スマホ・タブレットでご覧の方は
「PC版」表示にてお願いします
                               
高嶺の・・・。

宝くじでも当たらないかぎり乗ることはできないだろうけど、車両は見たいなあ。
年末に大阪行ったとき、ホームに停まってないかな。
初代トワイライトの車両は毎年見られたからちょっと期待(でも最近撮り鉄のマナーの悪さの所為で、乗らない人は近寄れなかったりするから一抹の不安もある)。

けどこの列車の顏見ると、なぜかウチのおじぃたちの『JOURNEY』を連想してしまう。
似てないのに。

評価:
THE ALFEE,高見沢俊彦
ポニーキャニオン
¥ 6,695
(1992-04-29)

鉄子の道 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/6670
Text:©2004 瀬戸際日記Neo.
<< NEW | TOP | OLD>>