誰よりも捨之介。

うきゃあああ、もぉーうっ!

チョーかっこいい!


チョーかっこいい!


チョーかっこいいッ!!


ちょう


かっこいいッ!!!


天海さぁあん!!!!




はうー・・・・・(うっとり脱力)。

毎度毎度天海さんが新感線の舞台に立ってくれるたびに同じこと叫んでるけど、どうか許して。
だってこれしか言葉出ないんだもの。

きっとね、演出のいのうえさんも天海さんを "見せる" ことを考えるのが楽しくてしょーがないとおもうのよ。
そもそも何したって「画になる」ひとなんだから、そこをさらにデフォルメして派手に美しく鋭く際立たせるんだから、もう・・・・・・。

たまりませんでしたよ。

物語の終盤、天海さんがただ佇んでいるだけのシーンがあるのね。
舞台上の登場人物誰一人言葉を発せず、動きだけで時間が次々と展開していく "背景" の前に立ってて、同じく天海さんにもセリフはなし。
ただ立っているだけ。
なのに天海さんから目が離せないし、わりと長い時間を要してるのに、ちっとも長く感じない、その存在感。

かっこいいのよ、美しいのよ、すごいのよーーー!!

じつのとこわたしは天海さんより1コ年上なのだけど、あの凛とした立ち姿の前には
「あなたのイヌになります!」
そうひれ伏したくなるわけです。あんまりにも神々しくて。

そんなわけでこの『髑髏城』は、天海さんの魅力が余すところなく発揮されているので、よかったら観てくだされ。
シーズン【極(きわみ)】とはよく名づけたり、ですよ。
極上の天海さんを堪能できるから。

にしてもラストシーン。
お約束のセリフで見得を切る天海さんは、小栗君、阿部さん、マツケン、福士君というこれまでの捨之介より、誰よりいちばん捨之介じゃん! とまでおもわされるくらい「粋」で「いなせ」でした!

かっくいいーーーッ!O(≧∇≦)OO(≧∇≦)OO(≧∇≦)O←じたばたじたばた。


SHIN-KANSEN comments(0) trackbacks(0)
花鳥風月完了。


若いイケメン(福士君)目当てで問答無用に「上弦の月」を選んで観てきたわけだけど、振り返ってみれば、小栗君が初めて捨之介演じたときよりもっと今回の福士君をはじめとしたメインキャストは若いのだ、ということに、終演後気づいた。
つまりそれだけ若い役者向けに演出がアレンジされていた、ということなのかもしれない。
だから
「うーん、若いな・・・」
というもどかしい感覚を覚えることなく、最後まで観ることができたのだとおもう。
そりゃ重箱の隅つつけば
「ああ、勿体ない」
な部分はちょこちょこあったけど(100人斬りのとことか)、若い役者独特の熱と勢いと躍動感、そして清々しさがまさって、結果的には観てて若者の頑張りが嬉しくなってしまった(保護者か)。


それにしても脚本は同じなのに【花鳥風月】の4パターンの舞台、ものの見事に演出を変えて別々の作品にしあげてしまったいのうえさんは凄い!!
おかげで全シーズン観ても
「おなかいっぱい」
感はぜんぜんうまれないのだ!
ストーリーの展開がわかっているのに、もう次のセリフだって覚えてしまっているのに、ちっとも退屈しないどころか、あのシーンをどう見せてくるんだ、という期待感のほうが大きくなる。
いやもう「凄い」しか言葉が出てこなくて申し訳ないくらいだけど、凄いのだ!!
はー・・・(感嘆のためいき)。

いのうえさん、いい舞台を見せていただき、ありがとうございました。
心より、御礼申し上げまする。



そんでね、そんでね。
前シーズンの【風】観たとき、蘭兵衛は向井君のルックス+早乙女君の殺陣技+ヤマコーの演技÷3なら無敵! とか言っちゃったけど、捨之介も福士君のルックス+マツケンの演技+阿部さんのアクション÷3なら最高! とおもいました。
で、狸穴二郎衛門はやっぱ生瀬さんが私的ナンバーワンで、極楽太夫は松雪さんのがすき。
贋鉄斎は橋じゅんさんと池田さんが甲乙つけがたくて困ってて、天魔王はシーズン風の一人二役パターンがいいのでおのずと福士君の見た目になるのだろうか。
とかなんとか、いろいろ妄想して楽しんでるんだけど、けど、けど。


それよりなにより、もう気分は『シーズン極』に走っちゃってるんですよー!



震えるほど楽しみです!
うきゃー、天海さぁあああーーーーん!!

