瀬戸際的東海道中膝栗毛。其の四−神奈川→東戸塚−
(クリックすると大きくなります)


ああ・・・・・・こんにちは、旦那。
いえね、この暑さでしょ、あたしもおっかさんも冬生まれだから、どうにもからだがついていかなくて、ちょっと休んじまいましたんですよ、あいすみません。
いま、冷たい白玉をお出ししますよ、そこにおかけになってくださいな。
ふう、しんどいこと。
え? おめぇも歳だなぁ、て? そうですよ、今さら何をおっしゃってるんです、あたしは旦那の奥様よりもずーっと年増なんですよ、はばかりさま。
日ごろ若く見て頂いてるのはうれしいことですけどね。

で、今回も旅の話ですか?
嬉しいですねぇ、毎回きちんと聴いてくだすって。
ええ、ええ、今回は神奈川宿から東戸塚までの10kmくらいでしたかね。
ただねぇ、旦那、もう暑くて暑くて。
あたしもおっかさんも、もうぐったりでしたよ。
ああ、はいはい、旅写真はこちらです、ご覧くださいまし。
ただねぇ・・・・・・今回のルート、東海道の名残のものがほぼ残っていないんですよ。一里塚の木すら、なんです。
なんででしょうかねぇ。とてももったいない気がしましたよ。
ですんでね、写真も説明の看板ばかりになっちまってます。
こんなのや

こんなの

こんなのばかりで。

でも時々ね、当時の名残のあるものもありますよ、たとえばこのお店。
街道沿いにあった茶店が前身で、そののち料亭になったそうなんです。
お江戸の昔から、ずーとここにあったんですね。
ほら、看板にも創業年干が。
こういうのは見てて嬉しいですよねぇ。

それよりもあたしはね、これまでの街が
「ここは昔の東海道でしたよ!」
というのを猛烈にアピールしてたのに対して、この神奈川宿から東戸塚までの街ときたら、んまぁ、淡泊だってことに驚きましたんですよ。
あちこち、至る所に『旧東海道』の文字が見えていたたとえば品川や川崎違って、横浜駅周辺やら天王町付近ときたら、所々にこういうものがあるだけなんです。

あっさりしすぎてるんですよ。
この近辺の方たちはあまりこういうことに興味がないんでしょうかねぇ。
ここなんてね、東海道と八王子道の分岐点の“追分”てところなんですけど
いまでもちゃんと道別れしてるんですよ、なのに、この目印しか残ってない。あっさりしたもんですよ。

ああでも、帷子のほうに行くと少しはね、それらしくしたものもありました。
そう、それ。それです。

広重の絵でも知られた新町橋を、なんとか残そうとしてくれてる姿勢が、嬉しいじゃないですか、ねぇ?



それからこっちですよ、旦那。
このルートでは珍しく当時のものの現存である道標。
金沢方面、横浜方面への目印の石碑です。
たまーに、こういうものが出てきたりします。

え? 権太坂? おめぇたちも登ったのか、って? いきなりですねぇ。
ええ、ええ、歩きましたとも、当たり前です、歩かなきゃ先へ進まないんですからね。
写真も撮りましたけど・・・・・ご覧になります?

ね、あまり写真だと斜度が伝わらないんですよ。
あすこは実際に歩いて登ってみなけりゃわかりませんて。
毎日毎日歩いてる地元の方はお偉いですよ。

けど、さすが旦那だ。
このルート最難関の権太坂のことをご存知でらっしゃった。
ねぇ、この坂もあって今回あたしたち母娘、ちょっとオーバーワーク気味になっちまったんです。
そのせいでこのあと、あまり写真も撮る気が起きなくてねぇ・・・・・・。
まあ一応、武相国境(くにざかい)のモニュメントは撮りましたけどね。





あ、その交差点はね、国境ですよ。
横断歩道の向こう側が相模の国で、こちら側が武蔵の国。
おもしろいでしょ、こういうのも。

まあ、今回はあたしたちが疲れきっちまったんで、あんまり話がなくてすみませんね。
とにかくもう、暑くてねぇ。
あたしらは夏は苦手ですから。
旦那は夏、すきそうですね。ああ、やっぱり。
はいはい、白玉のおかわりですね、今お持ちしますよ、よっこらせ。



