めんどくさいラフマニノフ。

2018.7/14 日本フィルハーモニー交響楽団(定期演奏会)
於:横浜みなとみらいホール

・ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 作品18
・ラフマニノフ:交響曲第2番 ホ短調 作品27

[ピアノソロアンコール]
・ショパン:ノクターン第20番 嬰(えい)ハ短調「遺作」


言うてもまだまだクラシック初心者なので、実はラフマニノフのシンフォニーを今回初めて聴いたのであります。
ありますのですが。
えーと・・・。
うーんと・・・。
あの、その・・・もう、差別になるかもとかそういう配慮いっさい抜きで言っていいですかね?

「ラフマニノフ、躁鬱病かよ!」

すみません、すみません、言葉が悪くて。でも率直にそう感じてしまったので。
それほどに “これまで聴いてきた” 交響曲と違ったものだったのです。
とにかくひとつの楽章内で「起伏」が激しい。
演奏スピード然り、曲調然り。
同じ楽章でこんなに変えてこられたらわけがわからん! というくらいコロコロ変わる。
アル中にわかりやすく言うならファンになって初めて《組曲》聴いたときの
「え、これ、全部おなじ曲なの? 次の曲に入っちゃってない?」
ていう戸惑い、あれでございますよ。
あれを、久々に感じたのです。
で、渡された簡易プログラム(公演案内)を読んだら、やっぱりラフマニノフにはメンタルに支障をきたした時期があったらしくて、それを乗り越えて作曲されたのがこの交響曲第2番だったと書かれていたので、とても納得できたのでした。
それとわたしの戸惑いの要因はもうひとつあって、一般的な交響曲や協奏曲は主題はひとつなのに対して、この2番の第一楽章にはふたつの主題が入っていること、でした。
そりゃふたつもあったら−しかもその主題が似てたらいいけど、正反対なんだもの−曲の印象を捉えるのが難しくなるわけですよ。
やれやれ。

でもそういう感覚を味わえた、そのことはとてもおもしろかったです。
これまでの演奏会では決して得られなかったので。


それと。
今回もチケット代をケチってしまったので、西本さんからはるか遠い席&視界がバルコニー席特有のパイプ製手すりに遮られる、という悲しい事態になってしまったので、西本さんが振る公演ではやはり相応の対価を払わないとアカン、と猛省しました。
前にもこんなこと書いたような気がしますが、今度こそ身に沁みましたので、次回はちゃんと、ゼゼコ払います。
くすん。

そんな席から見た西本さんは、この日もパワフルでした。まるで体操してるかのように(笑)。
一度だけ、指揮台に「踏み込む音」が聞こえ
「これこれ、これが西本さんよね」
と、嬉しくなりました。
また西本さんで『新世界より』聴きたいなぁ。

オールドファッション comments(1) trackbacks(0)
ハマで西本さん。
初めて来たホール。

雰囲気がオペラシティに似てる。

今日のプログラムはメインもサブもラフマニノフ。

楽しみー!

ケータイ見聞録 comments(0) trackbacks(0)
神経質な故障。
森若さんの新刊!
前回、こりゃまためんどくさそうなキャラが出てきたよ、さあ、どうする森若さん? なラストだったのでドキドキしながら読み始めたら期待を裏切らず、森若さんを面倒ごとに巻き込むキーパーソンで実にありがたい。
というか、なんかこの美華というキャラが若い頃のわたしに似た部分があって架空の人物とおもえなくなってきて、読んでてちょっと気恥ずかしかった。
あー・・・こんなふうにつっぱらかってたなぁ・・・。
ということはきっと森若さんみたいな性格のひとに
「ああ、厄介な」
と眉をひそめられていたのね・・・。
まさに若気の至り。
などと自身の来し方にまで思いをはせてしまう今作だった。
巻を重ねるごとにおもしろくなるなぁ、このシリーズは。
いずれドラマ化されたりしてね。



読・読 comments(0) trackbacks(0)
Sweets good will.
すぐ行くと混んでるだろうとおもって、今日、仕事の帰りに足を延ばしてみたんだけど、やっぱりシュークリームは売り切れてました。
(てか、夏場は17時までしかテイクアウトできないらしい、そりゃ売り切れるわ)
ちなみにカウンターには今日までの募金総額が出ていて、50,000を超えてました。
10日に始まって、1個につき50円だから・・・・・すごいことです。

来春は広島遠征かなー。

時事刻々刻々 comments(2) trackbacks(0)
文字も見た目が100%。
過日、すきなフォントの話しをしたときは、単にすきな書体についてと、そもそも書体とはこういうものです的なことに終始したんだけど、今回は「フォントは実は大事だよね!」という確認のお話しです。
というのも、はてなでおもしろいサイト『ためしがき』というところが紹介されていて、すきな短文を入力すると、多種多様なフォントでその文を表示してくれるのです。
それが実に楽しいし、ありがたい。
わたしは『星空のディスタンス』でやってみました。
そのほんの一部をご紹介します。
    ↓
(クリックすると大きな画面で見られます)

