先手。


なんでも来春の花粉飛散予想量は、今年の10倍とか言われてるらしいですね?
想像するだけで愉快になっちゃう数字ですよね、あはははは。

そんなわけで、いつもは30日頃から服用するこのサプリを、今年は昨日から飲み始めました。
だってきっと飛散開始も早いとおもうから、こちらも早め早めで対処しないと。
ええ、先手必勝! ですわよ。
10倍だろーが20倍だろーが、負けるもんかっての!

さあ花粉症の皆様方、やつらの攻撃に屈せず、来春は軽くいなしてやりましょうぜ!
ふぁいとー、おー!!
花粉症講座 comments(0) trackbacks(0)
春の襲来に備えるべし!


今日から服用を始めますよ。
来春のシーズンのために。
いくら飛散量が去年の半分という予想だからって、飛ぶには変わりないので、やはり体調を今のうちからバトルモードにせねばヤツには対抗できないのです。

1日1回、好きなときに4粒、ごっくん。
花粉症講座 comments(0) trackbacks(0)
空から降る一億の花粉。
大幅に遅れた春一番が東京に吹いた今日は、デイケア編です。


たとえマスクをしていても、たとえ薬で症状を抑えていても、花粉はカクジツに鼻から吸い込まれている――ワケなので、外出先から帰ってきたら、鼻の中の花粉を洗い流しましょう!

わたしは“鼻うがい”を必ずしています。
こんな便利な(?)モノも発売されましたが、わたしはフツーの水道水です。
ホントは食塩をぬるいお湯で溶いたものが良いそうですが、それも面倒なので。
で、そのあとにコレ↓

これで鼻はスッキリ爽やか!!
玄関先で衣服に付着した花粉を払って入室していれば、家に居る限りは、ヒドイ症状が出なくて済みます。

なので鼻の内部は洗いましょう!


それと基本的なグッズなのですがティッシュ。

こちらはとうぜんのごとく“保湿”系を使いましょう。
でないと鼻のまわりがガビガビに……(化粧ものらないし、見るも無惨)。
いまはたくさん売られているので、イロイロ試してみて、じぶんにいちばん気持ちのいいものを選ぶと良いでしょう。
ちなみにわたしはセブンイレブンで売っている【うるおい保湿】と、エリエールの【ローションテイシュー】がお気に入りです。
この2種はポケットタイプもあるので、そちらは携帯用にして、持ち歩いています。




さあ、シーズンが本番に突入です。
準備万端整えて、今年を乗り切りましょう!
花粉症講座 comments(2) trackbacks(0)
そりゃあ、ためさなくっちゃ!(追記)
なんですか、花粉症のにんげんにとっての朗報が、昨日の新聞に記事になっていたわよね???



ですって?

新商品の名前は「つくし飴(あめ)」(20粒入り1箱2000円)で、漢方薬などの製薬会社「池田薬草」(徳島県池田町)が発売する。技術は日大が開発し、特許も申請中だ。

きっかけは日大文理学部の島方洸一学部長(62)が趣味にしている山菜採り。自身が重度の花粉症だった島方氏が98年春、採ってきたつくしを調理して食べたところ、症状がピタリと止まったという。00年に薬学部が研究に乗り出し、抽出したエキスに抗アレルギー物質があることは確認した。ただ、この物質と即効性との因果関係は分からない、という。

ニュースソース:Asahi.com

素晴らしきつくしパワー。
さすが道明寺司をぶん殴っただけのことはある、ってそれはつくしでもつくし違い。
そうではなくて、雑草パワー、と言うべき?

こんな素敵な商品が出るというならば、試してみたくなるのが患者というもの。
でもアレですってよ、販路が少ないんですって。

じゃあ、どこに買いに行けばいいのさーーー???
  ↑
と言っていたら、オンラインショップのネタが入ったので、善は急げとばかりにオーダー! したのです。
土曜(11日)には届く予定。
どんな味なんだべ?


花粉症講座 comments(2) trackbacks(1)
対策は計画的に。
カレーをはりきって作ったのに白飯炊き忘れてたり、上半身ばかりを鍛えてアンバランスな肉体になっちゃったり、誕生日ケーキにたてるロウソクの数が一本多かったりして
「ちゃんと計画的にしなきゃね」
と、しょっちゅうテレビから言われているから、ではないが、わたしの花粉症対策も実はけっこう計画的なのだ。

だって、もう始めてるんだもーん。


  ↑
コレ飲んでるのさ(なんと年末から)。
アテニア化粧品】から発売されている『アレルギサプリ』。
シソと甜茶のエキスが主成分でありまする。

一日4錠(時間は問わず)。
ちいさなことからコツコツと、てな感じで毎日飲み続けていると、シーズンが始まる頃にはあら不思議!
アレルギー症状が段違いに軽くなっているのに気付くのだっ!

