ゆりこのような。
新しい職場にももうかなり慣れてきて・・・・・・まだこの職場にきて1年経ってないのに
「去年の時どうだったっけ?」
とか訊かれて
「いやいやいや・・・」
な応酬が繰り返されること数回。
わたしゃどれだけ図々しい勤務態度なのだろうか、と反省しつつ、でもどうしても慣れないのが、やたらに飛び交う「カタカナ語」なのである。

まず第一次接近遭遇したのが「アサイン」。

メールにフツーに書かれていて
「???」
となってしまって、即調べた。
したら
割り当てる、指定する、任命する
と出た。
へー、そうなんだ。
こういうビジネス用語が使われる業界なんだ、と納得した。

続いて遭遇したのが「スキーム」。
これもメールで送られてきてビビった。
そんで調べた。
枠組みのある計画。事業計画をビジネススキームと言ったりする
だそうな。
普通に「計画」じゃダメなんだろうか、とふとおもった。

その次が「マター」。
これもメールで「北村さんマターでお願いします」と書かれていてキョドった。
恐々調べたら
担当。担当者。誰が担当する仕事なのかを示す言葉
だった。
素直に「北村さんの担当で」でいいのではないだろうか、とおもった。

それから出てきたのが「リマインド」。
これもメールにあって、目がテンになったので、調べた。
「思い出させる」「思い起こさせる」といった意味
だってさ。
べつにカタカナ語にしなくてもよくない? とイラついてしまった。

その他、これまでの職場では使われなかったビジネスのカタカナ用語が次々出てきて、おばはんは実はうんざりしている。
幸いなことにそれらはすべてメールに書かれていた言葉なので、あとでこっそり調べて理解できたが、これらを目の前で話されたら・・・ちょっとまずい。ぜったいあたふたしてしまう。
けど、よのなかにはこんなの初歩的で、もっともっとレベルの高いカタカナ語で会話が成立している職場もあるんだろうね。
それをこの程度でげんなりしているなんて、と読みながら呆れている方もおられよう。
でもさー、めんどくさいのよね、ぶっちゃけ。
「いちいちわざわざ難しいカタカナ語に変換せんでもええやん」
が本音だわさ。
特に、ちゃんと日本語のわかりやすい言葉があるものに関してそう感じる(例に挙げた「マター」「スキーム」とか)。

似たようなきもちになったのは、都知事にゆりこが就任したときだ。
選挙中からその気配はあったが、当選してからの記者会見や、その後の議会での演説でのカタカナ語の使用頻度の高さときたら。
みなさんもニュースなんかでご覧になったことがあるとおもうが、どうだった?
「なんでそれをいちいちカタカナ語で?」
て感じたりしなかった?
というか、何を言いたいのかさっぱりわからん、ではなかった?

まあね、現代は日本国内だけで仕事がおさまらないことが多いから、どうしても語源が英語の言葉を使ったほうがいいんだろうけど、でも明らかに日本人同士でやりとりするのに、そこまでカタカナ語を織り交ぜてどないすんねん? というのが、日本語だいすきなおばはんのおもいでは、ある。
(そもそも日本語の単語をおもいつかないんじゃねーのか? と意地悪く考えてもいる)

でもそういう職場に入ってしまったので仕方ない。
今後も次々繰り出されるカタカナ語にダメージ喰らいつつ、ちゃんと覚えて、メール文を理解できるようにならねばなるまい。
たぶんわたしがそれらを使ってメールを送ることはないだろうけど(そういえば「北村さんのメールって武士みたいですよね」て言われたよ、マジで。別に「候」だの使ってるんではないのに)。


オールドファッション comments(0) trackbacks(0)
おみや天国。

友人が近鉄の「しまかぜ」に乗ってきたとおみやくれただ。
伊勢志摩の名産とともに。

いいなあ「しまかぜ」。
おれも早く乗りたい。
ありふれた日常 comments(2) trackbacks(0)
かげんじょうじょ。


おれのことだ!!!
トホホホホ comments(2) trackbacks(0)
アル中たちのいるところ。−2017 秋の相模大野はなにがなんだか−

なにがなんだかわからんが、異様に楽しかったのだ!
なんだったんだ、あの日は。

というか、この秋祭り、いずこもホールのなかに漂う空気は台風並みに勢力が強いとおもうぞ。
みなさんの参加する祭りでもきっとすごいことになること請け合い!!

