スマホ・タブレットでご覧の方は
「PC版」表示にてお願いします
                               
このよのすべての「お姉ちゃん」たちに読んで欲しい。
参考記事 『長男長女は失敗作である/親にとって最初の子どもは体験版』
参考記事◆『正しい妹たち』@Ohnoblog2


こちとら、すきで「おねーちゃん」に産まれてきたわけでないのに、なんという言われようであろうか、トホホ……と別に泣くほどのものではない。
似たような話はよく聴いたから、何を今さら、という感じである。
だって、失敗かどうかはおいといて、両親にとって長子が“育児体験版”なのは、紛れもない事実ではないか。
たんに“体験版”というコトバが、ゲームやパソコンのソフトによく使われるからいい印象にならないだけで、何から何までが初めてで、その初めて尽くしの末に育つのが長子であるのだから。
『長子=試作(“作”と言うからいけないのでは)』、至極当然、なのである。

ただそれだけのことなのに、スポーツで優秀、だとか、“ちゃんと”結婚して子を成した、だとか、わけのわからん基準で以って『失敗作』をくっつけるからめんどうなことになっている。
ここに容姿と学歴が加わったら、どんだけ恐ろしいことになるであろうか、くわばらくわばら。
そもそも
両親にも祖父母にもチヤホヤされて育ち、次男次女に比べるとのんびりしているのかも知れない。そのためか競争意識が低く、緊張感がない

ことの何が悪い。
順位付けに固執せず、気軽に譲れるひとが居るから、何がなんでもいちばんになりたいひとがいちばんで居られる場合だってあるだろうに。

まあ、論議の発生元が元だから、あれこれ言っても詮無いのではあるが。


それとくらべて(くらべるのも失礼にあたるが)大野さんの書いた『正しい妹たち』内の『姉の立場』。
わたし自身も「姉」なので、ものすごく、解る(下は妹だし)。
というか、よの「お姉ちゃん」たちは、この記事に共感せずにいられまい。

幸いにもわたしは大野さんほど“姉”としてのプレッシャーを感じることなく過ごせたが
親は妹には比較的甘かった。親から「正しさ」を常に求められていたのは、姉の私の方。

なのは同じであった。
違うのは、母の手伝いをせっせとするのは私で、マンガ読んでごろ寝しているのが妹だったことだ。
我が家に於いての「正しさ」、は、そういうものだった。
なのに事実婚の伴侶を得たのは妹で、姉である私は
「うーむ。わたしは“女”に向いてない」
などとわけのわからんことを勝手に悟り
「『老女孤独死』をも辞さず」
とか言い出したりしているので、うちでは
兄や姉は往々にして親の覚えがめでたく優等生だったりするが、弟や妹はちょっと変わり者で「困った子だね」などと思われていたりする。

のとは逆のパターンになったわけだ。
まあ、これには「わたし」という個人が、あまりにも『わが道を行く』性質の持ち主だった、という要因が大きいであろう。



あと、これはいつからかなんとなく考えていたのだが
『親が下の子に甘い傾向にあるのは、どうやったって、上の子よりも下の子との時間が短いから』
ではないかということ。
生物の法則である先に生まれたものから死んでいく、を前提にしたら、にーちゃんとねーちゃんは、おとうとといもうとより、確実に何年かは親と過ごす時間が長いのである。
だから、その短い分だけ、その差を埋めようと下の子に甘くなるのではなかろうか? と考えたら、なんか自身で納得した。

ちなみに、私と妹の年齢差は5歳である。

この差は、結構大きい気がする。

- comments(4) trackbacks(0)
Comment








>泪さん

当方ではコメントの遅い・早いは無問題(モーマンタイ)なので、どんな過去記事でもお気軽にどうぞ!

いちばん上の子を厳しく……は、あるとおもいますが、泪さんご自身もそうでしたか?
我が家は母が言ったので間違いないことです。
で、くわえて
「下は余裕があるから放っておける」
とも言ったので、泪さんの仰ること、いちいち正解です。
from. 夏葉 | 2010/07/20 22:13 |
今頃のコメントでごめんなさい。
私は自分のブログでも書きましたが、
戸籍では真ん中だけど、事実上、上の子です。
確かに、親が妹には甘いなぁって思ってました。
たぶん、最初の子はきちっと育てようと厳しくなるんだと思います。
で、下の子の時には、まぁそこまでしなくてもいっかーってゆるくなるんじゃないかな?
あと、親になって思うのは、下の子って甘え上手なんですよ。
それでつい許しちゃう…みたいな(^_^;)
でも、何でも下が有利なわけでもないかも。
手をかけてあげられるのは一人目だけですからね。
子供が複数になったら忙しくて、下はほったらかしとか…(^_^;)
from. 泪 | 2010/07/20 14:57 |
>tamiyさん

おお、3人きょうだい、でしたか!

ほんとにねぇ「お姉ちゃん」に好きでなったんでないのに、なんだってこんな宿命を……と思わないでもないですが。
「しっかりしなくちゃ」
という気概はやっぱりお姉ちゃんだからかなぁ。
まあ、ぼちぼちいきましょうねぇ。
from. 夏葉 | 2010/07/16 22:44 |
私も‥お姉ちゃんです!(3人兄弟の‥)

妹もいますが‥4つ下‥。
確かに、全然違いますねぇ〜。

姉は、親から正しさを求められた‥。
ん〜そうかも!
でも‥応えてないかも?!応えられなくて?
苦しんでる??かも‥。

親が下の子に甘いのは‥時間のことも
あるかもしれないけど‥
姉(第一子)は、親を独占できる時間があるけど、他の子たちにはないから‥

それを埋めようとしてる?って思ってます。


お姉ちゃんは‥お姉ちゃんらしく!
頑張ってますよねぇ〜!!
from. tamiy | 2010/07/14 19:01 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/5480
Text:©2004 瀬戸際日記Neo.
<< NEW | TOP | OLD>>