アル中たちのいるところ。−2017 春のNHKで「きゃー」を見た−


いわゆる “歓声” を文字にするとき
「キャーキャー」
と書くわけですが、あれは本当に
「きゃー」
と発音してる人よりも、言葉になってない高い声をあげてる人のほうが多いとおもっていたのです。

昨日までは。

そう、昨日のNHKホールに於いて、わたしはほんとうに、マンガの効果音文字
こんなふうな「きゃー」を目の当たりにして、たいへん楽しかったです。

席の位置で言うたら、センセイの前(上手)の皆様が、まさに “字に書いたような” 「きゃー」という歓声をあげてらしたのですが、あのリアクションの良さは、きっとメンバー(特にセンセイ)は嬉しかったはず!
わたしもそんな席がまわってきたら、意識して
「きゃー」
と叫んで盛り上げたいです!
たとえそれが賢さまに『オレンジがかった声』と言われようとも!←しつこい。

と。
そんな感じの盛り上がりのNHK初日ですから、もうこれ以上書かずとも会場のボルテージの高さはおわかりかと存じます。
特に某曲では、ちょっとしたアクシデント(?)から、我々客席側が合唱する、という若かりし頃にはよく遭遇した現象が久々に発生して、とても懐かしい、きゅんとするきもちになりました。
ああいう自然な一致団結(?)ができるのに、なんで最近は・・・・・とか言いたくなるくらい、すてきな瞬間でした。

それと、別の某曲。
これが妙に響いてきました。
白状すると、私的「あなたのことはそれほど」な歌のほうにカテゴライズされてしまう1曲なのですが、それがこんなにずしんとくるなんて、どうして? と感じ入ってしまったので、公演後の呑みの席で吐露してみたら、なんと仲間たちも同じ感じ方をしていた! ことに喜びを感じました。
で、そこでさらに意見の一致をみたのは、今のこのきなくさい世情背景があるからだろう、ということ。
きっと、どんより重くて沈む汚泥のような危機感に足をとられているから、あの歌に打たれたのだろう、と納得しあいました。
そういう共感も確認できるから、公演後の飲み会って、いいんです!


さて、本日2日目。
開演時間早いよ、と忘れずに神宮の杜の脇まで参ります。





さっき「自然な一致団結(?)ができるのに」て書いたけど、ほんとにここんとこへんなことで諍うファンの構図が悲しい。
特にカンレキーズの賛否については、目も覆いたくなるような拒否反応になにもそこまで、と言いたくなること多々であったわけで、残念さこのうえない。

わたしは公式振付は踊ってない(覚えてない)し、ペンライトは1本しか買ってないけど、でもカンレキーズは楽しい。
つか、そもそもカンレキーズとALFEEを “別物” と捉えてないので
「違うもの!」
と主張する方々の言い分は、申し訳ないがどうしたって解らない。

正しい喩えかどうかはわからんが、わたしはいちごが大好きなので、味の良しあしはべつとして「とちおとめ」であろうが「とよのか」であろうが「あきひめ」であろうが、いちごはいちごなので、美味しそうなやつを選んで買う。
そこを
「いちごはとちおとめだけ! とよのかは違う! いちごの棚に並べないで!」
と言われても・・・・・・てな感じ? (伝わるか?)

で。
厳しいこと言わせてもらえば、そういう「カンレキーズアレルギー(略して還暦症)」な方は、アレルゲンを取りこまない、という自衛をするしかないんじゃないのか? 
花粉症にしろ、食物アレルギーにしろ、そういう過剰抗体を持ってしまった人は、細心の注意をはらい、最善の処方で以て、とにかく要因物質を避けて生活するのが定石なのだ。
でないと冗談でなく、命にかかわるから(アナフィラキシーショックという言葉を聞いたことはおありだろう)。
だからアレルギーを持ってるのをわかってるのに、なんの対策もせず、その要因のなかに身を投じるのって、自殺行為と言われても仕方ない。

でも還暦症の方々は、そこにアレルゲンがあるとわかっていて来て、そして発症して、くしゃみ(文句)、鼻水(罵詈)を周囲にまき散らしたりしている。
なにがしたいのか、とおもう。
「わたし(たち)だけが不快なのは気に入らないから、楽しんでる奴らの気をそいでやろう」
とおもっているのだろうか。
だとしたら迷惑千万なだけで、マジで最終兵器科白
「じゃあ来るな」
と言うことで抵抗することになってしまう。
そしてまた要らぬいざこざに・・・・・・。

不毛である。

なのでやっぱり還暦症の皆様におかれては、きちんとアレルゲンを取り込まない対策を講じて頂きたい。


これはつぶやき界隈で多数を占める「ネタバレするな」の方々にも言える。
わたしも発信する側のマナーとして、基本的にネタバレは避けようと思っている(が、時々ポロリしてしまう)。ので「ネタバレしないで」と訴える皆さんの心情は大いに理解できるし、共感はしている。

だがあのツールは、いつでも・どこでも・誰もが、勝手に好きなことを投稿できるツールであることを承知でアカウント取ったのであれば、それは無理なことであろう、ともおもっている。
特に自身が「ツイッターは回転寿司みたいなもので、好きなものを好きな人がとればいいだけ」的なつぶやきを賛同RTしていたくせに「ネタバレしたけりゃ鍵かけろ」とか言い出すダブルスタンダードには失笑を禁じ得ない。
いまいちど、自身が使っているツールの基本原理を思い返して、そのうえでじゃあどうしたらネタバレに遭遇しないで済むか、を考えたほうがよっぽど建設的であろうよ。


