似て非なる。
現在オンエア中の、某スマートフォンのCMは、見るたびに
「なんかヤだなぁ」
と感じさせられる。
コンセプトはその昔一世を風靡した『クリスマスエクスプレス』と同じなんだが、なぜか今回のCMには“イヤらしさ”がそこはかとなく漂っているようおもえてならない。
それが単にわたしが歳をとった所為、ならいいんだが(いいのか?)、あながちそれだけではないような気も、している。
なんだろう、あのCMに漂う“イヤらしさ”は。
昔と違って簡単に連絡が取れるくせに、という、やっぱ僻み根性なのだろうかのぅ。


ということでお口直しに。

駅の改札が自動でなく、発車時刻掲示板もデジタル表示でない時代。
電話は公衆電話、置き手紙の時代。
だからこそ、逢うことの大切さがあった時代(なんつって。やっぱ僻みの所為かしら)。

広告ウヒョー comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/6068
Text:©2004 瀬戸際日記Neo.
<< NEW | TOP | OLD>>