ねるねるねるね。
これ(↓)を見たのでやってみたら・・・
すいみん すいみん はんせい。
「すいみん」をふたつも見るって・・・。
そうか、わたしは寝ることがなによりたいせつなのか・・・。
そしてなにをはんせいするのか・・・。

ネットのひまつぶし comments(2) trackbacks(0)
文字も見た目が100%。
過日、すきなフォントの話しをしたときは、単にすきな書体についてと、そもそも書体とはこういうものです的なことに終始したんだけど、今回は「フォントは実は大事だよね!」という確認のお話しです。
というのも、はてなでおもしろいサイト『ためしがき』というところが紹介されていて、すきな短文を入力すると、多種多様なフォントでその文を表示してくれるのです。
それが実に楽しいし、ありがたい。
わたしは『星空のディスタンス』でやってみました。
そのほんの一部をご紹介します。
    ↓
(クリックすると大きな画面で見られます)

どうです?
おなじ『星空のディスタンス』でも、だいぶ印象が違いますよね?(漢字の「星空」が出ないフォントもあるし)
歌の世界観を知ってる我々からしたら《ポムらむ☆キュート》というフォントでの表記は
「ちょっとなぁ(苦笑)」
になってしまうとおもうし、ひとによっては《明朝体》は「違うな」もあるだろうし、その逆で《ゴシック体》は「ないない」もありなわけで。
ことほどさように “フォントの持つちから” は絶大です。
コピーライターさんが考え抜いたコピーも、フォントひとつで「超名文」になったり「くそダサイ見出し」になってしまったりもします。
どころか、そんな広告という特異なジャンルに限った話しではなく、日々の仕事やご近所づきあいにおいても、書体の選択をミスったら、とんでもないことになることだってあり得ます!

会社勤めをしているひとは、他所の部署もしくは取引先から受け取った書類で
「なんかダサイなぁ・・・・・・」
「読む気おきないなぁ」
そんなことを感じることはないですか?
それはたぶん、書式も悪いけど書体も悪い可能性があります。
お子がいらっしゃるご家庭でも同様で、PTAまたは学校からのお知らせ書類が
「むーーーん・・・・・・」
の場合は書体がいまいち・・・・・・かも?

もっとわかりやすく喩えるなら、祝儀・不祝儀の表書きをするとき、自身の名前をポップ体(《ポムらむ☆キュート》みたいなやつ)で書く人はまず居ない、ということで、つまり書体のたいせつさを、実は我々はちゃんとわかっているわけです。

そんなこんなで。
夏なら「暑中見舞い」、年末なら「クリスマスカード」・「年賀状」など、パソコンでいろいろ作成する際、こちらのサイトを使ってみるとよいでしょう。
とはいえ最終的には個人の「すき・きらい」で判断されてしまうものでもあるので、フォント選びに必要なのはセンスよりもなによりも
「わたしがイイとおもうんだからイイんだよ!」
という確固たる信念である、ということを最後にお伝えして、このエントリを〆たいとおもいます。

今回も読んでいただき、ありがとうございました。

ネットのひまつぶし comments(2) trackbacks(0)
挙手!
つぶやきやってなくてすまんね!
ネットのひまつぶし comments(0) trackbacks(0)
あるある&ないない。
先日テレビで、血液型にやたら拘るのは世界でも日本と韓国だけだ、ということの検証をやっておった。
この2国以外の人々は、自身の血液型がなんなのか、知らないし興味もないそうな。
ではなぜ日本と韓国の人たちが血液型を気にするのかというと、A・B・O・ABの4タイプが、比較的バランスよく配分されているから、らしい(南米なんかは100%O型だそうだ)。
とはいえ、そんな日本でも圧倒的にA型とO型が多くて、AB型なんて10%しか居らへん。
そんでもってわたしはその10%に入ってしまっておる。
なので、つい、雑誌やネットで『AB型の〜』的なものがあると、読んでしまうし見てしまう。
今回もつぶやきに『AB型あるある』というアカウントを発見してしまった。

でも、このつぶやき、ほんとに「あるある」と納得できるものと「えー、ないない」と否定したいものがあった。
たとえば
これは私的には「あるある」というか、もうそのとおり!
なんだけど
これは「ないない」。
あと
これも「ない」。ぜったい「ない」! キレてばっかりだもの。
また
これには「あるある」と「ないない」が混在してる。
だから
これもそう。
てか、その混濁っぷりが「AB型」の証し、なのだろうか。
でもそれでもって
こうなっても、実はまんざらでもなかったりするのも「AB」なんだろうか。

まあ、基本的には
こういう考えだし

これだし

こんなやつで

こんなやつです。


ところで
これはどう? わたし、こんなとこある?



