スマホ・タブレットでご覧の方は
「PC版」表示にてお願いします
                               
しあわせの人よ。

こういう感情を抱いたことが無いひとはしあわせだとおもうよ。
そのしあわせのなかで屈託なく
「どうして祝ってあけられないのかしら?」
とか言ってるんでしょうね。

おしあわせね。

わたしゃわかるよ。
木村の結婚の時がこんなきもちだったから。

しあわせのひとは、しあわせの世界のなかで暮らしていればいいのであって、こっちで黒い感情を渦巻かせているひとのことはほっとけばいいのでは?


死霊のはらわたが呆れかえる comments(0) trackbacks(0)
言ってくれなきゃ、わかりません。
わたしはね、おそらくこのマンガでいうなら《自分軸》タイプです。
えーと
自由・気楽な人
自分を優先して満たす
もらいっぱなし
あげっぱなし
人情を大切にする
自分は自分 人は人
ですかね?
書き写しててなんだかムカついてきましたけど(笑)。

とはいえ。
よく「とんでもない旦那」の例で出てくる、病気で寝込んでる奥さんにむかって
「俺の飯は?」
などと言い放ったり
「俺のことは気にしないでいいからゆっくり寝てて」
と、一見優しげに見えつつ、自身だけ外食してきちゃう “人でなし” なことはさすがにしません。
病んでる人に対する気遣いくらい、できます。
あと、忙しそうにしてる人に
「何か手伝うことある?」
的な声かけもフツーにできます。

それでもわたしはこのマンガで言うところの《知り合い数人での飲み会》に於いて常に(みんな飲んでるかな? 楽しんでるかな?)などという気遣いは、幹事でもないかぎりはしたくない。
つか
そして周囲の人もそうだろうと思っている
というおもいこみに驚きました。
そうか《他人軸》って、彼我の差の感覚を持ち合わせていないんだなー、と。
だからこんなめんどうな言動(↓)になるわけですね。

うぎゃーーーー、やめてやめて。
この “ほのめかす” って行為、恐怖でしかないんですけど!(ユーミン女子がほのめかし大すき、というイメージ)
でもって人の要望を先回りしてキャッチできないのは恥、て!!
もう、目玉飛び出ますよ!
そんなん、エスパーにならなきゃ無理に決まってるのに!(タピオカ飲み残しは女の仕業、と破棄の瞬間見てないのに見えてる似非エスパーなら履いて捨てるほどいるけど)

それからこういう遠回しな言い方(↓)もほんと、やめて!!

なんで
「向こうの人はサラダが食べにくいみたいだよ」
の翻訳が
「サラダ取り分けて欲しい」
なの?! 意味、わからへん! そんな翻訳、ほんとに成立すんの?!
せめて
「向こうの人、サラダ食べたいみたいだけど取りづらそうだね」
にしてくれーーー!
そうすれば
「そう? じゃあ」
って、サラダボウルをその相手近くに寄せたるわ。


《他人軸》のひとは “他人優先” と考えているのかもしらんけど、すくなくともこのマンガ読む限りは、とてもそうとはおもえない。
ここに描かれている姿勢・思考回路はひたすらに自分中心で自己満足にしか見えなくて、たいへんにげんなりします。
なんせ
他人軸の人が身勝手だと思われがちなのははっきり物を言わないからだけど
とわかってるくせに、それをあらためようとはしてないですよね。
あまつさえ理由を述べて正当化しようとして。
そこにはお得意の
やっぱり他人もきっとそうだろうと思っている
という彼我の差感覚の欠如が如実に表れてるのに、自身で自身のことを「気遣い・気配りの人」と自認してるその感覚がおそろしいです。
《自分軸》から見たら、ぜんぜん・ちっとも「気遣い」してもらえてないですから。
こっちは
「要望があるならはっきり言ってくれ」
と望んでいるのに、その『要望を先回りしてキャッチ』できてないんだから。
度が過ぎるまたはピントがずれた気配り・気遣いというのは、役に立たないしなにより《他人軸》本人を疲弊させるだけだとおもいますがね、どうでしょうか。

死霊のはらわたが呆れかえる comments(0) trackbacks(0)
いや、まぁ・・・
あまり愉快では、ないわな。


続きを読む >>
死霊のはらわたが呆れかえる comments(0) trackbacks(0)
これはびつくり。
某大手通販会社のサイトに、わたしが撮影した写真が【商品写真】として使われてた。
てか、そもそもその【商品】てのもさ、という話しなんだが、わたしはやはりひと言モノ申したほうがいいのだろうか。
死霊のはらわたが呆れかえる comments(2) trackbacks(0)
平成も終わろうというのに。


