ディア・クイーンエリザベス。


たいへんに素晴らしいドキュメンタリー番組だった!
異国である日本の弩庶民が窺い知れない英国君主の「即位」にまつわる多角的視点からのエピソードを交えて紹介していて、とても見応えがあった。
わけても「即位」なさったとうのご本人であらせられるエリザベス女王が、おひとりでテレビのインタビューに応じている、という状況が凄かった。
こんなこと、日本ではぜったいにあり得ないだろう。
しかもそのインタビューから垣間見える女王のお人柄がめちゃくちゃ素敵。

凛として気品にあふれているのはもちろんなのだが、驚くほどお茶目で天真爛漫にインタビュアーの問いかけに対して、時に辛辣に時に洒落を効かせてお答えになっているのだ。
たとえば大英帝国象徴の王冠についてる大きなサファイアを
「これがついてるほうが正面とわかって便利なの」
とか言っちゃうかとおもうと、戴冠宝器の王冠のトップで揺れている真珠を見て
「寂しそうだわ。本来は生き物なのよね」
などと仰る。
たいへんに「人間らしい」。
世界に冠たる『大英帝国』を統治する君主であり、その責任と重圧ははかりしれないものがあるだろうに、そんなものは微塵も感じさせない、どころか親しみしか沸かないインタビュー映像だったので、なるほど王室の内情はどうあれ、女王個人を英国民が慕うのももっともだと感じ入った。

また、番組のメインテーマである『戴冠式』に対する英国民の並々ならぬ意気込みが半端ない。
式場のウエストミンスター寺院を改修するのに構内に貨物列車のレールを敷いて資材を運び込んだり、リハーサルをこれでもかというくらい実施したり、今でいう「準備委員会」会員のひとりが休暇を取ったら委員会の長が休暇先まで連れ戻しに行ったとか、ありとあらゆることが庶民の常識の範囲を軽く飛び越えている。
つか、その庶民だってもあーた、パレード予定の “公道” 沿いに千人単位座れる観覧席(桟敷席っぽい)をつくってしまうくらいのハイテンションぶりだからどっちもどっちなんだが、とにかくそれくらい女王の戴冠式は当時の英国民にとって『最重要課題』だったことがわかる。

これが日本の場合だと、たとえば今上さんの即位は国民の大きな関心ごとだったけど『即位の礼』そのものは、九重の奥深いところて執り行われ、もちろんテレビで中継される−なんてことはなく、やはり庶民からとおい雲上の話しのように感じられてしまったものだった(それは我が国の伝統だからけっして悪いことではない)ことを考えると、君主と国民の距離・関係性の違いが浮き彫りにもなって、ここもおもしろい部分だった(英国はロイヤルファミリーも平気でパパラッチするしね)。

あとは、とにかく女王のまわりのものがなにからなにまで煌びやかで美しいことにうっとりした。
宝石類はじめ、衣装も馬車も、ウエストミンスター寺院も、すべてが豪奢で華麗で優美。
さすがさすがの「英国王室」と感服するしか、なかった。
いや、いいものを見た。目の保養であった。

さて、その女王のお孫様であるハリー王子が昨日ご成婚。
中継見たけど、これまたフランクでカジュアルな、素敵なお式だった。
メーガン妃のドレス、よかったわぁ〜(なんか英国王室ファンになってないか、わたし)。

その他のエンタメ comments(0) trackbacks(0)
母の手柄。

三社祭の日だというのにオカンが
「浅草に行ってくるわー」
と浮かれて出かけたのでその背中に
「時間があったら “もんじゃコロッケ” 探して買ってきて」
そう頼んだらちゃんと買ってきたので正直驚いた。絶対、忘れるか
「見つけられなかったわよ!」
と逆ギレされるかとおもってたので。
わたしのその予想を裏切ってらくらくスマホを使って探したとドヤ顔であった。

