DVDパンフレット後追い企画
「◆廚あるのなら「」もある、てことで。
プリンのお店や団子屋さん、せんべい屋さんはDVDパンフレットに住所も出たから行こうとおもったら行ける場所。
でも「 廚了の源森橋なんかは地元民でないとなかなかわからないわけで、今回はその源森橋からお3人が人力車で移動したルートを後追いでございます。

はじめに人力車がどう走って行ったか、という進路をぐーぐる先生のmapをお借りして表示してみます。
コチラ(↓)
(クリックすると大きくなります)

そしてまず、map上の番号,△燭蝓腹)
人力車に乗る3人を正面から捉えてる場面の背景。
スカイツリーが目を引きます。
※ここで先にお詫び。カメラレンズを間違いて、広角レンズじゃないやつをつけてしまっていたので、DVDパンフレットの画面より窮屈に見えるとおもいます、ごめんなさい(時間あったらレンズ替えて撮り直します)。

で、すぐに角を曲がって隅田公園を左手に見ながら直線を進んでいます。
それがmap上番号◆銑い里悗鵝
何の変哲もないフツーの生活道路。




更に進んでイ里箸海蹇このへんはパンフレットでも印象に残ってるかな? な場所。


(↑)
ここからちょっと歩いたあたりから振り返って見ると。
こんなふうです。
実はたいして長い距離ではないのです。

そしてパンフレットではここまでですが、その理由は明快。
地図に引いた赤いラインの矢印の先には、言問通りという大通りが立ちはだかっているのです(交通量もかなり多い)。果たして人力車でこの大通りを横断したのでしょうか。
わたしとしてはなんとか横断して、そのまま見番通りを進んだ、とおもうのですよ。《言問い団子》さんはその先にあるわけですし。
なのでその横断の様子もDVDに入れて欲しかったなぁ、とおもうのであります(家をつくるなら)。

ALFEE comments(0) trackbacks(0)
DVDパンフレット後追い企画
「 廚班佞韻討靴泙辰燭らにはやはり「◆廚らいはやっておかねばなるまいよ、てことで。
タイムリーにも涼しくなったので、お盆休み? ナニソレ美味しいの? な仕事帰りに寄ってきたことですよ。
ここ(↓)に!!
わかりますね? そうです、そうです

浅草シルクプリンさんです!
(正直、もう夕方だからスイーツ食べに来てる人はいないとおもってたのに、かなり居てべっくらです)

そしてわたしはひとりで “後追い” した時はお店の人に
「ここ、アルフィーが」
的なことは聞けないので、そんなことははまったく知りませんわよ、というていで(内心はとても舞い上がってドキドキしています)、フツーに買い物します。
今回ももちろんそうで、一般人になりすまして買ってきたのは・・・
箱の上に乗ってるのから時計回りに
・プレミアムシルクプリン
・キャラメルバナナプリン
・浅草シルクプリン
・スタンダードプリン
の4種。

残念ながら賢様がお召し上がりになった「さくらプリン」はシーズンものということで8月の今は買えませんでした(( ノД`)シクシク…(夏はマンゴープリンだそうな)。
あと、外のテーブルと椅子の並びはお3人の時とは場所が違ってましたのですが、もしかしたらあの時限定の並べ方だったのかしら、とフトおもいました。
さて、プリンは土日でいただきますことですよ。
ムホホホホ。



ALFEE comments(0) trackbacks(0)
1983 あの夜の私へ。

ちょいと。
ちょいと、ちょいと。
そこな小娘。
静岡の片田舎で、16歳と7ヶ月の夏を、部活動に追われながらもどこか悶々としたきもちを持て余してる、そこの小娘。
少しずつ視野が広がったせいで、自分が何においてもたいしたことないのだ、ということを知り、どこか投げやりなきぶんで鬱屈してるそこの小娘――いやさ私!
あんたね、今夜ね、ただ惰性でボーッと見る『ザ・ベストテン』で、人生変わるんだよ。
あんたの世界が、ひっくり返るんだよ。
アニメーターになりたい、とまでおもうほど夢中になってたアニメがすべてで「オタク(ヲじゃくてオね)」街道まっしぐらのその目の前に、急に新しい道が開かれるんだよ。

しかもその新しい道は長いんだ。
いま、あの夜から35年経ってるけど、まだ続いてるんだ。
終わってないんだよ。

いいかい? あんたが今夜目にするのは、あんたがこれまで聞いたこともないような音楽で、見たことない3人組のバンドだ。
というかあんたは「バンド」という概念すら、実は知らなかったよね。
そのくらい、無知だったんだ。
そんなあんたはその3人組の曲に、とにかくびっくりするんだ。ショックを受けるんだ。
そして一発で、虜になるんだ。

