよ。
いちばん行ってみたくなったのが長崎県・JR大村線の「千綿」駅。
駅舎もレトロだし、なによりやはり夕日が見事らしくて、これはぜひとも! とおもいました。
生きてるうちに行けるかなー。


鉄子の道 comments(0) trackbacks(0)
| 1/271 | >>