無職花子の有閑なる平日。
チョコが欲しくなる「算学」的勉強を本日は自主休講とし、プー太郎の特権で以て平日の昼に春のうららの隅田川沿いの桜を観に行ってみましたよ。
午後から所により雨、というこの青空を見る限りにわかには信じがたい天気予報が出ておりますので、今のうちに。
まだ「満開」ではないようですが、でもじゅうぶんにきれいな風景です。
庶民に土手を踏み固めてもらう目的で桜を植えた八代将軍・吉宗公も、約300年経った未来でも人々が喜んで観賞しているなんて、想像もしなかったことでしょう。
いやまさに、春の心はのどけからまし。


ところで本日の朝日朝刊【折々のことば】欄では、きたやま先生のお言葉がとりあげられておりまするよ。

ここにある「友人に向けて作った歌」とは、どの曲なんでしょう?
なんにせよ、はやり鋭くよのなかを見ていらっしゃる。

昨日美容院でわたされたファッション雑誌(アラフォーミセス対象)には、SNSにアップすることを前提に行動するためのオシャレが特集されていて(つまり自撮りのショットをアップするという)その前提って、いったいなんなのだと呆れたところだったので、きたやま先生の含蓄あるひとことに、いたく感じ入ったのであります。
ほんとのところ、日本人は奥ゆかしくでしゃばらない、なんてぇのは虚像で、やたらに自己顕示欲が実は強いという国民性を持っていたことが、SNSというツールが発達したことで露呈したわけですよね。
いや、べつにそれは悪いことではないとおもいますが、あまりに「第三者」を意識し過ぎるのもどうなんだ、と、きたやま先生は感じていらっしゃるのでしょう。

折しもわたくし、今春祭りのペンライトと振付に関して、すきに踊ったらお目付け役気分の人たちにうるさいこと言われるのではなかろうかと懸念している最中だったので、ひとさまにぶつかったり視界を遮るなどの迷惑行為にならない限りは「第三者」をあまり意識せずにいこうと、おもいましてございますよ。


この朝日のプチコーナーは、わたしはとても気に入っていて、切り抜いて貼り付けられる専用のスクラップブック(売ってる)も用意してあるほどです。
特に降参したのは、このことば(↓)
なんという小学生姉。しかもはんなり京都弁。
わかっていても、そんなつもりはなくっても、これができない・できてないおとなは恥じ入るしかないのでありました。
おそるべし。
ありふれた日常 comments(2) trackbacks(0)
Comment








>juju様

雪月花、風流でいいですねぇ。
熱燗一本、てな按配でひとり静かに眺めたい景色です。
次回の美しい趣情の光景を心穏やかに見ることができるよう、お祈りしております。

ライブでは、これまでもすきに踊ってまいりましたが、急に「ひとさま」の目が気になってしまいました。
それだけやいのやいの言う人々が増えたと感じたと同時に、どこか“気にしぃ”な部分が出たのだとおもいます。
juju様の励ましもありますので、春祭りでは気の向くままに踊ろうとおもいます。
ありがとうございました。


from. 夏葉 | 2017/04/05 16:46 |
去年仙台では雪月花が見れました。寒いけどとてもきれいでした。
今度見れるのは何年先になるのやら、
その時自分は何をしてるのやら、です。

ライブでほかの人と違う振りをしている人を見つけると、
くぎ付けになってしまいます。
で、片手でなく両手を挙げるとか腕を上げる時の指先の形とか、
どきどきしながらちょっとだけ次の会場で真似してみます(笑)
夏葉さん、どうか好きな振りをしてください。
そういう人が増えると、楽しみが倍増します♪
from. juju | 2017/04/03 23:12 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/6625
<< NEW | TOP | OLD>>