スマホ・タブレットでご覧の方は
「PC版」表示にてお願いします
                               
今さらな百恵ちゃん2020。


タイトルに「2020」とついてるのは、過去にこういう記事を書いてるからです。

録画してるのにリアルタイムでも見てましたのですが、いやー、凄かった! うん。
とてものこと21歳の若い娘さんとはおもえぬ貫禄。そして存在感。
やっぱり当時の百恵ちゃんて、スーパースターですわ。圧巻でした。

コンサートの構成も見事でした。
金色のふんわりしたスカート、ベルトの真ん中に大きなリボン、バルーンスリーブという「アイドル」の装いから始まり、赤のパンツスタイル→青のロングドレス→純白の、ウェディングドレスを連想させる衣装という着替えとそれらに合わせたカラーマイクで歌うヒット曲の数々。それもフルコーラスではなくあえてメドレーにしてスター街道を駆け抜けた感を出してる部分は、よく客席のファンはおとなしく座ってられたよなぁ、あれは現場に居たら立つしかないでしょ! 座って聞かなきゃならない時代だったなんて気の毒すぎる! などとおもってしまいました(大きなお世話?)。


ところでこんなことを書くと、熱心なファンの方には怒られそうですが、百恵ちゃんの歌って基本的に「演歌」ですよね。
ひとりの男を愛して愛して愛しぬいて――愛がないと生きていけないわ、的な演歌。
そんな歌詞は出てこないけど「着てはもらえぬセーターを寒さ堪えて編んでます」な暗い健気さをはらんでる演歌。
貴女のためならどんなことにも耐えられるわ、的な演歌。
ご本人もMCで「女」にとてもこだわってるようなことを話されてて、その基礎にあるのがなんていうか、ものすごく古風な女性観なんだなぁ、と・・・・・・そんなところはごめんなさい、ちょっと(うわぁ・・・)となってしまったのです。当時はまだまだそういう時代だからしょうがないんだけど。
なので『ロックンロール・ウィドウ』になった時のカッコよさが! めっちゃ際立ちました。
こういう路線の曲をもっと歌えばよかったのに! とおもうくらい。
でも百恵ちゃんの本質は、やっぱり演歌的なところなのかなー、だから結婚して引退しちゃったんだろうなー、とか、だから聖子がいろんなところで比較されるんだろうなーとか、余計なことまで考えてしまったのでした。
あ、聖子を引き合いに出したのでついでに。
誰かが、「聖子は「い」の歌い方がとてもきれい」と言っていたけど百恵ちゃんは「あたし」の歌い方が絶妙ですね! あんなにカッコいい「あたし」を歌いきれる歌手は、もういないんじゃないかな。


とまあ、とりとめもなくいろいろ書きましたが、結論はとにかくとてもいいライブ映像でした、ということ。
なのでNHKBSPさん、ありがとうございました!





その他のエンタメ comments(0) -
奇跡をうみだすスーパーシティ。
異動した部署では、いわゆる「お役所の公式SNS」をチェックすることが多いのだけど、その中にすんげーきれいな写真ばかりなアカウントがあるんですよ。
【東京都生活文化局文化振興部】てところのものなんですけどね。
こちら(↓)です。

東京都が持ってるInstagramアカウントは百合子のと広報課ばっかり見ていて、こんなに素敵なアカウントを見落としていたとは・・・! 不覚!

で、投稿写真を遡って見ていたら作品の風合いがあまりにバラバラじゃあありませんか。
これは撮影者はひとりじゃないぞ?? どういうシステムだ? と調べたら都ではこのアカウントの公式カメラマンを一般公募してると判明。最近だと3年前に、2回目のコンテストがあったようで。
そりゃあきれいな写真だらけなはずだよ、みなさんプロかセミプロだもの。
広報課の写真も悪くないけど、なんつーの? 風合いというか雰囲気というか・・・そういうのが格段に違う。東京の街って、こんなに美しいんだ――と、見ていてとても勉強になるのです。
うーむ、恐るべし東京都の文化振興部。

その他のエンタメ comments(0) -
若者に渡す未来。
昔、こういう映画があったのをご存知ですか?