 
SHIN-KANSEN comments(0) trackbacks(0)
天海姐さーーーん!


今朝、目覚まし代わりに友人からの第一報。
きゃー、きゃー、きゃー!
とうとう『髑髏城』に天海さんが出る!
しかも古田さんとがっつり愛憎劇って!!
いやーん、どうしよう。
期待しかないわー。

SHIN-KANSEN comments(0) trackbacks(0)
元祖。

わたしを新感線の世界に誘った連れが
「これよ、これなのよ! 『髑髏城』はこうでなくちゃ!」
今にも泣きださんばかりの勢いでそう感動していたので『元祖・髑髏城の七人』と言えるとおもうわけだが、確かに。
これまで観たなか(2011年版も含む)でいちばんテンポがよく、わかりやすく、面白かった!
席の位置の関係もあるかも、だが、演者さんのセリフもよく聞こえたし。

なによりキャスティングがよかった。
前作・前々作も決してはずしてないけど、今回のメインの役どころの男性俳優陣があまりにもハマってて、もうしんぼう堪らん! という感じ。
意外、と言っては失礼なんだけど、マツケンがこんなに捨之介と天魔王に合うとはおもっていなかったので、オドロキと共にああ、この捨之介(天魔王)がいちばん「らしく」見えるな、と妙に納得させられた。
そしてそして、そして!
特筆すべきは蘭兵衛を演じた向井理くんですよ! なんなの、あのかっこよさはッ!! そして立ち姿のすっきりとした美しさは!!! 
蘭兵衛のトレードマークであるストレートロングの黒髪があんなに似合って、艶(いろ)っぺぇ蘭兵衛、初めてじゃね?
あたしゃ完全に目を奪われちまったよ。鼻息も荒くなるよ!
そんな美しい「天魔王×蘭兵衛」(←BLの公式)のシーンには我知らず “萌えて” しまったのだった(〃▽〃)。
うきゃー!!
でも蘭兵衛の殺陣がちょっと残念で、ここに関してはやっぱり早乙女太一くんの右に出る蘭兵衛はいないなぁ、とも感じた。
ていうか、蘭兵衛に関しては、外見・向井君、殺陣・太一君、演技・ヤマコーという、3人を足して3で割ったら無敵最強だとおもう!(そんな俳優さん居らんがな)

あとは私的にヒジョーに楽しみにしてた生瀬さんの演技。
こちらも最高! 胡散臭さといい加減さ満載の狸穴二郎衛門にベストマッチ! 完全にわたしのアタマの中では「二郎衛門=生瀬さん』でインプットされてしまったよ。

しかし敵地に乗り込んでの “百人斬り” のシーンは毎回毎回演出を変えてきてアタマがさがる。

続きを読む >>
SHIN-KANSEN comments(0) trackbacks(0)
別色。

『ガラスの仮面』劇中劇の『忘れられた荒野』で、演出家の黒沼龍三が同じ脚本でも演出を変えればまったく違う芝居になる、みたいなことを言って実際に上演して好評を博したわけだけど、今回の『髑髏城』は、まんまそれだった。
前回の “シーズン花” 版がいうなれば正統派舞台演劇で、そのかわり新感線らしさが少し足らなかった部分もあったのに対して、今回の “シーズン鳥” 版は正統派新感線。
歌あり、ダンスあり、そして笑い多めにあり、で、ファンが
「そう、これこれ! これなんだよね〜」
ムヒョー! となるであろう舞台になっていて、ほんとに演出でガラリと変わるんだなぁと実感したのであった。

わたしはどっちかというと今回の “シーズン鳥” のほうがすきかな。
なんせやっぱりテンポがよい。
上演時間は “シーズン花” より長いらしいんだが、ぜんぜんちっともそんなふうに感じないくらいに小気味よく場面が進んでたもの。

でもって “シーズン鳥” の見せ場と申せばそれはもう、早乙女・蘭兵衛 vs 森山・天魔王の殺陣対決! でしょうな!!
以前、早乙女君が新感線の舞台に出た時も書いた気がするが、とにかく彼は所作と殺陣が美しい、舞台映えする役者。
今回の演者のなかでもそこは群を抜いていて、圧倒的ですらあった。その彼とガチンコで殺陣を繰り広げた森山君は、きっと血のにじむような努力をしたに違いない。
それほどにあのシーンは迫力と鬼気迫るものと、そして触れれば切れそうな緊張感があって、おもわず息をつめて見てしまったのだった。
ほんとうに素晴らしいシーンだった。

そしてやはり、座長(主演)の阿部サダさん。
『髑髏城』史上最年長で捨之介を演じたそうだが、いやいや。
じゅうぶん素敵な捨之介でしたよ。
そりゃたしかに “シーズン花” 版の小栗君にはさせられない格好もしてたけど、後悔の十字架という過去を背負ってる影あるところや、アホのふりしてるところは阿部さんならではの捨之介で、とてもよかったっす!


