スマホ・タブレットでご覧の方は
「PC版」表示にてお願いします
                               
世界はふたりのために。
若いジャニヲタさんが書くブログは面白いものが多い――と以前書いた気がするのだけど、最近はちょっと読むのをサボってました。
コロナ禍もあるし、なにより我らが神様の配信ライブとか、生配信とかで「他者の推し」にかかずらってる時間がなかったため、です。
でもここにきてちょっと余裕が生じたので、いったいジャニヲタさんたちはこのご時世、どんなふうにお過ごしなのかしら、と、ブックマークしてるブログを久しぶりに開きましたらば・・・・・・。

なんと、そのうちのおひとりが「結婚しましたー」とご報告なさっていました。
あらまぁ、おめでたいこと!! とまるで我が子が(年齢的にもそんな歳の差)結婚したかのような祝福気分に。
さて、どんなお相手なのかしらと記事を読み進めていたら、アタマがまっしろになるような一文が出てきました。
ちょっと引用します。
インスタで婚姻届と指輪の写真とともに「ご報告です」という入りで突然入籍報告してくる友人たちに、「ええぇえ、知らんかったぁあああ!!」という寂しさと虚しさ、置いていかれる焦りを感じていた20代前半でした。

読みましたか? わたしのアタマをまっしろにしてくれた部分がどこか、わかりましたか?


そうです、ココですね!
インスタで婚姻届と指輪の写真とともに
「ご報告です」という入りで突然入籍報告してくる友人たち


えっ・・・・・! でした。そして再度読み直します。でも紛れもなく書いてある、

インスタで婚姻届と指輪の写真


ぇぇええええええええええええーーーーーッ!
なにそれ、なにそれ、なにそれーーーッ?!?!?!
Instagramでそんなことするの、今の若者は!!??
にわかには信じられず、ほんまかいなと疑りながらInstagramの検索窓で「#婚姻届」「#結婚しました」
でサーチかけたましたらば・・・・・・んまぁ、出るわ出るわ。
「#婚姻届」は9.4万件、「#結婚しました」は6.5万件もの投稿があるのでした。
昭和生まれのおばちゃんはもう、まっしろ。
そうか、平成生まれの若者は、こうやって知人だけでは飽き足らず、全世界に向けて己の幸せを報告するのか・・・・・いやもう、まったく別世界の住人だわ・・・・・・と眩暈すら覚えつつ、Instagramを閉じたのでした。

わたしの世代で友人・知人に結婚報告するといったら、その年の年賀状が定番でした。または春先にゴールインしたら暑中見舞いとか、残暑見舞いとか・・・つまり時節のご挨拶にかこつけて、披露宴に呼ぶほどではないけどお知らせはしとかないとあとあと面倒だなという相手に、式で撮影した時の写真を使ったハガキで「入籍しました」と送る――ものでした。
でもInstagram使えばハガキ代金(印刷も含む)使わずに、お手軽に報告できる! もちろん知らせたい相手がInstagramのアカウントを持っていなければなりませんが、今どきの若者はほぼこの手のSNSは使っているはずで、万一使用していなくとも、誰かが投稿を見て
「〇〇ちゃん、結婚したってー!!」
と、LINEとかメールで瞬く間に拡散するでしょう。
たいへんに合理的かつ現代的です。
「凄いなぁ・・・」
おばちゃんはもう、ただただ感心するばかり。
それにそういった事柄でInstagramに投稿される写真は、さすがに見栄えするものばかりでたいへんにキレイです。
すでに “寂しさと虚しさ、置いていかれる焦り” という感情とは縁が切れた歳ともなると
「幸せになるのだぞ」
謎の上から目線で祝福を送りたくなるのでした。


まったくもって、思いもつかないそして関係のない、Instagramの利用方法を、今回ひょんなことから知ることができて、たいへんに有意義でした。


時事刻々刻々 comments(0) -
本日は3階席にて。
という設定でお邪魔してきましたのん、カモアル。
でも、まるで最前列のようでしたーーー!!
いいセトリだったなー。
わたしね、結構すきなんです『風曜日』。
というのも、わたしも曜日のこと「なんで風だけないんだろう」って考えてて、当時書いてたSF小説で「風星」って名付けたので、センセイと同じこと考えたんだ! て、すごく嬉しかったの。
だからすきな曲なんです(動機が不純かしら)。

まあ、そんなことはどうでもいいですね。

今回は秋ツアーのグッズがあることもわかりましたね!
嬉しいし、なんなの、あおさしんの最高度合いは!!
賢様とマメシバーーーーー!
幸ちゃんと子ヤギーーーー!
センセイとネコちゃんーーーーーー!!
これが最高でなくてなんなんですか、て話しですよね、みなさん!! 正気を保てましたか!!
早く欲しいぃぃぃーーーーーーーーー!!!
きっとカレンダーもあるとおもうので、期待します。

こうしていつものツアーと変わらないようにしてくれる心遣い、ほんとに嬉しい。ありがたい。
だからたくさん買って恩返ししなくちゃ!


