アル中たちのいるところ。−2018のかなけんでマサラーはバラになりたいと切に願う−

タイトル長ぇ! すみません!

いやでも、おそらくたぶん、20日のかなけんに居たマサラーは高確率で
「あのバラに・・・!」
なりたい! と願ったはず。
少なくともわたしはそうでした。
隣席の友の腕をはっし! と掴み(毎度すまぬ、友よ)
「ば、ば、ばら・・・! あのバラ・・・!! なりたい・・・!」
息も絶え絶えに訴えたのでした。

などということも起きたかなけんで、わたしの春巻きは終わったわけですが、今回もたいへんに楽しいライブでした。
ちょっと気がかりなことが起きていて、参加も危ぶまれたりしましたが、なんとか大丈夫で、立てない席ながらもほとんど空気椅子状態で盛り上がりました。
なんせしょっぱなからセンセイは「やらかす」し、賢様も坂さんもぶっ飛んで突き抜けてるしでこっち(客席)のテンションが上がらないはずがない。
もう
「うひゃひゃひゃひゃーーーーッ!」

「キャーーーーッ!!」

「はうぅぅぅ・・・・・・!!」
なのであります(わかるよね?)。

でもってここで書き出しのへんに戻るんですけど、マサラーとして
「ああ、あのバラになりたひ・・・・!」
と胸焦がすようなことをはじめ、やたら賢様が素敵で素敵で素敵で・・・!
まさにこの方(↓)の仰る通り!
マサラージャパンはみな、骨抜きになったに違いありません!(海月人間大量発生)。
もちろんわたしもふにゃふにゃなまま、長い帰路につきましたことです。


さて、残すところは広島・大宮・名古屋ですかね?
ご参加の皆様、わたしの分まで盛り上げよろしくお願い申し上げます。

ALFEE comments(0) trackbacks(0)
アル中たちのいるところ。ー2018春の上越は犬も歩けばネコも歩くー

比較的早い時間にこんばんは。
今宵は独り旅なので打ち上げせずに宿に戻って来ましたよ(電車、待ったわよ1時間以上!  でもそういう人がたくさん居てなんか安心した)。
ホントは乾杯したいのよ、ライブ、最高だったから!!
でも相手が居らへん。あうあう。
独りでしみじみ飲める度胸がないのだ、マイチキンハート(なんのこっちゃ)。

まあ、そんなわけで独りで上越公演のあんなことやこんなことを脳内で反芻して、デヘヘ・デヘヘとにやけておるところです。
そうそう、今日はお初参加の方が多かったです。
しかも老若男女まんべんなく。
まさか皆さん、カツ丼経由ではないとはおもうけど、ああいった時、メンバーはどんなテンションになるんでしょうかね?




ところで。
今日の宿はレディースルームで予約したんだけど、その部屋が想像以上にレディース・・・・・・てかお姫様部屋だったので見て。


ALFEE comments(6) trackbacks(0)
びびでばびでぶー。
これ、ドレス着ていかなあかんやつやん!!
庶民はどうしたらいいん?!
魔法使いさん、たすけてーー!!

ALFEE comments(0) trackbacks(0)
凝り性。
肩はもちろん腰も凝る。
最近は「手」まで凝ってきて、指先の痺れが常態化していたりする。
恐ろしい老化現象。

でも今回はそっちの「凝り」じゃない。
巧い下手関係なく、やりたくなったらやってしまうほうの「凝り」。
というわけで、先日の続きでござる。
(ほんとうは最初からこっちを作りたかったのだが、ちょっと技術が足らなかったところをプロに力を借りてようやくできたのだ)

NHK初日のMCで触発されたコレ。
自己責任でクリックしてね。



ALFEE comments(2) trackbacks(0)
アル中たちのいるところ。−2018春のNHK2日めはマサラーに二度おいしい−


なんてったって「ほ」が!

「ほ」が!


「ほ」がッ!



「ほ」がぁっ!



そんでもってピックを!

ピックを!


ピックをッ!



この2点のみならず、あの曲まで歌ってくれちゃったから、マサラーはもうたいへん!
よく生きてNHKホールを出られたと、我ながら感心している次第でございました(マサラーユニオンの皆様、ご無事?)。
そんくらい印象強くて、ほかの事ふっとんじゃった。


あ、いや。
最後のセンセイの有難いお言葉はちゃんと覚えてます。

やはりNHKはいいねぇ。

ALFEE comments(3) trackbacks(0)
アル中たちのいるところ。−2018春のNHK初日が神々しくて−
また同じこと言ってるよ・・・と呆れた方も居るやもしれませんが、実際そうだったのだから仕方ない。
ホントのホントに昨夜の御三人は畏れ多くも有難くも、とにかく輝いていて目が眩むこと多発、だったのであります。
また、その歌声にもパワーとエネルギーが満ちており、くわえて神ご本人たちが気持ちよさそうに歌っておられたので、その威力も常より勝っていましたよ。
わたくしなんぞは某曲で、本気で膝まづいて祈りを捧げたい衝動に駆られましたが、僅かに残っていた理性がすんでのことろでふみとどまらせてくれました。
危なかったー。
いや、それほどに昨夜は素晴らしかったのですよ!! かっこよかったのです!!!

