哀悼。


女性で、がっつりした歴史小説を書く作家さん、というとこの杉本さんと永井路子さん、がわたしのなかでは双璧なので、とても残念である。

でも、正直に申せば読みやすいのは断然、永井さんだった。
なんせ杉本さんの文体はとにかく硬くて、格調高い言い回しや、日常あまり聞かない言葉がたくさん散りばめられていて、すらすら読める、というのにはとても遠かったから。
あと『散華』のときにとてもショックだったのが、わたしが敬愛する清少納言をボロクソに貶めて書かれたこと。
紫式部の生涯を書いた作品だから−にしたって、ここまで酷く書かなくてもいいじゃん、なんだ、杉本さんも式部派なのか、そっかぁ、と、がっくりきたことを未だに根に持っているほど、悲しかった(永井さんが書いてくれた少納言がそこそこ良いキャラだったから対比してしまって余計に)。

それでも読み応えは、とてもあった。
気軽にページがめくれないぶん、読み終わると、大きな仕事を成し遂げたようなきもちになった。
そして、アタマに刻み付けられたフレーズが、時折ふいに浮かんだりするようにもなった。
そんな作品を書いてくれたことを、心から感謝したい。
ありがとうございました。
ちなみにわたしがいちばんすきな作品は『天智帝をめぐる七人』でした。






時事刻々刻々 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/6663
Text:©2004 瀬戸際日記Neo.
<< NEW | TOP | OLD>>