ホントにフォントの話し。
かつて広告代理店の制作部で働いていたので、フォント(書体)は身近なものであり、それはデザインを生業としなくなった今でも、いろんなところで拘ってしまうものとなった。
そんな人間なので、昨夜の『マツコの知らない世界』は楽しく見たのであるが、このよから消えてしまいそうなフォントの中に、わたしが大好きだった【本蘭明朝】があって、ショックだった。
そうか、今では【本蘭明朝】って、使う人が居らんのか・・・・・・。
言われてみれば明朝体のロゴや見出しって、少なくなったかも・・・・・・。
わたしなんかはよく【本蘭明朝H】の「長4」でキャッチコピーを指定したもんだけどなぁ−と言っても、今の若いデザイナーにはなんのこっちゃようわからん、かもしらん。
今はなんでもデジタル処理できるから、フォントを “その道のプロ” に依頼して「打って」もらう、ということをしなくてもよいんだものな。
て、そもそも、今の説明文の意味すら、わからないのかもしらん。

えーとつまり、昔はね、フォントは【写植】というもので印刷していたのだよ。
で【写植】いうのは
「写真植字」の略。
活字を用いず、文字板からレンズを使って一字ずつ感光紙または
フィルムに印字して印刷版を作ること。
なのだ。
平仮名はもちろん、カタカナ、常用漢字がガラスの板に左右反転(鏡文字)でびっしりと文字が焼き付けられていて、それを専用の機械で写真のように印画紙に写して原稿に使うのだ。
なのでその機械を扱えるのは「写植オペレーター」と呼ばれた “その道のプロ” であり、デザイナーは、作りたいデザインにするためにフォントとサイズ、字間、行間を「文字指定」をする必要があったのだよ。
こんな文字見本を手元に置いて。
  ↓

(デザイナー時代のものをとっておいたのだが、こんなところで日の目をみるとは)

そんでもって文字の選択はデザイナーの好き・嫌いで決めていいわけで、おのずと好きでよく使うフォント、というのが出てくるわけだ。
わたしにとってそのひとつが【本蘭明朝H】だった、のである。
大きな文字サイズで極限まで長体をかけると、すごく上品で洗練されて見え、かつ力強さもあったので、見出しには最適におもえていたのだ。
雰囲気としてこんな感じ(↓)(【本蘭明朝H】とは細かい部分がぜんぜん違うけど)

なのでとても好きでよく使った。
それの存在が風前の灯だなんて・・・・・・おもわず遠い目になってしまうよ、よよよよ・・・・・・。

そういえば【本蘭明朝】とおなじくらい好きだった【新聞明朝】も見なくなってしまったが、こちらはもう絶滅したんだろうか・・・・・・。


いまだと圧倒的に人気なのは【メイリオ】だろうね。

どうでもいい話 comments(4) trackbacks(0)
Comment








>juju様

もう20年以上昔のことですよ。
それに私が勤めていた「代理店」は新聞広告がメインでしたから、映像媒体には関わっていませんでした(ブラック企業認定された超大手ではないです)。
なので「業界人」には程遠かったですよ。
誤解させてしまってすみません。
from. 夏葉 | 2017/05/14 16:18 |
実は今回の夏葉さんのブログは
内容より「かつて広告代理店の制作部で・・・」に反応してしまいました。
わおー業界人だーと(笑)。その頃お知り合いになりたかったです(笑)
from. juju | 2017/05/12 22:52 |
>juju様

わたしもそういうジャンルの話し、だいすきです!
おもしろいですよね、そういう世界。
from. 夏葉 | 2017/05/12 22:06 |
友達の間で、日常生活には何の足しにもならない誰も興味もない一生使わない、そんな事にへんに詳しいと言われいてる私は、こういうマニアックな話が大好きです!



from. juju | 2017/05/12 16:53 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/6642
<< NEW | TOP | OLD>>