京の大仏さん。


これ!
わたしも今夜の『ヒストリア』見ながらおかんに
「こんな歌、知らない?」
と歌って訊いたところだったのよ!
おかんは
「知らないねぇ」
だったけど、やっぱりあったよね、この歌!
よかった、記憶違いでなくて!!

♪きょーのきょーのだいぶつさーんは てんぴーでやーけてな
  さんじゅうさんげんどーおおは やけのーこった♪
その他のエンタメ comments(0) trackbacks(0)
名作ふたたび。
評価:
宮部 みゆき
小学館
¥ 2,052
(2001-03)

昨晩と今夜の連続で、東京タワー局(移転前)さんがドラマ化してくれたのをやってる。
いっぺんに観て楽しみたいので、録画した昨夜放送分はまだ見てない。
けど、ちょっとだけ昨夜のオンエア中に「チラ見」したら“今回は”原作に忠実っぽかったのですこし安心した(いやまだ全部見ないとわからないんだけど)。

もうね、ほんとにね、何年恨んでるんだと呆れられようとも、わたしはこの作品の最初の映像化作品である映画版については生きている限り
「最低」
と言い放ってやると決めているので、今回も言う。
森田芳光を神様のように崇めているひとには申し訳ないが、だったらわたしは『模倣犯』を神様のように崇めているので、その作品をあそこまで酷く侮辱しやがったことで「お互い様」として許してほしい。
唯一、あの映画で誉めるところがあるとすればそれはピースを演じた中居を美しく撮ってくれたことだけ、だ。
物語の内容はともかく、あの映画での中居はほんとうに綺麗だった。
特にヤマメを釣っているシーン(原作にはそんなシーンはない)は、何度見ても惚れ惚れするほどだった。
ぶっちゃけ、単に中居を綺麗に撮るための作品だったんじゃないか、と言ってもいいくらいに。

でも、それだけだった。
映画は酷かった。
真偽のほどは知らぬが、試写会の途中で原作者の宮部さんが怒って帰ってしまった、という逸話も信じてしまえるほどに無茶苦茶であった。
それでも当時中居班であったわたしは、この作品を3回観た。そしてDVDも買った。
が、何度見ても美しい中居を堪能する以外にはなんの感動も得られない作品であることに変わりはなく、原作ファンとしてはほんとに情けなくも悲しいきもちを味わったのを忘れていない。

なので今回のドラマ化の話を聞いたとき、久しぶりに『模倣犯トラウマ』的なものがざわめいて
「おい、ほんとにだいじょぶか?」
心配のほうが大きかったのだが、昨夜の「チラ見」だけだが、なかなか見られそうな気がしている。
特に有馬さんを演じている橋爪さんがよかった。
映画版の山崎さんもよかったけど、橋爪さんはより下町のおじいちゃんぽさが出ていて
「お、原作っぽいぞ」
とおもわせてくれた。

さて、今夜放送の後編と合わせて、今週末、口やかましい評論家ぶっていっぺんに見ましょうかね。


ところで『模倣犯』の続編にあたる『楽園』がWOWOWでドラマ化されると聞いた(!)
うう、見たい、見たいぞ・・・・・・!
WOWOWって、どうやって加入するんだっけ・・・・・・。


名作探訪 comments(0) trackbacks(0)
第4次マイブーム。
評価:
チェッカーズ,売野雅勇,Michael kenner,藤井郁弥,康珍化,秋元康,芹澤廣明,藤井尚之,CUTE BEAT CLUB BAND,THE CHECKERS FAM.,Micky Moody
ポニーキャニオン
¥ 2,958
(2003-03-05)

ほんとは4次かどうかは定かではないのだが、とにかく何度めかの「チェッカーズの歌聴きたい!」衝動に駆られている時期である。

懐かしいなあ。

ただ、久しぶりに聴くと「音」があんまりに現代のものと違うのでびっくりする。
どう表現したらいいのかわからないのだけど、おなじキャニオンレコードで同じ時期に出してたウチのおじぃたちの楽曲との違いが顕著でおもわず
「なんで? モノラル?」
首を傾げてしまったりする。
でも、しばらく聴いてると気にならなくなるのでまあよいのだが、でもいつも久しぶりに聴くと、特に『ギザギサハート』の音には
「うをぉう!」
となる。
あれはなんだろう。どなたか当時の音に詳しい方が居られたら教えてください。

