プラカード嬢になりたかった夏
いま、テレビ朝日をつけてると画面から流れてくる「栄冠は君に輝く」を聴くとウズウズするなあ、なんとなく。
プロ、だけでなく高校野球も好きなんで、うん。
と言ってもテレビで試合を観ることは、もうほとんど無いんだけど。

高校生になって、何がいちばん嬉しかったかって言うと、
「高校野球の世代になれたっ!」
ことだったのにゃ。
いままで年長さんの世界だと思っていた場所に、自分が入れた! というのが嬉しくて×2。
本気で野球部のマネージャーを希望しましたさ、ええ。
しかーし。
どういうワケか、我が母校の野球部は女子マネ禁止、で。←理不尽な!

じゃあ、あとは優勝して甲子園だっ! と期待したら更に悲しいかな。
弱いんだなー、野球部が。
在校の3年間、すべて初戦敗退……。
っかしーのねー。1年の時のクラスメイトに、鳴り物入りで入学してきたエースが居たハズなんだけどねー。
そんなこんなで、結局甲子園へは行けないまま、卒業してしまったわけだがもうひとつ。
残念な想い出があるのにゃ。

高校2年の時、県内持ち回りで担当する「開会式の各校プラカード持ち」が、廻ってきたでやんすよ!
おわかりか? ほら、開会式で、選手達の前で学校名が書かれたプラカード掲げて歩く、アレよ!
アレを我が母校で受け持つことになったのっ! そりゃあもう、大騒ぎさ。
自薦OK、というんで、当然私も立候補しましたっ!!  やらいでか!
神奈川には追いつかないけど、静岡もかなりの高校の数があり、また、日の丸や、大会旗・県旗・市旗とプラカード以外にも持つものがあって、かなりの人数を選出すると聞いてたから、絶対イケる、と思ってたのさ。

が。
結果は落選〜(T_T)。
プラカード嬢になりそこねたのだ。
とてもショックだったなあ。
あんまりショックだったんで、落とされた理由を訊きに行ってしまったくらいに。
したら
「背が高すぎる」
って言われてダブルショック。
だって私とたいして変わらないタッパの子も選ばれてたから(後から聞いた噂だと運動部の人間を優先して選んだらしい)。
少しでも高校野球の現場に携わりたかった私の夢はそれでオシマイ。

それが17の夏の出来事。この頃から、冴えねぇなあ。ははは。

さて、今年はひとつ、久々に高校野球を観ようかな。
トホホホホ comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/4007
Text:©2004 瀬戸際日記Neo.
<< NEW | TOP | OLD>>