↑貼りつけといてなんなんですが、日経MJさんは電子版を無料では一文字たりとも見せないようにしているので、この記事を読んでもらえないのです、申し訳ございません。
なのでざっくりと説明しますと、世に浸透している「オタク(ヲではない)」の女性のイメージは昨今は違いますよ、一般の女性と同じですよ、という今更な話を入り口に、そのオタク女子たちのもたらす経済効果を幾つか例を挙げて紹介し、また、実際に「オタクです」と名乗りその活動と生態を本にして出版した4人組に話を聞いているものです。
さすが「日経」。

とはいえ、女が好きなものにお金をつぎ込むことにいい顔をしない一部の方々(日経を読むような)に、ここまで懇切丁寧に説明してやる義理はあるのか、とおもわないでもないわけですが、へんな保守団体も蠢いているご時世だからちゃんと存在を主張しておかないと、オタク層なんてあいつらみたいな思想の持ち主がよを牛耳ったら真っ先に抹殺されかねないですから、こういう記事も必要かも。


で、貼りつけた2件のつぶやきの上のやつでちょっと見えてるあの図解。
あれだけで大半のオタク女性は苦笑するとおもうのですが、あれを全部書き出すとですね。

(×・・・誤ったイメージ  ○・・・正しいイメージ)

×:推しに夢中で “廃人”になったり破産したりしているのでは
○:実際の生活と折り合いをつけている
○:仕事にも打ち込む(推しに嫌なことがあった時は特に)

×:一つのことしか興味ない
○:他人の推しにも興味


×:抑圧されていると感じている
○:ゆるいリベラル。他人を否定しない
○:SNSのつぶやきは慎重に

×:まわりと交流しない
○:消費を楽しんでいる
○:服にも化粧にも興味あり


まあ、そういうことです。
ピントが合ってるんだかズレてるんだか。
これの「×」の例であげられてる性質って、オタクに対するものでなくて、仕事人間のおっさん自身にもあてはまるじゃんね。

でも不思議なんだけど。
いま「おっさん」「おばさん」と呼ばれるのって、我々の世代だとおもうのよ。
その我々、オタクの始祖層として白眼視されてきたから、こうしてレッテル貼られることの辛さを骨身にしみているはずなのに、なんでそれを若い世代にやっちゃうのか。
偏見に苦しめられながら、ああいう見方をする大人にはなるまいと、心に誓ったはずなのに。

ああそうか。
「日経」を愛読するようなゾーンの方たちは、若いころから “まっとう”な道を歩いてきたから白眼視されるような、偏見に悔しいおもいをするような経験がないのかも。

そりゃあご説明して差し上げる必要もありましょうね。



死霊のはらわたが呆れかえる comments(0) trackbacks(0)
さすがにちょっと。

「ネタバレ警察」の皆様には、ツッコミたいことは多々あれど、一部共感できたり、主張に一理はあったりするからわたしとしては、盛大にイヤがる人も居るから気をつけよう、控えようと、なるべく寄り添いたいとおもっていましたけど、ことここまで言われては、付き合いきれない、というのが本音です。

だってこれ言い出したら、夏イベントのライブDVDが出るまでネタバレしないで! もまかり通るわけで。
また、ふだんつぶやきユーザーが何の気なしにやってる、テレビ・ラジオ放送中の実況つぶやき。
あれも、リアルタイムで視聴できないひとが、録音・録画を楽しみにしてたら、壮大なネタバレですよね?
でも、その行為って「ネタバレ警察」の皆様もよくやってて。
あれ、外野から見てると、自身の気分次第で駐車違反取り締まってるちょう勝手なお巡りさん、なのですよ。
でもまぁ、そういうの含めてネットなんだとおもってるので、苦笑しつつスルーしてますけども、こうも自己都合ファーストなこと言われてしまうとね。
やはりひとこと、言い返したくなりましたので、モノ申してみました。
直接、でないのがなんですけども(つぶやきやってないから仕方ない)。

