「ALFEE」は「アルフィー」って読んでね。
『書店で予約受付中』って言うてるわりには、ほんまに予約したら書店から
「発売日当日にならないと入荷できるかどうかわからない書籍みたいなんです」
って電話かかってきたけど、どゆこと???
この雑誌買うのって、ギャンブルなん?
とりあえずそのまま仮予約にしてあるけど、わたし、買えるのかしら・・・。



で。
予約の手続きしてくれた書店員さんたら、雑誌の目印として表紙になってるウチのおじぃたちのグループ名を読み上げようと
「えー・・・と、えーと、えー・・・ざ・あ、ある・・・あるふぉー・・・??」
ちょうしどろもどろ。
おもわず笑ってしまったではないの。
「アルフィーね」
「あ! そうでした、すみません!! 恥ずかしい・・・」
いやいや、いいのよ、なんせ10代・20代の半数以上が知らないんだから。
これを機に覚えてくれれば、おばちゃんはそれでいいのです。

よろしくね。



ALFEE comments(0) trackbacks(0)
アル中たちのいるところ。−2017秋祭りの幕は閉じて−


街なかで、高校1年くらいの男子が3人揃ってはしゃぎながら駆け抜けていく姿を見るにつけ、ウチのおじぃたちの "なかみ" って、きっとこの頃のままなんだろうな、とおもわずにはおれません、今晩は。
昨日の名古屋でもそんな感じの話しを友人たちとしてました。
そしてそれって、今更ながらに稀有なことであると実感し、我々はそんな滅多にない有難い現象をいつも見ることができているのだなぁ、と改めて感謝するのでした。

そんでまぁ、昨夜もそんな少年たちに存分に楽しませていただきましたわよ。
賢さまが
「俺たち、今日、ヘンだよ? 疲れがたまってんのかな」
とか、言うことは紛れもなく老人なんだけど、だからこそ楽しい、てのがあの3人のお約束であって(珍しく賢さまが歌詞間違いとかしてたのはご愛嬌)。
なのにハーモニーは美しく素晴らしく、歌の世界は果てしなく広い、という超ギャップ萌え要素満載のステージは、あっという間に終わってしまった。
でも楽しかった! すごく楽しかった!!


ところで初日に申し上げたように、秋祭りの本編終盤には「高見沢トリコロール」こと「愛と自由と平和」がずしんと腰を据えてセットリストに意味をもたせているわけですが、それはとても "効いて" いるとおもいます。
そしてそれを「秋」を選んで持ってきたことにも、センセイの意思を感じました。
秋はものおもう季節ですから。




ALFEE comments(2) trackbacks(0)
ハエギワ前進、笹持って来い!

フライングゲットならぬフライングデリバリー。
我が家にはなぜか今日届いた。いいのか、クロネコさん(私は嬉しいけど)。

そしてこれが欲しくて通販で注文した熊手を飾るとカオスなコーナーのできあがり。



でも小判に書いてある文字が判読不能。
誰か読めたらなんて書いてあるか教えて欲しいのニャ。


さーて、ブルーレイは明日見るよーーー!
ALFEE comments(5) trackbacks(0)
やっぱすき。

うー、やっぱ『オリオン』すき。
というか、これ入った【サンイチ】がすきだーーーーあ。
(訳:「Kトラ」を聴いています)




評価:
高見沢俊彦,橋本淳,Masato Kamata,Yuichiro Honda
ユニバーサル ミュージック
¥ 3,247
(2015-12-23)

ALFEE comments(0) trackbacks(0)
アル中たちのいるところ。−2017 秋の祭りは港のアルフィー・ヨコハマ・ヨコスカ−


一寸前のことも憶えてないのに
一年前のことなんて さっぱりわからないね
髪の長い男なら いちばん右に立ってるけどね
悪いね、他をあたってよ
アンタ、アルフィーのなんなのさ?

半年前にもやってたはずさ
アタイたちにもいいめを見せてくれたよ
超特急やSPYAIRのお客を沼に引き込んだってサ
そりゃもう大さわぎ
仁義を欠かかずにそういうことできるのさ
アンタ、アルフィーのなんなのさ?

