美しい国。
いやな言葉が乱れ飛ぶ。

「プロ市民」
「当たり屋」

ほんとに醜い言葉だ。

そしてこう言うひとも居る。

「やり方が悪い」
「ほかに方法はなかったのか」

これならまだ、わかる。

だが、それは結局はこういうことにつながる。
「障害者は健常者の機嫌を損ねないように」
「女性は男性の機嫌を損ねないように」
「有色人種は白人の機嫌を損ねないように」
「市民は為政者の機嫌を損ねないように」しないと、活動は支持されないよ
(という人がいる)
id:cinefuk
(はてなブックマークコメントより引用)


問題の本質は違うところにあるのに、へんなふうな方向に向いている。











死霊のはらわたが呆れかえる comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/6676
Text:©2004 瀬戸際日記Neo.
<< NEW | TOP | OLD>>