『アイドル』が消えた日。

『アイドル』…idol(英)あこがれの的となる人


私の手元にあるK談社の国語辞典にはそうある。
が、本来の意味は“偶像”だったとおもう。
けどまあ、そんなことはどっちでもよい。
偶像だろうが、あこがれの的だろうが、とにかく『アイドル』とは、その類稀なる才能でもって、我々凡人に夢と希望とパワーを与えてくれる存在、なのであった。

昨夜までは。

昨夜我々が見たのは『アイドル』が、我々一般の“雇われ労働者”となんら変わりはないという現実を露呈した瞬間であった。
どんなに容姿がすぐれていようと才能にあふれていようと、タレントというものは芸能事務所のイチ社員なのだ。
だから雇う側のルールブックがすべてであり、それに逆らったらペナルティを喰らう。
その社会のあたりまえの図式を、見たのだ。
それがどれだけ理不尽だろうと“会社社会”とはそういうものなのだ。

でも、彼らはアイドルだった。
昔よりはるかに身近に感じるようになったけど、まぎれもなくアイドルだった。
だから我々は彼らに夢と希望を見て、元気になれた。
彼らが「あれから僕たちは何かを信じてこれたかな」と寄り添う歌を歌ってくれれば癒された。

なのに彼らが見せた昨夜の姿は。

我々はこれから、何に夢を見たらいいのだ。
何に希望を託せばいいのだ。
何に癒されればいいのだ。

このあとたとえば彼らが「仕事だから とりあえずがんばりましょう」と歌っても
「はぁーい」
とは言えない。
「仕事だから」
を、アイドルは他人事(ひとごと)として歌っていたから我々は
「ありがとー!」
と言えた。
しかしもう彼らの「仕事だから」はリアリティを持ちすぎてしまった。
我々は彼らの背後に事務所のどす黒い大きな影を見てしまう。
しかし影を背負う人間にあこがれる人はいない。
同情を寄せても。

我々は何に夢と希望を見出せばいいのだ、この先。
どう見守れというのだ。

誰か答えてくれ。


死霊のはらわたが煮えくりかえる comments(6) trackbacks(0)
Comment








>jujuさん

いやいや、そんなこと言ったらわたしだって卒ファンなんで。

今回の件に関しては、ファンよりもそうでないひとたちが多くコメントしているように見えます。
そのことも彼らの存在の意味を物語っている気がします。

でもやっぱりファンの皆さんがいちばんの味方でしょうね。
おもえばスマファンは、森君の脱退・引退から始まって、木村の結婚やら吾郎さん、剛の逮捕やらとたくさんの難局を乗り越えてきたわけで、みなさん強いですよね。
jujuさんがおっしゃるように、そんなファンがいる彼らも、きっと強いでしょう。
from. 夏葉 | 2016/01/22 21:05 |
私はSMAPのファンではないので、コメントする資格はないと思っていましたが、やっぱり一言だけ書かせて下さい。

あの日は全くテレビを付けず,次の日の新聞も開きもせずゴミ箱いきでした。さらし者になっているSMAPを見たくはありませんでした。
でも、もしこれがあの人達だったら、どんなにつらくてもすべて見届けたと思います。
そして何が発端だとしても、あんなことをやらせる事務所を絶対に許さない!
彼らは花街の花ではなく彼らを愛する人達のものであることを思い知らせて、そして彼らの笑顔を取り戻すためにはどんなことでもやる!

SMAPのファンも同じではないかと思います。
だから、SMAPはきっと大丈夫です。
from. juju | 2016/01/22 00:04 |
>澤さん

ありがとう。
澤さんが書いてくれた未来がほんとに訪れたらどんなにいいか。

でもよく考えたらわたし、ファン卒業してたんだよね(笑)
なのになんでこんなにショックなんだろう。
と、あとあと思いました。


>ハッカ飴さん

そう、そうんなですよ、絶望したのです。
そして戦慄したのです。
彼らをもってしても壊せないもの、に。
あの放送のあと、残ったのはただただ消化不良の不快感、でした。


>ゆきちゃん

強い、あなたは強い。
やっぱり現役ファンは逞しい。

彼らだけでなく、あなたのようなファンもひっくるめて、心から応援するから、どうか強いままでいてね!

from. 夏葉 | 2016/01/20 20:43 |
5人のSMAPを見守りたいと思ってます。
どんな状況にあっても。

今までにない『アイドル』を作ってきた人たちですよ。
また新しいアイドルの姿を見せてくれるかもしれない。

そう思わないとやってられない!

正直、事務所には失望しました。
黒い会社だとは思ってましたが、ここまでとは・・・真っ黒!!
ファンが離れたら思う壺なので、振り落とされません。

「仕事だから〜♪」とニヤっと笑うSMAPが見たいです。
from. ゆきこ | 2016/01/19 23:25 |
才能があって、節制して、努力して、結果を出している労働者が、あんな顔でお詫びをしなければならないことがあるという現実。
同じ労働者として絶望、恐怖する。
アイドルに救われている一人として、言葉にできない気持ちでいっぱいです。
from. ハッカ飴 | 2016/01/19 21:21 |
 お気持ちお察しします。
 澤はリアルでは見ていないのでナンなのですが、
澤の目から見ても、あの公開処刑はちょっと凄過ぎました。

 でもこれから先、いつかの時点で……
『あん時はどーなるか思ったよねーw』
『お前凄かったよね、裏切り者扱いでw』
『マジ殺そうかと思ったw』
『www』
『いやー、よくここまでこれましたよねーw』
 ……と言える日が来たら「過去の敗北」は
「大勝利への1布石」へと、速やかに差し代わりましょう。

 何より、敵は無数の内外に恨み辛みを呑ませ続けた、
本気本物の敵を多く抱えた真・後期高齢者の年寄り群です。
 家康と秀頼の件を持ち出す事も無く、彼らと皆さんが諦めず、
淀の様に短慮を起こさず好手を尽くせば、
逆転勝利は意外に近く転がり込んでくる……と澤は理解しています。

 先生も仰いました。
『自分に都合のいい様に、過去を作ろう。未来を変える事で!!』
って。

 強権力を挫き、自由を求める闘争が、
これからここから始まるんですから♪
 だから姐さん、ぼちぼち元気出して下さいね。
 ☆ΣO(>▽<)o


from. 澤 | 2016/01/19 15:58 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/6415
Text:©2004 瀬戸際日記Neo.
<< NEW | TOP | OLD>>