スマホ・タブレットでご覧の方は
「PC版」表示にてお願いします
                               
366万より17.8万の恐ろしさ。

百合子の再選は、まあ、想定内としても(わたしは入れてないよ)、それより戦慄するのは、特定の国の人への憎悪と殺意を剥き出しにしたレイシストに178,784票も入ってることだ。
都民の2.92%がそういう思想を(すべてとは言えないかもしれないが)支持したということ。
これが恐怖でなくてなんだろう。
その「特定の国」の部分を、自身の住んでいる地区に置き換えてみれば、その主張の恐ろしさがわかるはずなのに。

いちばん得票率が高かったのはお隣の台東区だけど、我が墨田区もそれに近い値をたたき出してしまっている。
何考えてんだ、墨田区民。

こういう流れのよのなかが、静かに怖い。



時事刻々刻々 comments(0) -
お先真っ暗。

あかん・・・。
もう東京アカンやないか・・・。

自粛が全面解除になった時から予感はしてたけど、早すぎる。
先行きがまったく見えないし、不安ばかりが増してくよ。

みなさんは、どうやって心の安定を保ってますのん?

時事刻々刻々 comments(0) -
碧空の記録。
ということで、動画で撮りました。
即席電報のほうにアップしたけど、アカウント取りたくなくて見られない人にも見て欲しいので。
大事な友がいままだ最前線で医療現場にいるので、毎日心配と感謝がないまぜになっとります。

今日が晴れてよかった。




時事刻々刻々 comments(4) -
私の番号。

COVID-19関連の一律給付金のため、マイナンバーカードを新しく作ろうとしたり、持ってたけど使ったことないから暗証番号忘れてしまったりで、お役所の窓口がたいへんなことになっていますね。
皆さんはマイナンバーカード、持っているのでしょうか。

私は持っているんです。
この制度が施行された時、即行! 作りました。
なぜなら私にはとても必要なものだったから。
自動車や原付の免許証を持っていない私は、それまでいわゆる「写真付き身分証明書」はパスポートを使用していました。
しかしながらパスポートは更新時にアホほど高い料金がかかる。なんでこんなに? というほど。
本来の使用目的である海外渡航にはほとんど使わないのに、ただただ己を証明するためだけに持っているにしてはその代金はどう考えても適正とはおもえない。

そんな時、このカードが発行されると知りました。
しかも説明文には(初回)発行も期限更新(紛失等での再発行は有料)も無料、とある!
これは作るでしょ、そうでしょ!
てなわけだったんです。

そして私個人の感想としては
「作ってよかった!」
でした。
なんせ身分証明書ですから。
みなさんが自動車・原付免許を身分証明書として出す場面で、私はマイナンバーカードを掲示しているだけのことなので、助かり度合はおわかりいただけると存じます。
また、マイナンバーカードならではの便利機能があってですね。
お役所に発行を頼まないとならない書類(証明書)がコンビニで入手できちゃうこと※、です。
私的には、これがいちばん助かっています。
この歳になると、住民票やら税金関係の証明書やらなにかと「提出せよ」と言われることが多くて、これまではいちいち上司にお許しを得て、朝早くお役所の窓口に行っていたのに、このカードを持ってからはお昼休みにコンビニ行ってちょちょいのちょい、でよいのですから、こんな楽なことはありません(役所の窓口同様、書類発行手数料は発生します)。
ほんとうに有難いなー、と使うたびにホクホクしていました。


なので今回、カードの普及率がとても低かったことにべっくらこきました。
もっとよのなかに浸透してるとおもってましたが、違ったので。
「必要性を感じなかった」
というのがいちばんの理由だとか。
あとは情報管理の危険性や、管理されることそのものに対する不信感とか。
それを言われると確かにそうなんですが、私の場合は必要性はめちゃくちゃあったし、便利&合理的という面からも作ってしまったのですが、そういうパターンは稀だったのでしょう。

とはいえ、今回の給付金についてカードによるオンライン申請はしません――というかできません。
カードリーダーを買っておかなかったことと、リーダーの代わりになるアプリがDLできるスマホがないので(^^;)
仕方ないので、区から申請書類が送られてくるのをじっと待ちますよ。
うちの区は遅くて、書類発送の予定が今月末とか言ってるのでまだしばらくは我慢の子、です。


※コンビニで発行できる証明書等の確認は、コチラでできます。

時事刻々刻々 comments(0) -
おおぅ・・・。
とうとう拙宅にも来ましたよ。(↓)

とはいえ、現在我が家には幸いなことにマスクがかなりあるので、届いたらボランティア団体に寄付しようと考えていましたのですが・・・。

なんか妊婦さん用のマスクの不良品同様、こちらのマスクにもよくないものもあるとかいう情報も(テレビじゃないよ、自称・情報強者の方々が言うとおり、ちゃんと「ネットで」調べたよ!)あるようですね?
ウチに来たものはパッと見、特に汚れも不純物も付着していないようですが、目に見えないものがあったらとおもうと、迂闊なことができない・・・どうにもこうにも困ったちゃん、であります。

みなさんのところにはもう届きましたか?
使いますか?