どうです?
おなじ『星空のディスタンス』でも、だいぶ印象が違いますよね?(漢字の「星空」が出ないフォントもあるし)
歌の世界観を知ってる我々からしたら《ポムらむ☆キュート》というフォントでの表記は
「ちょっとなぁ(苦笑)」
になってしまうとおもうし、ひとによっては《明朝体》は「違うな」もあるだろうし、その逆で《ゴシック体》は「ないない」もありなわけで。
ことほどさように “フォントの持つちから” は絶大です。
コピーライターさんが考え抜いたコピーも、フォントひとつで「超名文」になったり「くそダサイ見出し」になってしまったりもします。
どころか、そんな広告という特異なジャンルに限った話しではなく、日々の仕事やご近所づきあいにおいても、書体の選択をミスったら、とんでもないことになることだってあり得ます!

会社勤めをしているひとは、他所の部署もしくは取引先から受け取った書類で
「なんかダサイなぁ・・・・・・」
「読む気おきないなぁ」
そんなことを感じることはないですか?
それはたぶん、書式も悪いけど書体も悪い可能性があります。
お子がいらっしゃるご家庭でも同様で、PTAまたは学校からのお知らせ書類が
「むーーーん・・・・・・」
の場合は書体がいまいち・・・・・・かも?

もっとわかりやすく喩えるなら、祝儀・不祝儀の表書きをするとき、自身の名前をポップ体(《ポムらむ☆キュート》みたいなやつ)で書く人はまず居ない、ということで、つまり書体のたいせつさを、実は我々はちゃんとわかっているわけです。

そんなこんなで。
夏なら「暑中見舞い」、年末なら「クリスマスカード」・「年賀状」など、パソコンでいろいろ作成する際、こちらのサイトを使ってみるとよいでしょう。
とはいえ最終的には個人の「すき・きらい」で判断されてしまうものでもあるので、フォント選びに必要なのはセンスよりもなによりも
「わたしがイイとおもうんだからイイんだよ!」
という確固たる信念である、ということを最後にお伝えして、このエントリを〆たいとおもいます。

今回も読んでいただき、ありがとうございました。

ネットのひまつぶし comments(2) trackbacks(0)
平成の後ろ姿。
ネットニュースの速報でこの一報を目にしたとき、からだの芯の部分にちかいところが「ざわざわ」した。
でも理由はわからなかった。
なぜこのニュースに、こんなに動揺するのか。
今もわからないが、もしかしたら『7人』という人数なのかもしれない。
この教団が殺した人の数はもっと多いのに、いちどに『7人』執行された、ことに少ながらずわたしは恐怖に近い感覚を覚えたようだ。

いちいち断り書きをするのも妙だが、私は別に強固な【死刑反対派】ではない。
かといってもろ手をあげる【賛成派】でもない、という玉虫色の日和見ゾーンをうろうろしている実に日本人らしい日本人なのだが、『7人いっぺんに』の部分が、なぜかわたしの感覚をざわつかせたのだ。


《地下鉄サリン事件》については、わたしもその日のことを忘れまいと、2005年には『1995年3月20日を風化させないために書いておく。』というエントリも書いている。
それだけ世間に与えた衝撃は大きかった。
そして結局「なぜこんな事件を起こしたのか」の真相は明かされないまま、彼らは死んだ。

彼らが起こした事件の、これまで報道された部分だけをつなげると一部「絶対的存在を盲目的に信仰し、かつその威力に支配され、異論も唱えられず非道に手を染めた信者たち」という構図が見える。
教団を、教祖を、自身たちの居場所を守るために、言葉を言い換え、理論をすり替え、凶行を凶行とおもわないようにして “その作業” に臨んだ―。

なんだか似たような見解を最近も書いた気がする。
腐ってる組織、てのはみな同じ道を辿るものなのだろうか。

今日、刑が執行された元信者たちのほかに、あと6人の死刑確定受刑者がいる。
たぶんこの6人にも遠からず刑の執行は為されるのだろうが、それでも事件が終わったわけではないし、きっと「終わり」は来ない。
でも、事件を企てた者と実行した者たちはこの世から消える。消えていく。
なんともいえない消化不良にも似た「ざわざわ」。
根拠を説明できない、腑に落ちない感覚。

これはなかなか折り合いがつけられない。






時事刻々刻々 comments(0) trackbacks(0)
あなたに会いたい。
いつ、走ってんだよ?!
乗るどころかその雄姿もまだ見てないよ!
ほんとに走り始めたの?!

