チケット全部。−競馬場編−
前職に引き続き、今度の職場もJRAの施設が通勤路にある。
今日もぼんやりレースのポスターを眺めつつ、そうか、今度の日曜はダービーなんだなぁ、もう久しく観に行けてないなあ、とおもった。
だってさ、もうここんとこずっとダービーの日って、ウチのおじぃたちのNHK公演の日に重なるんだもの。
しかも開演時間が早くなったでしょ。
そりゃ行けませんわよ。
以前は、土曜の公演後に打ち上げやって夜更かししたのに、翌日ダービー観戦に行って、で、急いでNHKホールまで戻ってきたこともあったけど、もう、無理! なのよ、年齢的に(泣)。
いまおもうと、よくあんな無茶苦茶なスケジュールなことをやってたとおもうよ。

ということで、そんな若さの証しをここに並べてみたぜ!
(知らない人も多いかも、だけど、G1レースのときは、こういうチケットが前売りされるのだ)
最初は1998年。
それまでテレビでしか観てなかったんだが、イメージキャラクターが木村だったから、スマファン(当時)としては行かねばならんだろうと、鼻息荒く現地デビューしたのだ※。
したら、武がスペシャルウィークで初めてダービージョッキーになったというメモリアルなレースになった。
けど、わたしは木村よりも武よりも、6月の府中競馬場の芝があんまりにきれいなことに感動していた。
その美しさを見たくて、そのあと何度も足を運んだようなもんだ。

ちなみに左側のいちばん手前、2005年のチケットの時は、中居がイメージキャラクターで、あのディープインパクトがぶっちぎりで勝った年。
単勝のオッズ1.1倍てのもすごかったけど、競馬場の混雑ぶりもものすごかった(その中には多くの中居班も居たのだが)。たぶんあれ以上混んでる競馬場は経験してないとおもう。

それと、右側のチケットの上から2枚目。
このときはウォッカ(牝馬)が勝った年。歴史的瞬間に立ち会えたことにもうコーフンしまくって、そのテンションのままNHKホールに戻って、アル友さんたちにまで
「女の子がダービー馬になった!」
と、力説しちゃった(あの時はごめんよ)。

でもこうして振り返ると、3度もプレミアムなレースをこの目で見ていることに、我ながら感心してしまう。
ゆっくり寝てたいのを頑張って起きて、都内のファーイーストからファーウエストまで、えっちらおっちら行った甲斐があったというものさね。

さて、今年も現地には行けないから、渋谷のウィンズあたりでモニター観戦しようかな。


おまけ。
その他のG1レースのチケット(基本、G1しか観に行かない)



※JRAのイメージキャラクターになると、ダービーのプレゼンターとして競馬場に来るのだ。だから行った。
個人的にはウチのおじぃたちに年間イメージソングを歌ってもらって、G1のプレゼンターになってもらいたいのだが、G1レースの開催って、ぜったい春秋ツアー中だから、無理なんだよね(マラソングも歌ってるし)。
HR comments(2) trackbacks(0)
Comment








>juju様

趣味、というより、遊び好き? なのですよ。
あと、好きなものは何でも一度は現地(ライブ)で見たい! ライブがいちばん! というのが信条なので、とりあえずは行ってみるのです。
野球も競馬も、現地の空気は格別でしたので、リピートしてしまったのですね。

ところで野球というと・・・・・
juju様、楽天チアダンススクール、いいじゃないですか!
わたし、踊るのは好きなのにリズム音痴という致命的欠陥があるのですが、習えるなら習いたいです、ダンス。
それがしかも贔屓球団の応援のダンス、なら一層燃えますよ!
カンレキーズの公式振付とはまた違うでしょうから、問い合わせるだけでもしてみては?

わたしもNHK2日目行きます(熱はどうですか? あまり酷かったらやはり無理しないでくださいね)。
1階の真ん中近辺に居ますよ。
賢さまの行動にいちいち挙動不審な大女が居たら、それがわたしです。
from. 夏葉 | 2017/05/28 11:29 |
夏葉さんの趣味の広さには感心します!
これからもいろいろ出てくるのでしょうか?
年齢的にだめかどうかやってみたらいかがですか?
案外いけるかもしれませんよ!

そういう私も楽天球団のチアダンススクールに入ろうと(50代でもOKだそうです)真剣に考えているくらいダンスが好きなんですが、
今回のカンレキーズのダンスで自信をなくしました。
覚えるのに時間がかかる・覚えてもすぐ忘れる、これってやっぱり年齢的なものでしょうか(笑)

昨日から熱があるんですが、解熱剤飲んでこれから新幹線のります。
友達から無理しないでねとメールきましたが、
今無理しないで、いつ無理するんだって感じです(笑)


from. juju | 2017/05/27 11:21 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/6657
©2004 瀬戸際日記Neo.
<< NEW | TOP | OLD>>