おばちゃんだからお菓子を配ってみる。

以前、お菓子の遣り取りという謎の儀式について書いたが、今度の夏祭りで、わたしもその儀式を執り行ってみようとおもう。
自身でやってみれば、その心情が理解できるのではなかろうか、というのが動機である。

ただ、わたしはみなさんのように、かわいい小袋にメーカーや種類の違うお菓子をあれこれ詰め込むということはしないで、豪華一点主義! でいくつもりである(本当に豪華か否かは意見の割れるところだろう)。
ということで、初日一緒に騒ぐ友よ、受け取ってくれたまへ。



ありふれた日常 comments(2) trackbacks(0)
Comment








>juju様

おかげさまで仲間には好評でした。
そしてわたし自身も食べてみました。
なかなか美味しかったです。

祭りの日は、jujuさまからお預かりした魂の分まで盛りあがったつもりです。
少しは届きましたでしょうか。
from. 夏葉 | 2017/07/31 21:40 |
なんかすごい高級品ぽいですね。もらった人は絶対うれしいですよ!
ライブでのお菓子の儀式には出会ったことがないのですが、
バレンタインの友チョコみたいなものでしょうか?

夏イベお留守番の私は、悔し紛れにここ毎日去年の夏イベのDVDを見ています。
それで、やっぱりalfeeはいいなあ!最高だと叫んでしまいます。
どうして三人の姿を見ているだけでこんなに幸せな気分になれるのか、全然わからないのですが、
もう何でもいいです、ほんと。



from. juju | 2017/07/26 01:27 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/6691
<< NEW | TOP | OLD>>