いや、ほんとの話。

わたしもいちばんはじめに飲んでみたシーズンに、そりゃあもう、驚いたさ。
くしゃみもハナミズもすごく減って、いままでのクルシミが嘘のよう!

なので、毎日コツコツ、という地味な行動が苦にならない方には胸を張ってお薦めしたいのだ。
あと、漢方薬が体に合う人にも。
是非、試してみて〜〜〜!




※わたしはたまたまこの商品だけど、要するにシソと甜茶の組み合わせが効果的なので、同じようなサプリメントがあればそちらでもいいと思いますだよ。




花粉症講座 comments(4) trackbacks(0)
対処編3.外用薬
勤務している会社の外階段は、読んで字の如し“外”にあるので、雨風にさらされます。
そして昨日の雨でできた水たまりが乾いたあとに、黄色い粉状のもの……。
これはなに?
アレ?
ねえ、雨の中に、こんなにたくさんのアレが含まれているの?
――そうよね、なんたってドームだもの。
2日続けてげんなり、だわ。

さっさと講座を始めてしまおう。
前回に飲み薬を紹介したので、今回は外用薬です。


とは言うものの、昨年まで私は外用薬は使用していませんでした。
飲み薬だけで、充分にケアできていたのです。
しかし。
シーズン前に、あちこちで出ていた
「今年の花粉は過去最高の飛散量」

「去年の30倍」
という恐ろしい予測を見て
「これはヤバイ!」
本能的に危機感を抱いた私は、外用薬も揃えることにしたのです。

ただ、外用薬を選ぶのは初めてだったので、まずは商品知識をとネットで検索しました。
その結果、外用薬はどこの製薬会社の商品も薬用成分がほぼ同じで、従って効果も似たり寄ったりだと判明しました。
こうなったらもう、あとは何を基準に商品を選ぶかは個人の自由です。

だったら!
私はスマファンなので、迷わず

をチョイスしました。
ついでに

も。

あまり感心できる理由ではないですが、要は効果なので。

買って正解でした。
それは花粉が本格的に飛び始めて実感しました。
会社にいる間は諸事情によりマスクをはずしているのですが、今年はまあ、人が出入りするだけで鼻はムズムズ、目はかゆい。
こんなことは去年まではなかったことで、今年の花粉の凄さを物語っています。
早速その日から点鼻薬と目薬を使用。

結果、人の出入りによる花粉の吸い込みにも、ほとんど反応しなくなりました。去年まではこの時期に電話をとると必ず
「あ、花粉症?」
と言われてしまった“鼻づまり”も嘘のようにおさまったのです。
まさに奇跡!
ありがとうアルガード! ありがとうロートさん!
(今日はちょっとテンションがヘンですね、私)

私は内服薬と併用しているのでこれだけの効果が得られたとは思いますが、でもまさか、こんなに症状が軽くなるとは思いませんでした。
来年からも点鼻薬の使用は続けようと思います。


点鼻薬は飲み薬で眠くなるのが困る方には特にお薦めですね。
2〜3時間おき、という使用方法を守れば、飲み薬ほど激しい眠気に襲われることがないので。
それと一番の利点は即効性ですね。
内服薬が効くまでに少々の時間を要するのと違い、点鼻薬は
『シュッとしたらスー』
という勢いで鼻がとおります。
今すぐ鼻づまりを解消したい!
時には是非。

そして目薬。
こちらも即効性で。
目にかゆみやしょぼつきを感じたらすぐ注しましょう! 
目をこすりすぎて充血したりまぶたが腫れるのを防げます!