さあ、次回は『SUNSET-SUNRISE』のライブ映像を一緒に観賞する回です。
わたし、このオールナイトライブ、なんと最前ブロックで参加したんです(33年越しのマウント告白)。
でも最前付近は傾斜地の一番下で、めちゃくちゃ水が貯まって、くるぶしより上まであったので、たいへんだった記憶が鮮明です。前過ぎて富士山も見えなかったし。
そういうことを思い出しながら、楽しみたいと思います。

あ、今回もチャットでお声がけしてくださった風子様、ハッカ飴さん、まきねぇ様ありがとうございました!
待ち合わせ、できたかなーーー(笑)。



ALFEE comments(4) -
こちらもゾロ目。
過日のサカスタグラムにこんな投稿があったのをご記憶でしょうか。

「5」が揃ってたから、路肩に停めて撮った、と仰ってましたね。
これ見て、そーいやわたしのガラケーにも似たような画像があったはず・・・と探したら出てきました。
これ(↓)です。

わたしは免許も車も持っていないので、これは昔、仕事で乗せてもらったメーカーの営業車のものです。
運転していたメーカーの人が
「あっ! ゾロ目だ!」
と突然叫んで、やはり路肩に停めたんです。
で、乗ってたみんなで「おおっ!」となって記念撮影――したものです。
懐かしい〜〜〜。
車持ってる人は、わりとこれ、するんじゃないですか?




どうでもいい話 comments(0) -
今夜もお招きに預かりまして。
ありがとうございました!
もう、すっげー楽しかったです!!
ああいう自由な感じが、たぶん多くのファンは「辛抱堪らん」のです。
いいもの、たっぷり見せてもらえましたとも!!!!!

でもしかし。
賢様もとうとうタピオカを体験してしまわれましたのね。
わたし、どうしようかな。
前回のブームの時も、今も、触れたことないんだけど、賢様がお飲みになったとなると・・・。
ていうか、坂さんもセンセイもタピオカ経験済みって、なんかすごいなぁとおもいますわ。
流行に敏感て、ああいう職種の方はある程度必要よね。
アルフィーの場合は2/3がちゃんと敏感だからいいんだろうな。

ところで本日開演前にチャットでお声がけしてくださったふうこさん、ハッカ飴さん、まきねぇ様!
嬉しかったです、ありがとうございました!
よかったらまた来週、呼んでね〜〜(@^^)/~~~

ちなみに私のアイコンこれ(↓)なんで、見つけた方いらしたらよろしくです。

19:15分くらいからなら、まだチャットの流れもそれほど早くなくて読めることがわかったので、そのへんあたりで(19:40過ぎるとかなり早くなって読むのたいへんになるね)

じゃあまた来週〜〜〜(^^)/ て言えるの、いいねぇ。
ALFEE comments(6) -
やっとの『新世界』。

やっとN響の『新世界から(より)』が!
というんでチケット取ったーーー!
たしかクラシック演奏会や演劇は入場員数制限が解除されたはずだけど、チケットの売り方見てると満員にする気はないように見えたので安心度も高くて嬉しい。
(でもこのまま感染者数が高くなっていくと・・・あ、いかんいかん、また余計なことを)

とにかくずっとN響の『新世界〜』が聴きたかったから、めっさ楽しみーー!
あとはベルリンフィルと読響の『新世界〜』を聴きたいなー。

オールドファッション comments(0) -
Come On! に応えて。
配信会場へお邪魔してきた。
楽しかった!
この新たな試み、探り探りのなかだけど、お三方がお三方らしくて、とてもよかった。
特にポケットからお菓子取り出してごそごそやる坂さんが異様に可愛かったぜ。
またすぐ来週逢える、てのもいいね!
一週間、頑張れる。

ALFEE comments(4) -
今さらな百恵ちゃん2020。


タイトルに「2020」とついてるのは、過去にこういう記事を書いてるからです。

録画してるのにリアルタイムでも見てましたのですが、いやー、凄かった! うん。
とてものこと21歳の若い娘さんとはおもえぬ貫禄。そして存在感。
やっぱり当時の百恵ちゃんて、スーパースターですわ。圧巻でした。

