熊本遠征クロニクル《A列車で行ってきた》
さて、この日は、夜におじぃたちの熊本公演というメインイベントが控えていながら、お昼には『乗り鉄企画』も用意していたといういわゆる “ダブルヘッダー” であったのですが、観光列車の宝庫・九州にあって、比較的短距離路線である『A列車で行こう』をチョイスしたおかげで
「あそこでの乗り換え1分! 遅れたら終わり!」

「行ったはいいけど帰りの電車まで2時間も待たないとならねぇ・・・」
とは無縁で、すべてにおいて「チョー余裕(はぁと)」というゆったり気分で過ごせたのはグッジョブ! だったとおもいます。
じぶんでじぶんを褒めよう、でかした、わたし。


でもね、ほんとに九州って観光列車がやたら走っててですね、超超ハイソなクルーズトレイン『ななつ星』は有名ですが、その他にもたくさんあるんです(コチラで確認してみて?)。
で、わたしははじめ、かねてからの願望である『或る列車』に乗れないだろうかと、運行予定等調べたんですね。
したら、11月30日なら、乗れそうだったんです、実は。席もあったし。
でもそのためには、どうしても前日から泊りで行かないと無理、だったので泣く泣く断念し、じゃあその代わりにすきなジャズナンバーの名前の列車を、と選択したのでした。

でも、それで大正解! でした。

列車の詳細はコチラで再確認してもらいつつ。入線待ち時からもう、ワクワク。

そんでもってご尊顔を拝し奉ります。
シックでかっちょいい! 賢様みたい!(なんじゃそりゃ)
2種類のロゴもシャレオツ!


車内はいたるところに “水戸岡イズム” が見受けられます。





(走行中に撮影している部分は手ブレご容赦)
ステンドグラスもキレイ。


しかしなぜこんなにエンジェルがフューチャーされているのだろう。
「A」列車に天使・・・これはまるでアルフィー・・・いやいや。

ところでこの列車は、コンセプトが
南蛮文化が渡来した天草をモチーフに、ヨーロッパをイメージした大人の旅を演出
です。
なので車内で販売されるドリンクもアルコール類がイチオシされていますし、食べるものもお酒のアテになるようなものがメイン。でもわたしは逆流性食道炎絶賛治療中のため、熊本名産デコポンを使ったソフトドリンク「Aサイダー」と塩チョコレートを旅のお供に。
車内BGMである『Take the A Train』をはじめとするスタンダードジャズに耳を傾けながら、三角へ向かう車窓の景色を楽しみました。

なかなかいいカーブの多い路線で嬉しい。


この路線の終点・始発である三角駅は『A列車』の運航開始に合わせてリニューアルされたそうですが、駅舎の内装はともかく、外観は昔の面影を留めているとおもいます。




ホームや駅周辺も昔のまま、という空気。





でも観光列車のピーアールは忘れない。




あとですね。
この『A列車』は、望めばそのまま天草宝島ライン『シークルーズ』というクルーザーで対岸まで行けるし、時間的にも無理ではなかったのですが、いかんせん「船」には滅法弱い(たいてい酔う)わたしなので、そのルートははじめから「ナシ」一択でした。
でも船が平気な方は乗り継ぎルートで対岸まで行ってみるのもいいとおもいます。


ま、乗車記念写真も撮りましたし、スタンプも押しましたし、グッズも買いました。






ということで熊本遠征クロニクルはこれにて終了です。
長のおつきあい、ありがとうございました!


鉄子の道 comments(0) trackbacks(0)
熊本遠征クロニクル《水は清き熊本》。
熊本遠征を決めた時
「よーし、ついでに『ブラタモなぞり』ができるぞー」
などと能天気に浮かれていたわけです。
で、いざ現地ついて真っ先にお城へ行ったら「立ち入り制限」。
はっ、そうだった! かなり修復されたように見えたけど、まだまだ完全復活じゃなかったんじゃん! あほう、わたしのあほう! 地元の皆様に謝れ!
と、やりすぎ熊本城に関しての『ブラタモなぞり』は自粛したのですが、熊本が実は「水の国」だった! という回のなぞりは粛々と(役所か)実施いたしましてございますよ。

とりあえず番組でのタモさんたちの足取りは番組サイトのこちらで確認していただくとして。

とはいえ、鼻ぐり井出は遠方だし、地元の高校は一般人立入禁止だし、健軍水源地は見学事前予約だし、で、パーフェクトに後追いするにはかなりハードルの高いルートではあったので、遠征ついでという手抜きなぞりにはやはり、観光地でもある【水前寺成趣園】でしょう!
てなわけで、九州屈指の名庭園に馳せ参じたわけです。