そこからあんたの生活は一変するよ。
これまでアニメに燃やしていた情熱が、ほぼ方向転換して、その3人組にむかうんだ。
アニソンしか流さなかったあんたのラジカセからは、ずっと以前からファンだったというクラスメイトが居て、彼女にダビングしてもらった彼らの楽曲が聞こえてくるようになるよ。
アニメ雑誌買うのやめて、音楽雑誌買ったりするよ。買えない分は、オフコースファンの友だちに借りたりするよ。

聞こえてないみたいだけど、ほんとにそうなるんだよ、そこの私!

地元がすき過ぎて、県外に出たくないとか言ってたくせに彼らのコンサートに行くために、全国あちこち、出かけていくようになるんだよ。
おかげで遠いところに仲間ができたりもするんだ、人見知り激しいあんたに。好き嫌い強烈なあんたに。
ついでに言っとくと、物書きにあこがれて、文章を書いてることはちょっと役に立ってたりもするよ。未来には全世界に発信できるようになるツールができるからね。残念ながら夢はかなわないけど。

とにかくさぁ、あんた今夜、すごいことになるんだから、そんなにむすっとしたかおで、部活しなさんな。
たしかいまあんた、一緒に部活してるK先輩に片思いしてるんだよね? 
だったらもすこし笑ってなさいっての。もともと不細工なのにそんなしかめっ面してたら余計にブスになるやんか。
あー、もう、めんどくさいやっちゃな、私!
いいやもう。どうせ未来からの声は聞こえてないんだから。

でもね、今夜『ベストテン』見るのだけは、忘れちゃダメだからね!
ぜったい、見ろよ!!
一瞬で世界が変わる体験、もう二度とできないから。


ALFEE comments(4) trackbacks(0)
DVDパンフレット後追い企画
「 廚箸タイトルについてるけどはたして「◆廾聞澆実施できるのかは限りなく不透明。

ですが!
とりあえず帰りに寄ってきました、ココに!(↓)
わかる? 今年の夏のイベントのDVDパンフレット(非公式版)見たならわかるよね?
もちろん、これもありますよ!



ついでにコレも。
我々ファンでないと意味が通じない風景(笑)。

この橋、わたしが
「よし、痩せるぞ!」
と決めたとき、ひと駅前で降りて歩く時のルートのひとつなので、そこに3人が来たのかとおもうと、ものすごくものすごく、ものすごーーーく、もどかしかったです。
「来るなら言って!」
てやつで。
と同時にやっぱ嬉しくもありました。自身の生活圏内にお3人が来てくれるなんて、光栄だわ! てやつで。
ファン心理は実に複雑なのであります。

というわけで言問団子屋さんや、浅草のお店たちも花やしきもいずれ行きたいです。
でもどぜうはわたしダメだから、外観だけになりそう(どうでもいい予告)。


ちなみにこの橋の名は
げんもりばし、といいます。
もし来たいとおもったら、この橋の名で検索かけてみてください。
最寄り駅は都営浅草線「本所吾妻橋」ですが、けっこう歩きます。
ALFEE comments(0) trackbacks(0)
アル中たちの夏ノ巻−素敵なお城で素敵な夜を−

祭り前々日までは猛暑&熱中症対策に追われていたのに、とつぜん現れたジョンダリ君に暴風雨対策へ変更させられたのに、実際はそこまでの影響がなかったという、まさに台風に振り回された印象が強い、今年の2DAYSでした。
そんなこんなで皆様お疲れ様でした。
あんなことやこんなこと、我々の想像のはるかナナメ上から攻め込んできたこと等々・・・ぜんぶひっくるめて今年もいい夏でしたね!

ということでもはや恒例。
今年も夏ノ巻を「必殺・箇条書き」にて総括して振り返ってまいります。
曜日・開園後の時系列は順不同、思いつくまま綴りますので、すみませんが皆様で読解してくださいまし(←らんぼう)。
では、いってみよーーーーッ!

【新横浜の街】

・会場までの通りに軒を連ねるお店が我々を迎え入れようと
 いろいろアピールしてるけど今年は去年より増えた気がする
(私が泊まったホテルさえもこんなこと(↓)を!)(手ブレご容赦)


【開演前】

・グッズ販売開始待ち修行。
 かなり本気で台風対策してきたけど、頼らずにすんでよかった
(しかしなぜ西に行く、ジョンダリ君!)

