ほんとのほんとにあった怖い話。
※ちゃんとBGMはあのメロディーを口笛で。

それは、まだわたしが絵の勉強をしている学生のときのことでした。

その日も深夜放送を聴きながら課題に追われていました。
いい調子で絵筆を運んでいると、ふいに右目に異物感を覚えました。
(あ、ゴミでも入ったかな)
何度かまばたきしてみましたが涙は出てこずに、異物感はチクチクとした痛みに変わりました。
(こりゃまつげが入っちゃったな)
それを確認しようと鏡を取り、右目を映しこみました。
右目尻のさらにはしっこに、黒いまつげが見えました。
「お、あった」
思わず声に出してしまうのはこの頃すでにクセになってたようです。
それはさておき。
このぶんなら目薬等を使わずに取れそうなので、指先をそろりそろりと目尻まで運びました。
勢い余って指を突っ込んだりしないよう、慎重に。
何度かつかみ損ねましたが、なんとかまつげを指先に捕らえることに成功しました。
やれやれ、とそれを目のなかから取り出した、そのとき!






な、な、な、なんと!
まつげだとばかりおもっていたそれは、長い、一本の髪の毛だったのです!
15cmくらいはあったとおもいます。
それが目のなかから、まさに上のまんがのように、ぴろ〜んと出てきたのです。

わたしは驚きのあまり声を失いました。

いったいコレが、いつ、どうやって目のなかに入ったのか?
そして今の今までどうなっていたのか?

考えてもわかりません。
わかりませんが、髪の毛が目のなかから出てきたことは、紛れもない、現実でした。

莫迦なネタで盛り上がる深夜放送の声だけが流れる部屋のなかで、わたしは黒々とした髪の毛1本をつまんだまま、しばらくは呆然となり動けなかったのでした。


ほんとにほんとの話です。


トホホホホ comments(3) trackbacks(0)
Comment








>acoyo姐様
そうなんです、怖いんです!
別に笑ってくれても構わないし、ある意味そういう部分もあるんですけど、ほんとは怖いんです。
髪の毛は、コワいです。

>えみ様
おお、えみ様も同様の経験を!
よかった、わたしだけでなくて。
でも快感だったんですか?
す、凄いなあ……。
from. 夏葉 | 2006/08/26 20:31 |
こんばんわ、目から髪の毛。
私、経験があります。さすがに5,6cmでしたが、まつげだと思ってひぱったら「びよーーん」と出てきたんですよ。
びっくりしたんですが、あの不思議な感触は今でも覚えています。ちょっと快感だったんですよね、私の場合(笑)
そんなに痛くなかったんですよね、入ってる時も。
from. えみ | 2006/08/24 22:34 |
怖いですよ、これ、マジで怖い。笑いそうにもなるけど、自分がそうだったらと考えるとマジ、鳥肌。
髪の毛ってね、人間の体から離れると、すごくきもい、怖いものになるんですよね。
from. acoyo | 2006/08/24 17:09 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/4495
©2004 瀬戸際日記Neo.
<< NEW | TOP | OLD>>