「好き」の極み。


GIシーズンにはいつも大変お世話になっている『ガラスの競馬場』の主様であらせられる治郎丸さんが、なんと、競馬の雑誌を出版されましたのですよ!

もちろんわたくし、さっそく申し込みまして、本日、手元に届きましてございます。

なんかねぇ……凄いです。
一年半かけて創った、と治郎丸さんは仰ってますので、その情熱と競馬・サラブレッドへの愛がめいっぱい詰まっているから、かもしらんですが、写真はきれいだし、レイアウトもレーシングプログラムもしくは『Number』を踏襲してるっぽくてカッコイイし。
いつも行く本屋さんの棚に並んでいても、なんら遜色ありませんことですよ!!
もう治郎丸さんに大拍手です。

さあ、これからじっくりじっくり、読みましょうかね。
とはいえ、内容がかーなーり通(つう)向け、なので、わたしはきっとわからないことがたくさんなんだろうなぁ、とおもってます(ダメ読者)。

なにはともあれ治郎丸さん、創刊および発刊、おめでとうございますです!



発刊が進んで、人手が足らなくなった暁には馳せ参じますので、原稿の文字校正でも清書でもなんでもお申し付けください。
ダテに漢検準2級、持ってるわけじゃござーませんし、デザインのことも少しはわかりますですー。

HR comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/5636
Text:©2004 瀬戸際日記Neo.
<< NEW | TOP | OLD>>