1995年の公開で、特攻隊員の若者の青春群像劇。
チケット右下のキャストを見て欲しいんですが、今、このメンツを揃えようとおもったらいろいろ(ほんとにイロイロ)あって無理なんじゃ? な人たちが出てます。
そして、若者に見て欲しいという意図から、代金も¥1,000(前売り)なんです。
わたしは当時すでにスマファンだったから観に行きましたが、実は木村は主役じゃないんですよね。
キャストの写真の並びでわかるように、センターの唐沢さんが主役です。

作品の詳細はあまり覚えていないのですが、ひとつだけ忘れられないエピソードがあります。
それは唐沢さん演じる海軍将校が率いる隊がいよいよ飛び立つことが決まった時、彼の父親(軍の偉い人)が、戦果(つまり隊員たちの死)報告のために1機は戻ってくるように、という命令を下すところです。
むろん父親は我が子を死なせたくなくてそう命ずるんですが、それに対し息子は、もともと特効作戦に反対だったこともあり、別の隊員にその役を任せる――というものです。
ここでわたしは無性に腹を立てました。この軍の偉い人に対して。
あんたが息子を死なせたくないように、ほかの隊員の親だって一緒だよ、なのになんで特権を使ってじぶんの息子だけ救おうとしてるんだ、と。

この感情、果たして製作側の思うつぼだったのか、またそんなことはなかったのか、はわかりません。
ただ単純に純粋に愚直に「だから特攻なんてダメなんだよっ」と反戦の意思を固くしたことは確かです。
なぜなら、こういう作戦を真面目に考えて決行してしまった軍隊の精神を、今まだ色濃く・・・どころかもっと濃厚にしたような思想で国を治めたいと考えてる連中がうようよしている、と当時から感じていたから。

そしてその、常軌を逸した方法で「国に尽くせ」と押しつける考えは、1995年より減るどころか増えてきてるように感じてしまいます。
なのにそういうことを主張するやつらは、決して自身では最前線には行かないし、映画の軍の偉い人のように、じぶんの身内は守るに決まってる――と思わざるを得ない言動しかしないので。
これを嫌悪しないでいられましょうか。
先日の知事選のときも戦慄したけど、若い人に強烈な排他主義や「ゆるやかな独裁」容認もしくは待望の感覚が増えているようにも見えるのも憂うところです。
若者には、どこからも侵されず、またどこも侵さない国を渡したいのに、世界情勢がそれを許してくれない空気もあって、おののいています。

私は若い人に平和な未来を渡したい。
これを平和ボケのお花畑と嗤わば嗤え。

15日ではなく、16日に書いてみました。

その他のエンタメ comments(2) -
「我々は生き延びなければならない」


おそらく観劇は「不要不急」に分類されるのだろうけど、観に行ってきた。
公演そのものが《ソーシャルディスタンスバージョン》という括りになっているのもあるし、現場は徹底した感染拡大防止対策が為されているとのことなので。

