瀬戸際的東海道中膝栗毛。

(クリックすると大きくなります)


まずは第一回『日本橋→品川宿』を歩いてきました。
曇りのうえに風が冷たい、というイマイチな天候でしたが、まあ、そこそこ楽しいウォークでした。
ルートは上の地図に見える赤イランのとおり(ライン上に入っている短い横線と横線の間が約1kmです)。
つまるところここが『東海道』。遥か京まで続いているわけです。
その起点は今は【東京市道路元票】になってます。



さて、東海道沿いにはよく行く丸善書店も、アル中的に足を向けて眠れない【山野楽器】様もあります(ちなみにアイランドギャラリー】様は街道からほんの少し、奥に入ってます)。
次回、山野様へ行く折には、その場所のことをいま少し心で味わってみることと致しましょう。
あ。そういえば『ブラタモリ』で確か銀座(中央通り)の道幅は、江戸当時の街道幅を再現してある、と言っていた記憶があります。そのことも加味して。


今回のウォークは、途中寄り道をして、要所要所で解説など聴きながらというタイムスケジュールでしたので、4時間ほど要しましたが品川宿がゴールでした。
もしもこのウォークが、ただひたすら歩くだけのものであれば、もう少し先までは行けたかもしれません。と言っても川崎は無理でしょうが。
けれど、江戸時代の成人男性ならば夜明に日本橋を発ち、平塚くらいまでは一日で歩いたらしいです(女性でも保土ヶ谷あたりまでは行けたそうな)。ほんとに健脚だったのですね、凄いことです。


さて次回は品川宿から川崎宿までの行程。
距離がぐんと長くなります。
今回は筋肉痛は出なかったけど、次はどうかな〜〜(ドキドキ)。


おまけ。増上寺の桜と東京タワー。
walk×walk comments(2) trackbacks(0)
Comment








>タマちゃん

コメントありがとう! 元気ですか?

面白いツアーでしょ。
もし帰国するときにいい宿ウォークツアーがあれば参加できるよ。
これからのウォーク、都度ご報告申し上げまする。
from. 夏葉 | 2015/03/30 21:41 |
お久しぶりでございます。
なんて素敵な散策ツアー!(できることなら私も参加したい〜)
ロマンを感じますよね☆
そして、おまけの写真にもトキメキました!!
散策ツアーの続報を楽しみにしております (^o^)b
from. タマミ | 2015/03/25 09:15 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/6269
Text:©2004 瀬戸際日記Neo.
<< NEW | TOP | OLD>>