美しさは、罪。
別の用事で買い物行ったらこの売り場に遭遇して、あまりの美しさに釘付けに。


これはまずい。非常にまずい。
この美しさに、わたしは抗えない。
きっといつか買ってしまうだろう。




《JINJAR》公式サイトもどうぞ。
その他のエンタメ comments(0) trackbacks(0)
半世紀昔。
評価:
価格: ¥ 1,080
ショップ: イーベストCD・DVD館

ものすごーく久しぶりに長い夏休みを過ごしましたが、特に何もしないのに(ほんとは奈良に行く予定だったのに、台風10号め!)時間は無情に過ぎるものですね。

ということで。

録りためておりますの、おほほほ、と言っていた時からすでに4ヶ月経過してしまって、5月の連休では2作しか消化できなかったので、この休みで観たんです、コネリー版の残り。
そいでしみじみ感じたのが
(ここに映ってる景色って、もう50年以上前のものなんだよねぇ)
ということでした。
舞台となる世界各都市は、フィルムの中ではとても美しいけれど、それはもう半世紀は昔のもの。
さて、現在はどうなっているのかなぁ、とおもいを馳せたりしたのですが、その最たるものが日本を舞台にした『007は二度死ぬ』でした。

これね、凄かったんです、いろんな意味で。
昔、テレビのロードショー番組で何度か見たはずなのに細部までは記憶が無くて、今回新鮮な《驚き》がそらもーーうたくさん。
まずは何度も言いますが、映像にある日本の景色は50年以上前のもの、というのがある種のノスタルジーをそそります。
たとえば銀座4丁目交差点も映りますが、そこにはいまはもう無いネオンサインやビルや、都電までもが見えます。または、昔の丸ノ内線の車両、代々木体育館。
それと、まだ舗装されていない道。
ボンドが敵に追われて都内をカーチェイスすると砂埃がたつ! 砂埃ですよ、砂埃! しかもどうやら港区の住宅街で。
タイヤが砂を擦ってたてる「ズザザザザーーーッ」というスポ根漫画の効果音そのままの音が画面からするのです。グラウンドか、てやつです。
更に、都内の空撮で今のような高層ビル群が見当たらないのもべっくらです。東京の地理が上空から見てわからないのですよ! え、新宿はどこ? 六本木は? 池袋は? 
そんななか、東京タワーが見えるとなぜかホッとたりします。
それに車の交通量の少なさよ!! 50年以上前、まだ都内の道路はすかすかだったのですね。

んで。
脳内BGMが『三丁目の夕日』なのはここまで。
それ以外は《とことん荒唐無稽な日本》の描かれ方へのツッコミに終始できるのも “凄い” 部分です。
そのエピソードはWikipediaの『007は二度死ぬ』の頁が詳しいですが、日本の諜報機関とおぼしき組織の構成員のエリートが《忍者》! てのがナンバーワンだと、わたしはおもいます。
しかもその訓練場が姫路城! で、そこでは空手・居合抜き・剣道という武道をはじめ、手裏剣を投げる訓練なんかも行われている設定なので、もう笑うしかない。
加えて、敵のアジトはどこかの休火山の火口内にいつのまにか作られていて、カルデラ湖でカムフラージュされた出入口はなにかのロボットアニメで見たような? なので、さらにおもしろい。
そして特筆すべきは我が国の誇るべき銃規制法をまったく無視して、いたる所で繰り広げられる銃撃戦の数々です。フィクションとはいえ、日本が舞台とおもって観ていると、どうしても(このあと、日本の警察、どうするんだろう?)とか考えちゃったりする部分もあってフクザツなので、ツッコミなしで観るのは至難の業。
公開当時に本作を観た大人たちは、いったいどういう反応をしたのだろう、とおもいますね。

とはいえそういうものも含めて楽しめた作品ではありました。
丹波哲郎は若くてそこそこ二枚目だし、浜美枝さんの可愛らしさと若林映子(あきこ)さんの美しさはブラボーものだし、当時の人気横綱も本人役で出てるし、敵の作戦はぶっとびのSFチックだし、なによりやっぱりショーン・コネリーのボンドがカッコいいのでありました。