死霊のはらわたが呆れかえる comments(4) trackbacks(0)
女に生まれた、それだけで。


最初にこのニュースを聞いたとき、私が高校受験した35年以上前にタイムスリップしたのかとおもった。
と同時に、女子に厳しいのってうちの地元だけのことじゃなかったんだ、と知って今更べっくらこいた。
ただ、私の地元の場合の「女子に厳しい規定」は今回の減点方式とは逆だし、このつぶやき(↓)で言われているような女子のほうが優秀で・・・ていうのが原因ではなくてだな。


の前に、私が高校受験したときの「女子に厳しい規定」がどういうものだったかを説明しておくと、みんな苦しめられた《内申点》が、同じ高校を受験するんでも女子の合格ラインのほうが高く設定されている、てこと。
特に公立校で顕著で、県内一の進学校だろうとそれなりの学校だろうと容赦なく、とにかく女子だけが高めの合格ラインでもって輪切りにされて受験戦争に挑んだので、東京医大の(女子を多く合格させたくないなぁ)という意思とは違うかもしれないし、当時は公立に女子高があったため(現在は共学)、そういう措置が取られている説も流布していて、それを信じている人も一定数居たから、実際にはその面もあったかも、しれない。
が、その女子高に対抗するかのように最初から女子生徒の募集数が極端に少ない進学校もあったので、私は対女子高バランス説は支持しない。
で、そんな「女子に厳しい規定」の理由であるが、なんと。
女子は高校生になると恋愛に気を取られて勉強しなくなって成績が落ちるから
というからお笑い種だ。
つまり成績が落ちた女子と、それまで下位だった男子がいい具合に並ぶようになる、と。
まさにコレ(↓)と同じ論理だけど、まだこっちのほうがもっともらしいじゃないか。
うちの地元なんて「恋愛」だぜ「レンアイ」。女子は恋愛にうつつを抜かして勉強が手につかなくなって成績がダウンする、のが定説だったてことよ、恐るべし'80年代初頭。

でもなぁ・・・その話しを聞かされた当時の私は、なぜか納得してしまったんだよね。そんなもんなのかなあ、と。
多少の理不尽は感じても、設定された合格ラインが男子と同じになるわけじゃなし、結局は女子のほうが優秀てことなんだから、いっかぁ・・・みたいな。
当事者意識があんまりなかったのだとおもうが、一般的な中学生なんてこの程度でなかろうか。

でも今ならわかる。わかるから憤る。
今回の東京医大の件にしても、地元にあった「女子だけ厳しい内申点」にしても、元をただせばあるのはみな同じ。
恋愛・結婚・出産で女性は勉強・仕事に集中しなくなる(できなくなる)、てことを理由に、不利な条件で縛りつけているのだ。
をいをい、である。ほんとに何を考えているのだ、である。
結婚・出産に関しては、いまの日本においては若者に
「してもらわなきゃ困る」
くらいのものなのに、こなことやってたら結婚前の恋愛すら
「そんならやーめた」
になっちゃうよ? (すでになり始めてる気もする)
すでに多くのひとが言っているので今更だが、女医さんが離職しなくてもよい環境を整えることもせず、ただもう最初から
「どうせ辞めちゃうんでしょ?」
と決めつけて排斥しようとするこの姿勢。
ほんと、馬鹿じゃなかろかとしか言えない。
私よりはるかにお頭(つむり)がよいはずの大学のお偉い方々なのに、アホやろ、と。

けど、そのアホアホ連中はなんと、都立高校の入試を仕切ってるところにも存在していたらしいし、東京藝大にもそれらしきお約束はあるっぽい。
いったいなんなのだろうか。
結婚・出産をしなかったらしないで「役立たず」「お国を衰退させている」とか言われ、したらしたで「辞めるから困る」と迷惑者扱い。

多くの女が言ってるよ。

「いったいどないせーっちゅーねん!」



※・・・私の地元の「女子に厳しい規定」の理由であるとした恋愛云々の説は、真偽は確かめたことはありませんし、話をしてくれたのがオカンなので、あくまで噂として広まっていた、程度でお考え下さい。

