地元の常識は全国の非常識、みたいだ。


え、ほんとに静岡だけなの?
うっそーーーん。
ほんとはみんな、知ってるんでしょ? こういうご飯給食だったでしょ? ね?

え、ほんとに知らないの・・・・・・。


どうでもいい話 comments(5) trackbacks(0)
ホントにフォントの話し。
かつて広告代理店の制作部で働いていたので、フォント(書体)は身近なものであり、それはデザインを生業としなくなった今でも、いろんなところで拘ってしまうものとなった。
そんな人間なので、昨夜の『マツコの知らない世界』は楽しく見たのであるが、このよから消えてしまいそうなフォントの中に、わたしが大好きだった【本蘭明朝】があって、ショックだった。
そうか、今では【本蘭明朝】って、使う人が居らんのか・・・・・・。
言われてみれば明朝体のロゴや見出しって、少なくなったかも・・・・・・。
わたしなんかはよく【本蘭明朝H】の「長4」でキャッチコピーを指定したもんだけどなぁ−と言っても、今の若いデザイナーにはなんのこっちゃようわからん、かもしらん。
今はなんでもデジタル処理できるから、フォントを “その道のプロ” に依頼して「打って」もらう、ということをしなくてもよいんだものな。
て、そもそも、今の説明文の意味すら、わからないのかもしらん。

えーとつまり、昔はね、フォントは【写植】というもので印刷していたのだよ。
で【写植】いうのは
「写真植字」の略。
活字を用いず、文字板からレンズを使って一字ずつ感光紙または
フィルムに印字して印刷版を作ること。
なのだ。
平仮名はもちろん、カタカナ、常用漢字がガラスの板に左右反転(鏡文字)でびっしりと文字が焼き付けられていて、それを専用の機械で写真のように印画紙に写して原稿に使うのだ。
なのでその機械を扱えるのは「写植オペレーター」と呼ばれた “その道のプロ” であり、デザイナーは、作りたいデザインにするためにフォントとサイズ、字間、行間を「文字指定」をする必要があったのだよ。
こんな文字見本を手元に置いて。
  ↓

(デザイナー時代のものをとっておいたのだが、こんなところで日の目をみるとは)

そんでもって文字の選択はデザイナーの好き・嫌いで決めていいわけで、おのずと好きでよく使うフォント、というのが出てくるわけだ。
わたしにとってそのひとつが【本蘭明朝H】だった、のである。
大きな文字サイズで極限まで長体をかけると、すごく上品で洗練されて見え、かつ力強さもあったので、見出しには最適におもえていたのだ。
雰囲気としてこんな感じ(↓)(【本蘭明朝H】とは細かい部分がぜんぜん違うけど)

なのでとても好きでよく使った。
それの存在が風前の灯だなんて・・・・・・おもわず遠い目になってしまうよ、よよよよ・・・・・・。

そういえば【本蘭明朝】とおなじくらい好きだった【新聞明朝】も見なくなってしまったが、こちらはもう絶滅したんだろうか・・・・・・。


いまだと圧倒的に人気なのは【メイリオ】だろうね。

どうでもいい話 comments(4) trackbacks(0)
疲れたときは甘いもの。


算数嫌いなのに、どーしたことか「算学」的な勉強をしなくちゃならない日々はまだまだ続いておりますのですが、たぶんこれまで使ったことがない脳の部分が酷使されているのでしょう、やたらと疲れます。
でもって甘いものが欲しくなってる。
しかもジャンル(?)限定で、チョコレート。
帰路、気がつくとコンビニに立ち寄って欲望の赴くままチョコを買ってしまっております。

どうしましょう。

勉強が終わるころには太っておるかもしらん! もしくは吹き出物に悩まされておるかも!!
うわあああああ、どっちもイヤだーーー! 
でも脳が欲っしているのだ! 食べないと(今以上に)腑抜けてしまうのだぁあああ!!
あうあう。

と嘆きつつ、本日もチョコ買ってきてしまって食べてしまったです。
困ったもんです。

明治・大阪工場の板チョコ看板。JRの車窓から見えるので、カメラ構えて撮ったど。

続きを読む >>
どうでもいい話 comments(3) trackbacks(0)
おばちゃんはお菓子をくばる。


博多の、落ちそうで落ちなかったセブンイレブンで買ってきてもろたキットカットの御利益は、残念ながら今のところまったく感じられていません。
でも、このあと、どーん! とちょう強力な御利益に与れることを期待して、冷蔵庫の高い位置にまだ崇め奉ってます。

ということと、今回のことはまったく関係なくて(どないやねん)、単に銀座に日々通う道すがらにこのお店を発見したので、買うてみた、のであります。
で、本日遠くから上京される方にお渡ししようと思うております。
いつもお土産を頂くばかりなので、今回こそはきちんとお返しせねば、ということで用意致しました。