お楽しみにね!

ALFEE comments(0) trackbacks(0)
会津若松で『ブラタモ』なぞり−その2−
これまで数回行った『ブラタモリ』なぞりの旅ですが、予習(録画を見直す)をせずに行ったことを悔やんだことはありません。
なのに「さざえ堂」に行くだけでも「帰宅して録画を見直してショックを受けた」のが3回も発生した今回。
そんななかでもっとも
「うわーん!」
と悔やんで嘆くことになったのが、実は泊まった宿でした。
この乗り鉄企画はJR東の【びゅう】のプランで行ったので、宿もJR推奨の候補から選びます。そこから、お風呂がもっともよさげだった宿を、わたしがチョイスしたのですが。
そこは【御宿 東鳳(おんやど とうほう)
ここの宙(そら)の湯という露天風呂が、期待どおりでとてもよかった! ので、ホクホクと満足したわけですが、それこそ帰宅して録画した『ブラタモリ』見たら・・・・・。
ブラタモ御一行が来てたー!!

なぜ来たかと言うと、この会津という地が典型的な扇状地であり、その扇状地の根本(?)というか、はじまる地形である
扇頂(せんちょう)から、扇形に広がった地形を確認できる場所に行きましょう、てことで来ていたのです!
タモリさんも褒めてたその立地。
でも名前は変わってなかったっす(あたりまえ)。
ああでも、ちゃんと予習しておけば、タモさん御一行が扇状地の地形を確認したこの(↓)レストランにわたしも行ったのに。

本来なら偶然とはいえ、番組に関わった宿に泊まったことを喜ぶべきところを、なぞり重視で考えると悔やまれるのであります。
ということで、これが「帰宅して」ショックのそのい箸覆蠅泙后



ですが当日のわたしはそんなことはつゆ知らず、温泉がよかったわぁ、と上機嫌で宿をあとにし、市内観光へと向かっていました。
そしてまずは「さざえ堂」を訪れたのは前回書いたとおり。
今回は「さざえ堂」の次に向かった鶴ヶ城なのですが、こちらもいきなりブラタモ御一行とは逆から入っていたことが帰宅して・・・(ショックそのァ法
番組のルートマップをご覧ください。
※大きい画面はコチラ
タモリさんたちは椿坂側から入っています。
なのに我々ときたら、反対側(マップでいうと右下)の “廊下橋” 側から入りました。
この橋です。

調べたら、もともとはこちらが城の正面入り口だったとか。また、葦名氏が城主の頃は屋根があったみたいです。
敵が攻めてきたら落とせるようになってる構造が一目瞭然、なのが面白いです。
しかも石垣が高い!(↓)
20mあるそうですから、確かに、橋を落とされたら堀を渡るのは容易ではなかったでしょう。
この橋と石垣を見られたから、こちらから入ったのは正解だったのかも、と己をなぐさめてみる(でもやっぱり残念)。

そしてうねうねと曲がりくねる登城路をゆくと、見えてくるのが天守閣です。
番組でも写真が出ていましたが、この天守閣は戊辰戦争でボロボロにされます。(↓)

ですからいまのこの姿は復元されたものです。
それでも凛々しくて優美ですね。
とはいえここでも帰宅してショックそのΔ生じます。
番組ではブラタモ御一行は天守に登っていたのですが、我々は時間がなくて外から眺めただけ、だったからです。
もうほんと、ぜんぜんダメじゃん。
でも天守閣は美しい。

お城の撮影は快晴の空の下に限るなぁ・・・。
表門(鉄門)。

そしてこのお城というか会津藩は、藩主がめまぐるしく変わっているのも特徴です。
歴代藩主の家紋一覧。私的には「上杉」にときめきメモリアル。



というところで帰りの新幹線に間に合うように会津を出なければならない時間が迫ってきており、急ぎ駅に戻ったのです。
いや、ほんとはもっとゆっくり観光したかったです。
またまた帰宅してショックそのГ任垢、街中にあるお堀の痕跡とか


門のあとの石垣とか

城攻めを防ぐクランクとか


用水路の水を均等に流すための工夫のクランクとか

見たかったよーー!! 
わーん(号泣)。

よし、こうなったら会津へはリベンジ観光だ!
いつかまた、きっと行くぞ!
ということで『ブラタモ』なぞり会津若松編はおしまいです。

おつきあいありがとうございました。


おまけ。
会津若松駅のショット数点。
駅外観(↓)

でっかい車輪(↓)は?