【おまけ写真】










walk×walk comments(0) trackbacks(0)
瀬戸際的東海道中膝栗毛。其の参−川崎→神奈川−
(クリックすると大きくなります)


あら、旦那、いらっしゃい。
そろそろお見えになる頃合なんじゃないかとおっかさんと噂してたんですよ。
ええ、ええ、おっかさんもあたしも変わりはありませんよ、おかげさまで。
さぁ、とにかく座ってくださいな、今、お茶いれますからね。
今日のお茶請けは、♪六郷渡れば川崎の万年屋、鶴と亀とのよねまんじゅう、こちゃ神奈川急いで保土ヶ谷へ♪のよねまんじゅうですよ、亀屋のほうの。
はい、そうですよ、神奈川宿まで行ってきたんですよ、いやですね旦那、それをご存知でいらっしたんでしょ?
おや、そうてすか、違うんですか。
じゃあそういうことにしておきますよ、はいはい。

さ、どうぞ、粗茶ですが。
あと、こちらよねまんじゅう。ご遠慮なさらずどうぞ。
あたしもちょっと腰を据えますからね、よっこらしょと。
あらいやだ、口癖が「よっこらしょ」になっちまったわ、あはは。
さて、川崎宿から神奈川宿までこないだおっかさんと川崎詣での帰りに足を延ばしたんですけどね。

そうそう、また旅写真もありますから、ご覧くださいましな、はい、これ。
あ、そちらは川崎宿の街に掲げられてるものなんですよ。
前回の品川もそうでしたけど『旧東海道』ってのは、かなり誇り高いものなんですねぇ、地元の方にとっちゃあ。
ほら、あっちこっちに。




あ、それは小土呂橋の名残。
新川堀に架かっていた石橋だったらしいですねぇ。

それから川崎宿の説明と関札の説明がこれですね。



それでですね、旦那。
この小土呂橋からずーっと・・・・・・市場一里塚近辺まで、道がまっすぐ続いていたんだそうですね。
その距離ざっと「八丁(870m)」。
だから『八丁畷(なわて)』と言われるようになったと、こういうわけですよ。
あら、そんなこたぁ常識だ、ですか? まぁ、失礼しました。

じゃあこっちをどうぞ。
その市場一里塚の石碑ですよ。



この一里塚を過ぎると鶴見川で、越えたらもう鶴見村で、すぐ神奈川宿ですよ。



鶴見村には関門跡がありましたよ。
おもしろいですよねぇ、開国したばかりだから外国人に対してピリピリしていたのがよくわかって。



そのピリピリの空気の中で起こっちまったのが【生麦事件】ですよね、有名な。
そうそう、その案内板ね、個人のお宅の塀についてるんですよ、ちょっと可笑しいでしょ。


でももっと可笑しいのは、その事件碑がいまはちょっと移動させられてる、てことですよ。
なんでかって?
そりゃ旦那、あれですよ、あ・れ。横浜環状北線、あの大きな道路工事の建設。
その工事が行われているあいだは仮設の位置にあるんですってよ、歴史的記念碑も道路様には適わない、ってね、あははは。

とまあ、今回の川崎⇒神奈川の行程はこんな具合ですよ。距離は10kmちょっとで、所要時間は5時間くらい。
え? ですからお土産はその『よねまんじゅう』ですってば。
なんですよ、足りないと仰るんで? いやですねぇ、旦那。食い意地ばっかり張って。
じゃあこのままうちで昼食(ちゅうじき)も召し上がっておいきなさいよ。たいしたものはありませんけどね。
おっかさん、おっかさーん、旦那がお昼召し上がるって! ご用意してちょうだいな。






【おまけ写真群】




walk×walk comments(0) trackbacks(0)
瀬戸際的東海道中膝栗毛其の弐。−品川宿→川崎宿−
(クリックすると大きくなります)

第2回目、行ってきました。
初回の天候とはうって変わった快晴の“お出かけ日和”の青空のした、江戸時代におもいを馳せながら一路、川崎宿までの道のりを歩ききりましてござーる(まだこのシリーズのキャラが定まってない)。
所要時間(休憩や所縁のスポットでの講釈拝聴時間も含む)は約7時間。
歩行距離は約12km。
私的にはそんなに辛い時間と距離ではありません。
以前、奈良で『山の辺の道』を歩いた時がもっと長くてさすがに疲労困憊だったので、それに比べたら今回の行程はハイキングレベルであります、おほほほほ。
(今朝もどこも痛くないもーん)

