対処編1.マスク
今回から私の花粉症対策についてになりますが、そんなにたいしたことは実はしていません。
ごくごくフツーにあたりまえのことをしていると思っています。

ただ、この“あたりまえのこと”が個人個人で違うので、ここに書くのはあくまで
『私にとってのあたりまえ』
ということです。

ちなみに“花粉症”というキーワードで検索をかけてみると、皆さん実に様々な対処法をとっていらっしゃるのがわかります。
たとえばヨーグルトで対処していたり、杉茶なるものがよいと仰る方もいたり、温湿布のススメを説く方もおられました。

私もそんな皆様のように、
私はこうしてこの時期を凌いでいます。このやり方が少しは参考になると嬉しいです
的に、これからの対処編を記していこうと思います。


今回はその1。私が使用しているマスクについて。

まず。
花粉症の人間にとっての基本中の基本の心構えは
「花粉を取り込まない・寄せ付けない」
ことと私は思っています。
よって、マスクは絶対に必要不可欠!
外見なんて、もはや気にしていられません。
あのくしゃみや鼻水から少しでも開放されるなら、見てくれなんぞに構っちゃいられないのです。
そんな私の現在での最も強い味方がコレ!



愛用者も多いと思います。

このマスクの素晴らしい点――それはなんといっても輪郭線にピッタリとフィットするということ。
今までのマスクだとどうしても隙間が生じていましたが、これなら安心です。しかもそれだけフィットしているのに息苦しさをほとんど感じることがないのです。
更に女性としては、口紅がマスクに付着しないというのも大きなポイントです。
そしてもう一つのポイントは清潔感。
このマスクは使い捨てなので、洗ったためにヘンにゴワついたり、毛玉っぽくなったり、うす汚れて見えてしまったりした今までのマスクへの不満を抱くことはありません。
いつでも新しく、気持ちのいいマスクが使えるのです。

そして私の場合、さらにそのマスクの中にコレを入れます。



このウエットフィルターも実に頼もしいのです。
適度な湿り気とメントールの爽やかな香りを鼻と喉にもたらしてくれて、マスクの閉塞感が薄れていくのです。
マスク内の『香り付替えシート』は何種類か試しましたが、やはりコレがいちばんでした。
よって

マスク+ウエットシート

この公式が、私のベストな組み合わせとなりました。
もうここ2〜3年はこの最強コンビにお世話になりっぱなしです。


外出するときは必ずマスク!
そして許される状況ならば、勤務先や学校でもできるだけマスクははずさないでいる……それが花粉を取り込まないための大切な一歩です。

私と同じことをこちらのブログの方も書いていらっしゃいました!
よかった、同じことを思う方がいて!
花粉症講座 comments(0) trackbacks(2)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/4141
トラックバック☆パラダイスでは<花粉症>に関するトラックバックがどしどし集まっております。あなたのアクセスアップにもご利用ください。
| トラックバック☆パラダイス | 2005/03/21 03:43 |
最近花粉症で立体マスクをしている人をよく街で見かける。立体マスクと普通のマスクはどう違うのだろうか。立体マスクの利点を調べてみると・立体形状により顔にフィットしてスキマを作らない。・ マスクと口元の間...
| 花粉症blog | 2005/03/13 12:26 |
<< NEW | TOP | OLD>>