「いつもはこんなことないんです」。
残暑お見舞い申し上げます。

毎日毎日、アホのように暑いですが、皆様にはご健勝であらせられますか?
いくら先日の夏イベントの暑さを乗り越えたからって(特にグッズ販売待ちのとき)、お互いもういい歳なんだから重々気をつけて過ごしましょう。


とまあ、なんか歯切れ悪く書き出しておりますのですが、それには訳がありまして、今日この暑いさなかに、わたしが今年のはじめに体験したとある恥を、晒すことを致すからなのであります。
ええ『恥』です。
本来ならひた隠しにして、なんなら墓場まで持って行くのがまっとうな神経の持ち主な『恥』ですが、けども同時に、ここに読みに来てくださる方々には、絶対にわたしのようなメには遭ってほしくない、とも願っているので、今更ながらではありますが、暑気払いの意味も込めまして、赤っ恥を告白しようと決めたのであります。

題して。
瀬戸際版、です。

つーか、こうして笑いに昇華しないとあんまりにも情けない話なのでやってらんない、という心情をお察しくださいませ。

そんなワケで、このあとのわたしの『恥』に、いいよ、いいよ、暇だからつきあってやるよ、と仰る方のみ、お開きください。




さて今年のはじめ。
例の賢様還暦生誕祝祭コンサートで

チケット詐欺に遭いました。


のっけから核心を書きました。
はい、そうです、詐欺られました。

このことを、ごく親しい友人たちに告白したとき、かなりの率で
「アンタが?! 人間不信の塊のアンタが詐欺?!」
そう驚かれました。
と同時に
「よっぽど追いつめられていたんだねぇ」
同情されました。

確かに。
当時のわたしはとても焦っていました。
なんせ超×10ほどのプレミアムなライブのチケットです。
それなのに取れてない、のですから。
普段の人脈のなさが仇となり
「一枚あるってよー」
なんて幸運が舞い込むこともなく、高額オークションには嫌悪感があるのでもともと参加する気もない、ただひたすら、良心的な【譲ります】の書き込みを探し続ける、そんな日々でした。

そんなときです。
確か公演10日前くらいでしたか。
某チケット譲渡掲示板に、チケット代金+手数料だけで譲ります、というウソのように良心的な書き込みがあがったのは。
ま、結果ウソだったので、その内容がどんなものだったのかは今更書きません。
以下は、わたしが詐欺野郎と遣り取りするなかで
「怪しい・・・・・」
と感じた事例を挙げていきますので、これから先、チケット掲示板を利用してのチケット譲渡の際に参考にして頂ければ、とおもうのであります。


◆メールがフリーメールアドレス
 掲示板に書き込む際にフリーのアドレスを使うことはままありますが、
でも何度も遣り取りするなかではせめて携帯のアドレスくらいは教えるのが自然な流れ。
 なのにかたくなにフリーアドレスなままでした。
 この行為は危険度40%です。
 ご注意ください。
 

◆その掲示板の基本ルールを無視する
 わたしが見つけた掲示板では、基本ルールとして
『チケットの受け渡しは手渡しか、窓付き封筒の書留による送付を』
 と定めていました。
 しかし彼奴らは
『事情があって手渡しはできませんし、書留による送付もできません。ゆうメールのみです』
 みたいなことをいきなり書いてきました。
 こういう文言、危険度90%です。
 言いなりになってはいけません。


◆住所が怪しい
 最初の「譲ってください」メールでわたしは
「都内在住ですので、関東圏内なら直接受け取りできます」
 と書いて送信しました。
 そうしましたら、相手からは
「(本州以外の都市名)在住です」
 との返信があり、詳細な住所も記されていました。
 ここでまず、ちょっと変だなと体内で警戒警報が鳴りました。
 ので、その住所をグーグルマップでさがしてみました。 
 そしたら住宅街ではなく、さびれた繁華街を示しましたので
 今度はストリートビューで目視確認。
 そこにはマンションや一戸建てにはとうてい見えない、汚いビルの写真が。
 
 ここでやめときゃよかったんですよ、ホント。
 でも、わたしは一縷の望みにすがってしまったのですね。
 正常な精神でなかった証です。
 
 ということで、相手方の住所を検索するのは失礼でもなんでもないです。
 かならずやりましょう。
 そしてその住所の現状がどう見ても住宅でなかった場合は危険度95%です。
 