でもってわたしが彼らのナンバーで好きだったのは
1.NEXT GENERATION
2.Free Way Lovers
3. Song for U.S.A.
4. Lonely Soldier

です。
そういやあわたしが唯一参加した“解散”コンサートも彼らのものだったなあ。

その他のエンタメ comments(2) trackbacks(0)
本来の目的じゃないけれど。
最近、このビンゴシリーズをよく目にしていたけど、今回の「お題」はふと気が向いたのでやってみた。



全部〇がつかなかったー、残念。
でも、これ、足りないよね。
横浜スタジアムも神宮もない(甲子園も!)し、新潟スタジアムもないじゃん。あと、埼玉のスタジアムも。
とはいえ、ここに出ている会場のほとんどが基本はコンサートやるところじゃない、わけで、むろん私もほとんどの会場に本来の使用法(スポーツの試合)に即して行ったのではないので、大きい声で
「行ったことあるよー」
とは言えないけどさ。

ところで誰か全国の市民会館クラス(ホール)で、このビンゴをこさえてみてはくれないかしら。
すんげー細かくなるだろうけど、そっちなら〇で埋められるアル中さんはけっこう居るのではないかしら。
ネットのひまつぶし comments(2) trackbacks(0)
それがどうした。



もう20年くらい前、朝の通勤時にフツーに歩いてただけだが、向こうから来た見知らぬおっさんにいきなり
「ブス!」
と言われたことある。
そんとき
「あんたに言われなくても知っとるわ!」
そう返したらびっくりした顔して逃げてった。

こういう手法でストレス解消するオトコも居る、いうことをそのとき知った。

死霊のはらわたが煮えくりかえる comments(0) trackbacks(0)
まあ、こんなに立派になって。


ジャニーズ所属のアイドルを、子役と言うべきころから見ていて、その子が無事に大人になった姿を確認すると、なんか親戚のオバさんの心境になってしまうほどには歳をとったわけですが、本作の座長・生田斗真に於いてもそれは当てはまります。
わたしが知ってる斗真と言ったら中居MCの『ボクらはみんな生きている』、これに出ていたお子。
かーわいかったんだぁ〜。

はっきり言うと、いまのような顔つきになるような感じじゃなくて、もっと線の細い白皙の美青年になりそなカワイサだったけど、とにかくわたしのなかの生田斗真の基本はあそこにあります。
ので、今回新感線の舞台(それもRX)で座長を務める、と聞いたとき
「まじか、だいじょーぶか」
妙に不安になり、おもわずアラシックの妹に
「斗真って歌えるの?」
というメールをなぜか送り
「失礼な! 歌えるわ!!」
激怒されてしまったりしました(なぜ怒ったのかいまだに謎です)。

でもってあのちょこなんと回答席に座っていたお子ちゃまが、いまではめっさ客の呼べる俳優になっていて、おかげでまあ、チケットの取りづらさといったら近年に類を見ない激戦だったけれど、なんとか観に行くことができました。

結論。

ネタ祭りじゃないはずなのに、ネタ祭りだった!

公式サイトには
“SHINKANSEN☆RX”と銘打たれているということは、つまり新感線の本公演のジャンルのうち“いのうえ歌舞伎”でも“ネタもの”でもなく今回は“音モノ”

とありますが、いやいやいや!
ありゃ絶対“ネタもの”ですって!!
しかもクドカンがきゃっきゃ言いながら喜んで、楽しんで書いたに決まってる!!
でなきゃあんなに面白いわけがないじゃーーん!!!