SLのもの。

駅舎の正面の壁の時計がオモシロかったので(↓)




さてところで。
続きを読む >>
walk×walk comments(2) trackbacks(0)
会津若松で『ブラタモ』なぞり−その1−
ホゲホゲしてたらあっという間に(なぜ「あ」なんだろうね、とはセンセイの問いでしたね)時間が経ってしまって、もう先々週の話しになっちゃった。
それでもやります『ブラタモ』なぞりクロニクル。
今回は【会津若松】。
乗り鉄企画の終点がこの地なのを知り、おおっ、あの「さざえ堂」があるところじゃないか、これは行かなくては、と密かに “なぞり紀行” を画策していたのですよ(とはいえ、録画を見直して予習しなかったことが帰宅後悔やまれることに)。

そんなこんなな番組の本放送は#43(2016年7月2日)の回でした。
いちおう
「歴女でーす」
と自称してはいるものの、わたしの得意は飛鳥・奈良〜平安、戦国(豊臣政権樹立まで)であり、逆に、苦手というか、もうはっきり言うと嫌いなのが幕末で、会津と聞くとまず連想される白虎隊にはなんの知識も興味もない偏向歴女なので、この回もどっちかというとそんなに身を入れて見ていたわけではないのでした。
それでも番組後半で紹介された「さざえ堂」には
「おおっ」
とココロわしづかみに。
いつか行ってみたい、とおもっていたのが、まさか1年後には実現するなんて、なのでありました。

しかし “なぞり” のくせに、観光スタート時点ではやくもしくじっている北村。
と申しますのも、番組は鶴ヶ城こと若松城から出発していた(帰宅してから録画した番組を見直してショックを受けるその 砲里任后
なのに我々は、わたしが「さざえ堂」を見たい一心で、先にそっちへ向かってしまった! のでした。
いや、別にそれでもいんだけどさ。
なんとなく、ちゃんと足あと、たどりたかったなー、と思うわけです。

つーことで、ではまず「さざえ堂」から。
番組のルートマップだとこんな(↓)感じ。

でね、ここでも我らはしくじってるのだけど、入山のルートがタモさん御一行とまったく逆になっちゃってたの。
御一行は用水の脇の神社から上がって行ってるけど、我々ときたら、こんな階段を!!
飯盛山、だからさ。わかるんだけど。
近くでご覧になって?
すごいでしょー?? ええ、上りましたよ、1段1段。
でもさすがに傘寿を超えたおかんは、階段と並行して上へ延びる「動く歩道」(番組では近江ちゃんが「スロープコンベア」と言ってる)を利用してましたが、タモさんがこれに乗ってたのを、帰宅して(以下略・ショックその◆法

確かに楽だったらしいです(おかん談)。
しかも、こんなに階段上ったのに、実はさざえ堂は頂上にはなかったという悲しい事実まで・・・。
そうなんです、飯盛山の頂上は白虎隊所縁の地であって、さざえ堂は裏手というか、もうすこし山の中腹にあるのでした。
ということでようやっとたどり着いた「さざえ堂」。


番組解説によると
重要文化財! 
内部が二重螺旋構造になっていて、上りと下りが決してすれ違わないのです。
造ったひとは、なんてあたまがいいんでしょうか。
では内部にお邪魔します。
まずはブラタモカメラ目線。

そしてわたしの目線。

二重構造なので天井が低いのが特徴です。だって頭の上は、下りの通路になっているんですもの。誰かが下っているとギシギシと音がします。
それを確認するため、番組では近江ちゃんが中心の柱の隙間をとおって、反対側へ行っていました。

それがここ(↓)(ただし反対側から見てます)。
むろん普通の観光客には許されていない行為ですので、わたしは眺めるだけですが、この建物の構造のおもしろさが、よくわかる場所でした。
にんげんて、こと宗教に関してはすんげー知恵を絞り出すものなんですねぇ。