おかあさん、どうもありがとう。
頼んだ理由はどうぞ訊かないでください。
(でもホントにこのコロッケなのかどうかは夏までわからない)
ALFEE comments(2) trackbacks(0)
いつかの日の私。

今の職場にずっと秀樹のファンだという人が居る(Sさんとする)。

なのでグリーンホール相模大野はどうだとか、武道館はこうだとか、妙なところで話が弾む。

「北村さんも誰かのファンなの?」

と一度訊かれたが、テヘペロで誤魔化して、カミングアウトはしていない(でもプニ招き猫のマスコットとかでばれてるかもしれない)。



そんなSさんだから、ちょうど昼休みに飛び込んできた秀樹の訃報には激しく同様した。

「うそ、ヤだ、なんで? なんで?」

今にも泣きそうな顔で、ネットニュースを漁って情報を手繰り寄せている。

ひたすら

「なんで? どうして?」

そう繰り返しながら。



その姿に、わたしはわたしのいつか来る日を見た。

「なんで? どうして?」

「イヤだ、嘘だ」

顔面蒼白で狼狽するわたしは、そのあとどうするのだろう。



考えたくない。

想像もしたくない。



でも、今日のSさんは将来のわたしだ。


時事刻々刻々 comments(6) trackbacks(0)
そこのけそこのけ。

うむ。

あるとおもう。

わたしはたぶん、上背があること・面構えが怖いことが相まって、さいわいにもぶつかられることはないんだけど、その面構えに対して

「ブス!」
 と正しく指摘されること
はあって、それは「ぶつかってくる」ことと同義だとおもっている。



が。

そういう「ストレス発散」やら「憂さ晴らし」のような「ぶつかり」ではなく、多勢に無勢的な・赤信号みんなで渡れば的な、選民意識的な心理ゆえの(とわたしが勝手に分析した)「ぶつかり」なら前職場の通勤・帰宅時によく遭遇した。

それは汐留という地区に、ブラック企業の象徴になってしまった某広告代理店や某航空会社、某テレビ局、某通信会社等々―いわゆる “一流大企業” がオフィスを構えるようになってしまってから発生するようになったので、ここでもうピンときた方もおられよう。


そう、つまり都営地下鉄の「新橋」という駅は、それまで勤め人の9割強はJRの駅側に向かって歩くのが主流だったのに、汐留に膨大な人数の勤め人が通うようになったその日から、人の動きの「逆流」が始まったのだ。

(図で示すとこんな感じ↓)

しかも人数の対比は圧倒的に “汐留に向かう側” が上回っているので、勢い地下通路の専有面積も多数派に支配されることになった。

加えて彼らは傍若無人だった。

新橋、という街を構成する中小企業の勤め人をハナから見下しているのか、そもそも目に入っていないのか、はわからないがとにかく地下通路のほとんどを占めて闊歩し、ひとが対面から来ても道を譲ることがない。

へたすりゃぶつかっても謝りもしない。まさしく

「そこのけ、そこのけ、一流企業の社員様のお通りだ」

という感じでぐいぐい押し寄せてくるので、それまでゆったりと通路を歩いていた我々は、必然的に隅のほうに追いやられコソコソと卑屈に足を進めるようになるしか、なくなった。

ほんとうに腹立たしいことであった。


ただわたしは、わたしが勤めていた会社が、別の地下鉄出口(例:A4→B3)を使ったほうが近くなることに気づいたので、その遡上通勤路を使わなくてすむようになったし、そもそももう新橋に行かなくてすんでいるので今はもう平和なこころもちだが、あの通路を使うしかない人々は、今でも朝夕のラッシュ時には憤懣やるかたなく、かと言ってあの怒涛の流れには逆らえず隅っこを歩いているのだろうとおもうと同情の涙を禁じ得ない。


