数が苦(すうがく)。
「よのなかには2種類の人間がいる」
という書き出しはどんな文章にも使える、と先日オリラジのあっちゃんが言うてたが、今回はその書き出しを拝借。

よのなかには2種類の人間がいて、これすなわち『理系』と『文系』であります。
(私的にはここに『体育会系』と『芸術系』も加えたいのだけど、本日は不要なので「理」と「文」のみで)
そしてわたしは完全なる『文系』でして、どのくらい『文』に偏っているかと申せば、今年の都立高校の入試問題に挑戦してみたら「国語」と「社会」はそこそこ点が取れたのに対して「数学」と「理科」は惨憺たる有様、というくらい。
(たとえばこんな具合なレーダーチャートに)
それでも理科はまだ生物や地学みたいな問題があったからまだマシだったけど、数学の悲惨なことといったらもう目も当てられないほど。
小・中ともにちゃんと卒業しているのだから、あんなことやこんなことも習ったはず、なのに、どうしてここまで覚えていないのでしょうか。
自身の脳に問い詰めたいです。

そもそも私は『数学』以前の『算数』で躓いているのです。
はい、あれですよ、悪名高き“分数の割り算”。
「なんで割る分数のほうをひっくり返すのさ!」
という疑問に誰も答えてくれないのと同時に、その理屈をどれだけ説明されても解らなくて(未だに解らない。ネットに出ている懇切丁寧な解説文読んでもダメ)、そこでもうお手上げ。
立派な「算数嫌い」の一丁上がり、でありました。
そしてそのまま歳をとり、もう「数学的」なこととは無縁で生きていけるだろう、と安堵していたわけなのですが。

・・・・・・いま、苦しめられております。
「五角形の内角の和」とか、図形の等分記号なんかが目の前に現れて、わたしを苛むのであります。
最近では【横に引かれたいっぽんの線に垂直線をコンパスを使って引く】という難題が立ちはだかり、途方に暮れました。
しかも
「小学生のときみなさんよくやったでしょう」
とか言われて、そんな記憶すらない私はフリーズするしかないのでした。

みなさんは覚えてますか? コレ(↓)
中心Oからコンパスで同じ寸法で(a)(b)を求め、(a)(b)のそれぞれの位置から中心までの寸法より大きな円弧を描き、それぞれの交点を結んだ点に線を引きます。

説明されれば理屈は解ったもののそれでもなお
「ほんとにこんなこと教わったかなぁ・・・・・・?」
という猜疑心が。
どこまでもダメダメなやつです(アル友さんに高校の数学の先生が居るので合わせる顔がない)。

とはいえ今後も「算数的」で「図学」なことに向き合わねばならない現実が待っているので、何度も何度もおさらいして、いまさらな知識を仕入れている日々であります。


トホホホホ comments(4) trackbacks(0)
Comment








>juju様

おおっ、juju様は「リケジョ」でいらっしゃるのですね!
「理」がからっきし、なわたしはそちらに強い方を尊敬致します。羨ましい。
でもわたしも「国語」のなかで、作者のきもちだの登場人物のきもちだのを設問にすることは善しと考えていません。
そんなものは書いた本人しかわからないし、ましてや登場人物の気持ちなんて、読んだ人の解釈でよいのです。
そういう類のものに正解・不正解を設定するのはなんか違うだろうと昔から感じていたし、今も変わっていません。
ゆえに私が得意なのは漢字の読み書きと慣用句などの用い方、言葉の意味など「日本語」に関する分野です。
辞書を読むのがすきだったのも関係していると思われますが、こちらもコツコツとした努力(?)と経験値でなんとかなるので、勉強ってやっぱり基本は“努力”なのでしょう。
「算数」に対して、わたしはその努力を著しく怠った結果が、この有様なのでした。
トホホホホ(>ω<、)。。
from. 夏葉 | 2017/03/25 13:53 |
私は夏葉さんと全く正反対のレーダーチャートになると思います。
国語ができる方がうらやましいです。
本を読むのは好きなほうで、
中学の時は、友達と好きな詩を暗唱しあうくらい文学少女(笑)だったのですが、
それと試験は別のようで、
主人公がその時どう思ったのか?なんでそう思ったのか?
なんていうのは、なぜかいつも私の考えと違います(笑)
数学は国語と違い、努力で何とかなりますよと
励ましたいのですが、私の思い込みですかねえ




from. juju | 2017/03/25 11:53 |
>とんぼさん

コメントありがとうございます!
加えて「数が苦」への共感もお寄せくださいり、嬉しいの二乗です。

とんぼさんも何か「数学」に関わるものの勉強中なのですね!
もしかして同じことかも??

そうでなくても、とんぼさんという同士が居るのがわかって心強いです。
わたしも頑張ります&とんぼさんが資格試験にパスするよう、念を送ります。
from. 夏葉 | 2017/03/24 22:18 |
ものすごくわかります。

実は私もこの1年、
苦手な数字を扱う資格の勉強をしているのですが、
もう…わからない原因が算数レベルでつらいです。
自分でがんばってみようと思ったことなので、
もう少しがんばってみようと思いますが
子供の頃の苦手意識はそう簡単には払拭できず…
お互いがんばりましょう(苦笑)

新しい世界への扉をひらいた先に
明るい未来がひろがっていますように^^
from. とんぼ | 2017/03/23 14:57 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/6619
<< NEW | TOP | OLD>>