こんなタグあったのね。的のど真ん中射てるわ〜〜。







ふと、あの有名な《007のテーマ》のリフをセンセイが弾いたらどんな感じかな? とおもいました。




その他のエンタメ comments(0) trackbacks(0)
絹のような。



ちゃんと観に行ってきました。
とはいえ、このときに自白しましたように、わたしは望都先生の作品は『スター・レッド』しか読んでいないので、今回の企画だとわかる部分がほとんどない、状態なのですが。
それでも観たい、とおもったのはやはり前回の時の “圧倒的筆力” を再度この目で確認したい、とおもったからです。

ところがです。
ところが、なんです。

この作品の原画、ものごっ     つ優しかった! のです。

線が。


キャラクターだけでなく、背景、家具調度、衣装に至るまで、そこに描かれている線はすべて、そう絹のように儚げで繊細で優しかった、のです。
カーラ教授が『笑う大天使(ミカエル)』に於いて史緒さんと柚子さんに『ポーの一族』について語らせていて、そこで
「ロマンチシズムの極み」
と評しているのですが、線までもが「ロマンチシズム」に溢れており、もうべっくらこきましたとも。
SF作品との描き分けを「線」の細部にまで徹底しているなんて! と。

先年一条ゆかり先生の原画を観たときにも「線が細くて繊細」とわたしは書きましたが、繊細さの種類が違うんです。
望都先生が「絹」なら一条先生は「ガラス」ですね。つまりちょっと硬質。
その違いは「ロマンチシズム」ではないか、とおもいました。

次にわたしがガツンと衝撃を受けたのが画面の構成力です。
なんですか、あの、映画のシーンを切り取ったような、恐ろしいまでの構図は!
1枚の紙―平面のうえに過去と現在と連想画と自然現象を混在させて時系列を成立させてしまう手法は! 凄すぎでしょ!
もう断言しますけどね、今現在売れっ子の若手少女漫画家にはいませんよ、あんな構図で描ける人は!!(たぶん)

事程左様に、凄い原画展でありました。


あ、そうだ1点だけ。
由来は『ポー』なので当然なのですが、「誰がクックロビンを殺したの」のイラストのところでは、どうしても脳内に『クックロビン音頭』が再生されてしまい、薄く笑ってしまいました。
申し訳ございません。



その他のエンタメ comments(6) trackbacks(0)
ホントにでっかいどー。

なんぼなんでも期間が短すぎない〜〜?
とおもいながら、初日に行ってきましたよ、週明けは『ポーの一族』展行きたいから(こっちも期間短いよ〜〜)。
さすがに混んでましたけど、でもちゃんと全作品を拝めました。


   ↑
というコンセプトなので今回はすべて風景写真です。しかも遠景撮影。
雄大な風景が静かに広がり、北海道のひんやりした空気を感じられる、今までとは違う作風でとても新鮮でした。
何枚かは、この瞬間の風景を切り取るためにどれくらい待ったのかしら、とおもうほど美しいものも。
撮影者・坂崎幸之助、というネームバリューがなくても作品として成立するのでは、とおもえるほど。

ということで我慢できず!
あまりにきれいだから部屋に飾りたくて!

買ってしまったですよ。
2Lサイズですけど。
1.2を争う人気作品ですよ、それくらいきれいな写真です。

あと、今回は作品のタイトルでちょっとクスっとさせられますよ、明日・明後日でなんとかみなさん、観に行ってみてくださいね。





その他のエンタメ comments(2) trackbacks(0)
行かない選択肢はないやろ。

【次回特別展のお知らせ】
次回特別展「マンガで語る古代大和供[っ翹智子『天上の虹』にみる持統天皇誕生の物語」の展覧会情報をHPにアップいたしました!
http://www.manyo.jp/event/detail.html?id=249...

奈良県立万葉文化館さんの投稿 2019年6月2日日曜日


これはもう、行かないと!
そうだ、45周年記念式典の翌日、休みとったから帰り道に寄ろう!

とおもったら、月曜休館! Σ(゚д゚lll)ガーン


よし、わかった!
こうなったら盆休み期間に、夜行バスで行って夜行バスで帰ってくる弾丸ツアーを強行するしかない。
奈良駅からバスで行ける距離にスーパー銭湯あるみたいだから、そこ使えば汗流せるし、着替えられるし。
うむ!
これはもう、行くでしょ、そうでしょ!