まずはその徹底ぶりを少し紹介。
《入場時》
・入場列は1メートルほど間隔をあけて並ぶ
・もぎり場には、前の人が入場するまで近づけない
・もぎり場所に行く前に、足元の消毒マットの上で足踏み要請
・そのあと手首で検温
・そしてようやくもぎり
《ホワイエ》
・「劇場あるある」の宣伝チラシの束は手渡しではなく、台の上に置いてあり
 欲しい人が取る(これは今後も続けて欲しい取り組みだったりする)
・感染拡大防止の啓蒙チラシ(大きめ)が目立つところに掲示されている
・グッズはパンフだけ(三谷作品はいつもそうなのかもしれない)
・売り場は大きいアクリルパネルで仕切られ、下部の切り取り口から商品を受け取る
・支払いは現金か交通系ICカード
・飲み物の販売は、ペットボトルのお茶と水のみ(支払いは現金のみ)
(カフェは営業してないように見えた)
《場内》
・場内に入る際は必ず手指消毒するよう呼びかけあり
・開演前、休憩中は定期的にマスク着用と咳エチケットの推奨アナウンスあり
・着席はひと席ごと(両隣に人が居ない状態)
・最前列も人が居るが、フェースシールド着用はない
・とにかく静か。水を打ったよう、の慣用句そのもの
・換気についての案内は私には見つけられなかった(アナウンスもなかった)
 でも幕間休憩はある(そのときは消毒作業している)
《上演中》
・テレビの情報番組でネタバレしてたとおり、役者さん同士が接近しないような
 演出・セットになっている
・でも舞台の前部に出てきて声を張り上げると、最前列の人は大丈夫か気になった
《終演後》
・カーテンコールは1回だけ(お客が歓喜して声出すのを避けるため)
・エレベーターが混み合うので、階段で降りてくれとお願いアナウンスある
・8階から降りるけど、足腰に自信のある人は階段のほうがよいかと
(外階段も使えるから)

まあ、こんな感じ。
かなり気を遣っていたようすだった。
だからって「絶対だいじょうぶ!」と言えないのがこのウイルスの怖いところで、観劇中も100%集中できなくて、なんか悲しかった。
なんの心配もなく劇を見られるって、実は凄いことだったのよね・・・。


で。
凹むような話ししててもよくないので、観劇レビューも書くよ〜〜。

今作品の世界観は
とある共産主義国家。
独裁政権が遂行した文化改革の中、反政府主義のレッテルを貼られた俳優たちが
収容された施設があった。
強制的に集められた彼らは、政府の監視下の下、広大な荒野を耕し、
農場を作り、家畜の世話をした。
過酷な生活の中で、なにより彼らを苦しめたのは、
「演じる」行為を禁じられたことだった。
役者としてしか生きる術を知らない俳優たちが極限状態の中で織りなす、
歴史と芸術を巡る群像劇の幕が上がる!
(公式サイトより)
というやつ。
加えて
感染予防策のために客席の配席と公演スケジュールを見直し
とあるから、脚本ももしかしたら少し書き直した? なセリフもたくさんあって、とても奥が深い物語になってた。
このエントリタイトルにした「我々は〜」的なセリフも何回か出てきて、こんな状況下だからめっちゃ響くわけね。
物語のなかでの「我々」は俳優、なんだけど、コロナ禍のなかだと「我々」は私であり、あなたであるからね。
そういうふうに “ギミックめいたことに感じ取ってしまう” のも今だから、なんだろうなとおもうのよ。
たとえばこんな事態じゃなければ本作を観ても、ああ『笑いの大学』と同じように、権力による文化・エンターテインメントの抑圧に対する反骨だなぁ、と感じるだけだったような気がする。

良くも悪くもこんな状況のなかでの本作品はもの凄く「特別」なものになってしまったんだなあ。

でも、ちゃんと面白かったよ?
つい、声を出して笑ってしまうところもあったくらい(マスクしてますよ!)。
ところで、何回か舞台上で役者さんが笑ってしまってセリフが続かなくなるシーンがあったけど、それはやっぱりあそこがアドリブだから、ですかね? ね?
そりゃ頑張れ、霤弔ん、ヤマコー。

それと大泉洋は毎回アレをちゃんと食べることを考えたら、コレステロール値が上がってしまうだろうから、値を下げる効能があるとかいう「なんとか茶」を飲んでることを祈るよ。






その他のエンタメ comments(0) -
墨田区パズル

生まれたところより墨田区での居住年数のほうが長くなったのに、実は区のかたちをずっと知らなかったんですよ。
で、このパズル見て、北十間川を境に町割りががらりと変わっていることを知り、べっくらこいたところです。
すっげーわかりやすいぞ、墨田区!
吾妻橋・業平以南の無機質に区切られた町割りは、後世(戦後?)のもので、江戸時代のものを踏襲しているのが向島・押上・文花・立花より北の部分、なわけやね。

おもしろいなぁ!