時事刻々刻々 comments(4) -
Σ( ̄ロ ̄lll)!!

ここの御堂筋難波に、去年の45周年記念式典の時、泊まったのよ。
そんで、とてもよかったので、別の場所やランクアップしたプレミアムルームにも泊まってみようとおもってたのだけど・・・。
すべての施設が営業終了ではないみたいだけど、残念だなぁ・・・(´・ω・`)


時事刻々刻々 comments(0) -
想像だけなら。
10万給付されたら、レンズ買いたいなー。

超広角ズームか望遠単焦点のやつ。
仕事としては広角ズームが優先されるけど、すきで撮るほうなら望遠単焦点がいいなー。
家電量販店は「三密」にあたるのかな? 現物、見に行きたいなー。
もし超広角買ったら、ここの現場(↓)行って、撮り直しするんだー。

うへへへ、妄想、たのしーなー。


いや、実際は生活費に消えるんだけどさ。
辞退なんかするわけないやんか。
要らんやつ、おれにくれ。そしたらレンズ買うわ。



時事刻々刻々 comments(2) -
来たかチョーさん、待ってたホイ!

ついに! ようやく! とうとう!! 
遠征民には朗報でござるよ! これまでJR東海のみでやってた交通系ICカードで新幹線に乗れるサービスがJR東や西などでも使えるようになるって!!
バンザーイ\(^o^)/! バンザーイ\(^o^)/! バンザーイ\(^o^)/!(三唱)

ということで、とっとと登録しました。
とはいえ東日本使って遠征する予定が春にはないんだけど、わたしには。
でも今春の仙台に行くアル中さんは登録するのがいいとおもうので、えきねっと公式サイトに行ってみましょう!

※こっちのサービスには、別のICカードでも一緒に予約できる、てのがあるのが凄いよ!(今のとこ家族だけっぽいけど)

時事刻々刻々 comments(0) -
私の頭の中の「男の部分」。

この人の投稿には共感するものが多いのでブックマークして楽しませてもらってる。
もちろん全部が全部「わかる、わかる」なことはなくて、その代表はネタバレに対するスタンスだったりするんだけど、その他にもたまーにこうして、この人の脳に存在する「男性部分」に「うーん」となっちゃったりする。

とは言ってもわたしの世代(1960〜1970年代生まれ)は、子どものころにはがっつり “昭和” の価値観−男性優位(という意識すらない)−で育てられたから、社会に出るときに男女雇用機会均等法があったとはいえまだまだ職場にはヌードカレンダーはあたりまえのようにあったし、お茶くみは問答無用で女の役割だったし、職場で男性から振られる下ネタには笑ってかわすスキルを要求されたし(意義など申し立ててはならないのは当然)、飲み会ではかいがいしく世話を焼く女が善しとされたし・・・と挙げればキリがないくらいだったので、どうしても「脳内男性」が抜けきれないのも仕方ないとおもってる。
わたしにもそんなことはまだまだあるから。

それでも今回のコレはちょっとがっかりだったなー。
とくに「おフェミちゃん」てさ。
Twitterにウヨウヨいるミソジニスト&インセル&オタクの言葉まんま使って同性を貶めようとするなんて、ダメだろ。
我々がいま、社会で被っている男性優位による理不尽や下品なことどもに
「やめてください」
と言えるようになったのも、先達の「おフェミちゃん」たちが、頑張ってくれたから、なんだけどわかってるのかな。
そして我々も、若い娘さんたちに、もっと苦しまずに生きていけるよのなかを渡すためにおかしいものはおかしいと言わないとならないのに。
だから言うのに。

ていうか。
自分のお気持ちだけを大事にしてはいけない。
みんなが並び立つ事を許容するのが多様性だべさ。
お前のお気持ちにだけ忖度しろってなぁ、通用しねえやな。
これ言っちゃったら「ネタバレするな」とはもう言えなくなるとおもうんだけど。
だって「ネタバレ見たくない」も「お気持ち」じゃんね、とわたしはおもうんだけど。
わかってもらえないかなー。
この人はもっと物事の本質を見抜けるとおもってたんだけど、違ったのかも。


とりあえず、みなさん、ご自身の脳内にはどれくらい男性が居るか、把握してますか?




時事刻々刻々 comments(2) -
25年。
1.17から25年。
あの日を体験した人々が当時のことを語った記事を新聞が載せているが、せつなすぎて読み進められない。
時事刻々刻々 comments(0) -
Text:©2004 瀬戸際日記Neo.
| 1/26 | >>