さて次の “シーズン風” では、生瀬さんと向井くん、そして田中麗奈ちゃんが観られるのが、今から楽しみなのであーる!(楽しみにし過ぎて “シーズン鳥” のキャストを風版と思い込んでたことはないしょだ)





SHIN-KANSEN comments(0) trackbacks(0)
東京☆新感線ランド。


オンワード。

IHI。

TBS。


どんだけ企業の名前を冠するねん!

開演前と終演後に入るアナウンスに、おもわずツッコミしてしまいましたが、それは別に本公演には関係ないです(じゃあ書くな)。


今なにかとお騒がせな現場『市場前』駅が最寄りの新しい劇場の杮落し公演を観てきました。

前回観たときから6年。

主演の小栗君だけそのままであとはキャスティング一新、で戻ってきた看板作品であります。

前作の脚本に多少のアレンジがあって、同行の友人(『髑髏城』を何度もDVDで観てる)は

「う〜〜〜〜〜、消化不良〜〜〜」

と嘆いておりましたが、わたしはほとんど忘れていたので、消化不良は起こさずともすみました。

お気に入りのスローモーションシーンが前作とは違う展開で用いられていたのははっきりわかったけれど、でも今作は今作のかっこよさが際立って、とてもよかったです。

また、小栗君が6年分歳を重ねていたので、男前さに“渋み”が加わっていたのも、たいへんに好ましかったです。

というか、今作のキャストは物語の重さに引けをとらない年齢の役者さんたちばかりだったので、前回気になった“若者特有の軽快さ”がなく、自然に物語が展開していたように感じました。



さて。

今回は舞台作品よりも、その【劇場】に注目すべきでありましょう。

なにせ売りが

周囲を取り囲む360度全てに展開されるステージ、その中心に巨大な円形の観客席を配置。
巨大なお盆に乗った観客席、それ自身が回転しながら、舞台、映像、音楽、照明、全てが画期的な方法で融合することで、
これまでにない感覚を体験させてくれるアジア初の没入型エンターテインメント施設です。
今まで誰も観たことも体験したこともないダイナミックな舞台、
これまでの常識すべてを覆すステージアラウンド劇場が日本のエンターテインメント界に革命を起こします!

という『ステージアラウンド』。

いったいどんななん? 見当もつかんわ。

と、席に着き、いざ開演、だったのですが・・・・・・。


いやまあ、凄いのなんの。

もうね、はっきり申しまして「体感型アトラクション」でした。

ほら、ネズミの国やら遊園地やらにある、映像の動きにあわせてシートも動いて、あたかも空を飛ぶような、または前進・後退するような感覚を得られる、アレです。

あれを、劇を観ながら体感できるとおもえばよろしい。

ほんと、凄かったです。技術の進歩に感服せざるを得ません。



今回の『髑髏城』は、【花鳥風月】の4パターンで1年中上演されるので、是非ともこの体感型舞台を味わって頂きたいと、お薦め致します。

チケット代は高いけど、それだけの価値はあるとおもうんですよね。

ご一考を。


劇場近辺がこんなに殺風景。

百合子は早く決断して、ここをどーにかするのがいいよ。






SHIN-KANSEN comments(0) trackbacks(0)
まあ、こんなに立派になって。


ジャニーズ所属のアイドルを、子役と言うべきころから見ていて、その子が無事に大人になった姿を確認すると、なんか親戚のオバさんの心境になってしまうほどには歳をとったわけですが、本作の座長・生田斗真に於いてもそれは当てはまります。
わたしが知ってる斗真と言ったら中居MCの『ボクらはみんな生きている』、これに出ていたお子。
かーわいかったんだぁ〜。

はっきり言うと、いまのような顔つきになるような感じじゃなくて、もっと線の細い白皙の美青年になりそなカワイサだったけど、とにかくわたしのなかの生田斗真の基本はあそこにあります。
ので、今回新感線の舞台(それもRX)で座長を務める、と聞いたとき
「まじか、だいじょーぶか」
妙に不安になり、おもわずアラシックの妹に
「斗真って歌えるの?」
というメールをなぜか送り
「失礼な! 歌えるわ!!」
激怒されてしまったりしました(なぜ怒ったのかいまだに謎です)。

でもってあのちょこなんと回答席に座っていたお子ちゃまが、いまではめっさ客の呼べる俳優になっていて、おかげでまあ、チケットの取りづらさといったら近年に類を見ない激戦だったけれど、なんとか観に行くことができました。

結論。

ネタ祭りじゃないはずなのに、ネタ祭りだった!