どうやら他の地区のパズルもあるようなので、みなさんの地元・故郷のものをさがしてみるのはいかがでしょうか。
その他のエンタメ comments(0) -
もう言霊はイヤだぞ。

ダメもとで「ぴあ」のプレリザーブ抽選に申し込んだら、当選してしまってべっくら。
(なんでこういう時に抽選運よくなるん。おじぃたちのライブで発動して欲しいのに)

よし、こんなことになってしまったけど、今度こそ! 今度こそは観に行く!
行ける! だいじょうぶ! 行けるったら、行ける!!

その他のエンタメ comments(2) -
ことだま〜〜〜!

(タイトルは「どんだけ〜〜」の発音で)

ちょっとやだー、あたしがヘンなこと書いたから、こんなこと(↑)になっちゃったみたいじゃんー。
それって、いい面もあるけどダメになってしまった時のショックたるや・・・。
((((;゚Д゚))))コワイコワイ・・・。
おぉう・・・ちゃんと観に行けますように。


観に行けそうもないよ、よよよよ(ノД`)・゜・。
2月に書いたものだけど、このときはまさかそのあとこんなことになるなんて、おもってもみなかったよ〜〜。
あな悔し。
ほんと、憎々しいウイルスだぜ・・・(恨み骨髄)。

その他のエンタメ comments(0) -
ふーむ。

最近はコミカライズされる作品、多いね。
いいか悪いかはわかんないけど、このお話はマンガになったほうが理解しやすい部分もあるのは確か。
でも読んでみるかどうかは、また別の話しだけど。
その他のエンタメ comments(0) -
ロマンスの「かみ」様。
こにゃにゃちは。
大型連休が終わりましたが、さて皆様は何をして過ごされましたか。

わたしは先日も申しましたように、マンガ配信アプリを有効活用し、マンガ漬けの連休を過ごしました。

というか。
とあるジャンルの作品にどっぷりハマってしまって、やめられなかった、が正しい。
して、そのジャンルとは。
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
この投稿をInstagramで見る

今回ご紹介するハーレクイン05号の表紙と巻頭カラーを飾るのは、 秋元奈美先生の「ドレスを捨てた花嫁」です♪  5人もの恋人に捨てられた過去を持ち、 やっと運命の相手と結婚式までこぎつけたはずが… そこでもトラブルが巻き起こってしまう男運のないヒロイン、ドーンのお話です。  担当Tだったら、5人もの人に捨てられたら身も心もぼろぼろになって 次の恋をしようなんて勇気は出ない…( ;m;)  それでも前を向いて恋をしようとする ドーンの生きざまがとてもかっこいい作品です!!  ゜+o。。o+゜+o。。o+゜+o。。o+゜+o。。o+゜+   ◆秋元奈美「ドレスを捨てた花嫁」  大丈夫、今度こそ幸せになれるはず…。  花嫁のドーンは、 挙式の時刻を今か今かと待っていた。 ところが新郎は現れず、 代わりに現れたのは新郎の兄で富豪一族のクーパー。  「弟はここには来ない。結婚式は取りやめだ」と冷たく言われて———!?  まさか結婚式当日に捨てられるなんて……。  ゜+o。。o+゜+o。。o+゜+o。。o+゜+o。。o+゜+  ハーレクイン05号は、21日発売です!  ★ハーレクイン05号★ http://www.harlequin.co.jp/hqc/harlequin/

ハーレクイン公式(@harlequin_jp)がシェアした投稿 -


うわー、なんか恥ずかしい〜〜〜(≧◇≦)
でも、そうなのー、ハーレクインコミックなのーーーー。
公式みずから


て言ってるとおり、そのとおり! 
「お約束」オンパレード、必ずハッピーエンド、なこのシリーズ。
わかっちゃいるのに読み始めるとやめられない中毒性を持っていて、気づくと夜中・・・ということもしばしば。
えーん、なんでだーーー。

