コロコロ。
キャリーバッグのことである。

住んでいる街が観光地化したのと、日常乗車の地下鉄路線の両端(始発・終点)が、羽田・成田空港である関係で、とにかく駅と車内がこのコロコロ−ていうかもう “ゴロゴロ” 。異様なデカさで、なにか物騒なものでも運んでんじゃねーのかと勘ぐりたくなるほど大きいヤツ−に占拠されていて、邪魔で邪魔で仕方ない。
なんであんなデカいものをグループ全員が引きずってるんだ! しかも朝夕のラッシュ時に!!
よく満員電車ではベビーカーが邪魔もの扱いされるけど、あのゴロゴロの団体に比べたら、ベビーカーなんてちっとも邪魔じゃないよ! そのくらいあのデカブツは迷惑なのだ。

なのでわたしはコロコロを使わないぞ! と15年以上前に決心してからずーっと、使わずにきたわけだが。
先日の夏祭りの荷物の配送でちょっと残念なめに遭ってしまったので、やっぱり鍵がかけられて、硬い素材のスーツケースタイプにしないとあかんなぁ、と考えを改めはじめた。

とはいえそれでもコロコロするのにはなかなか抵抗があって、悪あがきでなんとかキャスターの付いてないものが売っていないか、ずっと探していたのだが、なかなか好み・いいものがない。
よの主流は『コロコロ』仕様なのだ。

うーむ。
うーむ、うーむ。
うーむ、うーむ、うーむ。

唸るだけ唸ってわたしがおもいついたのは、買うのはキャスター付きにするとしても、使う時にキャスターをはずしてしまってふつうの旅行鞄のように手で持って運べばいいのでは? ということ。
そしたら道が開ける!

だったらおもいきりこのみのものを買ってやろうとおもう。
わたしが欲しいのはキャンディが持ってたようなトランクタイプ(↓)。
情報センター出版局『キャンディ・キャンディボックス−なつかしいポニーの丘から−』より
ISBN4-7958-2242-5 著:近藤恵/川上千恵子 1996年10月14日 第一刷


そこそこの重量があるだろうけど、かまうもんか、どうせ宅配にするんだから。
調べたら、たくさん種類があって、そのどれもが可愛くてたまらず、目移りしまくりである。
なんか急に楽しくなってしまった。

わたしにはそういう少女趣味な部分がまだたんまり残っておるのだ。
萌えカスだけれどもね。

どうでもいい話 comments(3) trackbacks(0)
Comment








>そよ風様

観光客のコロコロ持ち、こちらでも迷惑ですよ。
コインロッカーが足らないのか、入らないのか知りませんが、本人は転がしてて楽なんでしょうが、人混みであれをやってるのが多数いるのでたいへんです。
観光地の事務所で手荷物預かり、なども考えていかないとダメでしょうね。

アンのかばん。
がまぐちタイプのボストンですか?
もしそれなら、一時期はそれを使ってました。
使いやすくて好きでしたが、がまぐちの留め金が壊れやすくて・・・・・・。
それで諦めました。
from. 夏葉 | 2017/08/06 15:20 |
忘れてました

ちなみに私は、世界名作劇場での
赤毛のアンでアンがグリーンゲイブルズにやってくる時に持っていたカバンが欲しいと思ってました
from. そよ風 | 2017/08/05 19:14 |
関西のニュースの迷惑ごとコーナーで
旅行者のコロコロ、路線バス移動で地元の人たちが迷惑しているってのをこの前していました。
なんちゃらコンシェルジュの人が預かり所の利用を勧めても聞く耳持たない人もいるのだとか
私も荷物はホテルに先に送っておく派で身軽移動なので
迷惑行為だなと思いながら見ていました
街が活性化していくことは良いことなんだけど
問題が後から出てきたりしますよね
色々なマナー問題が


お気に入りの鞄見つかると良いですね!
from. そよ風 | 2017/08/05 12:54 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/6697
<< NEW | TOP | OLD>>