くまモンに出迎えられるも、園内に入れば・・・・・・



きれいねー。
しかも朝早めの訪問だったから混んでいなくて快適。
高校の修学旅行で来たときはほとんど理解できなかったこの風情。これがわかるようになるんだから、年取るのも悪かないなぁと思いますわよ。
いやもう、美しすぎて、写真撮りすぎました。





ただね、秋なので芝生が枯れ色なのが残念と言えば残念。初夏だったら、目の覚めるように萌える緑を堪能できたでしょう。
でもなんのかんの言ってもわたしは “秋好む中宮” なので、冬に備えようとする植物たちの営みに感銘を受けるわけでございます(そんななかの常緑樹・松のバイタリティーの強さよ)。

で。忘れちゃいけねぇ『ブラタモリ』。
ここ熊本には豊富な水が湧き、しかもとてもきれい、ということを紹介していた回ですから、その清水度合いを確認いたします。


ほんとに澄んでます、澄みきってます。
なのでいわゆる湖面鏡になります。


見事なシンメトリー。
カメラ構えてるわたしの影がはっきり池の底に映るくらい澄んでます。
こんなに澄んだ水が、阿蘇の火山によってもたらされているなんて、ほんと、自然て不思議だしよくできてるし、偉大だなぁとおもいますね。


ところで。
水前寺成趣園での時間の流れがあまりにゆったりで、ついついボーと長居してしまった(ああチコちゃんに叱られる)のですが、次はすぐ近くを流れている川を見に行かねばなりません。
番組のルートマップがいまいちわかりにくかったのでなかなか見つけられませんでしたが、裏道を発見できたので、たどり着けました!
おおおお、こちらもほんとうに透きとおった水が!
そして川渕には湧き水!
なんて素晴らしいのでしょう! 
こんなにきれいな川が普通に住宅街を流れているなんて驚きです(この驚きはあれだ、ノンアルの方々がセンセイの変形ギターを見てびっくりするのと同じだと思う。←それが当たり前の人々には今さら驚くほどのことではない)。
▲番組でタモさんと桑子アナとガイドの方がいたところ(降りようかと思案したけど、やめました)。


そんなこんなで、次に控える乗り鉄イベントのため『ブラタモなぞり』はここで終了。
どっちかってーと単なる水前寺公園の観光日記になってしまったけど、まあ、そこはご容赦あれ。
※台地のキワは時間が不足したので断念しました。



あ、おまけの『なぞり』で洗馬橋のタヌキたちをどうぞ。





タヌキをフューチャーするんだったら、賢様のタヌキもここに・・・・(いやいやいやいや)。

ブラタモなぞり comments(2) trackbacks(0)
熊本遠征クロニクル《ゆるキャラにテンション⤴》。
幼少期より「キャラもの」にはあまり興味がない性質(たち)のわたしでも、せっかく熊本に来たなら会っておきたい! と、どうしたら会えるのか調べてまで足を運んだのが “ゆるキャラ of ゆるキャラ” である『くまモン』でありました。

熊本の老舗【鶴屋百貨店】の一角にある『くまモンスクエア』。
設定では、ここがくまモンの勤務地てことになってます(フロアのいちばん奥に「営業部長室(賢様とおなじ肩書!)」があって、そこにいる)。



当日、わたしが『くまモンスクエア』に着いたのが、くまモンの勤務時間終了の10分前くらい。
もとより、ちょっとだけその姿が拝めればいい、くらいのきもちだったこともあり、部長室でお客さんとハグしている様子が見えたので、もうこれでいいや、と納得しかけたんだけど、ふと見たらハグ待ちの行列が意外と短いではないの。
これはもしかして並べばわたしもハグできるんじゃね? などと思案してたら、その心中を読まれたかのようにガイドのお兄さんが
「まだくまモンとハグしてないお客さまー、もう少しお時間あるので行列に並んでいいですよー」
ハンドマイクでそう煽るものだから、つい、並んでしまったことだよ、わはははは(しかもけっこうな時間、わたしが行列の最後尾だった)。

ひとりひとりとの触れ合い時間はだいたい20〜30秒程度なので、列はサクサク進んでいき、あっという間にわたしの番。
くまモンは、ウチのおじぃたちの武道館ライブにゲスト出演してステージから落下した梨の妖精とは違って、人語を使用しないのは皆さんご存じのとおり。
ゆえに通訳(?)のおねいさんが常に傍らに控えており、それはつまりくまモンに話しかけているようでいて実はそのおねいさんに話しかけていることになるので、いやいやいや、声はかけられそうにないなぁ、とひるんでいたんだが、いざ、くまモンを目の前にしたら、いきなりテンションが高くなり、そんなこたどーでもよくなって
「東京から復興支援に来たよー」
なんのためらいもなく、言ってました。わはははは。
したらくまモンが、まず握手を求めてきて、そのあとハグしてくれたわけなんだけど。

ものすごく、嬉しかった!

