アル中たちのいたところ2011-Love you 名古屋-


なんとも凄い春ツアーファイナルでありんした。
ええ、ホントに凄かった。
ボキャ貧・陳腐・ありきたりと言われようが構いません。
あのファイナルは
「凄い」
以外に言いようがない。
名古屋ファイナルって、いつもあんな感じなんですか?
だとしたら、素晴らしいですね!! また来年も参加したくなってしまった。
ことほどさように「凄い」ファイナルでありましたことですよ。

アル中の皆様、いいツアーでしたね。
というか、ツアーが始まって、そしてちゃんとファイナル迎えられて、よかった。
ほんとに、よかったね。
皆さん、お疲れ様でした。


思い返せばツアーが決行されるのか否か、その発表が正式になされるまでの期間の恐ろしいほどの不安と、泣きたいような焦燥感。
あんなおもいは、味わったことはなかった。
と同時に、ツアーが決行されると決まり、繰上げ初日に目の前にメンバーが現れたときの、言葉にできないあの感覚も、いまだかつて味わったことがないものだった。
以降、参加する1本1本がなんと希少でありがたいライブであるかを、つくづく実感することになったこのツアー。
きもちを救われ、様々なことを考えさせられた、意義のあるこのツアー。
終わってしまった今、改めて、ウチのおじさんたちには心からの感謝を捧げたい。

「ツアーを、ありがとうございました」





と。
真面目なモードはここまで。
ここからは、その「凄い」ファイナルでまだ壊れたまんまのテンションでいきますぞよ。
(もう、ネタバレしてもいんだよね?)


この震災がなかったらいったいどんなセットリストだったんだろう、と、フトおもったりしたのは、ツアータイトルに“Neo Universe”とあるのに、その『ねおゆに』からは1曲しか歌ってない、という事実があったからだが、わたしはそれだけ練られたセットリストだから、きっとそんな変えてこないだろうな、という予想を初日にしたのだが、さすがウチのおじさんたち。
わたしごときの浅はかな予測を塵芥のように蹴散らしてくれて、初日静岡と名古屋ファイナルのセットリストを並べて見たら、おもわず笑ってしまうほど違う。

でも、それでいんだよなー。
4月は、被災地はまだ復興もままならず、関東地区もあれこれあって、だからあのセットリストで我々を励ましてくれて、5月になって被災地には復興の兆しが見え、関東地区も平常に戻りつつあったから、そろそろ力まなくてもよいよ、と言ってくれて、そして今月はもう一度立ち上がるためのパワーを我々にくれるためのセットリストなんだからなー。

そんななかでね、わたし、ニューアレンジの『WEEKEND SHUFFLE』がすきでねぇ。
特に最後の大サビの繰り返しの
♪かーなしみーを しーるたぁびほんとぉーのー♪
が三声コーラスで響くでしょ、あそこが殊のほか心地よくてすきでねぇ。
この部分になると、自然と笑顔になっちゃってましたよ。
あとやっぱり忘れちゃならんのはアンコールだぁね!!
あのたたみかけてくる選曲!
あれはもう、メンバーとわしらファンのガチンコ体力勝負だったね。
わたしの場合、たいてい負けてたけど。だって腰痛持ちだもん(←言い訳)。
へんな話だけど、コントもいいけど、やりゃあコントなしで3時間強、ぶっとおしでできる人たちなんだよな、と再認識しちゃったよ。
いや、ほんとはそれが当然の姿のはずなんだろうけども。


それと、参加できた各会場で、印象深いところは
・繰上げ初日の静岡
・本来の初日越谷
・ファイナルの名古屋
の3会場でしょーかね。
特に静岡と越谷は、滅多なことでは忘れないですよ。
ある意味、2011年春ツアーを象徴する2会場だからね。


そーれーかーらー。
名古屋ファイナルは鼻血席でした。
でしたけどなんとか鼻血は出ずにすみました。こらえました。
けどやはり、鼻血席は心臓によくない。
いたたまれないし、どうしていいのかわかんないし。
はぁ……。

あー……終わっちゃったんだねー。



ALFEE comments(2) trackbacks(0)
Comment








夏葉さん、お疲れさま〜!!
名古屋ファイナルはいつもすごい盛り上がりで、
感動的なことが多いですが、
今回はいつもにまして、すごかったです!
向こうもこっちもホント凄かったよね。
なんだろうね、いろいろ理由はあるかもしれないけど、
あっちゃんさんの言うようにセットリストのおかげもあると思います。
よかったらまた名古屋ファイナルに来て下さい(^^)
from. 泪 | 2011/06/29 13:57 |
ツアーやっと見れたよ\( ・ω・)//( ・ω・)\
あのアンコールは、自分がずっとこんなステージやってくれないかなーと願ってた物そのもの!!
やれば出来るぜ57歳!!(爆)
個人的にはここ十数年の中では一番いいツアーでした。
王子が「何処へ行ってもいつもより熱い」と言ってたけど、それは震災のせいばかりではなく、セットリストの組み方のストレートさじゃないですかねー。

そして何より、名古屋(ファイナル)のお客は凄かったー♪
さすがに80年代の80年代の全盛期とまではさすがにいかないけど、それに近いレベルの声と音の洪水&熱気と水蒸気と二酸化炭素の暑苦しさ♪
少なくとも、この20数年の中では最高レベルの観客だと思いましたよー。
通常からこのレベルの参加意識があれば、まだまだみんなで熱いライブ作れるよねー。
このツアー、いろいろ迷ったけど参加してホント良かったー
from. あっちゃん♪ | 2011/06/27 23:24 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/5656
Text:©2004 瀬戸際日記Neo.
<< NEW | TOP | OLD>>