物語のほとんどは
・ヒロインと恋の相手は出会ってすぐ惹かれ合う
・もしくはケンカに発展していがみ合う
・もしくは過去に因縁合って憎み合ってる(けど本心では愛している)
・なんらかの事情で恋人のふり、偽装結婚する
そんで、ヒロインも彼も
・相手の話しに聞く耳持たない
・から、勝手な思い込みでひとりで怒ったり落ち込んだり憎悪したりしてる
・ので、話しがややこしくなる
でもって
・すぐキスする
・すぐ一線超える
・すぐ妊娠する
・結婚してたら相手はすぐ死ぬもしくは死別してる
てなエピソードの組み合わせ。
そんでヒロインは
・会社経営してるバリキャリ
・ヨーロッパの小国(架空)の貧乏王室の王女
・何かの資格職
・秘書
・過去アリのシングルマザー
とかで、お相手の男性は
・若くして成功した実業家(超お金持ち)
・アラブの架空の王国の王子か首長(シーク)
・お貴族様(最低でも伯爵)
のいずれか(稀に牧場主とか医師とかいる)。

いや、ほんとですって。ほぼこんな感じ。
こんなベタな設定、ちっともおもしろくないじゃん、なんだけどこれがあぁた。
コミックスになると不思議や――ハマっちゃうんですよね〜〜。

ご興味持たれた方、一度読んでみてみて?
ちょっとはわたしのきもち、わかってくださるとおもうの。


ところでこのシリーズ読んで、ひとつ知ったことがあります。
21世紀の現代では行われていないかもしれないけど、欧米の上流階級では、マンパワーを出品して競り落とし、その落札額を寄付にまわすチャリティーオークションなるものがある、ということ。
その昔、アルフィーも『武道館で「恋人たちのペイヴメント」を歌ってくれる権』で「ハンマー・プライス」に出たけど、そんな感じの “出品物” を買う、日本にはあまり馴染みのないイベントも、わりと出てくる要素。

それからこれは、たぶん宗教観に関わってるとおもうけど、先述したとおり、ヒロインが高確率ですぐ妊娠するんだけど、彼女たちは流産しない限り、必ず産む。たとえシングルマザーになろうとも、産むのね。
そして周囲もそれが当然、みたいに捉えている(産むな言うのは、ヒロインにトラウマを与えるクズ男くらい)のが、日本とはぜんぜん違うなぁ、と感心します。


続きを読む >>
その他のエンタメ comments(0) -
歳相応にバランスとるのね。

今しがた見終わったー。
久しぶりなのでいろいろ忘れてたりしたけど、やっぱ見応えあったー。

にしても、ちょっと笑ってしまったのは、以前(たぶんまだ30代)これを見たとき
(うおー、アル・パチーノ、シブかっこええ・・・!)
と、打ち震えたのだけど、今日見てたら
(うひょー、マーロン・ブランド、バリシブ!)
てな感じで、シブ好みのターゲットスコープが見事にスライドアップしたことです。

画面の中の俳優さんたちは歳をとらないけど、見てる側は確実に老けてるわけで、そうすると
「シブい」
と感じる対象が、ちゃんと私の現在の歳に合った相手になる――この自然の摂理に、感心しつつもちょっと笑ってしまった、というお話しです。



物語のクライマックス。
父親の死によって跡目を継いだマイケルが、甥っ子の洗礼式で神への忠誠と清廉を誓うその裏(神父だか牧師が「悪魔を退けるか」とか問いかけて「Yes」と答えるタイミングだったりする)で、敵対するファミリーのドンたちを皆殺しにしていく流れは、何度見ても戦慄するなー。
これって現在なら間違いなくR指定公開だとおもうけど、当時はフツーにロードショーだったんだよね。
うーむ・・・。



その他のエンタメ comments(0) -
Text:©2004 瀬戸際日記Neo.
| 1/40 | >>