ハマからショバ替えしたんだよ
あっちがしばらく使えなくてさ
去年の秋まで使ってたよ、3階席まで満杯にしてさ
改修が済んだら戻るんだろうよ
なんでそんなことを、なんて知らないね
アンタ、アルフィーのなんなのさ?

昨日の夜までそこにいたよ 汐入駅から歩いてすぐさ
オペラハウス仕様でさ 5階席まであるからオドロキさ
伝統文化じゃあないけどね それでもあそこでやるんだよ
どうかしてるね
アンタ、アルフィーにハマったね!



続きを読む >>
ALFEE comments(2) trackbacks(0)
アル中たちのいるところ。−2017 秋の国際フォーラムで観察される−

皆様こんにちは。
お出かけ日和の日曜をいかがお過ごしですか。
わたくしはいつものようにだらだらとしております。
とはいえ、昨日は秋祭りの国際フォーラムに参加しましたので、今日はその疲れをとっていると言い訳ができますね(岩手・久慈から遠路はるばる上京し、夜行バスで帰って行き、今日も仕事をしている友を前に同じことが言えるのか)。

さて、昨日の国際フォーラム。
関東に久しぶりに戻ってきたというので、こまかーいところを色々変えてきてたりして、かなりのすぺさるメニュー。あれもこれもの大盤振る舞い。
まさに「秋の収穫祭」でお得感満載! でした。
と同時に、そうした "恵み" をもたらしてくれる三柱の神に感謝せずらおれなくなるわけですよ。
しかも、しかも。
その神たちときたら、さっきまで我ら人間と一緒にワイワイ騒いでいたかとおもうと、いきなり天上へお戻りになり、ものすごい「御力(おちから)」を見せつけてくるんですよ、音楽という名の御力を。
我々しがない人間は、ひれ伏すしか、ありませんわな。
そんな神にけっこうな年数仕えている(?)我らだっても毎回の降臨で御力にやられちゃうんだから、「オリフェス」とやらで初めてその御力を目の当たりにした若者たちは、そりゃべっくらこくでしょう。
でも、こんなに褒められるとどうしていいかわからない我々。


ところで。
昨日の席は関係者席エリアに近かったんです。
で、たぶん隣の母娘連れさんもご招待か関係者だったとおもわれますのですが、お母様がなぜかわたしをファンの生態の観察対象に選んだらしく、ずーーと見られてて困ってしまったです。
わたしが跳んだりはねたり、賢さまのかっこよさに撃ち抜かれて崩れ落ちたり、ペンライトとり出すさまを、おもしろそうに見てらっしゃる。
えーと、お母様、わたし、無我夢中でノッてる感じですが、視界の端っこで見られているのを捉えているんですが・・・・・・。わたしよりステージのおじぃたちをご覧になってね?
こんなにじっくり観察されたのって、初めて仙台に行ったこのとき以来でなかろか。
いやはや。




ALFEE comments(5) trackbacks(0)
秋祭りのグッズのハンドクリームが素晴らしくよい件について。
公式にまだ画像が出ないので見本を出せないけど、この秋祭りに登場した初の「美容もの」系グッズであるところのハンドクリームがたいへんによいので、ご報告申し上げますよ!
初日に買ってあったのを先週からようやく使い始めてみたのだけど、おもった以上に使い心地がよいのです。
べたつかず、かといってすぐ保湿効果が薄れるかというとそうではなく、かなりの時間、手の「しっとり感」を保ってくれます。

たとえばわたしの場合は、朝、職場について手洗い・うがいをしてからこのクリームを塗りますが、昼までは保ちます。
途中、水仕事(お茶くみ・かたづけ)の頻度が少ないのも理由のひとつですが、でもこんなにサラサラなのに、みずみずしさが逃げてないのはすごいです。
なにより「無香料」なのが嬉しい! 
わたしは化粧品をわざわざ匂わせる「香料」はとても苦手なので(香水ならまだ大丈夫)、匂いの無いことは最大評価できるポイント。
ご自身が香水好きなのに、よく「無香料」でOKしたなぁ、とセンセイの英断に感謝したいです。
ありがとー、センセイ!