公式サイトには
“SHINKANSEN☆RX”と銘打たれているということは、つまり新感線の本公演のジャンルのうち“いのうえ歌舞伎”でも“ネタもの”でもなく今回は“音モノ”

とありますが、いやいやいや!
ありゃ絶対“ネタもの”ですって!!
しかもクドカンがきゃっきゃ言いながら喜んで、楽しんで書いたに決まってる!!
でなきゃあんなに面白いわけがないじゃーーん!!!


そうなんです、アホのように面白かったんです。
重くなりそうなテーマなのに、ぜんぜん・ちっとも!
むろん、要所要所にはきちんとテーマに沿ったセリフを挟んでますよ? けど、全体としてはとにかく「軽い」。
というか、きっとそういうふうに書いている。

わたしがおもいだしたのは、同じクドカン作品『あまちゃん』で東日本大震災が起こった週の流れ。
ずしん、とくるべきものを真ん中に据えているのに、周囲を明るさと笑いで包み、かる〜いものにしてしまったあの一週間でした。
クドカンはもしかしたら、ひとが救われるのは“笑うこと”にある、てなような観念に達したのかしら、などと勝手におもってしまえるくらい、過剰ともいえるほど、この作品でも“笑い”を追及してたように感じました。
また、舞台に居る演者たちに、休む間もないほど矢継ぎ早に、時には相手に喰い気味になるほどセリフを吐かせる手法も『あまちゃん』でのリアスのシーンを彷彿とさせられ、懐かしさもありました。

ただ、一緒に観ていた友人(新感線観劇歴長し)の言うことにゃ
「こりゃゲキ☆シネにも、セルDVDにもならないかもしれないな〜」
とのこと。
理由はそうです、あまりにも“ネタもの”っぽいから。
なんたって固有名詞や個人・グループ名、テレビ番組名がほぼまんまセリフで出てくるわけなので、映像化に関してはいろいろメンドクサイ大人の事情ってやつが発生するため、これまでも“ネタもの”だけはDVDになってないのが現状。
それを考えたら、なるほど納得、な推測でありましたのですが、そうなると、もそっと近くで観たかった! という後悔ににたきもちになってしまった今作なのでした。
SHIN-KANSEN comments(0) trackbacks(0)
♪ご存知長屋の金さんがーっ♪

シリーズのカテゴリが【黒-Black-】と謳われていたので、超シリアスだったらどうしよう、と心配していたけど、そこはだいじょうぶだったのでホッとした。
やはりこの劇団の演目には笑いの要素が無いとな、とおもっているのだった。

ただ、逆になんでわざわざ【黒-Black-】と位置付けたのか、がわからなかった。
いつものように歌わないから? メタルの曲が入らないから?
だったら【ノーマル】とかでもいんでないかなあ。ごくごく普通の舞台劇ですよ、ていう。
わたしは歌がなくてもメタル音楽がなくても物語がおもしろければそれでいんだけど、ディープな劇団ファンだとそこんところはきっちり明確な線引きが欲しいのかな。
どっちにせよ、今回のこの物語は個人的には【黒-Black】とは違うような気がした。
なんせ基本は『大江戸人情もの』だったもの。
終盤、さんざん幸せなシーンを見せているのも、きっと悲劇へ突っ走るためのフラグなんだろうな、なんて斜に構えて観ちゃってたから、そうでもない終わり方に
「をいをい」
などとおもわずツッコミ入れたくなったりしたし。
うん、なんなら昔の『朧の森に棲む〜』のほうがよっぽど【黒-Black-】だよね、という。

まあ、そのへんのカテゴリ付けさえ除けば、あとはいつもの新感線テイストで、とても面白かった!
客演の稲森いずみも、あんなに江戸の下町のおかみさんが似合うとはおもわなかったし、大東駿介の松岡修造ばりの熱いキャラもハマってて楽しかった。
けど橋じゅんさんのアドリブが少なかったのが残念。なんせあの方のアドリブがこの劇団のキモだとおもうので。
それが足りないってのはやや欲求不満。
次回はもっと暴走して欲しいなあ。


ところで今回の席は【桟敷席】でした。
しかもお弁当付き!
まあ、北村さんたらセレブぅ。
てか、ここの席しかチケット売ってくれてなかったんだもの、『〇あ』で(後日一般席も出てきたので怒った)。
なのでこれもひとつの経験だ、とおもってありがたくお弁当を頂戴しました。
こういうのが一幕目の観劇中に届くのです(背後でごそごそ音がする)。
これを幕間に頂きます。
おーぷん!