コンサートの構成も見事でした。
金色のふんわりしたスカート、ベルトの真ん中に大きなリボン、バルーンスリーブという「アイドル」の装いから始まり、赤のパンツスタイル→青のロングドレス→純白の、ウェディングドレスを連想させる衣装という着替えとそれらに合わせたカラーマイクで歌うヒット曲の数々。それもフルコーラスではなくあえてメドレーにしてスター街道を駆け抜けた感を出してる部分は、よく客席のファンはおとなしく座ってられたよなぁ、あれは現場に居たら立つしかないでしょ! 座って聞かなきゃならない時代だったなんて気の毒すぎる! などとおもってしまいました(大きなお世話?)。


ところでこんなことを書くと、熱心なファンの方には怒られそうですが、百恵ちゃんの歌って基本的に「演歌」ですよね。
ひとりの男を愛して愛して愛しぬいて――愛がないと生きていけないわ、的な演歌。
そんな歌詞は出てこないけど「着てはもらえぬセーターを寒さ堪えて編んでます」な暗い健気さをはらんでる演歌。
貴女のためならどんなことにも耐えられるわ、的な演歌。
ご本人もMCで「女」にとてもこだわってるようなことを話されてて、その基礎にあるのがなんていうか、ものすごく古風な女性観なんだなぁ、と・・・・・・そんなところはごめんなさい、ちょっと(うわぁ・・・)となってしまったのです。当時はまだまだそういう時代だからしょうがないんだけど。
なので『ロックンロール・ウィドウ』になった時のカッコよさが! めっちゃ際立ちました。
こういう路線の曲をもっと歌えばよかったのに! とおもうくらい。
でも百恵ちゃんの本質は、やっぱり演歌的なところなのかなー、だから結婚して引退しちゃったんだろうなー、とか、だから聖子がいろんなところで比較されるんだろうなーとか、余計なことまで考えてしまったのでした。
あ、聖子を引き合いに出したのでついでに。
誰かが、「聖子は「い」の歌い方がとてもきれい」と言っていたけど百恵ちゃんは「あたし」の歌い方が絶妙ですね! あんなにカッコいい「あたし」を歌いきれる歌手は、もういないんじゃないかな。


とまあ、とりとめもなくいろいろ書きましたが、結論はとにかくとてもいいライブ映像でした、ということ。
なのでNHKBSPさん、ありがとうございました!





その他のエンタメ comments(0) -
『透明な歌声』。
「出た!」
この、『透明な〜』というフレーズを聞くと条件反射でつい、そう言ってしまうんですよね。
というのもこのフレーズを送られてる歌い手って、完全なる主観ですが、ちっとも『透明』な歌声じゃないじゃーん、だからなんです。
あ、お断りしておきますが、「透明じゃない」=「下手」という意味ではないです。
今回はあくまでも “声質” のお話しですよ、いいですね。
ということで。

先日も某情報番組見てたら、或る若手の男性ボーカリストに対してこのフレーズを使ってたんですけどね。
CMソングでたくさん起用されている彼の歌声は聴く機会が多いので、わたしももちろん知っていたけど、声の質は「透明」という感じではなく、色的に比喩するなら「乳白色」だと、わたしはおもったんですよね。
というより色で喩えるより、材質で言いたくて、彼の歌声は「和紙」。
CMで聴く曲はパワフルなアップテンポなナンバーで、ながれてる部分もおそらくサビの、いちばん盛り上がってるところだから、がつん、とくるし、ハイトーンボイスな彼の声は耳に残るけど、でもとても繊細で儚い部分もあるなー、という印象で「和紙」、だったから、テレビから『透明な〜』とやられた途端
「出たよ〜〜」
になってしまいました。

なんかさ、エンタメ関係の人って、高い歌声のひとに安直に『透明な〜』をつけたがるところ、ない?

私が初めてそのフレーズを聴いたのはもう20年近く前。
某ユニットの女性ボーカリストに対して使われている時、でした。
とにかく彼女に対しては『透明な歌声』『透明な歌声』のオンパレード。音楽番組でも音楽雑誌でも、それをつけときゃいいだろ、的に、大安売り状態でついてた記憶があります。
でも実際に聴いてみたら
「えっ?」
でした、わたしは。
なぜならその歌い手は歌詞に濁点をつけたような発音をする歌い方をしていて、個人的にはとても耳に障ったのです。
聴きづらかったのです。
ぜんぜん「透明」じゃない・・・・・・。
でも、彼女もハイトーンで歌える人でした。
だからこの人の場合も「透明」というより「お餅」では? と今はおもうのです。

なんかさ、エンタメ関係の人って、高い歌声のひとに安直に『透明な〜』をつけたがるところ、ない?