そういえばつい最近、JRの駅で『行くぜ、東北』のポスターに遭遇したら、松岡茉優ちゃんがこのさざえ堂におるやつやった。
そう、コレコレ(↓)
公式サイトに撮影エピソードなどあるので、よかったらどうぞ(JR東のまわしものではない)。

さて、さざえ堂のある飯盛山は先述したとおり、白虎隊の終焉の地として知られています。
頂上の自刃の地以外にも、逃げ込んだ洞窟もあるとか。
しかもそこは用水路の終点の池の中。
こんな感じです。
正式名称は【戸ノ口堰弁天洞穴】というそうな。
きっと白虎隊ファンは見ただけで涙するのではなかろうか。
でもわたしはそのへんには疎いので、水がキレイだなあとか、立派な用水路だなぁ、とかに感心して見てた。
そんでうっとりしながら撮影した場所が(↓)
帰宅後、録画見たらブラタモ御一行が通り過ぎてた場所でショックを受けたその


というように、何から何までブラタモ御一行様と逆行している我らの会津観光。
このあと鶴ヶ城に向かうのですが、長くなるのでそれは次回へと続くことにいたします。
とりあえず、さざえ堂を堪能する、の巻でした。



walk×walk comments(0) trackbacks(0)
ネタネタバレバレ。
アル友の泪さんがいい記事をアップしてくれたのでのっかってみる。
ツアーが始まるとネット(特につぶやき界隈)のあちこちで陰に陽に繰り返される諍いの、大きな要因であるところの『ネタバレ』について、である。
ということでまずはネタバレに対してのわたしの立ち位置を明らかにしておく。
ネタバレ(曲名・演出・衣装・グッズ等すべて)されても気にならない。
また、ネタバレする人を悪いとはおもわない(チャレンジャーやなぁ、とおもう)。
でも、わたし自身は基本的にネタバレするつもりはない。
とはいえ、静岡の県民歌とか、お約束グッズについてのヒントっぽいことは言ってしまう。
また、秋のホールツアーが終わったらネタバレはしていいとおもっている。
というのがわたしのスタンスである。
くわえてわたし自身のネットコミュニケーションツール(SNS)の利用状況は
・このブログ
・みくしー(ログインしなくなって久しい)
だけである。
つぶやきも顔本も線もインスタも、アカウントを持っていない。

以上が前提である。

そんでもって以前にもネタバレに関することは書いた。
この記事この記事この記事
いずれも怒って書いてるから文体もキツイし、泪さんいわくの「乱暴な」主張をしてる。
というのも、わたしが見ている限りつぶやき界隈には「ネタバレNG」派のひとのほうが圧倒的に多い、のが実感で、とにかくもう(わたしからすると)些細なことでもすぐに
「ネタバレしないで!(キーッ)」
と噛みついてるようにしか感じられなくて
「いちいちうるさいなぁ、もう。そんなに神経質ならつぶやき見ないほうが精神衛生上いいんじゃないの?」
てなことになったのである(各記事にもそっと細かく心情を書いている)。
なので、今回泪さんが
「ネタバレOK派の方が多くて、私たちNG派はなんか肩身が狭い気がする」
と言っているのにはべっくらこいた。
え、そうなん? いつのまにそんなことに? もしかしてアカウントもってる方が見ているつぶやきの世界と、わたしがお世話になってる Yahoo! のリアルタイム検索なんかに出てくるつぶやきの世界は違うの? と。
それか、以前は「ネタバレOK」派はサイレントマジョリティだったけど、あんまりにも「NG」派が主流になったから、これはまずい、主張しとかないと欲しい情報が届かなくなってしまうぞ、と焦って声をあげるようになってきて、その結果、NG派 vs OK派 の衝突が目立つようになったのかも。

いずれにしても両者の主張は対極にあるから相容れることはないんだけど。
泪さんの言うように
「理解できないけど、反対の意見の人もいることわかっておくべき。
お互いがうまく共存できる方法を考えるべき」
が理想なのはよくわかっているんだけど。