ちなみにこのお弁当は今回の劇をイメージしているとかいうメニュー。

カプレーゼってなんやねん! と調べたらサラダだった(素直にサラダと書けばいいのに)。



ちなみにエントリタイトルは、開演前及び幕間で流れているBGMから。
往年の名作時代劇の主題歌(メインテーマ)なので、それを聴くのも楽しかった。
わたしがわかっただけでも『木枯らし紋次郎』、『大岡越前』、『暴れん坊将軍』、『子連れ狼』そして『遠山の金さん』(『蜂のムサシ』もかかったんだけど、なんのドラマかが不明)。
杉良太郎版のものの主題歌で
♪お江戸の空に春を呼ぶ 花も嬉しい遠山桜♪
のアレ。
高校時代、友人たちとこの主題歌が面白いと盛り上がっていたのだが、授業中に
「ごぞんじながやのきんさんがーっ」
とだけ書いたメモを回してきたタマちゃん!←いきなり私信。
覚えてる?
そのメモ、とってあるはずなのに見つからなかったよ(マミーポコ! だの、座・泥亜蓋(デイアフター)〜はあったのに)。


SHIN-KANSEN comments(2) trackbacks(0)
パロディは愛だ!−PART2−
2015年劇団☆新感線35周年 オールスターチャンピオンまつり『五右衛門vs轟天』(GVG)


最大の賛辞を込めて。

「くっだらね〜!」


いつもみたいに物語の伏線や展開追わなくても、セリフの意味を考えたりしなくてもよく、目の前に放り出される、とことんまでアホな“ネタ”にひたすら笑っていればいいだけの約3時間。
これはある意味、最高に贅沢なことなのかもしれない。


この『ネタ祭』はようやく3回目の観劇だけど、まぁ毎度毎度徹底的にアホをやりきるプロの演者さんたちには頭が下がります。
ほんとうに素晴らしい!
そしてありがとうと申し上げたい。
数年に一度だけど、こうしてアタマがからっぽになれるほど笑わせてもらえることを、心より感謝します。


てなわけで、今回のネタ祭りの“ネタ”。
わたしが拾えた分だけ、下に書いてみたよ。
(まさに“ネタ”バレなので、未見の方は開かないでちょー)



続きを読む >>
SHIN-KANSEN comments(0) trackbacks(0)
だめんずは、やっぱりだめんず。
観てきた(↑)


天海さん観たさで劇場に足を運んだのは去年のことだったのか。
なぜか一昨年のことだとおもってしまっていた。へんなの。
でもまあ、舞台で観ようがスクリーンで観ようが、将門はやっぱりダメだったなあ。
表情がアップになる映像になれば、もう少しいい男に見えるかしら、と期待してたんだけど、ラストがちょっとだけ
「おお、やればできる子じゃないの」
になっただけで、あとは“ダメなもんはダメ”ということで、わたしのきもちの落ち着く先は
「天海さん、かっこいい〜〜」
なのである。
アホのひとつ覚え、と嗤われようがなんだろうが、実際天海さんがかっこいいんだから、仕方ない。
舞台では圧倒的存在感、スクリーンではスターのオーラ全開、眼力(めぢから)放出。

たーまーらーん!


それにしても毎度このゲキ×シネを観ると、舞台での役者さんが実は全身で演技してるのがひしひしと伝わってきてただただ感服する。
観客席のどこからどう観られているかわからないから、指先だろうが足先だろうが気を抜けないわけだからとうぜんなのだが、それにしても凄い。
この観点はゲキ×シネでなかったら得られない部分だったので、わたしはこのシステムはとてもありがたいとおもっている。
とはいえ今作は編集がやたらと"映画"っぽくなっていて、たとえばスローモーションやアップの多用だったり、舞台では使用していなかった映像の挿入だったりなど、ゲキ×シネの「シネ」の部分に特化して作られた感が否めない気がした。
それがいいのか悪いのかは、わたしにはわからないけど。

でも、そうやって編集されても、将門はとにかくやっぱりダメな男であることに変わりはなく、それはそれで凄くキャラが立っていることなのだろうから、いのうえさん及び中島さんとマツケンは
「してやったり」
なのではなかろうか。


SHIN-KANSEN comments(0) trackbacks(0)
©2004 瀬戸際日記Neo.
| 1/3 | >>