そうなんです、アホのように面白かったんです。
重くなりそうなテーマなのに、ぜんぜん・ちっとも!
むろん、要所要所にはきちんとテーマに沿ったセリフを挟んでますよ? けど、全体としてはとにかく「軽い」。
というか、きっとそういうふうに書いている。

わたしがおもいだしたのは、同じクドカン作品『あまちゃん』で東日本大震災が起こった週の流れ。
ずしん、とくるべきものを真ん中に据えているのに、周囲を明るさと笑いで包み、かる〜いものにしてしまったあの一週間でした。
クドカンはもしかしたら、ひとが救われるのは“笑うこと”にある、てなような観念に達したのかしら、などと勝手におもってしまえるくらい、過剰ともいえるほど、この作品でも“笑い”を追及してたように感じました。
また、舞台に居る演者たちに、休む間もないほど矢継ぎ早に、時には相手に喰い気味になるほどセリフを吐かせる手法も『あまちゃん』でのリアスのシーンを彷彿とさせられ、懐かしさもありました。

ただ、一緒に観ていた友人(新感線観劇歴長し)の言うことにゃ
「こりゃゲキ☆シネにも、セルDVDにもならないかもしれないな〜」
とのこと。
理由はそうです、あまりにも“ネタもの”っぽいから。
なんたって固有名詞や個人・グループ名、テレビ番組名がほぼまんまセリフで出てくるわけなので、映像化に関してはいろいろメンドクサイ大人の事情ってやつが発生するため、これまでも“ネタもの”だけはDVDになってないのが現状。
それを考えたら、なるほど納得、な推測でありましたのですが、そうなると、もそっと近くで観たかった! という後悔ににたきもちになってしまった今作なのでした。
SHIN-KANSEN comments(0) trackbacks(0)
鯉にごめんなさい。


カープファンの皆様。
昨夜はおらがダメ虎がたいへん申し訳ないことを致しました。
せっかく本拠地で胴上げできるチャンスだったのに、それを阻むような愚行をはたらくとは、虎党ながらまこと情けなくて涙も出ません。

だいたい、セ・リーグでG以外のチームのファンてのは、とにかく
「Gさえ優勝しなけりゃいい」
てのが共通意識なわけで(そうよね?)、たとえ御贔屓のチームが優勝できなくとも、Gでなけりゃそうそう不愉快にはなるもんじゃございません。
ましてやカープには現監督の金本アニキや新井選手を譲って頂いた御恩があるわけで、ここでその恩に報いずいつ報いる! というところだったのに、ほんとうにごめんなさい。

ということで明日、東京ドームでGをぶちのめし、すっきりさっぱり見事に優勝してください。
こちら、最下位争いしながら祈っております。

まじ、頑張って!!


虎球 comments(0) trackbacks(0)
へべれけトレイン。
(写真をクリックすると公式サイトへ飛びます)


夏休みはSLに乗ったけど、秋にはこれに乗りま〜す♪
何号車かはまだわからないのだが、とにかく日本酒飲みまくれるので楽しみなのだ、でっへっへ。
希望としては銘柄に『雪中梅』が加わることと、イベントで「懐かしいスタンダードジャズ」演奏してくれたらもう言うことなし、なのだけど、そのあたりは電車のかみさまのみぞ知る、だわねー。
さて、どうなりますやら。
んでもって心配はデロンデロンになるまで飲んじゃうかも、なことでーす(もういい歳なんだから自重しなさい)。



鉄子の道 comments(0) trackbacks(0)
『金曜日』にオーホホホ。
ふんとにもー、オトコってのはしょーもないわねぇ。
ファンの平均年齢が高くってごめんなさいね?

わたしたちも昔は若かったのよ〜(^O^)
ALFEE comments(3) trackbacks(0)
No Alfee,No Life.


おんがくのかみさま

どうかあのさんにんのおじぃたちを

おまもりください

よんじゅうに、よんじゅうさん、よんじゅうし・・・

いくとせもかつどうできるように

おちからぞえください

わたしたちファンにとって

なにものにもかえがたいひとたちなのです

だからおねがいします

どうか どうか
ALFEE comments(2) trackbacks(0)
| 1/252 | >>