その他のエンタメ comments(2) trackbacks(0)
鉄道はライフライン。
昨日に引き続き、こちらも見ごたえありました。
今年のリアス線全線開通の裏にあった諸々。
特に路線の存続を切望していた地元自治体となるべくなら鉄道は避けたいJR東日本との折衝。大企業−しかも株式会社−の理論と、地元の感情の折り合いがつくまでの経緯は、池井戸潤が書くような企業小説そのものでした(企業側から地元に寄り添いたい社員が現れるあたりとか)。

これを見ちゃったから、あの鉄道に乗る時、おのずと「重み」を感じてしまうだろうなあと予想しているのですが、それでもこの路線の成り立ちをおもえば、それは必要なことであろうとも、おもうのであります。

うん、来春には乗りに行く計画をたてよう。


その他のエンタメ comments(0) trackbacks(0)
縁の下の。
めっちゃ見ごたえあった。
常々ダイヤグラム書けるのは凄いとおもっていたけど、今回改めて感服しきり。
なんという緻密で精神をすり減らす作業であろうか。
そして延発運転の現場判断にも頭がさがりますよ。ほんと、鉄道の運行に携わってる皆様には感謝の意しかないです。

でもK急を「首都圏で最も遅延が少ない路線」と紹介したときには、つい
「嘘つけ!」
そう叫んでしまいました。
だって毎朝毎朝「K急線混雑による遅延」の被害受けてるからさー。
(それってダメなのはひょっとしてT営線のほうだったりして)



あと《電車でしか行けない駅》。
今度行ってみよーっと。





その他のエンタメ comments(2) trackbacks(0)
やるな、NHK!
森若さんといいこれといい、NHKのドラマ制作班の目のつけどころが私的にはツボを突いてて嬉しい。
ギン役の大野君がちょっと若いかな? という気もするけど楽しみ!
(ゆりやんの美々子はビジュアルだけならぴったり!)

その他のエンタメ comments(0) trackbacks(0)
一貫性ゼロ。

雨の中、行ってきました。
そんな天候だからすこしはすいてるとおもいきや、さにあらず。
普通に混雑していて、人混みが一瞬だけ途切れる-まさに間隙を縫って作品に近寄って鑑賞する、をずっと繰り返してました。

クリムトのことは、上の写真(↑)の女性の絵はよく目にしていて、そのたびに、これはどこからどう見ても女優のT畑A子さんだよなぁ、とおもっていた程度の認知度でしたが、今回作品を初めてじっくり見て、なんやこの統一性のない画風は! と仰天しました。
ルネッサンス絵画ふうの写実的な肖像画があったかと思うと、印象派のタッチの風景画があったり、まちがいなくアールヌーボーの一環な雰囲気の作品が並んでたり、で、わかけがわからん! になりました。
また、おそらくこの展覧会の目玉のひとつであろう《ベートーヴェン・フリーズ》の間(ま)では、うーむ、あの『第九(の第四楽章)』でこういう世界をイメージするのか、と、わたしには決して生まれない感覚で以って描かれた世界観に、しばらくいろいろ考えさせられたりしました。
そんななか、わたしが最も圧倒されたのは、ウィーン大学の講堂の天井画として描いたとされる《医学》(カラーのほうでなくモノクロのほう)でした。
彼は象徴主義の要素がある、と分類されているようなので、この作品はまさに象徴主義の真骨頂、でありましょう。
《医学》という学問を「なにをどうしたって、結局人間は死ぬのだ」という真理を剥き出しにあそこまで禍々しく描くクリムトの “屈折” した感覚が駄々洩れのこの一枚。
「どんだけ捻くれてんの?!」
という呆れ半分、衝撃半分、でしばし釘付けでした。

それとは別の意味で、ホントのほんとに
「うわっ、カッコイイ!」
な作品もあったんですが、それは皮肉にも(?)クリムト自身が描いたんではなく、このつぶやきでいえば真ん中のポスター、でした(作者はヨーゼフ・マリア・オルブリヒ)。
いやあ、このポスターはカッコよかった!
それとなんかの(覚えてないダメダメ)機関誌『ヴェル・サクルム』もよかったです。

ともあれこの展欄会を観て、わたしが思いを新たにしたのは
「70までにはウィーンに行こう!」
です。

なんじゃそりゃ。
ですよね。

展覧会のフォトスポット。

その他のエンタメ comments(2) trackbacks(0)
マージ―?! 







いやー、ほんとにドラマになったよ森若さん! 
しかも多部ちゃん。いいねぇ。
そして原作の新刊も発売。
来月、楽しみー!!
その他のエンタメ comments(0) trackbacks(0)
Text:©2004 瀬戸際日記Neo.
| 1/37 | >>