大阪センスがたまりません。


大阪の地下鉄の駅で発見した『忘れ物撲滅委員会』じゃなくて『お忘れ物にご注意を』キャンペーンポスター。
うーん、おもろい。
こういうセンス、東京メトロもしくは都営地下鉄には、無い。

このテのもののお約束ということとて、いちいち細かいところまで凝っている。
たとえば監督は、和須 漣(わすれん)。
脚本は、木津 耕陽(きづこうよう)。
キャストに、沖 サリィ(おきさり)←「(新人)」と付いているあたりがニクイ。
そして、石木 翔(いしきしよう)。
あと、右上の隅が『日活』をもじって『皆活(みんなでやろうぜ)』というのも笑える。

このポスターがあまりにもわたしのツボだったので、ちょっと調べたらなんと、こういうレトロ調のシリーズで展開していることがわかった。ただ、平成21年度のものらしいのだが……??
ま、詳しくはコチラへ。
他のもいいよ、笑えるよ。

東京の『家でやろう』シリーズや『こんな人を見た』シリーズも悪かないけど、わたしをにんまりさせてくれるのは、やはり大阪のセンスなのであった。
広告ウヒョー comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/5742
©2004 瀬戸際日記Neo.
<< NEW | TOP | OLD>>