なんだこの嬉しさ。

ちなみにお客さんとのハグタイムは撮影禁止。
でもそのあと、ちゃんと撮影OKの時間が設けられてるのだ。
でもヤツときたら、あんなにずんぐりむっくりなのに機敏な動きをしやがるので、ガラケーのカメラだとそのスピードに追っつかないったら!
だからこんな、どこかがブレている写真に!




あうー。


そんな情けない写真しか撮れなかった撮影タイムが終わるとくまモンは退出。
さすが売れっ子営業部長!
スクエアに残ったわたしは、くまモンにあげられたテンションが高いままになっていたせいで、気がついたらやたらとくまモングッズを買い込んでおりましたとさ。
(でも売り上げは県か市に入るんだから、まさに復興支援!)


そうそう。
いちばんかわいかったのは、ハグタイムの部長室から撮影タイムのステージに移動するため、部屋から出てきた時のくまモンであーる(↓)。



その他のエンタメ comments(0) trackbacks(0)
熊本遠征クロニクル《路面電車の走る街は素敵》。
松山に行ったときに実感しましたが、路面電車が走ってる街は素敵です!
くわえてそこにお城がそびえてたら間違いなく、フォトジェニックシティです!!
断言します!!
ということで、熊本もあちこちがフォトスポットでした。
しかも走ってる市電の車体のペイントのバリエーションの豊富さときたら!
ええ、あらかじめわかっていましたけれども!

鉄子としては、走っている姿を見ているだけでも楽しい。ずーーーーと見ていられる。
こんな素敵な街、ありますかーーーーーッ!!

とはいえわたしは肝心なところでツメが甘いので、目撃できた車体をすべて撮影できたわけではない、のです。

でも、見たの! ほんとに! 見たからいいの!

ということで。
乗れたのと、撮れたのと車内と線路。










そんななか、もっとも見たくて乗りたかった車体がコレ!(↓)



水戸岡デザインの車体『COCORO』。(詳細はコチラをご一読ください)
見ることはできましたよ! 見ることは! 何度も!
でも、乗ることができなかった・・・・・・orz。
ほんと、こういう「運」を持ってないよ、わたし。


さて、熊本市電には「A系統」と「B系統」の路線があり、幸い、両路線乗れました。
泊まった宿と市中の主だった観光地はA系統でもB系統でも大丈夫な停車場が最寄ですが、熊本到着初日、時間があったら行きたいとおもっていたレトロな喫茶店は、B系統路線の停車場が最寄だったのがラッキーでした。
そこは【長崎次郎喫茶室】。
外観からして雰囲気があり、たまりません。


一階は書店で、二階が喫茶なのです。


喫茶室ヘの階段も素敵だし、室内もチョーおしゃれ。




窓から線路も見えるのです。

どこもかしこも「絵になる」喫茶室で静かなひと時を過ごすことができ、たいへん満足でした。

にしてもこのお店のある交差点も、やたら写真映えする場所。
過日、素晴らしい作品に見とれた写真家・保井さんを真似して、暗めの設定で撮影してみましたよ。




暗め写真、いいねぇ(自画自賛)。
鉄子の道 comments(0) trackbacks(0)
熊本遠征クロニクル《蘇る熊本城》。
本来ならこの記事のカテゴリは【ブラタモなぞり】にしたいところですが、残念ながら先の震災の影響はまだ続いていて立ち入り禁止区域のほうが多く、とてものことタモさんたちの足取りを追うことができないので、今回は写真メインの【撮るんです】でまいります。

まずは俯瞰で熊本城の様子をご覧ください。


お城の敷地の向かいに立つ熊本市役所14階展望廊下からの眺めです。
震災直後の姿ばかりがクローズアップされていたので、ここまで復旧していたのを見て、本当によかったとおもいました。と同時に
「すげーぞ、熊本!」
と嬉しくなりました。

遠くから見てもわかりましたが、近くで見ても石垣の色の違いは歴然です。
明るい色の部分が、修復作業で積み直された部分ですね。
敷地内部にはまだ手つかずの箇所もありますし、積む準備はできている石が並んでいます。