・グッズ販売列を施設内に入れてくれたことが、ほんとうにありがたかった
 運営側にただただ感謝

・しかもBGMはアルフィーナンバー
 そりゃあ時はあっという間に過ぎるわさ

・宿から会場に向かう時が、台風のピークだったようだ

【開演】

・セットのお城がたいへんりっぱ! やっぱドレスで来るべきだった?!

・次いでステージの組み方の異変に気づきテンションアップ。

・そして客席後方からの登場あーんどムービングステージ!!!
 
 ムービングステージ!
(2018年夏のキーワードなので大きい赤文字にしておきました)

・しかもそのステージのモチーフは馬車! お城設定にとことん忠実で最高!

・ステージに上がるとき、センセイはお衣装の裾をお姫様のように
 たくし上げててカワイイ

・照明がとにかくキレイで大迫力でストーリー性に富んでて素晴らしかった!
 ドットイメージの威力を見せつけられた

・プログレコーナーも圧巻だった
 おもわず脳内で物語書いてしまった

・ちょっとセンセイと坂さんのお声が本調子でなかった???
 というかお疲れなの?(だからお仕事もーちっとセーブするとか・・・)
 
・あと音関係にもちいさなトラブルがけっこうあったような
 けど2日めにはきっちし修正してくるスタッフのスキルに拍手

・暗転時のお城の照明がホーンテッドマンションかホグワーツ城

・海外曲コピーの映像ソフト収録申請のめんどくささよ

・ラブラブライトの減価償却すすんだ!

・やっぱり『Dancing 60's』は最高に楽しい

・300曲以上ある楽曲中、いっちばんすきな『JUST LIKE AMERICA』聴けて
 マジ最高かよ状態

・センセイのカリスマ性を改めて実感

・『シュプレヒコールに耳を塞いで』に3人の矜持を見た

・センセイのソロ宣伝に釣られて、シングル買ってもた
(池田先生画のジャケ)

・見えている50周年。交わした約束を忘れないでね!



ああ、ほんとうに楽しい夏だった。
みなさま、お疲れさまでした!


続きを読む >>
ALFEE comments(7) trackbacks(0)
アル中たちの夏ノ巻ーその1ー
はい、今年の夏も深い時間にこんばんは。

ジョンダリ君は結局三重に来ちゃったようで、今後の影響が懸念されます。

明日、そちら方面から横浜に来る予定の皆様が、無事に到着できますように。


さて、そんなジョンダリ君のご意向を伺いながらの夏ノ巻。

いやー、もう!

すごかったーーー!!

我々ファンを驚かす&喜ばせるためなら貪欲に若い感性を取り入れてくれる姿勢に感服いたしましたよ!

まだまだウチのおじぃたちは進化してます、素晴らしい!!


私的には本編ラスト近辺の構成(照明込み)に圧倒されまして、しばらく茫然としてしまいました。

あれが、センセイが小説を書いたことに因るものだとしたら、書いたことは大きな収穫だったと、私はおもいました。

ありがとうございました。


さあ、夏のお祭りはあと1日あります。

また盛り上がりましょう!


ALFEE comments(0) trackbacks(0)
秋でも冬でもお城へ参りましょう。
ここ最近は気象庁が
「この暑さをなめてると死にますよ!」
と日々警鐘を鳴らしておりますが、まぁなんでしょう。
我々のおじぃたちは早、秋冬のお城へいらっしゃいといざなうわけですよ。
アパレル業界か。

でも!
そうとなったらいつでも動き出せる準備をするのが我々です(週明けからすでに振り込め指令も出たし!)。
さあ、どこ行きましょうか。

今回もまた 赤文字は行きます! てことで、青文字は行けたらいいな なところです。

THE ALFEE 45th Anniversary
Best Hit Alfee 2018 秋ノ巻
Château of The Alfee

10/4(木)サンシティ越谷市民ホール
  6(土)富山オーバード・ホー
  8(月・祝)静岡市民文化会館
 12(金)神戸国際会館こくさいホール
 14(日)びわ湖ホール
 17(水)市川市文化会館
 18(木)相模女子大学グリーンホール
 20(土)東京国際フォーラム・ホールA
 27(土)広島上野学園ホール
 28(日)ハイスタッフホール(観音寺市民会館)