という調子にのりまくって完歩した今回の東海道中。
前回よりは撮影スポットが多かったので、ご覧頂きたく、写真アップするのであります。

スタート地点の品川宿本陣あとの説明。

品川から大森海岸にかけての一帯は
「東海道は此処を通ってましたよ!」
を最大の売りにしているので、そこかしこにそのアピールがあります。
電柱にももちろん。

道路に余裕があればすかさず。


また、街道筋には神社仏閣も多かったようで、その施設は現代にもそのまま残っています。
そのなかには、かなり特殊なエビソードを持った逸品もあり、この梵鐘もそのひとつ。

【品川寺】(ほんせんじ、と読みます。浅草寺と書いて せんそうじ と読むのと一緒な意地悪具合)の『洋行帰りの鐘』です。
慶応年間にパリで開かれた万博に出品された鐘で、万博後に一時行方不明になっていたのに、なぜかスイスのジュネーブで発見され、無事に帰国できたというもの。
普段は鐘楼に近づくことはできないのですが、今回はとくべつ許可でここまで近くで撮影させて貰えました。
こんなようなオイシイ扱いがあったり、面白い話を聴けるのもこのプランの有り難いところです。

それから江戸時代の遺跡としてこの近辺でもっとも名高いのはここでしょうかね。

うちのオカンも、なぜかここを楽しみ(?)にしていた様子。なぜだ。
この史跡には当時の処刑台の礎石があったりします。
磔台の礎石。

火炙り台の礎石。

石の真ん中のくぼみがなんとも。
ツアコンの方に教わりましたのですが、この鈴ヶ森刑場は、東海道というメインの大通り沿いにあったわけで、江戸を出る人、江戸に来る人、そのどちらもここで執行された罪人の処刑やら晒された生首を見ないでは通れないという立地条件。
いくら見せしめとはいえ、それは
「正直、しんどい」。
なのでわざわざ中山道や甲州街道に迂回して江戸出入りする旅人も少なくなかったとか。

なお、このさきの六郷の渡しで多摩川(当時は六郷川)を越えてしまったらもう江戸ではなくなるのですが、その名残を惜しむのか、それとも先行きの道程(みちのり)を噛みしめるのか、梅屋敷跡にはこんな石碑が。

先は長いなー。

そして現代は渡し船ではなく、徒歩で渡る多摩川。


そしてついに川崎に!

ちゃっかり写り込むオカン。


そんなこんなで、無事に川崎宿に着きまして、第2回のウォークは終了。
今回もなかなか有意義な一日となりました。
なにより天気が良かったのが大きいです。やっぱ雨はテンション下がるもんなあ。
そう考えると当時のひとは必要に迫られていたとはいえ、悪天候でも歩き続けたのだから、やはり偉いですよ。
ひ弱な現代人であるわたしなんぞは、帰りの京急線からの車窓にこの日歩いてきた道がずーーと見えていて、そこを逆走してあっという間に帰り着くことに己で己を全否定している気になってしまって少しトホホなきもちになってしまったくらいですから。

さて次回は神奈川宿までの行程。
次もよい天気でありますように。
のんのん。


walk×walk comments(2) trackbacks(0)
瀬戸際的東海道中膝栗毛。

(クリックすると大きくなります)


まずは第一回『日本橋→品川宿』を歩いてきました。
曇りのうえに風が冷たい、というイマイチな天候でしたが、まあ、そこそこ楽しいウォークでした。
ルートは上の地図に見える赤イランのとおり(ライン上に入っている短い横線と横線の間が約1kmです)。
つまるところここが『東海道』。遥か京まで続いているわけです。
その起点は今は【東京市道路元票】になってます。



さて、東海道沿いにはよく行く丸善書店も、アル中的に足を向けて眠れない【山野楽器】様もあります(ちなみにアイランドギャラリー】様は街道からほんの少し、奥に入ってます)。
次回、山野様へ行く折には、その場所のことをいま少し心で味わってみることと致しましょう。
あ。そういえば『ブラタモリ』で確か銀座(中央通り)の道幅は、江戸当時の街道幅を再現してある、と言っていた記憶があります。そのことも加味して。


