切ったな!



屋移りしてから、満開の知らせを聞くたびに同じアングルで撮影してきたからわかるが、この桜が植えられている施設の管理者は、どうやら枝を切り落としたらしい。

だから今年はスカスカの花の向こうのツリーの画(え)になってしもーた。

俗に『桜切るナントカ』と言うが、ここの管理者はそうではなく、あくまでも樹のことを考えて間引きしたのだと信じたい。

やっぱまばらに咲いてる桜は迫力不足だなあ。


ケータイ見聞録 comments(0) trackbacks(0)
おかんの初場所2018

去年は角打ちなぎら酒店に行ってたので観られなかったけど、今年は来ました。

国技館で歌う第九。

まだ続いてるおかん。

頑張ってる。


しかしここまで来るのに東京マラソンの交通規制にひっかかってたいへんだっただ。

まさか徒歩にも規制かけてるとは知らなんだ(;´Д`)(;´Д`)

ケータイ見聞録 comments(0) trackbacks(0)
How many NHK's Face?

来慣れたホールも公演内容がかわるとまったく違った顔をしてます。

NHKホール。


一度は聴いておきたいとおもってたN響。

ようやく参加できます。

楽しみだにゃー。



(5月末にここに入れますように)と、ついでに祈願しておくのだった。

ケータイ見聞録 comments(0) trackbacks(0)
伊豆半島の先っぽ。

伊豆半島の先っぽ、爪木崎の水仙まつり。


この歳で(しかも静岡生まれで)初めて下田に来たのだった!

ケータイ見聞録 comments(0) trackbacks(0)
絶景かな、絶景かな。


寒いけど景色はきれい!

大室山からの眺めだす。
伊豆諸島がよーく見えるのだった。
ケータイ見聞録 comments(3) trackbacks(0)
新年会。

本日は故郷の仲間たちと新年会。
ちょっくら豪勢にまいりますよ。
温泉だあ〜い(≧∇≦)(≧∇≦)

*車両は伊豆急行の「リゾート21」の金目鯛タイプ。

ケータイ見聞録 comments(0) trackbacks(0)
京阪5000系!




こんちは!

ファイナル翌日、こういうことするのって他にはいないだろうなぁ、てことをするのが我々の常(つね)。

てことで、今年は『タモリ倶楽部』なぞりをやっとります!(なんにしてもタモさん絡み)

京都から琵琶湖湖まで京阪電車に乗って行くのです!

スタートは番組と同じく東福寺から。

そしてタモリ倶楽部御一行とおんなじ5000系に乗れてすでにテンションが高いです!


※京阪の5000系といえば写真2枚目の補助席シート。ラッシュ時はドア上に格納されているこのロングタイプのシートが、アイドルタイムにはドアを開かないようにして、降ろして座れるようにするという画期的なシステムが有名なのです(もちろん記念に座りました)。
ケータイ見聞録 comments(0) trackbacks(0)
左手をご覧ください。


新幹線で西へ向かう際、富士山は右側、というのが一般的な認識ですが、実は!

1箇所だけ左手に見えるのです。

それが何処あろう、我が故郷・静岡(安倍)川向こうの用宗(もちむね)地区。

ほんの一瞬ですが、地形と新幹線の線路の位置関係で、左手に拝めるのであります。

写真に撮ろうとするとこんな感じになってしまうほどの、ほんとにほんとのつかの間ですが。

新幹線トリビアとして知る人ぞ知るネタなので、明日、帰京する時、確認してみてください(その時は右側になります)。

ケータイ見聞録 comments(0) trackbacks(0)
いざ大阪冬の陣。


さあ、泣いても笑っても本日が2017年の騒ぎ納めの通年ファイナル。

転職したおかげでちょう余裕で大阪へ向かえます。

天気も上々、気合いじゅうぶん、意気軒昂、今夜すべてを出しきって燃え尽きる所存。

参加する各々方、留守居の方々、大阪冬の陣、心ひとつにして臨みましょうぞ!

いざ!!




ケータイ見聞録 comments(2) trackbacks(0)
行列。


毎年恒例、冬祭り。

限定グッズを求めて金蔓は寒行に耐えるのであーる。

ケータイ見聞録 comments(2) trackbacks(0)
Text:©2004 瀬戸際日記Neo.
| 1/25 | >>