ズバズバ書くわよ。
と、意気込んでました。
もう、重箱の隅をつつきまくって、鬼の首取って、鵜の目鷹の目でツッコミまくってやろうと。



えーと。
そんなに無いかなー。





だってさー、『ヤマト魂』は健在なんだもんなー。
まあ、それこそがミソで、原案が、オイラの大嫌いな都知事ってだけで、元来素直に受け容れてきたヤマトの『自己犠牲』の精神も胡散臭くなっちゃうのが逆に悔しくなったりして、たいへんに複雑な心境で観賞し続けたわけです。

ということで、ネタバレ含みの箇条書きで行ってみよー!(全員集合)※追記出た。




*元アニメオタク(旧作ファン)としての視点*
・絵がきれいすぎるよー。
・ヤマトはもっとベタくさいほうがいいよぅ。
・だから途中に挿入される前作のシーンが違和感ムンムン。
・メカの動きのほうがすごくて、人物の動きが雑で悲しい。今のアニメはもっと動くでしょ。
・湖川さんのキャラなので、時々古代君がベスに見えたり、女性がカララやハルルだったりするー。敵キャラはギジェだ。
・伊武さんの声と、賢様の歌う『ヤマト』は、我々のような往年のファンへのサービス。
・ヤマトの戦闘機隊は【ブラックタイガー】じゃなきゃイヤー!(加藤君!)
・「ターゲットスコープオープン!」キター!!
・結局オイシイとこを持ってく古代君。
・特攻し過ぎ。これは最後の切り札だじょ。

*アホアホな視点*
・ヤマトの機関士に“カオルとヒカル(@桜蘭高校ホスト倶楽部)”が居るー!!(爆)
・真田さんのセリフのあとにいちいち「友蔵、心の俳句」と付けてしまう自分。

*単なる文句とツッコミ*
・BGMがなんでクラシック?
・わたくしの大好きな『皇帝』をあんなところで使わないで頂きたい。
・なんとかって星にも『武士道精神』があるのかよー(苦笑)
・日本語は全宇宙共通言語なんだな!(爆)
・出てくるキャラに白人種が居ないのがイシハライズム(嫌悪)
・エンドロール(?)がかっこ悪い。なんだよ、あのデカイ文字は。そこまで自己主張せんでええがな。

*アル中視点*
・賢様の『ヤマト』が壮観!
・エンディング、フルコーラスかけてくれてありがとうございます。
・隊員に『桜井』が居るなら、どこかに『坂崎』と『高見沢』も出して欲しかったです。
・群集シーンの中に3人を探してしまいました。
・敵のSUSが、STSでなくてよかった。


ここからちょっとまじめに。

観終わって、いちばん感じたのは、なんで富山さん、死んじゃったんだろう。
てことでした。
山寺さんに罪はないし、これ言ったら、じゃあオマエんとこの歌う『ヤマト』もおんなじだ、と言われるんだけど、やっぱり古代君の声は富山さんがいい。
あと雪も麻上さんでなきゃダメだとおもう。
なので痛感したのは、こういう“文化”に『オトナの事情』を持ち込まないで欲しい! っつーことです。
もうさあ、ヘンな闘争とか裁判とかそういうのとっぱらって、キャラは松本さんのキャラで、声も極力オリジナルでやってくれよ、マジで。
そしたらもっと素直に楽しめたかもしんない。

ストーリーはとっちらかってる感が否めないけど、まあ、いいよ。
スケール大きくしないと、もう闘う理由が作れないもんね。
でもエピソードのひとつひとつを薄く扱いすぎだろー、ともおもうよ。もうちっと丁寧に描いてもいい部分は幾つかあったよね。
けどもまあ、こりゃ確かに今作のみじゃあ終わんないだろうさ。
とうとうわけのわからん異次元に最強の敵(ラスボス?)を持ってきたんだから。
きっと次のヤマトは更にパワーアップするのであろうのう。
やれやれ。
ひとつ気になるのは古代父娘(おやこ)の微妙な確執がどうなるのか、てことですが、次回を観にいく気力が出るかどうかはわからんですたい。
でもまた賢様の『ヤマト』が流れるんなら、それだけのために、行ってもいいかも。

とりあえずR-40の方は、料金の安い日に観てみたら?
懐かしいことは懐かしいから。

オタクの血が騒ぐ comments(2) trackbacks(0)
Comment








>fumi様

わたしの場合はアニメオタクでもあったので、オツトメが二乗、というところでした。
大画面で聴く新曲はなかなかに良かったですよ。

桜井隊員はカワユイ青年でした。
ヒゲとサングラスの隊員はさすがにいないかと(藁)
from. 夏葉 | 2009/12/17 20:58 |
ご無沙汰しております。
私も一応TVアニメは観たので、桜井さんの声も聴きたさに映画館へは行きたいんですけどね〜〜〜
DVDが出るのを待ちます(笑)

詳しい感想をありがとうございました。
やっぱり昔のままでやって欲しいですよね。
声は仕方ないにしろ顔が違うのはちょっとね〜と思ってしまいます。

桜井隊員が居るだなんて(萌)
でも、容姿は全然違うんでしょう?
from. fumi | 2009/12/17 10:10 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/5329
©2004 瀬戸際日記Neo.
<< NEW | TOP | OLD>>