11/2(金)仙台サンプラザホール
  3(土・祝)いわき芸術文化交流館アリオス
 10(土)コラニー文化ホール(山梨県立県民文化ホール)
 15(木)大宮ソニックシティ
 18(日)宇都宮市文化会館
 20(火)神奈川県民ホール
 23(金・祝)桐生市市民文化会館シルクホール

12/1(土)市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本市民会館)
  2(日)アルカスSASEBO
  8(土)名古屋国際会議場センチュリーホール
  9(日)名古屋国際会議場センチュリーホール
 14(金)上田市交流文化芸術センター(サントミューゼ)
 15(土)長岡市立劇場

--------------------------------------

Best Hit Alfee 2018 冬ノ巻
Château of The Alfee

12/23(日・祝)日本武道館
 24(月・休)日本武道館
 29(土)大阪城ホール


この秋の(個人的)目玉は、熊本!
復興支援も兼ねてお邪魔しますので、現地の皆様どうかよろしくお願いします。
ひとり呑みできるお店とか、知ってたら教えてくださいませ。
(来春は岡山か広島に行きたいよね)

そんなこんなで、みなさまはどちらへお出ましですか?




ALFEE comments(3) trackbacks(0)
アル中でいるうえで自身に課しているルール。
元記事:『ジャニヲタをする上で自分自身に課しているルール #ジャニヲタセブンルール』@それは恋とか愛とかの類ではなくて

ジャニヲタさんには文才のあるブロガーが多いですが、わけてもこの「あややさん」の書くものは、時に万に達しようという数値のアンケート回答をもとに分析されたものであったり、熱くなりながらもどこか冷静な視線からのレポだったりで、ジャニヲタ界隈でなくても有名ですが、今回のものもとても面白い。
<
申し訳なくもわたしは放送を見たことがないのだけど、関西テレビがキー局の『7(セブン)ルール』という番組(直近の放送の公式つぶやきが下(↓)こういう趣旨の番組
にあやかって、あややさん自身が己に課しているルールを提示してくれている。
わたし個人的にはルール4の「行かずに後悔より行って後悔」とルール6の「楽しませてもらったものには余分にお金を払う」にはとても共感できるが、あとのルールにはアル中ではあてはめられないものもあったりするので(梯子するほど「現場」がないからなぁ)、そんじゃあわたしの場合はどうかいね? と改めて自身を顧みたのが、今回の企画である。
なお、あややさんには「#ジャニヲタセブンルール」というハッシュタグで仲間の動向を知りたいという意欲があるようだが、わたしにはそんな気はなく、ほんとに単なる「自分語り」のようなものです、と予め断り書きをしておきます。

ということで。

こんなんなりました。

ルール1はね、もうね、ながい期間ここに来てくださってる方なら納得いただけるとおもうのだけど、わたしゃチケット詐欺にひっかかってしまったことがあってだね。
以来、チケットが取れなかったときは(最大限がんばることをしたら)潔く諦める、ようにしたのだ。
むろん、高額転売ヤーから買うなどもってのほか。
とにかく無駄な足掻きはやめよう、とその時肝に銘じたのだった。

ルール2は、まあ、そんなにテレビの露出は多くないおじぃたちだっても、出るときは集中的になるので、録画漏れとか見るの忘れたり、が発生するんだけど、そんな時もやっぱり「諦める」ようにしている。
だって仕方ないじゃんね。

ルール3は読んで字のごとし。
あちこちで問題視もされてる特効のカラフルテープに対して(はなっから飛んでこない席はもとより取れる位置にいても)執着しないことにした(保管場所にも困るし)。
そしたらその時のステージ上のおじぃたちの顔が見えてだな(以下自粛)。

ルール4についてはちっとも守れてないので、これをどうにかして守りたいとおもっているが、いちばん難しい。
そもそもこんなブログ書いてる時点で「言いたいことならどれくらいあるかわからなく溢れてる」(はっ、なぜこのわたしがあんな嫁の歌を・・・!)タイプな人間なので、あんなことやこんなことをぶちまけずにいるのはかなり困難なのだ。
でも、やはり毒はまき散らすものではなかろう、と最近特に感じることが多いので、頑張って控えようとおもう。

ルール5は、もうどんなオタクも同じ心意気だとおもうので、これ以上は語らず。
みんな、無理せず課金しようぜ!