ほんっ     とうに今年の花粉は尋常ではありません。
例年までの方法だけでは乗り切れないと思います。
飲み薬のみに頼っている方、一度でいいので点鼻薬を試してみてください。

次回はいよいよラスト。
その他の対処法です。
花粉症講座 comments(0) trackbacks(0)
うひゃ〜(番外編)
ドームはドームでもこんなのはいやだよぉぉ。

列島上空、花粉ドーム 高度4800メートルでも確認
今シーズンのスギ花粉の飛散量は過去最大。しかも富士山よりもはるかに高い、高度4800メートルまで飛び、列島は上空まですっぽりと花粉に覆われている。「非常に多い」状態は月末には収まるが、その後は雪解けとともに高地からの花粉が届く可能性が高い。最近は秋に花粉症を訴える患者も増えており、一年中くしゃみに悩まされる人も出てきそうだ。
ソース:sahi.comより


この記事の続きによると、例年ではGW前には落ち着いていた花粉も、今年は連休が終わっても飛散する予測が出ているそうです。
お先が真っ暗になりそうな予測です。

高所に蓄えられていた花粉が降りてくる……。
アタマに浮かぶのは、バラエテイー番組によくある光景。
白い粉が頭上からドバーーーッと降ってくるアレです。
ああコワイ。


これを書いてハタと思い当たったのですが、ここのところ花粉症講座を書いてなかった!
明日あたり書きます。
花粉症講座 comments(0) trackbacks(0)
対処編2.内服薬
春分の日を迎えて、花粉の飛散はますます快調のようで泣けてきますね。
そろそろヒノキも始まろうかということで、樹木全般の花粉がアレルゲンの私にとってはこれからが勝負本番! なのでゴザイマス。
さて。
そういったなかで、今回は私が服用している薬――主に飲み薬をご紹介します。

本来はお医者様が処方してくださる薬がいちばんよいのですが、時間に余裕がないとか、通院がたいへんと言う方のみ、ご参考にしてください。
かくいう私も、8年くらい前まではきちんと病院で薬をもらって服用していたのですが、様々な事情から市販薬に変えました。
ただ、そのときにどんな薬がいいのかわからず、とりあえず帰り道にあるマツ○○キヨ○に立ち寄って、薬剤師さんに訊きました。
「いい鼻炎薬を教えてください」
すると逆に薬剤師さんから訊き返されたことが、今では私の薬選びのポイントとなっているので列挙しておきます。

  ◆症状の重さはどの程度か?
  ◆それをふまえて一日に何回飲むタイプがよいか?
  ◆忘れっぽくないかどうか?
  ◆車や重機械を運転する仕事か?


私の場合は
 ●症状は中の上
 ●一日に二回を希望
 ●薬の飲み忘れはしたことはない
 ●運転はしないが眠くなるのは困る
でした。

そのとき薦められたのが

でした。
一日二回服用で眠くなりにくい、ということで(今では一日一錠でもいいらしいです!)。
私は素直に薦めに従って、ストナリニを飲み始めました。
結果、相性がとても良かったようで、以来すっかり“ストナリニファン”になり、ずっとこれを服用していくつもりでした。

ところが。

ある年に、突然ストナリニは薬局の店頭から消えました。
いえ、ストナリニだけでなく他何種類もの鼻炎薬が見あたらなくなりました。

塩酸フェニルプロパノールアミンを含有する医薬品による
脳出血に係る安全対策について


というなんだかよく解らないことが起こったためらしいです。

仕方なく、店頭で売られている物の中から

を選んでみました(ロート製薬だったので@スマファン←正しくない方法です)。
これもそこそこ効きましたが、一日に三回飲むタイプだったので、あっと言う間に無くなってしまい、不経済でした。

そこで、一日二回タイプを探すうちに風邪薬ではとても相性のいい“プレコール”が鼻炎薬も出しているのを知り、購入してみたのです。


これが素晴らしい!

服用は朝と夜。眠くなりにくい。
というGoodなポイントは当然として、今までの鼻炎薬との最大の違いは、鼻腔内や喉・口の中が乾燥しない! ということ。
病院でくれた薬も、ストナリニも、ロートユアも服用すれば耳鼻咽喉の粘膜が乾燥して、それでもって花粉の付着を防いでいると思っていたのに、このプレコールときたら!
まったく、と言っていいほど乾燥が無く、それでいてアレルギーの症状も抑えられているなんて! トレビアン!
もう復活してきたストナリニに戻れないくらい!

ということで、今ではもうプレコール一辺倒であります。
そして私のお薦めでもあります。
ご自分と相性の良い市販薬を求めて彷徨っておられる方、一度これもお試しあれ。

次回は外服薬です。
花粉症講座 comments(1) trackbacks(0)
番外編−マスク品薄!−
たいへんだ、たいへんだ。
前回私がお薦めしたマスク

  ↑
が、ドラッグストアの店頭から消えたぞ!
売り切れだぞ!

