返ってきた暑中見舞い。
なにかとアンポンタンなわたしですが、つい先日も長年間違った解釈をこの曲にしていたことをおもい知り、がっくし凹んだところです。

もうちょっと説明すると、3日放送の【ミュージックフェア】でウチのおじ(ぃ)さんたちと直太郎君が『我が良き友よ』を歌っているのを初めて“ちゃんと”聴いて
「この暑中見舞いって、友からの返事じゃなかったんだ!」
ということに気づいた、てことです。

そうなんです。
わたしはそれまでこの歌を上っ面だけ聴いていたので
暑中見舞いが返ってきたのは 秋だった
のところを、大雑把な性格の友が、大幅に遅れて返事を寄越したんだと、おもってきたんです!
うきゃー、恥ずかしーーー アタ((ヽ(´Д`;ゞ=ヾ;´Д`)ノ))フタ!!

でも歌詞をちゃんと読めばそうじゃないことは一目瞭然。
おまえ今頃どの空の下で
だし
便りしたため探してみたけど
なのです。
だからこの暑中見舞いは、あちこちを転々として彷徨って結局
「宛所に尋ねあたりません」
で戻ってきた、わけなので、わたしみたいな勘違いのしようもないストーリーなのに、なんでわたしは・・・・・・。
ムッシュと拓郎さんに、平身低頭でお詫び申し上げたいきもちでいっぱいです。
ああ、情けなか。

みなさんにもこんなようなこと・・・・・・ないでしょうね・・・・・。

トホホホホ comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/6487
<< NEW | TOP | OLD>>