「計画的にいきましょう」
某銀行のカードローンのCMが、これまでのコンセプトから一転した内容になってたのを見て、わたくし
「はは〜ん、やっぱりなぁ」
そうおもいましてございますよ。

というのも、そのCM、シリーズで続いてきたわけですが、どうも見ているうちに、なんか
「イヤ〜」
な印象を受けるようになってきたのですね。
で、おそらく、この
「イヤ〜」
感は、女性が多く抱くのではなかろうか、という類のものであり、わたくしは広報なり代理店なりJAROに電話して文句なんか言いませんけど、どっかに苦情を申し立てる女性はおるでしょうな、とおもい、あるいはCM好感度調査なるものをした場合、このシリーズは女性からの支持は低いであろうな、ということが、容易に想像できたからなのでありまする。

なにしろ、このCMのローンに限らず、銀行系の仮面のもとの金貸し系のキャッチコピーは概ね
「ご利用は計画的に」
「返済に余裕のあるお借り入れを」
「収支のバランスを考えて」
「身の丈にあった生活を」
みたいなやつでなのでありますが、このCMの
「計画的に」
が、シリーズがすすむうち、T田E香ちゃん演じる女性が合コンか何かで知り合った、長身のA部ちゃんをオトす「計画」じゃねーのかよ、という展開になってきたから、です。

でもって、我々女性は、そういうのを見たりするのは、ぶっちゃけ「嫌い」なのですよ。
自身の化けの皮を剥がされてる気もするでしょうし、こういう女に想い人をまんまと奪われた記憶がよみがえることもあるでしょうし、とにかく
「見たかねぇよ、こんな女」
になってしまうわけです(T田E香ちゃんが嫌いということとはまた違います)。

というわけで、冒頭のわたくしの
「やっぱりな」
の根拠はご理解頂けたかと存じます。

CMつくるのは、ほんと、たいへんですよね。


広告ウヒョー comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/5463
©2004 瀬戸際日記Neo.
<< NEW | TOP | OLD>>