ルール6 7つのルールの中で、これがいちばん「わたし独自」だとおもう。
なんせなかには「遠征どころか地元のライブにだって毎回参加できるとは限らない」環境下の方もいらっしゃるわけで、そんな方からしたらこのルールは厭味以外のなにものでもないだろうから。
でも、だからこその「#私だけの」なのだ。
特に関西方面、3.11以降の東北、そして現段階で行こうとしている熊本と、その遠征に復興支援目的も含まれているので、わたしは行くことに意味がある、とおもっている。
なのでルールのひとつにした。

最後のルール7 これも「わたし」ならではかもしれない。
よのなかではSNSでみんなつながりを求めているように見えるなか、わたしは今の仲間以上に「アル友さんの輪」を広げたいとおもっていない。
理由は明快「面倒くさいから」だ。
スマファン(特に中居班)時代、わたしにしてはかなり広いつながりのなかで活動して、とても疲れたので懲りたのだ。
おなじ対象者をすきでも、すきなのに、必ずしも分かり合えるわけではない−ことを身に染みて感じたので「○○友」だけでなくフツーの「ともだち」付き合いができる人とだけ、繋がっていよう、そう決めたのだ。


以上が私個人の「アル中でいるうえで自身に課している7つのルール」である。
こうしてみると、半分以上が「諦める」が基準になっており、元記事のあややさんが前向きなルールなのに対して、わたしのルールの「枯れ」っぷりに笑う。若いジャニヲタとそろそろ断捨離も考えようかという年代のアル中との差だろうか。
でもこちとら35年選手。
ジャニヲタさんほどキラキラしくなくとも、いぶし銀のファン道を、これからも7ルールに則る努力しながら、邁進する所存でござるよ。

ALFEE comments(3) trackbacks(0)
アル中たちのいるところ。−2018のかなけんでマサラーはバラになりたいと切に願う−

タイトル長ぇ! すみません!

いやでも、おそらくたぶん、20日のかなけんに居たマサラーは高確率で
「あのバラに・・・!」
なりたい! と願ったはず。
少なくともわたしはそうでした。
隣席の友の腕をはっし! と掴み(毎度すまぬ、友よ)
「ば、ば、ばら・・・! あのバラ・・・!! なりたい・・・!」
息も絶え絶えに訴えたのでした。

などということも起きたかなけんで、わたしの春巻きは終わったわけですが、今回もたいへんに楽しいライブでした。
ちょっと気がかりなことが起きていて、参加も危ぶまれたりしましたが、なんとか大丈夫で、立てない席ながらもほとんど空気椅子状態で盛り上がりました。
なんせしょっぱなからセンセイは「やらかす」し、賢様も坂さんもぶっ飛んで突き抜けてるしでこっち(客席)のテンションが上がらないはずがない。
もう
「うひゃひゃひゃひゃーーーーッ!」

「キャーーーーッ!!」

「はうぅぅぅ・・・・・・!!」
なのであります(わかるよね?)。

でもってここで書き出しのへんに戻るんですけど、マサラーとして
「ああ、あのバラになりたひ・・・・!」
と胸焦がすようなことをはじめ、やたら賢様が素敵で素敵で素敵で・・・!
まさにこの方(↓)の仰る通り!
マサラージャパンはみな、骨抜きになったに違いありません!(海月人間大量発生)。
もちろんわたしもふにゃふにゃなまま、長い帰路につきましたことです。


さて、残すところは広島・大宮・名古屋ですかね?
ご参加の皆様、わたしの分まで盛り上げよろしくお願い申し上げます。

ALFEE comments(2) trackbacks(0)
アル中たちのいるところ。ー2018春の上越は犬も歩けばネコも歩くー

比較的早い時間にこんばんは。
今宵は独り旅なので打ち上げせずに宿に戻って来ましたよ(電車、待ったわよ1時間以上!  でもそういう人がたくさん居てなんか安心した)。
ホントは乾杯したいのよ、ライブ、最高だったから!!
でも相手が居らへん。あうあう。
独りでしみじみ飲める度胸がないのだ、マイチキンハート(なんのこっちゃ)。

まあ、そんなわけで独りで上越公演のあんなことやこんなことを脳内で反芻して、デヘヘ・デヘヘとにやけておるところです。
そうそう、今日はお初参加の方が多かったです。
しかも老若男女まんべんなく。
まさか皆さん、カツ丼経由ではないとはおもうけど、ああいった時、メンバーはどんなテンションになるんでしょうかね?




ところで。
今日の宿はレディースルームで予約したんだけど、その部屋が想像以上にレディース・・・・・・てかお姫様部屋だったので見て。


ALFEE comments(7) trackbacks(0)
Text:©2004 瀬戸際日記Neo.
| 1/65 | >>