スマホ・タブレットでご覧の方は
「PC版」表示にてお願いします
                               
ソルジャー・ブルー!
だいすきなサイトのひとつで、この作品を取りあげてくれていたのでわたしも便乗することにしたことですっ。



懐かしさのあまり、むせび泣いてしまったわッ!!
なんでもこの画像の仕様本は貴重らしいですよ。
わたしは持っている……いた……(どうしよう、持ってる! と断言できない)いや、どこかにしまってあるハズ。
『アンドロメダ〜』は泣く泣く捨てたけど、『地球へ……』は残しておこう! とたいせつに保管した記憶が。
こんど探そう。

作者の竹宮先生といえば『風と木の詩』のほうが有名なんだけど、わたしは実はこっちのほうが名作だと思うちょりまする。

すんごいスケールのデカイ、物語なのだよ。
それでいて、色々考えさせられるメッセージが随所に散りばめられている、ある種啓蒙的な部分もあったりするのだ(地球をたいせつにしよう! みたいな)。
なにより驚くのが、これを20年以上前に、女性の漫画家が描き上げた、ということ。
いまならパソコンやらなんやらで、宇宙空間や宇宙船(メカ類)や未来都市を描くのも、そうは苦労しないと思うけど、竹宮先生はそういうものが一切無い時代に、これを描いたのだ!
特にカラー原稿の素晴らしさには瞠目である。
わたしはこれに影響されて、カラーインクを駆使した宇宙空間の描き方を猛勉強したものだよ。

そんなことはどうでもいいとして。

この作品はアニメ(映画)にもなったからご存知の方は多いと思うのですが、さすがに原作まで読破した方は多くないのではないだろうか?

もちろん、映画も観たことさ。
画(え)は、決して洗練されたものではなかったけど、この長い長い物語を、とても上手に二時間余りにまとめてあったと思う。
声優陣も当時としては画期的な、プロの声優ではなく、俳優(女優)をメインキャストに据えていたのが印象的だった。
なんたってあーた、故・沖雅也氏が出てるンです! それも、かなり重要なキャストで!
そういう意味でも、凄い作品でやんす。
……ビデオ、出てるみたいだけど、棚にあるの見たこと無いな……。

ストーリーの導入部分はコチラ>>>でどうぞ。

ねんのためですが、タイトルは“地球”と書いて“テラ”と読みます。

まえにもちょっとカミングアウトしましたけどー、わたしはアニメファンでしたのでー。
このテの話題がどこかにあって、見つけたりすると、目の色が変わってしまうのでありんす。

すんません。


わたしの“むかしの血”を騒がす作品たち

◆サンライズのロボットもの
・勇者ライディーン
・超電磁ロボ・コンバトラーV
・超電磁マシーン ボルテスV
・闘将ダイモス
・(冠忘れた)ダルタニアス
・戦闘メカ ザブングル(永遠のアーサー様!)

・機動戦士ガンダム(断然ファーストね!)

・伝説巨神イデオン

◆メジャーどころ
・宇宙戦艦ヤマト
・銀河鉄道999

◆マニア好み
・六神合体ゴットマーズ
・超時空要塞マクロス(ミンメイが本気でヤだった)
・銀河旋風ブライガー

◆タツノコ作品
・未来警察ウラシマン
・トンデモ戦士ムテキング

◆最後の輝き
・クラッシャージョウ(映画版)


おなじ血をお持ちの方ー、お話ししましょー。
名作探訪 comments(6) trackbacks(0)
Comment








>まいまい様
お姉さまが竹宮先生のファンなのですね。
そして、図書館並みという蔵書を見てみたかったです。
『ライディーン』の洸!
ええ、わたしも彼にゾッコンでした。
この作品で安彦良和氏のファンになったのです。

>wan様
むふふふ。
やはりwan様はリアクションをくださいましたね。
きっと頂けると思ってました。
これで次回の邂逅時の話題が、また増えましたね!

>そえ様
『ゴットマーズ』! 分かち合える喜びに、走っていって抱きつきたい思いです!
そえ様はタケルとマーグのどちら贔屓でしたか?
わたしはタケル派でした。
でも、いちばん好きだったのはロゼかも……。

>えみ様
訪問、ありがとうございます。
わたしも映画を観る、原作を読む、ということを通して、未来の地球への漠然とした不安を抱いたのを覚えています。
だからこそ、とても記憶に残る、たいせつな作品になったのです。
『はいからさん』はわたしも大好きです。
大和和紀先生も大好きな漫画家さんですから。
『あさきゆめみし』原画展を見に行って、卒倒しそうになりました。

from. 夏葉 | 2006/02/05 17:02 |
地球へ
私学生の時に友達に借りて読破しました。
中学生か高校生だったけどあまりにも深い内容がちりばめられていてびっくりしたのを覚えています。
SFだからありえない設定なんですが「もしかしたら地球の未来はこうなってるんじゃないか」と考えさせられる漫画でした。
今でも全巻そろえて娘達に読ませたいアニメのひとつです。
ちなみに、もうひとつ好きだった「はいからさんが通る」は古本屋で全巻見つけて購入。
二人の娘も楽しんで読んでくれました。
from. えみ | 2006/02/04 13:54 |
こんばんは〜。
「地球へ」・・見てましたよ〜♪
ひゃ〜なつかしい〜!!
ダカーポが主題歌だったのを思い出しました(^_^)

むかしの血が騒ぎます。
かなり夏葉さんと重なっています。
特にゴッドマーズに私・・あはは・・(^_^;)
映画も見に行きましたし、サントラ盤も買った記憶が・・
うっひゃ〜。
from. そえ | 2006/02/03 21:29 |
夏葉さん。こんにちは。
元気になられてよかったです。

コノ記事を読んで、ますます夏葉さんに親近感を!!
「地球へ」は映画を観ました。小学生のとき母が選んで(たぶん母が観たかったのだと)、つれていってくれた映画です。懐かしいーー♪
映画を観てから原作の存在を知ったのですが、その頃は内容の違いに……でした。
ましておこちゃまでしたので、同時に別な女性を想うのはイヤ!――などと思っていました。(笑
原作はパラパラとしか、きちんと読んだ記憶がないので、読んでみたいですね。


夏葉さんの血を騒がす作品。
サンライズ、メジャー、最後の輝きに重なるものが…
これはやはりじっくりお話せねばなりませんわね!(笑
from. wan | 2006/02/03 11:13 |
すいませんm(_ _)m
最初のレス、名前入れるの忘れて送信してしまいました
f(^_^);;
まいまいでした!
from. まいまい | 2006/02/03 00:51 |
竹宮先生の作品、懐かしいです。
我が家の姉は、本と漫画があれば生きて行ける人で、
蔵書は数百冊、引っ越しの時はそれはそれは大変で、
移動図書館かと思う程でした。
その中に、竹宮先生のものもありましたね。
私には絶対触らせなかった蔵書。
そっと持ち出して、読んでいたものです。

ご指摘の通り、さすがに最後まで読破はしておりませんね。
映画も作られていたとは、それは初耳でした。
懐かしくて、読み返してみたくなっちゃいます。

ライディーン!大好きです!
小さい頃、私は本気で
「将来、洸と結婚するのだ!」なんて思ってましたから
f(^^);;
松本零士先生の作品は母が大好きだった影響で、
「999」をはじめ、大体はみていると思います。
当時の劇場用パンフレット&特別写真集(みたいなもの)、
今だに手元にありますよ。
from. | 2006/02/03 00:27 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/4377
Text:©2004 瀬戸際日記Neo.
<< NEW | TOP | OLD>>