しかしなぜおばちゃん(というか女性)は、どこかのお土産物でないお菓子を配るのがすきなのでしょうか。
ライブ会場でもよく見かけますが、かわいいラッピングの小袋に詰めあわされた市販のお菓子を幾つも用意して、逢う人逢う人に手渡ししているあの儀式。
あれはなぜ執り行われるのか。ずーと疑問であります。
単純に、ひとにモノを贈るのがすきなのでしょうか。
そのへん、気働きが利かないわたしはよくわからないのです。
真偽のほどは知りませぬが、大阪のおばちゃんのポケットには“飴ちゃん”が入ってて、何かと言うと
「ほら、飴ちゃんやで」
とくれる、てのとはまたちょっと違うお菓子の贈呈。

謎の儀式であります。


どうでもいい話 comments(4) trackbacks(0)
きゃ〜らめるひろーたら、はーこだけー!


 ↑
 ↑
 ↑
 ↑
この替え歌を
このときナマ歌で聴いた。
笑うよりも固まった記憶が(理由はわからん)。

けどやっぱり嘉門さんの作品では『血液型別ハンバーガーショップ』が、わたしはすきだ。

A型店員:「夏目漱石の顔の向きがバラバラだわ」←これが最高。


どうでもいい話 comments(0) trackbacks(0)
秋でもきゅーっと。
妹がアラシックなうえ呑兵衛なので、現在CM契約してるキリンの『一番搾り』のキャンペーンを見逃すはずもない。
しっかりと応募して、我が家にどーんと届くのであった。

「秋日和キャンペーン」(写真をクリックすると公式サイトへ飛びます)

グラスに冷えたビールを注ぐともみじとイチョウの色が変わるんですってさー。




もう冬の初めだけど、暖房で暖かくなった部屋で、冷えたビールを頂くのも乙っちゃあ乙?
まだ冷蔵庫にも入れてないので、次回、グラスに注いだらまたご報告致しましょう。
どうでもいい話 comments(0) trackbacks(0)
壁紙でーきーたー♪
(タイトルの読みはダチョウさんの「ともだちでーきーたー」で)

秋祭りのお菓子のパッケージが可愛いくて、友と
「壁紙にできるんじゃね?」
と盛り上がったので、さっそくこさえてみたよ。
箱を崩してスキャンして、背景色を増やしていく作業がなかなかたいへん。
原稿はよく見ると布地素材なので、微妙な濃淡・明暗があって、それを揃えるのがひと苦労(左下がひどいでしょ)。

お高いクリエイティブ系ソフト使えばそんな手間は必要ないんだろうけど、なんせフリーソフトなので仕方ないのだ。
んで、パソコンのディスプレイだと、こんなかんじ。
わたしのスキルが低く、画面撮影がきれいにできず申し訳ない。
ほんとはもっとちゃんと見えてますよ。

以前のグッズにUSBメモリがあって、その中に壁紙データが入ってたけどさ、わたしとしてはカレンダーを壁掛けと一緒にパソコンの壁紙データ(12ヶ月分)として販売してほしいなぁ、と常々思ってるのだった。
(ついでにスクリーンセーバーも)
どうでもいい話 comments(2) trackbacks(0)
安直(笑。
2016100512150000.jpg
“おばけパン”ったって、袋あけちゃったら、顔もなんもないやん。
おばけてわからんやん。
かたちだけやん。
えらい安易な製品を出しましたな、セブンイレブンはん。
ハロウィンだかの期間限定ですかね?


さあ、いよいよ明日だあああ(≧∇≦)
どうでもいい話 comments(0) trackbacks(0)
はやくはじまれー。
webでマンガ読めるサイトで『ハーレクイン』シリーズのハッピーエンドもの読んで
「いいなー、オラにもこんな王子様来ないかなー」
などと年甲斐もないことを考えてしまうくらいには疲れているらしい。

はやく秋祭りはじまってくれー。

それだけを頼みに堪えているんだ、毎日。

あと3日。
どうでもいい話 comments(2) trackbacks(0)
ぜくしー。
桃色の婚姻届が付録に付いてるというその特殊な雑誌を、彼に結婚を促すためにわざと部屋に置いておく、いう“使い方”がほんとうにあると知って、そんな女が友人に居らんでよかったとおもうと同時に、でも結局そういう女を男は選んで後年、新橋の居酒屋で愚痴ってるんだから、どっちもどっちだぜ、と若者の世界をぼんやり眺めるような歳になった。
私が若いころにこの雑誌がなくてほんとによかった。
どうでもいい話 comments(4) trackbacks(0)
| 1/14 | >>