そもそも「ネタバレ」というもの自体が曖昧なのが事を厄介にしている。
つまり、どこからを「ネタバレ!」と嫌悪を示すのかが、十人十色・三者三様に違うから。
現に泪さんだって
「グッズも知りたくないって人は本当にネットしないしかないとは思うけど。普通に考えて、セットリストや演出、(ALFEEの場合、コントも?)はNGだと予想つくでしょう。(私は衣装もOK。何パターンかあるしね。)」
というアウトとセーフの境界を挙げてる。

これ、もし・仮に・あくまでも一例として、泪さんがその線引きを根拠に
「今日のたかみーの衣装があーでこーで素敵だった!」
とつぶやいたら
「それネタバレです、やめて!」
てな拒否反応示も出てくるとおもう。
そしたらさすがの泪さんも
「え、衣装くらいで? パターンが違うのに? そんなぁ・・・・」
になるんじゃないかな。
で、ネタバレNGの人のきもちはわかるから衣装の情報にも気をつけようとするけど内心では
(そんなにネタバレ・ネタバレ言うならネット見なきゃいいのに・・・・)

― そういうことだとおもうのだ(泪さん、あくまでもたとえばだからね)。

おなじ「ネタバレNG」派の方でも
・セトリは当然、衣装もグッズも照明もMCも
 すべてなにもかも知りたくないの!
・セトリとMCは知りたくないの! 
 でも衣装・グッズや照明はOK
・セトリはやめて! 
 でもMCくらいまでならまぁいいよ
・固定曲だけは知りたくないの! 
 でも変更される曲ならいいよ
・コントの内容だけは言わないで! 他はいいよ

みたいにいろいろな境界線があるとおもう。
そしてそれは「ネタバレOK」派の方も同じで
・ネタバレの何が悪いのさ。
 全部出すよ、欲しがるひともいるんだから
・セトリや衣装・照明は言わないけどMCはいいよね。
 だって基本的に毎回変わるんだし
・セトリやMCは言わないけど、衣装はいいよね。
 幾つかパターンがあるんだし
・セトリや衣装、照明やMCはダメだけど
 グッズならいいはず。
 だっていずれ公式が出すんだもん

てなふうな各々の線引きで情報提供してるんだとおもう。

ようするに、つぶやきやってない外の世界から客観的に見ていて感じてるのは、この言い合い
「どっちもどっち」
てこと。
ネタバレNG派・ネタバレOK派、どちらの言い分も一理あって、間違ってない。
「なんで? 一般的にネタバレってマナー違反じゃん! 間違ってるよ!」
という声があちこちから聞こえてくるけど、だからその “一般的” の捉え方が違うんだから仕方ないでしょ、という話し。
おもいかえしてごらんなさい? ←賢さまの真似。
法律で禁止されてたってセルDVDの映像を動画サイトにアップするヤツはいるし、盗撮した画像をあげるヤツもいるし、公式からお願いされても肖像権・著作権の侵害はみんなやってるし、ひとさまの画像を平気で使ったりするんだから。
それを特に法律で禁止もされてない、明文化・厳格化されたルールもない「ネタバレ禁止」だけを、みんなで厳格に守りましょうったって、できるわけないじゃん、てこと。

だからしょうがないじゃん。
いろんなひとが居るんだから。
ネタバレしたいひともして欲しいひとも見たくないひとも、そんなことどうでもいいひともいるんだよ(たぶん)。
いろんなひとが居るんだよ。
そのなかにはどうしたって合わない相手は居るじゃん?
そんな時は我慢するしかないじゃん? どんなに楽しい場でも、ひとつやふたつは我慢しなきゃならないこともあるじゃん?
それこそライブでも、あんますきじゃない曲がセトリに入ってたりさ(あ、言っちゃった)、春祭りではペンライトや振付もそうだったよね?(カンレキーズそのものも)
その時もさ、そんなにカンレキーズがイヤならライブに来なけりゃいい、て意見、やっぱり出てたよね?(わたしもそんなようなこと匂わせて書いた)
いまおもえば、それも「乱暴」だったんだけど、あのときの「カンレキーズはイヤ!」なひとたちは、とにかくひとつの我慢も、少しの譲歩も、ささやかな気遣いもしたくない、とにかくイヤなものはイヤ! とヒステリックなほどだったから
「そんなに言うなら」
「来なけりゃいいじゃん」
と言われたんだとおもう。
まあ、その「そんなに」の許容の限度もひとそれぞれだったわけだけどさ(結局そこに行きつく)。


