30年。

1987年。

まだ昭和だった。

こんな自身になってるなんて、想像してなかった。

でも、そこそこ楽しく暮らせてる。

有り難い。

ケータイ見聞録 comments(0) trackbacks(0)
無言でおもいでをあげてく2

樹齢30年。

ケータイ見聞録 comments(0) trackbacks(0)
無言でおもいでをあげてく1


ケータイ見聞録 comments(0) trackbacks(0)
ライブのメモリー。

10年ぶり3度目。

ケータイ見聞録 comments(0) trackbacks(0)
あの頃の未来。

30年前はめっさ広く感じたけど、今立ってると、そうでもない感じがするのはなぜだろう。


BGMは『SUNSET‐SUNRISE』のセトリをプレイリスト編集したもの。

泣けるんだな、これが(自己陶酔極まれり)

ケータイ見聞録 comments(0) trackbacks(0)
見えないぜっ!

残念ながら、富士山は雲の向こう。


やはり30年なので、10日遅れだけど路線バスでうねうね山を登って来たよ。

ホテルはすっかり様変わりしていて面影はないけど、この景色は変わらないねえ。

なんて雄大。

さて、手形と記念樹は?

ケータイ見聞録 comments(0) trackbacks(0)
ヌシ、現る。
カワウソって聞くと反射的に「黒川主」と連想してしまうけど、それはおいといて。

カワウソを漢字表記すると

『獺』

ですよね。
んで、この字を見ると反射的にある一定数は
「あー、呑みたいっ」
てなったりします。

まだ夏になる前、地元の友人が上京してきた時、夕飯を共に摂った店にはその呑みたくなる銘酒【獺祭】があって、わたしもおもわずオーダーしてしまったんですが、したら、なんかこんなのくれたんです。
すぐ飲むにはちょっと躊躇われるものだったので、ずーっと冷蔵庫に入れといたらこのニュース。

きっとこいつが飲んでほしくて黒川主を呼んだに違いない、とおもったので、さっき頂きましてございますよ。

・・・・・・お米屋さんの空気、呑んでるみたいでした・・・・・・(伝わる?)


正直、美味とは言い難い味。
これならぜったいあまざけのほうが旨い、というのはわたし個人の感想です。

どなたか他にこれ飲んだことある方いらっしゃいます?
お味、どうでした?



時事刻々刻々 comments(0) trackbacks(0)
夜伽噺にもなりゃしない。
むかし、むかしのはおなしです。








続きを読む >>
ALFEE comments(7) trackbacks(0)
テレビの仇を舞台で。

コンサートや舞台で、アンケートがある場合をご存知ですよね?


私が時々観に行く劇団 新感線にもあるんです。

で、私はこれまで書いたことなかったんですけど、来月『髑髏城の七人-シーズン風-』を観に行ったら、

【今後出演して欲しい役者さん】

て項目のところに

「ぜひ高橋一生さん(政次)を呼んで、とにかく橋じゅんさん(近藤)に謝らせるシーンをお願いします!」

て書きますよ、政次クラスタの皆さん!



しかし橋じゅんさんも因果な役を引き受けてしまったことよ……。

その他のエンタメ comments(0) trackbacks(0)
おなじおもいで。
このときに買った作品がご用意できました、とギャラリーさんから連絡頂いたので、引き取りに行ってまいりました。

ということで、何を購入したのか開帳〜。

むほほほほ、やはり鉄子としてはね!
という部分もありますが、いちばんの購入理由は、先年の松山公演遠征時、路面電車に乗り、わたしもこの写真の場所(松山市駅)に行ったから、なのです。

この松山行きはとても楽しく、わたしにとっては忘れがたいおもいでの地になったので、その記憶を坂さんと共有できてるようなこの一枚は無条件で
「買うでしょ!」
だったわけです。

さぁーてと。
どこに飾りましょうかね。
実のとこ、写真を飾れるスペースがもうなくなってきている我が家なので、いろいろ思案せねばなりません。
なのでホントは今回の写真展の作品にも欲しいものがあって、買いたいきもちは強いのですが、どこに飾るん?! という問題の前に、しゅん・・・とならざるを得ないという状況です。

さて、まじで、どこに飾ろうかしら・・・・・・。



その他のエンタメ comments(4) trackbacks(0)
| 1/269 | >>