カメラを持ったギタリスト3.―同じものを見たい―


本日、行って参りました。
平日の夜、ということとてお客さんはわたしのほかには3〜4人という、鑑賞にはもってこいの環境でありましたので、じーっくりじっくり堪能しました。

石垣島の写真は、空にしろ海にしろ“青”がとにかく凄くて圧倒されました。
海の青は透明感、空の青は果てない感がとにかく
「ハンパねー」
深さと広さ。
きっと現地で見たらもっと凄いんだろうな、とおもいました。
この青のなかに身を置いてたら、たいていのことはどーでもよくならぁなぁ……。

そして半径1メートル、の作品群は前回同様にゆる〜い感じのショットが多くて、見ているうちににんまりと笑いがこみあげてきました。
あのシートプレートはどこの会場のものなのかな?
幸ちゃんはリハのとき、ああやって客席を歩いて撮影してるのねー、とおもうと、春からは客席に座るのも楽しくなりそう。

そしてそして。
今回も
「欲しい!」
とひと目ぼれした作品が。
しかも2作品。
でも両方とも前回購入したものよりサイズがでかいし、しかも片方はカラーだし、で、とてもとても手の出るお値段じゃあ、ござんせん。
サイズ縮小の相談にも応じます、という記述もありましたが、いやいやこの作品は最小でもこのサイズでないとアカンだろうよ、ということで泣く泣く諦めました。
その代わり、穴が開くほどじーーーっと見て、記憶に焼き付けてきましたよ。
わたしがあんまりにもその作品の前から動かないものだから、ギャラリーのおねいさんが寄って来て、一昨日来廊したときに色々話してくれた、と公式ブログに書かれていた、撮影の方法を教えてくれました。

そしてもうひとつのモノクロ作品。
こちらは鉄子的にたいへんに心揺さぶられる風景で、ここはわたしも撮りたい! という衝動が。
その写真に添えられた『書』には“三国港駅”とあり、無知なわたしは恥じ入りながらも、帰宅して調べたらとても素敵な駅だと判明!



あの眼鏡橋は国の登録有形文化財なのですね。
にしても、どこの会場の寄り道に、幸ちゃんはここに行ったのかな? 福井だから金沢公演のときかな?
素敵なところを知ってるなぁ〜。
よし、わたしもこのえちぜん鉄道に、絶対来年、乗りに行くのだ。そして幸ちゃんと同じアングルで、わたしも撮るぞ!!
これを2013年の目標に掲げますよ。
(路線塗りつぶしノートにも加筆てきるしね!)

ALFEE comments(3) trackbacks(0)
Comment








>tamiyさん

すみません、ひと足お先に行って来ました。
tamiyさんは石垣島ツアーに参加されたのですよね、だったら私よりずっとリアルに写真が迫ってくるとおもいます。
そのくらいきれいな作品たちでした。
仰るとおり、混雑が予想されますが、許される限り堪能してきてください。

越前(福井)へは、普通の旅行として行くつもり(お財布次第)なので、遠征は別モノです。
九州、友人を訪ねたいという目的もあるので、行きたいとおもっているのですが、勤務する会社がなんと5月決算という……。
休めるかどうか……がカギです。
でも行きたいーー!


>泪さん

毎度都内(または大阪)ばかりですみません。
わたしは少なくとも名古屋・仙台・札幌・福岡でも開催すればいいのに、といつもおもっています。

泪さん、沖縄に行かれたことあるんですね。
わたしは無いのです(ハブが怖い)。
でも石垣なら行きたいかも、と今回の写真を見ておもいました。
このカードに使われた写真、実物はA2サイズで、とても迫力があるのですが、値段も迫力がありましたよ。
from. 夏葉 | 2012/12/21 22:18 |
いいなぁ。私もこの写真展行きたい!
このポストカードの写真だけでもう感動しちゃうよね。
ほんと、綺麗すぎな景色。
沖縄は2回行ったけど、本島だけだから、石垣島に行きたいなぁ。
うんうん、私もこういう風景は大好きなので、欲しくなっちゃう気持ち、わかります。
それもできれば大きくね。小さくしたら意味がないものね(^^)
私もこのカード、ブログにアップしよっと。
from. 泪 | 2012/12/21 10:43 |
書写真展!行かれたのですね‥。

私も‥今週末!?行きます。(大賑わいでしょうね!)
ステキな作品がいっぱいだったのですね。ますますたのしみ!
私もしっかり!目に‥心に焼き付けて!来たいと
思います‥。

石垣島!本当に奇跡のお天気で‥
いろんな「青」を見せてくれましたからね!


来年はえちぜんの方へおでかけなのですか?
(アルモバでも‥福井のかに?のお店が出てましたよね?)


遠征しにくい‥日程ですが、九州へも‥どうぞ!
from. tamiy | 2012/12/20 21:28 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/5906
©2004 瀬戸際日記Neo.
<< NEW | TOP | OLD>>