ネットのひまつぶし comments(4) trackbacks(0)
まあ、たぶん、きっと、そうね。
ちょっとしたことで【エニアグラム診断】というものを知ったので(今さらジロー・サブロー・シロー)、試してみた。

やってみたサイト
『エニアグラム無料診断』

『エニアグラム診断』

それぞれ設問が違うので、結果に違いが出るかな? とおもったが、両サイトともにわたしは【タイプ4:芸術家】という診断結果になった。
ぱっ、と見れば自身でも
「うん、まぁ、そうだろうな」
となるのだが、分析文を読むと素直にうなずけなくなってくるあたりは、やっぱり【タイプ4】の所以、なのだろうか。

とはいえ、やってみたサイト△痢撻織ぅ4】の短所
協調性がありません。個人プレーで自由にやりたいため、協力プレーによる束縛を嫌います。動きを制限されると、たとえそこが温室でも外へ抜け出したくなります。

感情の浮き沈みが激しいです。これは他人によるものでなく、自分自身の心と向き合った結果、喜んだり落ち込んだりしてしまうのです。こうなると他人からどんなに慰められてもだめで、自分がよいと思えなければどこまでもよくないと断定してしまいます。

極度の人間嫌いになることがあります。他人に理解されていないと感じて自分から集団を離れていってしまいます。
が、あまりに的確で降参。


て、参ってる場合か。
反省せぇ。


続きを読む >>
ネットのひまつぶし comments(0) trackbacks(0)
うわぁ、べっくら!


雪かきすればいいのになんて豪気な、どこの国だ? と映像元の資料読んだらニューヨークだった。
さすがアメリカ・・・・・・。
つか、東海道新幹線もこのくらい強気に走れるようにしたらええのに。
関ヶ原の雪ですぐ停まるようじゃあ、やっぱアメリカにモノ申すのは無理だよね〜〜(なんの話だ?)
ネットのひまつぶし comments(0) trackbacks(0)
たまには自慢させてくれぃ。
ネット上に漂ってるお遊びの『検定モノ』のうち、積極的に参加するのは自身の得意とするジャンルになるのはどなたもいっしょ、かとおもうけど、わたしの場合は日本語・漢字にかんする検定だとついついやってしまう。

で、今回もめっけたのでチャレンジ!

【日本語ボキャブラリーテスト】

ほっほっほ。
かんたんだったわー。
ダテに『語彙・読解力検定』の準1級(開始当初の最上級)に受かっていなくてよ。



SNSやってないので、こっちで自慢させてもらっちゃいました。
たまに、なので赦してちょうだいませませ。
ネットのひまつぶし comments(3) trackbacks(0)
本来の目的じゃないけれど。
最近、このビンゴシリーズをよく目にしていたけど、今回の「お題」はふと気が向いたのでやってみた。



全部〇がつかなかったー、残念。
でも、これ、足りないよね。
横浜スタジアムも神宮もない(甲子園も!)し、新潟スタジアムもないじゃん。あと、埼玉のスタジアムも。
とはいえ、ここに出ている会場のほとんどが基本はコンサートやるところじゃない、わけで、むろん私もほとんどの会場に本来の使用法(スポーツの試合)に即して行ったのではないので、大きい声で
「行ったことあるよー」
とは言えないけどさ。

ところで誰か全国の市民会館クラス(ホール)で、このビンゴをこさえてみてはくれないかしら。
すんげー細かくなるだろうけど、そっちなら〇で埋められるアル中さんはけっこう居るのではないかしら。
ネットのひまつぶし comments(2) trackbacks(0)
My sweet home town.

『あるある静岡』


読んでるとむしょーに静岡に帰りたくなる。

ネットのひまつぶし comments(2) trackbacks(0)
旅するアタシ−2015−
2008年に、わたしはどれだけ日本を旅したのかと、白地図ぬりぬりで確認したことがありましたのですが、7年経たいま、果たしてどうなったかと新年におもいたってやってみました。



(2008年版)

色分けを前回より単純にしてみた(前回はスマコンもライブとしてカウントしたけど、今回はアルコンのみでライブをカウントしている)のですが、実はほとんど増えてない、という事実が判明致しまして、ちょっとわたし自身、あちゃーとおもっておるところです。
やっぱり同じところに何度も行くリピーター体質は変わらないのねー。
しかも前回の地図では、行ってない大分を塗っちゃってて、でもこの7年で行ったわけじゃないし。

それでも今年はすでに松山に行こう! と決めているので、初めて四国に色が付くわけですが、それだけじゃもの足りないなー。あと1県くらい塗りたいなー。
けどそれには先立つものが必要なので、そのへんがなかなかに厳しい。
なんとかミクスで景気が上向きとかいう話は、わたしのような底辺生活者のとこまではぜんぜん降りてきてないからさっ、ほこほこ。

まあ、そんななかでもやれるだけやってみて、この地図を全部塗りつぶせることを目標にがんばろう、というのが今年の抱負、かも。

ということで今年もよろしくお願いします。




ネットのひまつぶし comments(2) trackbacks(0)
Text:©2004 瀬戸際日記Neo.
| 1/5 | >>