ALFEE comments(4) trackbacks(0)
Comment








>そよ風様

あ、すみません。
わたしの書き方がへたっぴでした。
27日の「きゃー」は、高見沢さんのとある行動に対して、前列の皆様が「きゃー」と歓声をあげていたのです。
残念ながら(?)賢さまがすてきなことをなさったわけではなかったのです。
わたしが「黄色い声」のときに「オレンジがかった」と書いてしまうのは、以前、わたしが賢さまにかけた声が思いのほかホールに響いてしまったことがありまして。
その時坂さんが
「ほら、黄色い声もあがってるし」
と言ってくれたのに、賢さまときたら
「若干オレンジがかってるけどな」
なんて仰ったものですから。
賢さま一流のイジリだとわかってはいても、ちょっと Σ(~□~;) だったものですから・・・・・・。

「還暦症」の件にご理解ありがとうございます。
あちら側の方にはあちら側なりのこだわりなどがあるのでしょうが、やはり楽しんでいるひとたちにまでネガティブな気持ちを伝播させることは控えて欲しいと思いましたもので・・・・・・。

おかげさまで2日目も大変に楽しい夜になりました。


>とんぼさん

共感ありがとうございます。
「ネタバレ」は本当に難しいし、微妙な案件ですよね。
書いちゃってる人に悪気はないと思うんですよ。
でも、悪気がなけりゃ何してもいい、わけではないですし。
ただひとつ、SNSやってない外側から見ててわかっているのは、片方が
「×××するな(または鍵かけろ)」
と言いだすから、言われたほうも
「じゃあやるな(または見るな)」
そう言い返すんですよね。
だから「ネタバレするな」と言うほうは、もうちっと考えて言い方変えたらいいのに、と思います。

「還暦症」の方も同じです。
「やらないでほしい」
なんて言うから、楽しんでる側からしたら
「なぜ楽しんでる側ものモノを奪うんだ」
となるわけで。
とんぼさんが書かれた
>自分が思い描いている世界と異なるものは
>見える聞こえる範囲からすべて排除したい
というのはまさに的確かと(政治家のトップからしてそうですもんね)。
「還暦症」の方たちも同じですね。

でも、わたしは昔のラジオを聴けなかったので、メンバー自身がネタバレしてたなんて知りませんでした。
ほんと、おおらかだったんですね。
それくらいのほうがいいなあ〜。

>久遠様

お褒めの言葉、ありがとうございます。
照れます。

福岡も「きゃー」だったのですね?
あれはきっと、ほんとに「きゃー」と言えば出るんじゃないかと思ってます。
もしかしたらかなけんが「きゃー」と言える席に近いかも、なので、ちょっと挑戦してみます。



from. 夏葉 | 2017/05/29 20:51 |
夏葉さんの書き込みは読んでいて楽しいです(´∇`)
NHKホールでも黄色い悲鳴だったのですね(*≧∀≦*)福岡でもそうでした(笑)
皆さんどうやったら声が出るんだろうと尊敬の眼差しで観ています(^_^)
今回ではありませんがセンセイが黄色い悲鳴の後で照れているところをみると微笑ましく思います♪ヽ(´▽`)/
from. 久遠 | 2017/05/29 19:24 |
つづきを読むからの流れは同感です。

世界中の人が見ているからこそ、
こんなおもしろいライブをやっている
ステキなグループがいるんだぜぃ と
世界に向かってつぶやきたいのに
ネタバレという高い壁に阻まれて
漠然とした感想にとどまってしまう
毎回ジレンマとの戦いです(結構不毛・笑)。

今回のツアー内容に関する貴重なご意見(爆)も、
自分が思い描いている世界と異なるものは
見える聞こえる範囲からすべて排除したい
という 根っこは同じような気がします。
この論理、ちょっと乱暴ですかねぇ(苦笑)

どういう理由でSNSをやっているかという
個々の考え方の違いもあると思うのですが、
むかーしのラジオの音源を聞いてると、
本人がネタバレばんばん言っていて(笑)
おおらかなあの頃はどうしてたっけ?と
ふと思ったのでした。長文失礼しました^^;
from. とんぼ | 2017/05/29 10:36 |
こんにちは

桜井さんの“きゃー”な出来事は何かは分からないけれど
素敵な奇声事なんでしょうね

カンレキーズの事は私も不思議でなりません
なんで、あそこまで拒絶反応がでるのやら
某所でも否定的意見が続いていたのを見ると悲しくなりました
私も夏葉さんのいちご例えではないですが
同じような事を思っていました
元はご飯
定食として白ご飯におかずを添えて食べたい人もいれば
丼として具を乗っけて味わいたい人もいる
とかね
元は一緒で味付けや盛り付けなんかが違うだけなのに
なんであそこまでと…

悲しくなりますよね


今晩も素敵な夜になりますように
遠い空の下から願っております
from. そよ風 | 2017/05/28 15:19 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/6658
Text:©2004 瀬戸際日記Neo.
<< NEW | TOP | OLD>>