井戸を出ろ。
その井戸を出ろ。
井戸に居ていいのは蛙(かわず)かお菊さんか貞子だけだ。
そこの外周がどんなに大きくても、所詮は井戸だ。
限られた世界だ。
外の世界は、もっとずっと、大きくて広い。

そこは確かに居心地がいいだろう。
“仲間”しかいないから。
天敵は来ないし、毎日楽しい。
でもそんな空間に居たら、感覚は澱んでいく。
腐敗臭にも似た気を放つようになる。

悪意や妬み・嫉み、被害妄想、排他的思考が、質(たち)の悪いウイルスのようにその井戸から撒き散らかされる。
それは安易に伝播し、必要の無い争いを生んだりする。

無自覚に他のモノを傷つけている。


井戸を、一時避難所として使うなら、いい。
でも、永住の地にしてはダメだ。


いますぐ、その井戸を出ろ。


SMAPer comments(1) trackbacks(0)
Comment








わぁぉ!

なんかAnser SongならぬAnser記事みたい。
…と自己中なコメントかしらね(^^;
 (カテゴリーからすっと違うみたいだけど)
私のばやい井戸にいたくても放り出されちゃうかも?!
多分…(*^^*)

なぁ〜んてなっ。(^^)
from. T's T | 2007/10/17 12:06 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/4788
Text:©2004 瀬戸際日記Neo.
<< NEW | TOP | OLD>>