今回のウォークは、途中寄り道をして、要所要所で解説など聴きながらというタイムスケジュールでしたので、4時間ほど要しましたが品川宿がゴールでした。
もしもこのウォークが、ただひたすら歩くだけのものであれば、もう少し先までは行けたかもしれません。と言っても川崎は無理でしょうが。
けれど、江戸時代の成人男性ならば夜明に日本橋を発ち、平塚くらいまでは一日で歩いたらしいです(女性でも保土ヶ谷あたりまでは行けたそうな)。ほんとに健脚だったのですね、凄いことです。


さて次回は品川宿から川崎宿までの行程。
距離がぐんと長くなります。
今回は筋肉痛は出なかったけど、次はどうかな〜〜(ドキドキ)。


おまけ。増上寺の桜と東京タワー。
walk×walk comments(2) trackbacks(0)
キタさん×キタさん。

【関東発 東海道五十三次を歩く】

ついにこの領域に足を踏み入れてしまうのである(歩くツアーだけに)。
中高年の趣味の王道まっしぐら! 的な。
言いだしっぺはオカンであるが、わたしも歩くのすきだし、歴史もすきだし、健康的だしと、いいことのほうが多いので、乗ってみることにしたのだ。
なにより、土日祝日の敢行及び行きたいところだけ参加もOK! というフレキシブルさが魅力。
ということで早速今月の連休が第一回ですよ、奥さん!
日本橋〜品川宿という8.8kmの行程だ。
ここをてくてく行ってくるよ。
そんでその後の品川宿〜川崎宿、川崎宿〜神奈川宿までは続けて参加するつもり(ツアーと重なってしまったらツアー優先だけど)。

あと、絶対行きたいのは静岡県内のツアー。
予定では来年の春になるそうだが、それでも行きたい。静岡は宿数が街道沿いでいちばん多いから歩き甲斐もあるだろうし、なにより我が故郷だもの。
これはやらねばなるまいよ。
さあ、北村母娘のダブルキタさんの東海道中、如何に如何に。

walk×walk comments(0) trackbacks(0)
歩きたい人びと。
気がつけば、いまは亡きチィチィをはじめ、タモさんやさまぁーず、最近では加山さんまでが街なかをぶらぶらとしている昨今は、つまるところ“散歩ブーム”と言ってよいのではないでしょうかね。
で、歩くのはなにもゲーノー人ばかりではないわけで、一般の人たちもじつはそこいらじゅうを歩いているんです、という事実を、ご存知でありましょうや?
なにを隠そう(隠さないけど)、本日はそういうただ歩くイベントに、オカンのつきそいで参加してきました。
題して【シリーズ東京の坂道 神田から四ツ谷へ歩く】というやつです。


(クリックすると大きくなります)

いやまあ、集合場所の神田駅に行ったらば、あんまりにも歩きたい人たちが多くてべっくらこきました。
でも驚いたのはわたしだけじゃなくて、このイベントの主催者側も仰天してたので、想定外の参加希望者数だったみたいです。
おかげで予定出発時間を大幅に遅れてスタートでした。
ま、たまにはこういうブラブラ歩きもいいもんですよ、『ブラタモリ』好きだし!
つーことで、全行程の坂写真をば。



































※坂のガイドが撮れてない箇所もあるけど、その際は上のルート表を参考にしてみてくだされ。

おまけで道中の御茶ノ水・聖橋からの眺め。
いつも下からばかり見てて、こうして上から見ることがあまりないので新鮮。


あと、昼食を摂った北の丸公園で武道館を拝む。

本日はどうやら韓流スターのイベントがあったらしいですが、わたしは今年のクリスマスシーズンも無事にあそこに居られるよう、祈念しましただ。


けど、都内はほんとに坂が多いですな。
今日のルートなんてほんの一部なわけで、渋谷のほうや上野のほうや麻布・六本木近辺、目白あたりも坂の名所(?)ですからね。
そっちも巡ったらおもしろいかもです。
しかしさすがに腰が痛い。
明日が整骨院に通院する日でよかったー。





walk×walk comments(0) trackbacks(0)
Text:©2004 瀬戸際日記Neo.
| 1/1 |