わ、私が薦めたから?←んなわけねーべ。

正確に言うと姉妹品は、ある。売ってる。

 ↑
とか。
でも、コレは“風邪”用であり、しかも1箱に入っている枚数が少ない。
いかん、いかん。
花粉には花粉用でなければ!

そう、私は妥協できない女(なんのこっちゃ)。

そんなわけで、今日も4軒くらいのドラッグストアを探し歩いたのだが、ついぞ見つけること叶わず……。
そして最後に立ち寄ったお店でようやく


を発見。
私は正直“小顔”ではないのだが背に腹は替えられないので、買いましただよ。
そんで店員さんに
「あの〜、これの普通サイズって、いつ頃入荷されるかわかりますか?」
訊いたよ。したら
「申し訳ありません。今のところ入荷のめどがまったく立ってないんです」
だって!!!!

うっそぉぉおおおお〜ん!

なんでも、去年までは仕入れていなかったところ(例えばデパート)も入荷しているので、あちこちで品薄状態になっている、とのこと。
なので私もその店員さんに
「デパートなどものぞかれてみては?」
と薦められただよ。
なんてぇこったい。
古くは材木を買い占めて巨万の富を築いた紀○国屋を彷彿させるぜ。

とにかくですね、私がここであのマスクがいいよ〜、と書いたけど、入手できないことにはお話しにならないので、欲しいのに買えない方、申し訳ないです。
で、もし、どこかで目にしたら速攻! 買っておいて!
花粉、これからが本番だから、まだまだ需要は増えるからね!
モチロン、私も見かけたら即買い、だ。
花粉症講座 comments(0) trackbacks(0)
対処編1.マスク
今回から私の花粉症対策についてになりますが、そんなにたいしたことは実はしていません。
ごくごくフツーにあたりまえのことをしていると思っています。

ただ、この“あたりまえのこと”が個人個人で違うので、ここに書くのはあくまで
『私にとってのあたりまえ』
ということです。

ちなみに“花粉症”というキーワードで検索をかけてみると、皆さん実に様々な対処法をとっていらっしゃるのがわかります。
たとえばヨーグルトで対処していたり、杉茶なるものがよいと仰る方もいたり、温湿布のススメを説く方もおられました。

私もそんな皆様のように、
私はこうしてこの時期を凌いでいます。このやり方が少しは参考になると嬉しいです
的に、これからの対処編を記していこうと思います。


今回はその1。私が使用しているマスクについて。

まず。
花粉症の人間にとっての基本中の基本の心構えは
「花粉を取り込まない・寄せ付けない」
ことと私は思っています。
よって、マスクは絶対に必要不可欠!
外見なんて、もはや気にしていられません。
あのくしゃみや鼻水から少しでも開放されるなら、見てくれなんぞに構っちゃいられないのです。
そんな私の現在での最も強い味方がコレ!



愛用者も多いと思います。

このマスクの素晴らしい点――それはなんといっても輪郭線にピッタリとフィットするということ。
今までのマスクだとどうしても隙間が生じていましたが、これなら安心です。しかもそれだけフィットしているのに息苦しさをほとんど感じることがないのです。
更に女性としては、口紅がマスクに付着しないというのも大きなポイントです。
そしてもう一つのポイントは清潔感。
このマスクは使い捨てなので、洗ったためにヘンにゴワついたり、毛玉っぽくなったり、うす汚れて見えてしまったりした今までのマスクへの不満を抱くことはありません。
いつでも新しく、気持ちのいいマスクが使えるのです。

そして私の場合、さらにそのマスクの中にコレを入れます。



このウエットフィルターも実に頼もしいのです。
適度な湿り気とメントールの爽やかな香りを鼻と喉にもたらしてくれて、マスクの閉塞感が薄れていくのです。
マスク内の『香り付替えシート』は何種類か試しましたが、やはりコレがいちばんでした。
よって

マスク+ウエットシート

この公式が、私のベストな組み合わせとなりました。
もうここ2〜3年はこの最強コンビにお世話になりっぱなしです。


外出するときは必ずマスク!
そして許される状況ならば、勤務先や学校でもできるだけマスクははずさないでいる……それが花粉を取り込まないための大切な一歩です。

私と同じことをこちらのブログの方も書いていらっしゃいました!
よかった、同じことを思う方がいて!
花粉症講座 comments(0) trackbacks(2)
| 1/2 | >>