去る者となる。
昨年の秋に人との別れが身に染みているというような趣旨の記事を書いたが、このたびはわたし自身が“去る側”に立った。
そしておもった。
「見送るより、見送られるほうが気が楽だ」

去るほうは、己の環境が変わることを覚悟している。
その状況を好んで選択したのか否かは別としても、これまで居た場所から去ったら、違う世界が待っていることは明白だから。
だが、見送る側は、いつもと同じ世界のはずなのに、でもこれまでとは“すこし違う”現実を受け入れ、それを日常にしていかなければならない。

去年のわたしは、そのことがとても苦しかったのだと気づいた。
こんなこと望んでなどいないのに、なぜこの環境の変化を受け入れねばならないのだと、ひどく怒り、そして恐怖していた。

それから半年近く経ち、今度はわたしが見送ってくれたひとにそんなおもいをさせているのだとおもうと、申し訳ないきもちになる。

それでもやっぱり、去る側を選んだ。
さあ、これから別の意味でのいばらの道が待っているぞ、わたし。
踏ん張れ。
- comments(3) trackbacks(0)
Comment








>juju様

なんと、juju様もわたしと同じ“去る者”になっていらしたとは!
奇遇も奇遇、こんなの滅多にないですよね。
お互い頑張りましたね、お疲れ様でした。
私も一部、どす黒い感情を抱いてますよ。
恨む、のではなく「憎む」ですが。
とにかくjuju様だけではありませんので、安心してください。

わたしは走ってるより寝ていたいナマケモノなのですが、おまんま喰わなきゃならんので、仕方なく走ってます。
春祭りで、一緒に乗り越えましょうね!

>T'sTさん

ありがとうさんです。
貴女がはやく『前向き』になりますように(笑
年末には一緒に安心して打ち上げできるよう、お互い頑張ろうぜぃ!
from. 夏葉 | 2017/03/22 17:44 |
お疲れさん!

  「『やる気』 と 『前向き』は違いますよね。
     気持ちが前を向いたら その時は辞めますよ」

そう、困った仕事先の、
一緒に仕事してるおばちゃんにぼそっと呟いたら・・・
意味が分からんらしい。
明らかに、アタシの中では心の持ちようが違うのに。(^^)(笑)
from. T’s T | 2017/03/19 09:02 |
私も昨日15年いた場所からさよならしました。
みんなからお花をもらい写真を撮り、「いなくなったら困る」「遊びにきてね」って言ってもらいましたが、
次の人が私と違うやり方をして回りもだんだんそれに慣れて、
寂しいですがきっと遊びにいっても私の居場所がないだろうとわかっています。
今けっこうずたずたぼろぼろですが、
私は走ってないと倒れる自転車タイプなので、はってでも走り続けていきたいです。
実は誰かをこんなに恨んだのは初めてです。
春ツアー宇都宮で、少しはきれいな心に戻れるでしょうか?
自分のことばかり書いてごめんなさい。
夏葉さんが川口で癒されることを願っています。
from. juju | 2017/03/18 22:17 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/6617
<< NEW | TOP | OLD>>