さあ、本日も神様のお姿を拝んでまいりますですよ。
楽しみです。





ところで。
昨日のセンセイのMCを聴いていたら、どうにも制作意欲がかきたてられたので、作ってしまったものがあります。
お暇な方、よろしければどうぞ(注意書きに注意←笑)。
昨夜参加した方ならわかるネタです。
ALFEE comments(0) trackbacks(0)
カメラを持ったギタリスト12.−女子力高い坂崎師匠−

本当は師匠のラクガキが入ってから行きたかったのですが、どうもそれだと時間がなさそうなので、本日、お邪魔してきました。
今回は、事前にオンラインギャラリーで作品を確認して
「ええい、買ってしまおう!」
と決心しての訪問でありました。

だって、どれもこれもすきなタイプの写真だったんだもーーーーん。

坂さんがこの書写真展のコンセプトについて
「女子がすきそうなやつだよー」
と仰っていましたが、そうですよ、どうもすみません、わたしはまんまとその術中にはまってしまったわけです。いーじゃん、べつに!

しかもですよ、皆さん。
オンラインギャラリーで見たよりも、現物のほうがもっとキレイだったんだから堪りません。
なんなの、今回の作品群は! あれもこれもそれも、みんなみんなキレイで素敵じゃないの、うわーーーっ! とこころの中で地団駄踏みながらじっくり鑑賞。
そんでもって買いたい候補作品数点(なぜかそれらが見事に一列に並んでいた)の前に座ってじっくり考察。
これまで買ったものとの雰囲気や色合いやモチーフのバランスをあれこれ引き比べて、よし、これ! と決めました
(熊本行きも決心して倹約せなならん時になにやってんだか)。

ということで、夏に手元にやってくるので、そのときにまたお披露目いたしますよ。
ふふふふ、楽しみだニャーネコ

にしても冗談抜きに今回の書写真展は作品がいい雰囲気です。前回のビビットな色合いの作品とは対照的に淡い光沢にあふれた写真は、ほんとに「女子ウケ」するでしょう。師匠は今後この路線で攻めたらいんでなかろか、とまでおもってしまいました。
この週末、NHK2DAYSの時に行こうと計画してる方も居られることでしょう。
混雑必至ですが、一見の価値はあると、わたくしは太鼓判を捺しますことよ! 頑張って見に行ってね!!


続きを読む >>
ALFEE comments(0) trackbacks(0)
あんたがたどこさ!
行きたぁあああーーーい!
というか、もう行こうとおもってるんだけど、でも悲しいかな、先立つものがとても厳しい。
なんせ5月の時点でもこの(↓)価格。
うーむ、うーむ。
でもここで行っておかないと、次に熊本がツアーに入るのがいつかわからない。
復興支援で行くなら
「今でしょ!」
てことで。
なので東北の皆様、この秋はちょっとごめんなさい。
熊本への支援を優先します(やはり春に行っておくべきだった)。
とにかくうまくやりくりして、秋には熊本へ向かうのじゃー!
待ってて、くまモン!←?

ALFEE comments(3) trackbacks(0)
母の手柄。

三社祭の日だというのにオカンが
「浅草に行ってくるわー」
と浮かれて出かけたのでその背中に
「時間があったら “もんじゃコロッケ” 探して買ってきて」
そう頼んだらちゃんと買ってきたので正直驚いた。絶対、忘れるか
「見つけられなかったわよ!」
と逆ギレされるかとおもってたので。
わたしのその予想を裏切ってらくらくスマホを使って探したとドヤ顔であった。

おかあさん、どうもありがとう。
頼んだ理由はどうぞ訊かないでください。
(でもホントにこのコロッケなのかどうかは夏までわからない)
ALFEE comments(2) trackbacks(0)
こんなん出ましたけど。−その4−
パソコン買い換えたんだけど、何をまちがったのかHDD搭載ディスプレイのデスクトップパソコンにしちゃったもんだから置き場に困って、部屋の片づけしてたら本棚の奥から出てきた。
公式グッズじゃないので知らない人のほうが多いかもしらんのですが、ご覧のとおり『めりあん』のオルゴールです。
亡くなったアル友(毎夏墓参りに行く)さんから誕生日プレゼントにもらったので、もう30年近くは昔のもの。
だけどちゃんと鳴りますよ。
でもサビメロでなくて、Aメロなのが「妙」。

懐かしいなぁ。

わたしも持ってます! てひと、いらっさる?
ALFEE comments(7) trackbacks(0)
Text:©2004 瀬戸際日記Neo.
| 1/65 | >>