ひとつひとつにナンバリングしてあるのがわかりますね。
また、日常で工事現場に遭遇しても説明看板は読もうとおもわないのですが、ここのものは読んでしまいました。


なお、下の写真ではよく見えないかもしれませんが、現時点で修復が済んでいる個所と、未着手の箇所を示したボードです。


さて、訪れた当日にもアップしましたが、現時点の天守閣付近の様子はこんな感じです。


地震のあとのニュース映像の、崩壊著しい姿から比べたら、かなり修復されているとおもいます。

地震関連のニュースを見ているとき、甚大な被害が出た熊本城を地元の皆様が確認に来て
「とにかくまずはお城の復旧を」
と言っているのは、実はピンときていませんでした。
え、他にライフラインとか大事な部分があるんじゃないの? という意味で、とても不思議でした。
でも今回、熊本の街を歩いてみて、なにをおいても「お城を直したい」と切望した地元の方々の気持ちが、少しだけわかったような気がしました。
街のシンボルであり、地元の皆様の心の拠り所であり、誇りである「お城」。
この写真(↓)のように、ふとしたときに見える「お城」。
きっと静岡県民の「富士山」に近いものなんだろう、と考えたら、納得できたのです。
このうえは、せめて建物の部分だけでも、一日も早い完全復旧が為されることを願うばかりです。

最後は、市役所展望廊下からの夜のお城の姿で〆ましょう。

撮るんです comments(2) trackbacks(0)
熊本遠征クロニクル《はじめに》
先週はアホほど投稿しまくったくせに、休み明けからは更新をピタリと休むという「0か100か」みたいなことしてますけど、写真の整理にてこずりましてですね。
はっはっは。

ということでようやく写真のRAW現像(いろいろできるので面白くてつい夢中になってしまった)と区分けができたので、このあと「見て見てー」という写真アップ記事を投稿しますです。
ところで思いのほか(地元の皆様すみません)熊本がフォトジェニックな街でしてね。
きれいだなぁ、とか、オシャレ―、などと独り言いいながらやたら撮りまくったので、日付けごとでアップするよりは、撮影対象物べつにまとめたほうがわかりやすいとおもいましたので、記事はカテゴリ別になっておりまする。
つまり写真は必ずしも時系列には並んでいませんので、ご注意を、てことで、ひとつよろしこ。

いつものように長くなりますので、お時間のある方のみ、おつきあいくださいませ。


- comments(0) trackbacks(0)
熊本、だんだんなぁ!

高校の修学旅行以来だった熊本。

満喫いたしました。

微力ながら復興支援もできた?  かな?

天守閣に近づいてもよくなったら、また来たいなあ。


ケータイ見聞録 comments(0) trackbacks(0)
アル中たちのいるところ。ー2018秋の熊本でセンセイの凄さを改めて知るー

今夜は早い時間からこんばんは。

ひとり旅なのわたし気ままにハンドル切るの、じゃなくて、ひとりなので宿に戻って来て、さっきまでのライブを反芻しとりますけどもね。


なんつーの?  もうね、今夜はね、最後のセンセイが凄くて!

どう言ったらいいか、わかりません!


センセイってさあ、やっぱり際立ってるよね。

姫の皆様には「何を今更」でしょうけども!

いえ、わたしだっても何回か感じたことありましたけども!

今夜はさらに凄くて!!

全身で訴えてる、っていうか、力の限り伝えようとしてる、っていうか。

鬼気迫るものがある、っていうか。

とにかく凄かった!  わけです!

賢様が今夜も素晴らしくかっこよかったこととか、坂さんのギターアドリブがめっちゃシャレてたこととか、いろいろあったのに、全部!

全部センセイが! 

持ってっちゃったあああああー!


はあ……。


帰り道、ちっとも興奮冷めなくて、なんども、センセイ凄い、とつぶやいてしまったわよ(怪しい奴)。


とまあ、そんな熊本の夜。

今からお風呂にお湯ためて、買ってきたバブ入れて、ゆっくりするよ。


あー、凄かったなぁ……。


放心…………………………。




ALFEE comments(5) trackbacks(0)
終点の先は。

観光列車の終着駅は【三角】(みすみ)です。

駅出たら目の前は海!

でもってたぶん対岸は長崎!

明日、おじぃたちはあちらでライブですね。

参加される方、盛り上がってね!

今夜はこちらで爆発しますわよ!

o(^-^)oo(^-^)o

ケータイ見聞録 comments(2) trackbacks(0)
Take the A train!






観光列車の宝庫、九州に来たなら、何かに乗ろう! といろいろ調べてチョイスしたのがこれ!

BGMはもちろん『Take the A train』

テンションあがるわ〜〜。


なんと帰りも乗るんだよ、切符引き取る時、みどりの窓口の係員さんに

「すぐ引き返すんですか?」

と訊かれてしまったわ。

わはははε=ε=(ノ≧∇≦)ノ

鉄子の道 comments(3) trackbacks(0)
Text:©2004 瀬戸際日記Neo.
| 1/299 | >>