おかめの大群。
評価:
柴田 よしき
文藝春秋
¥ 630
(2010-07-09)

ひゃー、めっちゃ面白かったー!
「タイムスリップ×平安時代」
という組み合わせで、どうなるのかとおもったら、おお、そうくるわけね! という展開。
うーん、うまいなぁ、とおもわず唸る。
ただ、現代に戻ってきて“あちら”で出逢った洋子と再会しないのがちょっと消化不良な部分では、ある。
だがそれ以外はオールオッケー。
わたしはすきだ。


あ。
タイトルは、主人公が平安時代に流されて目覚めたとき、まわりにいた女房達を見て叫んだ言葉です。
絵巻に出てくる、あの女性の顔、ですから。
おかめ、ですわな。

読・読 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/5482
©2004 瀬戸際日記Neo.
<< NEW | TOP | OLD>>