第4次マイブーム。
評価:
チェッカーズ,売野雅勇,Michael kenner,藤井郁弥,康珍化,秋元康,芹澤廣明,藤井尚之,CUTE BEAT CLUB BAND,THE CHECKERS FAM.,Micky Moody
ポニーキャニオン
¥ 2,958
(2003-03-05)

ほんとは4次かどうかは定かではないのだが、とにかく何度めかの「チェッカーズの歌聴きたい!」衝動に駆られている時期である。

懐かしいなあ。

ただ、久しぶりに聴くと「音」があんまりに現代のものと違うのでびっくりする。
どう表現したらいいのかわからないのだけど、おなじキャニオンレコードで同じ時期に出してたウチのおじぃたちの楽曲との違いが顕著でおもわず
「なんで? モノラル?」
首を傾げてしまったりする。
でも、しばらく聴いてると気にならなくなるのでまあよいのだが、でもいつも久しぶりに聴くと、特に『ギザギサハート』の音には
「うをぉう!」
となる。
あれはなんだろう。どなたか当時の音に詳しい方が居られたら教えてください。

でもってわたしが彼らのナンバーで好きだったのは
1.NEXT GENERATION
2.Free Way Lovers
3. Song for U.S.A.
4. Lonely Soldier

です。
そういやあわたしが唯一参加した“解散”コンサートも彼らのものだったなあ。

その他のエンタメ comments(2) trackbacks(0)
Comment








おはようございます(*^_^*)
SMAPのライブや阪神戦のほかに、チェッカーズ解散コンサートですか?まだまだ出てきそうですね♪
そのパワーが前のブログのように、想定外のことなのに一言で相手を黙らせてしまう頭の回転のよさを生むんですよね、きっと。
from. juju | 2016/09/20 08:40 |
>juju様

昔はいろいろ行ってましたね、確かに。
今ももっといろんなものを観に行きたいのですが、アルフィーにかけるお金が第一なので、ほかが蔑に・・・・・・。

juju様が仰る「一言で相手を〜」は、「ブス!」のおっさんのことでしょうか。
あれは年の功と申すものですかね。
もっと若いときに食らってたら言い返せなかったとおもいますよ。
from. 夏葉 | 2016/09/22 12:40 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/6530
<< NEW | TOP | OLD>>