ところで今回泪さんが書いたもののなかで、わたしがこれいいなと感じたのは
自分でも気をつけているけど、それでも不注意で見ちゃったり、感想だけで気付いちゃったりすることはある。しまった!って思うけど、それぐらいはいいや!って思ってる。100%は無理だから。でもやっぱり、不可抗力的なのはちょっとね… どうかわかって下さい。
のところ。
こういう冷静さは、この「ネタバレ論争」に於いては必要不可欠だとおもう。
わたしがこれまで見てきて
「だったらつぶやき見るなや」
と言ってしまったのって、ほとんどがじぶんは絶対間違ってない、悪いのは相手だ、という居丈高な空気のなかから
「鍵かけろ」
「ブログでやれ」
「つぶやくな」
という一方的な物言いなものばかりだったから。

あと、その泪さんもつぶやきのほうでRTしてるけど
このつぶきやき。

これ、たいへんに素晴らしい。
おなじツールの中で共存しましょう、というとても建設的な提案で、つぶやきユーザーでなくても
「賛成!」
である。
ネタバレしたいひとは、これを利用すれば心置きなく語れるし、ネタバレ見たくない派も安心できる。
それに、これ使ってたら、いくらネタバレNGのひとも
「あ、一応気遣いしてくれてるんだな」
て、きもちもすこしは和むとおもう。
なんて平和なシステム!(つーか、これができたってことは、やっぱりネタバレNGのひとは多いんだよ。だからそんなに肩身の狭いおもいしなくていいんだよ、泪さん)


ということで、わたしは今後も基本はネタバレしないけど、秋祭り終わったら、冬祭り前にはばーんとやっちゃう可能性あるから
「それやめてーっ」
て人は、気をつけてね。

ブログ道 comments(6) trackbacks(0)
美貌の果実。

シャインマスカット、だそうな。
皮ごと食べられるのがポイント高いね。
山梨からの秋の便りだす。


記事のタイトルはカーラ教授の名作から拝借しました。
ありふれた日常 comments(0) trackbacks(0)
アル中たちのいるところ。−2017の秋の静岡は80年代回帰現象−

チケットの争奪戦もそうだけど、ここ数年の我々ファンのテンションというか気合いがかなりなことになってるな〜とは感じていたけど、いやもう、そんなのスパーンと超えるくらいすごかった、この日の静岡。
熱気も、ノリも、歓声も、アンコールも1986〜1988あたりの、凄まじいパワーがあそこにあった。

たぶんその理由は、終盤にセンセイが
「日本平の(オールナイト)コンサート来た人!」
そう問いかけたのに
「はーい!!」
と挙がった手の多さ、だとおもう。
わたしももちろん挙げたけど、雨後の筍・啓蟄後の土筆の如く、にょきにょきと会館に腕が群生していたさまには、ステージのおじぃたちも
「おお〜」
と、素直に感嘆してくれていたもの。
むふふ「動かぬカラダでもいちど」はっちゃけた甲斐があったわ。
わたしなんて、カンレキーズの振付動画見なかったのに、相方が完璧に踊るので、その横に毎回居たらいつの間にかできるようになっちゃってて、無意識に踊ってたくらいだもの(なのでペンライトがもう1本欲しくなってしまいました)!

つーことで静岡がごっつ盛り上がってめっちゃ楽しかったのでした、とご報告申し上げます。
にしてもこの秋センセイが実にきもちよさそうに、朗々と歌い上げていらっさるお姿がたまらなくかわいいです。


追伸。
県民歌は無事に斉唱されました。
ALFEE comments(0) trackbacks(0)
見えるぜっ!
※わたしのガラケー写真があまりに暗いので、同行の友人のスマホ画像を貰って差し替えましただ。
モデル名:iPhone 5s、焦点距離:4.2mm、絞り値:F/2.2、シャッタースピード:1/1172秒



今日は見えたぜ!
すまん、また来た。
ケータイ見聞録 comments(4) trackbacks(0)
| 1/274 | >>