鉄子の道 comments(0) trackbacks(0)
ちょっと何言ってるかわからない。
ネットコミュニティに起因するとおもわれる凄惨な事件が起きたので(しかもわたしが唯一片隅で参加している「はてな」がその舞台)妙なタイムリー感があるけど、買ったのは事件より前、だからね!(なぜそこでムキになるか)。
なのに読み終わるまでにかなり時間を要してしまった。文庫サイスで総頁数も300に満たないのに。
その理由は、出てくる用語やシチュエーションがまったく意味不明だから、であった!

いやもう、なんでしょう、読書中のあの脳内「?」マークの散乱度合いは。
冗談抜きで
「ごめん、ちょっと何言ってるかわからない」
が多発。
物語としてはシンプルでじゅうぶん「わかりやすい」んだけどもいかんせん、ネット世界がテーマだから、使われる略語用語、ネット世界の常識・定説・デフォルト、が「わからない」。うすーくしか知らない。なんとなーくこんな感じ? としか捉えられてない、のでアタマが追いつかなくて、途中休憩しながらでないと読み進められなかったのだ。

でも、これは単にわたしが悪い、のだ。
たとえばよのなかの主流にしたがってSNSのアカウント取って活動していれば、この本に出てくる登場人物の状況や、その周囲の環境の描写はすんなり入ってくるのだろう。
なのにやってないから
「本アカ」「サブアカ」「愚痴アカ」「裏アカ」
と書かれても、たぶんひとりのにんげんがひとつのツールで幾つもアカウント持って、それぞれ違うカテゴリのことで活動しているんだろうな、程度の認識しか持っておらず、基本のキである
「なぜ、そういうことをする必要があるのか、各々のなにがどう違うのか」
までは理解していないため、そここそが物語のポイントになってくるともう
「ごめん、なんでそうなるかわからない」
となってしまうのである。
最終兵器「めんどくせぇなぁ」発動で、思考停止してしまう。

これじゃあ読み進められるわけがない。

ので、ちょこちょこ読みをずっと続けて、昨夜、ようやく最後までたどり着いたのだった。
あー、長かった!
けど、物語のストーリーテラー的役割の人物のバックボーンを最後の最後に持ってくるのは、ちょっと反則だとおもった。

読・読 comments(0) trackbacks(0)
これは・・・!
スマホは性に合わないので要らないとおもってたんだけども。
これはマズイっしょ。
ライカのレンズですってよ!

スマホに対して唯一「いいなぁ」と感じるのがカメラ機能なんだけど、これってもう「カメラ」じゃんね。
べっくらこくわ。
てなわけでいま、ひじょうにそそられている。








けど、たぶん麻疹みたいなもんだから、すぐ冷めるんだろうな。
撮るんです comments(0) trackbacks(0)
健全なるケモノ道。
(↑)
うおぅ、わたしが買った時と装丁が変わってる・・・!
こういう(↓)表紙だったのだが、なぜこんなしょーじょまんがチックに??


そんなことはおいといて。
先日わたしも真似っこしてやってみた「セブンルール」の元記事、あややさんが提唱した「#ジャニヲタセブンルール」が予想どおりに盛り上がってて読んで楽しい・見て楽しい。
そして「真摯」。
おそらくわたしの娘と言ってもいいくらいの若い(はず)ジャニヲタさんたちが、とてもまじめにファンとして「あるべき姿」の理想を掲げていて、頼もしいかぎりです。

いくつか取り上げてみますね。









★★北村的トップオブセブンルール(↓)★★
ここまで徹底しているのが素晴らしく潔い。



そもそも論として、こういうハッシュタグに参加しようという意思があるファンてのは、基本がモラリストなんだろうな、というのがあります。なので挙がってくるルールが「しっかりしている」のもあたりまえと言えばあたりまえなんですが、それでもこんなにみんなが「地に足着いた」ファン活動しているとわかってとても感動できました。
(なんせ私が高校生の頃のジャニファン連中ってほとんどスケバン・ヤンキーで、常識なんてありゃしなかったから)

ただルールを読んでると、これを書くってことは、この逆のことも実際には起きていて、ヲタさんたちも苦々しくおもっているんだろうな、というのがよーーーくわかって(自担を上げるために他担を下げない、とか歴や現場数を競わない、とかね)、どこの界隈もたいへんよね、と若者たちの背中をよしよししてあげたくなってしまいました。
みんな、今いろいろ風当たり強いだろうけど、頑張ってね。


●数多あるルールのなか、おもわず胸をつかれた尊いルール

・わたしの嫌いなものは誰かの好きなもの

忘れがちだけど決して忘れてはならない基本中の基本。金科玉条として掲げたい。

その他のエンタメ comments(0) trackbacks(0)
©2004 瀬戸際日記Neo.
| 1/289 | >>