聖地感傷旅行。
今年の夏祭りの最後の最後。
あの曲を歌われてしまったばっかりに、ココロはすっかり30年前に引き戻され、これは日本平に行かないことには治まりそうにないぜよ、とおもっていたところ、そういや夏休みと称して地元・静岡に帰る予定があったじゃないか、だったらその時に行って来よう! 折しも8月だし! という経緯での昨日の聖地巡礼でした。
残念ながら富士山は姿を現してくれなかったけれどもお天気に恵まれて、ハタから見たら「キモっ」と言われるであろうくらい、おもいでに浸りまくって参りましたとも。
あー、ココロの洗濯できたー。

というこで、昨日あげた記事の写真はガラケー撮影のものだったので、今日はデジイチで撮ったやつを出しますですよ。
あまりたくさんは撮ってないのですが、昨日のよりは少しでもきれいに見えたらいいなという意図でありんす。
ではどーぞ。


眼下の清水港(しみずみなと)の街並みと、夏の空。

ぼーっと眺めてると、きもちが落ち着きまするなぁ。
暑いけど。


ホテルがすげースタイリッシュになってて驚いたのなんの。
どーしたんだ、日本平ホテル。



あと、昨日は手形のモニュメントを全体像しかのせなかったから、メンバー各自の手のアップね。
まず賢さま。

んで幸ちゃん。

そいでもってセンセイ。


それから30年前、この広大な敷地はこう呼ばれてましたよ、ていうプレート。
(今では誰も呼んでないだろうけど)

このサイン、だれが彫ったのかしら。賢さまかな? 幸ちゃんかな?(センセイではあるまい)


若かりし頃のおじぃたちが植えた楓も、もうこんなに立派に育ってますよ。



どうでもいいけど記念樹のプレートにバッタが居った。

ALFEE comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/6714
<< NEW | TOP | OLD>>