死霊のはらわたが呆れかえる comments(0) trackbacks(0)
ひとり飯。
昨日ひさびさに『ワイドナショー』見たら、こんなニュースとりあげててべっくらこいた。
いやもう、これを自治体が提供してくるって・・・どうなの?
しかもこの映像コンセプトが「古き良き昭和の大家族」で、わたしの天敵組織の匂いがプンプンしてしまって(掲載紙も産経様だし)、おもわず提供自治体の内情(議員の所属とか青年会議所のこととか)、調べてしまったくらい。
ということはおいといて。
わたしはもともとひとりで食事することに抵抗がない派なのでこのシステムを使いたいとはおもわないけれど、ひとりが耐え難い派のひとには嬉しいものなのかな?
こういう大家族の映像で、寂しさが軽減されるのかな? 本当の家族の映像ではないのに?
うーん・・・。
もしわたしがどうしてもこのVRを使え、と強要されたら大家族よりも同世代の仲間がワイワイやってる、という設定のほうがいいんですけど、と言うだろうなぁ。こんな押しつけがましい家族像はイヤです、キモチワルイです、と。
言っちゃうなぁ(そんでドン引きされる)。

ぶっちゃけね、こういう家族像を「善し」とする感覚を持ち、それを住民に押し付けようとする層が自治体にはびこってるから、様々な「家庭の問題」に対応する組織・施設が増えないし、きちんと機能しないんだとおもうよ?
お役所は、こういうことに取り組むなら並行して別の事案にも取り組んだらどうかね。
どこ向いてんだ、ていう役人・役所ばっかりになったな。

死霊のはらわたが呆れかえる comments(0) trackbacks(0)
過ぎた本屋。
わかる。
つい最近、わたしもその「シャレオツ」な「本屋」に遭遇して
(なにここキモい)
と愕然としたばかりだから。
しかもそこはただシャレオツなだけでなく「意識高い」感もフロア全体に漂ってて、もう居心地悪いのなんの。フツーの本屋だったらあれこれ見て回って1時間くらいあっという間に経ってしまうのに、そこには15分と居られなかった。
やっぱりあそこも「そういう一団」プロデュースの本屋だったのだろうか。

具体的な書店名をあげるといろいろ差し障りもあろうこととて控えるけど、あそこはもうフロアガイドの表示を『BOOKS』カテゴリでなく『Café』カテゴリにしたほうがいいよ。で、(カッコ)で「書籍販売スペース併設」にしといたほうがいい。
つか、それが正しいじゃん。
本屋と名乗ってるくせにカフェスペースのほうが広かったじゃん。
あー、やだやだ。

あと、本を手に取るのが憚られるようなディスプレイ。
あれも意味が分からん。
本屋だから本を売りたいはずなのに、妙に気取った並べ方してあって、ちょっと触ったら崩れちゃうんじゃないか、または叱られるんじゃないか、って気後れするねん。だからどんな本か見られないねん。
それって、本末転倒じゃね?(本屋だけに)

てなことがフロアのあちこちに見受けられてだな、早々に退散したんでござるよ。
でもお客さんはカフェスペースにぎっしりだったから、需要は高いんだろうし、むしろああいうスタイルのほうが喜ばれるのかもしれない。
・・・・・・やだな、こういう「シャレオツ」な似非本屋ばっかりなっちゃったら。

どうかそうなりませんように。
死霊のはらわたが呆れかえる comments(4) trackbacks(0)
「さしすせそ」なんて知らねぇよ冬。


この「旦那を褒めろ」と根が同じなのがアレだな、ほら、もう市民権得たっぽくなった【合コン「さしすせそ」】。

すがぁ〜」「らなかったぁー」「ごぉーい」「ンスいいぃ〜」「ぉーなんだぁ」

・・・・・・書いてるだけで疲れる。

本気で感心できるなら素直に「さしすせそ」は口から出てくるけど、たいしたことないことだったり、こっちだってそのくらい知ってる(できる)ことも「すごーい」「知らなかった―」って言ってやらなきゃいけないのって、どんだけアホくさいんだろうか。
しかもこっち(♀)のほうがうわまわっていようものなら拗ねてみたり怒ってみたり、最終兵器として
「可愛げがない」
と言い放ってみたりする。

そんで、いつでもじぶん(♂)のほうが優秀であるという立場に居たいくせに、こと身の回りのことや生活力(家事とか)に関してはできない・やらなくていい、とかおもってて、意味が解らん。
どうせ威張るんなら、ほんとになんでも完璧にできてからにしろっての。


と、♂に対しては十数年以上前に見切りをつけたので、いまこうして、ここに居ます。


死霊のはらわたが呆れかえる comments(2) trackbacks(0)
Text:©2004 瀬戸際日記Neo.
| 1/2 | >>