◆振込先銀行がネットバンキング
 しかも口座名が、遣り取りしている相手と別名。
 例:ハンドルネームがハナコで、メールでも「ハナコです」と名乗っているのに
 バンキング口座の名義は「タロウ」。
 どんな事情があるにせよ、きちんとした銀行口座を指定してこないのは危険度100%です。
 みなさんはここで冷静になりましょう。
 わたしはほんと、ここが引き返すラストチャンスだったですよ。
 体内警戒警報だってもう最強レベルで
「変だ、やめとけ」
 と訴えてるのに。 
 けど・・・・・・でした。


◆チケット画像の席番が隠されたまま送信される
 「譲ります」
 の連絡を受けて、いっとき舞い上がりましたが、さすがにすでにこのとき
 わたしの警戒警報は 少し鳴っていました。
 なので、最高に遜り気を遣いつつ、チケットの画像を見せて欲しいと頼みました。
 したら敵もさるもの。 
 どこで入手したかは知りませんが、ちゃんとした画像を送ってきました。
 ただ、変だったのは、席番と所有者名義(なんとイベンター発行のチケット画像でした)
 のところが隠されていること。
 これ、変ですよね。
 わたしに譲る、と決めてくれたならもう何も隠さなくてもいいはずなのですから。
 なのでこの行為も危険度50%。
 ただ、このときわたしが考えたことが、もしかしてわたしを転売野郎と疑っているのかも?
 というのと、席を見せたらドタキャンされるとおもわれてる? というものでした。
 正常な判断ができなくなってるともこんなふうに考えてしまうのです。
 なので、とにかく、どんな事情でもチケット譲渡時は冷静に! と申し上げたい。



以上のような危険要素ありありなのに、わたしはお金を奴らの口座に振り込んでしまいました。
しかも、住所などの個人情報も吸い上げられて。

みなさん、なんのかんの言いつつ、相手は怪しさ全開で交渉してきます。
決してうまく騙そう、なんて態度ではありません。気づかないお前が悪い、と言わんばかりなのです。
ですからわたしが申し上げられるのは、怪しいと感じたら、潔く諦めよう! ということ。
今回のような超プレミアムライブのチケットで、なんとしても行きたいという事情があろうとも、ほんのちょっとでも
「ん?」
と、体内で警報が鳴ったなら、引き返しましょう。
哀しい話ですが、ファンサイト以外のチケット掲示板でいまはもう“万が一”はありません。“奇跡の出会い”も消え失せました。良心的な人、などは絶滅したのだとおもいましょう。
正攻法で手を尽くして取れなかったチケットは、潔く諦めるしか、ないのです。
わたしはそれができなかったばかりに、こんなことになりました。
だからこそ、言います。
「わたしみたいに、ならないで! しくじらないで!」
と。
どうか、どうか、どうか気をつけてください。





しかしわたしはお金を振り込んでしまったその日に、警察へも行っていたのです、実は。
振込みしてるくせに相反する行動です。
が、もうわたしは詐欺に遭っていると覚悟したのです。
わたしは莫迦をやった、騙された。相手は善意のひとなどではなく、他人の足元を見て弱みに付け込み、まんまと金をせしめて行ったのだと、認めました。
なので警視庁のサイバー犯罪対策というところへ電話し、これこれこういう状況なので相談したい、ということを伝えました。
そうしたらすぐ来てください、と言われたので、会社帰りに立ち寄ったのです。
もうすっかり腹を括っていたので、詐欺野郎とのメールの遣り取り、事の発端となった掲示板の書き込みとそのIP情報などを全部用意して。


応対してくれたのはたぶん刑事さんだとおもいます(名刺をくれないから※)。
刑事モノで見るような取調室ではなく、なんか普通の会議室みたいなところでした(どうでもいい情報)。
その刑事さんは、わたしの話と、提示した資料を見てきっぱり
「典型的な詐欺ですね」
言い切り、そのすぐあとに
「しかし失礼ながら、これだけきちんと準備してここに来られた行動を見ていると、とても詐欺にひっかかるような方にはおもえません。どうして騙されてしまったんですか」
そんなようなことも言いました。
わたしはどう説明したらよいのかわからず
「すみません、いつもはこんなことないんです」
としか言えませんでした。
そのあとは、この詐欺の被害届を出すか否かの確認と、現状で警察ができることの説明がありました。
その説明のなかに、口座凍結があると言われたので、わたしは被害届は出しませんでしたが、それはお願いしました。
そうすれば、あの書き込みで騙されて、お金を振り込もうとしている人の被害だけは避けられると言われたからです。
きっと相手はいくつか口座を用意しているだろうけど、それでもわたしが振り込んだ口座への入金はこれ以降できなくなるので、お金を取られることだけはなくなる、と。
なのでお願いしました。
このことで、わたしのあとに被害に遭ったひとがひとりでも減ったことを信じたいです。