ということで、この秋祭りのグッズのひとつであるハンドクリーム。
My初日がまだの方も、購入を躊躇った方も、効果を怪しんでいる方も、ここはひとつ!
試しにおひとついかがでしょう? 
特にオフィスワーカーにはお薦め。
デスクの引き出しに、あの "らしからぬエレガントな" チューブデザインのクリームを入れておけば後輩女子からも
「先輩、それカワイイ〜」
と羨ましがられるかも!(いや、それは不要)



以上、桜井営業本部長の忠実な部下(いつから?)でした。


ALFEE comments(5) trackbacks(0)
アル中たちのいるところ。−2017 秋の相模大野はなにがなんだか−

なにがなんだかわからんが、異様に楽しかったのだ!
なんだったんだ、あの日は。

というか、この秋祭り、いずこもホールのなかに漂う空気は台風並みに勢力が強いとおもうぞ。
みなさんの参加する祭りでもきっとすごいことになること請け合い!!

お楽しみにね!

ALFEE comments(0) trackbacks(0)
アル中たちのいるところ。−2017の秋の静岡は80年代回帰現象−

チケットの争奪戦もそうだけど、ここ数年の我々ファンのテンションというか気合いがかなりなことになってるな〜とは感じていたけど、いやもう、そんなのスパーンと超えるくらいすごかった、この日の静岡。
熱気も、ノリも、歓声も、アンコールも1986〜1988あたりの、凄まじいパワーがあそこにあった。

たぶんその理由は、終盤にセンセイが
「日本平の(オールナイト)コンサート来た人!」
そう問いかけたのに
「はーい!!」
と挙がった手の多さ、だとおもう。
わたしももちろん挙げたけど、雨後の筍・啓蟄後の土筆の如く、にょきにょきと会館に腕が群生していたさまには、ステージのおじぃたちも
「おお〜」
と、素直に感嘆してくれていたもの。
むふふ「動かぬカラダでもいちど」はっちゃけた甲斐があったわ。
わたしなんて、カンレキーズの振付動画見なかったのに、相方が完璧に踊るので、その横に毎回居たらいつの間にかできるようになっちゃってて、無意識に踊ってたくらいだもの(なのでペンライトがもう1本欲しくなってしまいました)!

つーことで静岡がごっつ盛り上がってめっちゃ楽しかったのでした、とご報告申し上げます。
にしてもこの秋センセイが実にきもちよさそうに、朗々と歌い上げていらっさるお姿がたまらなくかわいいです。


追伸。
県民歌は無事に斉唱されました。
ALFEE comments(0) trackbacks(0)
アル中たちのいるところ。−2017 の秋祭りは愛を叫べ−

昨日、コーフンのままに駅でアップした終演報告記事のタイトルの「愛と自由と平和」を、わたしは以前『高見沢トリコロール』と勝手に名づけ、センセイの曲は概ねこの3つのテーマで成り立っている、などとえらっそーにぶったわけですが、でもやっぱりそうなんだとおもいました、昨夜!

このいまの日本の現状。
この空気のなかで
「愛だ! 自由だ! 平和こそすべて!」
などと主張しようものなら、右の極みのほうからへんなもの貼りつけられかねないなかで、あそこまで愚直(褒めてる)にこの3本柱を堂々と主張するおじぃたちを、わたしはペンライト振って讃えたいです。


さてところで。
この秋祭り初日は公演通算回数「2640」本目。

いやー、すごい。
ほんとにすごい。
ファンながら呆れるほどすごい。

これだとホントに3000本行けそうよね。
わたしも健康を保って、3000本記念ライブには、ぜひ参加したいものです!


じゃあみなさん、年末までよろしこねーー!(^O^)/



※私的御礼
 昨日会場の2階、もしくは2階への階段のところで
 シルバーのブレスレット拾って
 会場のお兄さんに預けてくれた親切な方!
 どうもありがとうございました!
 私にしては高い買い物だったので
 たいへんに助かりました!
 感謝・感謝!!

ALFEE comments(0) trackbacks(0)
| 1/61 | >>