ここからもっと主観です。
わたしが「透明な歌声」の持ち主だなーとおもうのは

・薬師丸ひろ子
・今井美樹
・(喉を傷める前の)徳永英明
・杉山清貴
(敬称略)

あたりかなー。
人によっては賢様のお声も「透明」にカテゴライズされるかもしらんですが、わたしとしては賢様には「朝日のような」と「月のような」という二面性の比喩をお贈りしたいです。あ、「雪のような」もいいな。いやまて「風のような」もあてはまるかも・・・ええぃ、いっそのこと「森羅万象を司る声」でどうだ!!
坂さんは「猫のような声」(笑)、ですかね。
可愛さ満載で甘えるような歌声で攻めてくると思いきや、悪い男のドライな感じも出してくる、またある時は物憂げな大人な男の背中を見せる静かな声――とその時々でくるくると変わって、人を惑わすネコちゃんそのもの、な声。
センセイは、若いころは「絹のような」ほっそーーーーい声でしたが、今は力強い「山」のように安定感のある歌声に。
いやー、お三方の歌声は色には喩えられません。

というか『透明な歌声』というフレーズはあてにならん、という話しをしてるつもりが、いつしかお三方の声の話しになってしまった、なにやってんだわたし。
まあ、いいか。

明日はとうとうそのお三方の生配信ですね!
結局12番組通しチケットを買ってしまいましたよ、ヤンバルクイナ(意味なし)。
BAY-AREAのライブビデオを見ながらどんなことを話されるんでしょうか。
わたしとしては、収録時間が短いことを今になって気づいて
「もったいないなー、ノーカット版出そうか!」
とセンセイが言ってくれないかなぁ、とひそかに願っています。

楽しみですね!!








どうでもいい話 comments(2) -
女の敵は。
とりあえず賛同署名した。
たぶんあの党は無視するだろうけど。

というかそもそも比例代表から選ばれてるから、名簿の上位に杉田氏の名前がある以上、落とせないんだよね。
「自民」を支持してる層が多い限り。
この人のことは支持しないけど、「党」は支持する――と当選しちゃう仕組みだもの。
困った仕組みだよね。

でも、以前にも別の記事で書いたけど、我々の世代(昭和40年代生まれ)だと、男社会・男性優位由来の価値観が脳内に沁み込んでて、そこから抜け出せない部分もまだまだ、ある。
それに気づいて、自身でアップデートできた人、しようとする人はいいのだけど、この杉田氏のようにアップデートする気なんざさらさらない、むしろアップデート側の価値観は間違ってる! と敵意剥き出しにする相手には、こうしてぶつかっていくしかない。
しかもその相手が権力側にいるならなおさら声を上げる必要がある。
こんな考えで法律を作られたらたまったものではないからだ。
あなたの娘さん、お孫さん、大事な友だちの娘さん、誰かの大事なお嬢さんたちが、こんなことを言う政治家が考えた法律に苦しめられる未来を、許せますか?


女の敵は女ではないよ。
我が意のままに従う女を育てて、それでこういうことを言わせて、女同士をいがみ合わせて影で嗤ってる奴らだ。
目くらまし、させられているんだ。
間違えてはいけないよ。



時事刻々刻々 comments(0) -
冷血動物。
昼休み、近くの文房具店に買い物に行ったのね。
で、新しい日常のルーティンである「入り口での検温」が為されているので、手首を差し出しますわな。
で、センサーが私の体温を検出しますわな。したら
「えっ?!」
検温係のひとが驚愕の声を上げたんですよ。
まさか?! てなるやん。37.5°超えてるの?! てビビるやん。
でもそうじゃなくて、体温表示部の数値はなんと

33.1°

私も
「ええっ?!」
となるわいな。
係の人が
「もう一度測ってみましょう」
て言って私の手首に測温機器を向けて、再度の検温。
表示部には「33.1°」の数字。
「・・・・・・」
「・・・・・・」
言葉もないふたり(なんの小説だ)。

係の人が首を傾げながら、自身の手首に検知部を向けるとピッという音と同時に「36.3°」の正常値。
「・・・・・・」
「・・・・・・」
またまた言葉のないふたり。

ややあって
「高いわけではないので、どうぞ」
と、入店を許可してくれたけど、妙な生き物を見る目つきになっとったね・・・。


なんであんな低い数値が出たんだろう。
いくら事務所が寒いからって、それで体が冷えてるにしたって、外に出て歩いているうちに皮膚の表面温度も正常な温度に戻るでしょうに。
これじゃあまるで菱沼さんやんな。

そのせいかどうか知らんが、店でこんなの(↓)買ってしもーたぜ。


トホホホホ comments(0) -
Text:©2004 瀬戸際日記Neo.
| 1/332 | >>