【補足】
※・・・知り合いの警察関係者に訊ねたところ、名刺を持った捜査員は課長クラス以上なのだそう。制服警官をはじめ巡査クラスの刑事は名刺を持たないらしいです。

・わたしが持って行った資料は、すべて警察へ提出しました。今後のためのデータとして入力されるそうです。
 (わたしの身分も登録されたことになります)

・ほとんど望み薄だが、別件で逮捕された犯人の余罪に、今回の詐欺があった場合はそのときには被害届を出してあげてくれ、と頼まれました。

・わたしが犯人側に出してしまった個人情報は、今後の詐欺に使われる可能性が高い、と言われました。その時はきちんと事情を話せばいいし、今回の話はデータ登録されるから、へんに警察から呼ばれることはないとも言われました。


トホホホホ comments(6) trackbacks(0)
Comment








皆様、コメントありがとうございました。

この「しくじり」に関しましては、これ以上も以下もないのでございますが、言い換えるのであれば、焦りや不安もじゅうぶんに“隙”になる、ということです。
こういった詐欺は、そんな隙をついてきます。
なので改めて皆様にも、くれぐれもお気をつけて、と申し上げたいです。

しくじっちゃだめだよ!!

from. 夏葉 | 2015/08/24 20:52 |
何かが起きると必ず被害者にも落ち度があったような説がささやかれますが、でもやっぱりどんな場合も何があったとしても、絶対に盗った方が騙したほうが100%悪い!そう思います。

けど「人間不信の」「詐欺にひっかかるようにはみえない」夏葉さんが、ひっかかったという、そんなファンがいてあの人達は幸せだなっても一瞬思ってしまいました。不謹慎ですみません。
from. juju | 2015/08/18 18:18 |
 ああ、ちょいと前にあったアレですかw

 拝見しまして、二段階目で、既に危険度が
90イッちゃってるのに……と思ったけど
『もしこの話がメガハウス・ネット限定アナザーアギトクリアーver.だったら……』って考えると、
そこら辺の書き込みより数段も、真に迫って
体感できて、恐ろしい事しきり……
 {{{(゚Д゚;)}}}

 詳しく書いて下さってありがとうございます。
 賢様絡みで嫌……というか、あり得ない体験を
された事は、ホントにもう言葉に書き様が無い程
お気の毒な事なのですが……

 せめて姐さんの件を忘れず、色々と行動したいと
思います。
 チケットに限らず、他のアイテムなんかでも。
 性格人格上、恐らく自分はもっと安直に
引っかかってしまうだろうし!!
 (T▽T;)


from. 澤 | 2015/08/15 13:34 |
これに関してあたしは・・・

夏葉さんにたいしてどうのこうの・・・という感情は全く湧き起こらず、むしろ、自分を責めてしまうし心痛めます。

ごめん・・・ね。
from. T's T | 2015/08/15 08:59 |
やはりそうだったんですね。
以前、ちらっと”詐欺にあった”と書かれていたので、
気になっていましたが、直接聞けずにいました。
"好きだからこそ"の過ち、気持ちわかります。
でも、振り込んだ日に警察に行くって…
驚きましたが、逆にそこまでして、やっと冷静になれたのかもしれませんね。
「どうして騙されてしまったか?」
好き過ぎて、1%の望みにもかけたかったから、としか言えないですよね。
恥ずかしい話をありがとうございます。
私も気をつけます!
from. 泪 | 2015/08/14 23:52 |
大変勉強になりました。
よもや、夏葉さんがこのような目にあわれたとは露知らず。

確かにあの時の熱は異常でしたが、自分は早い段階であきらめついていたので、時にはキッパリあきらめることも大事ですね。
from. mayoko | 2015/08/14 20:45 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/6346
<< NEW | TOP | OLD>>