なかよくはできない人。
或るブログの記事とその主(ぬし)さんの主張が、一部の界隈に於いてちょっとした物議を醸しております。

て。
「或るブログ、じゃ解らないじゃん! なんでリンク貼らないの!」
と言われる方もおられましょうが、だってその主さんが
【リンクしないでください】
そんなようなことを言っているんですもの。
「なんなの、その曖昧な言い方はッ!」
そう憤られても……。
だってその主さんが
【転載(引用)は、わたしの主張に同意してくれる方のみに許可します】
みたいなことを仰ってるもので、わたしは同意できないので、おそらくお許しは頂けないでしょうし。
「だから、なんなの、それはッ!!!」

――と、なるでしょ?
なっちゃうよね。

だからなっちゃってるんで。

まあ、つまり、そういうことが起きているとおもってくだされ。


どれだけのひとがそこを読んでいるかはわからないけども、わたしはココの管理人という立場から、一応のローカルルールとわたし個人のポリシーを【プロフィール】の欄に記してあります。
ありますが、だからと言って何かあった場合にそれを盾にして大騒ぎするつもりは毛頭無いし、従え! と強制する気もさらさら有りません。
単なる個人の意思表示(ブログというツールへのスタンスの宣言、こういう考えを持っています、という告知)と、ブログ管理者の責任の意味を込めて書いたまでのことです。
無法地帯にしているつもりでもありませんので。

んで、そのポリシーのひとつに、先様(相手のブログ主)の意向に極力沿う、というのもあるので、今回はそれに従ってリンクもしないし、文章の転載(引用)もしないので、こういうワケのわからんことになっている次第。


どーなんだろうか。
こうやって、おおもとのブログの記事を読んでもらうこともできない、かといってじゃあ引用してこれこれこういう部分が、とやるのも、基本的に自身と主張を同じくする者に限る、とやっちゃうのは。

非常に不自由なんですがね、書いていて。
その不自由さを先方の主様は考慮してくれているのでありましょうかね。

ま、そのへんは別にいんですが。
ひとつだけわたしと相容れない主張の部分があったのですね。
この主さん、ブログを個人の家に喩えてらっしゃる。
だから
「確かに門は開けてるけど、だからって、勝手に入ってきて文句言わないでよ!」
てなことを言う。

これがわたしが受け入れられない部分。
あ、でも別にこの主さんの考えが間違いだとおもってるのではないですよ。
ネットに挙がるマナー云々の話題の多くには“正解”は無い、とわたしはおもっていて、そしてそういう意識(ブログ=個人の家)のブロガーさんもたくさん居ることも知ってます。
けどやっぱりなかよくは、できないなあ。
その主さんが何か言うたび
(じゃあPW制にするなり、ミクシとかに行けばいいじゃん)
とかおもっちゃうから。
すいませんね、度量のちいさい奴で。

ただ、この主さんが少し
「とにかく文句言わないで!」
ブロガーと違うのは
「文句言ってもいいですが、わたしの見えないところでやってください」
というところ。
このへんはちょっとは解ったりも、するし、案外わたしの座右の銘【知らぬが仏】に通じてる気もするのだ。
だからひょっとしたらこの主さんは、もっとデンと覚悟を決めて割り切っちゃうと、なかよくできるひとになるかも、しんない(ダメかな?)。



おおもとの記事を読みたい場合、とりあえず『はてなブックマーク』に行ってみてください。
【最近人気のエントリー】の上位に入ってるかも、です。
あとは「ブログマナー」 「一般常識」等々の検索ワードでググって探す! しかないです。
すいませんね。

ブログ道 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/5081
Text:©2004 瀬戸際日記Neo.
<< NEW | TOP | OLD>>