公道は個人のものではないのだから、どんな企業に所属してるとか、男だからとか女だからとかで人に場を譲らなくていい権利は誰にも与えられてないわけだ。

もっと優しく歩こうぜ、ベイベー。

- comments(2) trackbacks(0)
非進化論。
2018年にもなったというのに、まだこの問題は解決−というか前進してないことにトホホとなった。
わたしがこんなこと書いたのは11年前で、しかも書いた内容はそれより更に遡った時期のことだったから、下手すりゃまだ20世紀のエピソードのはずなんだが、ちっともまったく変わってない。

やれやれ。


発端はこの(↓)らしいが
このつぶやきにぶら下がってる連中もまだこんなこと言ってる案件なわけで、もう、男と女の溝は永遠に埋まらないんだなぁと天を仰いでため息をつくしかない。




トホホホホ comments(0) trackbacks(0)
こんなん出ましたけど。−その4−
パソコン買い換えたんだけど、何をまちがったのかHDD搭載ディスプレイのデスクトップパソコンにしちゃったもんだから置き場に困って、部屋の片づけしてたら本棚の奥から出てきた。
公式グッズじゃないので知らない人のほうが多いかもしらんのですが、ご覧のとおり『めりあん』のオルゴールです。
亡くなったアル友(毎夏墓参りに行く)さんから誕生日プレゼントにもらったので、もう30年近くは昔のもの。
だけどちゃんと鳴りますよ。
でもサビメロでなくて、Aメロなのが「妙」。

懐かしいなぁ。

わたしも持ってます! てひと、いらっさる?
ALFEE comments(5) trackbacks(0)
過ぎた本屋。
わかる。
つい最近、わたしもその「シャレオツ」な「本屋」に遭遇して
(なにここキモい)
と愕然としたばかりだから。
しかもそこはただシャレオツなだけでなく「意識高い」感もフロア全体に漂ってて、もう居心地悪いのなんの。フツーの本屋だったらあれこれ見て回って1時間くらいあっという間に経ってしまうのに、そこには15分と居られなかった。
やっぱりあそこも「そういう一団」プロデュースの本屋だったのだろうか。

具体的な書店名をあげるといろいろ差し障りもあろうこととて控えるけど、あそこはもうフロアガイドの表示を『BOOKS』カテゴリでなく『Café』カテゴリにしたほうがいいよ。で、(カッコ)で「書籍販売スペース併設」にしといたほうがいい。
つか、それが正しいじゃん。
本屋と名乗ってるくせにカフェスペースのほうが広かったじゃん。
あー、やだやだ。

あと、本を手に取るのが憚られるようなディスプレイ。
あれも意味が分からん。
本屋だから本を売りたいはずなのに、妙に気取った並べ方してあって、ちょっと触ったら崩れちゃうんじゃないか、または叱られるんじゃないか、って気後れするねん。だからどんな本か見られないねん。
それって、本末転倒じゃね?(本屋だけに)

てなことがフロアのあちこちに見受けられてだな、早々に退散したんでござるよ。
でもお客さんはカフェスペースにぎっしりだったから、需要は高いんだろうし、むしろああいうスタイルのほうが喜ばれるのかもしれない。
・・・・・・やだな、こういう「シャレオツ」な似非本屋ばっかりなっちゃったら。

どうかそうなりませんように。
死霊のはらわたが呆れかえる comments(4) trackbacks(0)
あっ、そう。
今宵もまた、スカイツリーが初めて見る配色だったので、なんだろーとおもいながら撮影。

んで、なんの色かなと調べたら・・・・・・。


ももくろ結成10周年特別ライティング、だってさ。

へー。
SKYTREE comments(0) trackbacks(0)
瀬戸大橋を渡りたい。
わーん、なんで秋なのー。
来春だったら頑張って行ったのにー。
(宝くじ当たらないかなぁ・・・)

ALFEE comments(0) trackbacks(0)
えええええええーーーっ?!
シリーズものの途中で主人公が変わるって、まじか。

読・読 comments(0) trackbacks(0)
Text:©2004 瀬戸際日記Neo.
| 1/286 | >>