10年後も未完の大作。
初日だけど行ってきた―!

10年前の展示会とどう違うかと言ったら、今回はホントに純粋に『原画展』。看板に偽りなし、の原画がずらーーっと並んでる展示会です。
しかも連載初回のファーストシーンのカラー原画をはじめ、カラーの表紙・2色原稿はもちろん、名場面ともいえるページの原画も惜しげもなく! 放出されてます!!(白泉社と朝日新聞、よくがんばった! ありがとう!!)
なのでついつい原稿とはいえ、真剣に “読んで” しまうのでした。
なんたってあのシーンもこのシーンも
「うほほほーい」
なところばかりなんだもの!!

にしても改めて美内先生の画面構成力の素晴らしさと、見せ方と効果線の見事さには惚れ惚れします。
おおげさなほどの俯瞰や仰視のアングル、意味もなくそこにあるバラ1輪、遠近法を無視したバストショットと遠景の組み合わせ等々・・・よくよく見るとヘンだけど、ワンシーンとしての『見せ方』は圧倒的なのです。
さすが『少女漫画の描き方の基本のキ』を開拓してきただけのことはある、とひれ伏して拝みたいきもちになったりして。

そんな崇拝感すら覚えつつ、じっくり見ていたらあっという間に1時間以上過ぎてました。


さて。
わたしは通常展示会に行ってもおみやはほとんど買わないのですが、今回は!
なんたってオリジナルグッズがおもしろいものばっかりで、これが買わずにおれようか、という勢いに負けてしまったのです。
左上から反時計回りで
・その名も「泥まんじゅう」というクランチチョコレート
・名場面ふきだしメモパッドブック
・チケットファイル
・ダイカットポストカード
他にもたーくさん販売されていますが、お財布と相談した結果、この4点を厳選購入(笑。


泥まんじゅうチョコレートを食べるときにはやはり
「おらぁ、トキだ・・・!」
と言いながら食べるべし。



名場面ポストカードも数種類あったのに、なぜわたしはこれを選ぶのか・・・。
「おそろしい子!」以外に何を書きこめようか。そしてそれを誰宛に出せというのか。


しかもこのシーン、名場面ふきだしメモパッドにもある。
わたしゃどんだけこのシーンがすきやねん?




そして今回の展示会期間中には、特別エリアとして【喫茶 月影】がオープンしてます。
知る人ぞ知る名店、て雰囲気・・・。

でもメニューはこれだけなのだ(苦笑)

わたしは「白目! プリンパフェ」のマヤ(いちご味)をオーダー。
わははは、白目だ白目だ(マヤが乙部のりえの罠にはまって芸能界干されてる時に出た舞台で、のりえのまわしものたちが聞こえよがしにイヤミ言ったせいで、マヤの仮面が割れちゃうシーンね)。
これをこんな感じで撮る。
そう、カフェの壁には月影先生がマヤに厳しい稽古をつけているシーンのパネルがかかっているのだ。
おっかねぇ月影先生に囲まれて頂くプリンパフェはなかなかオツでは、ありましたよ。


そうそう。
『がらかめ』と言ったら忘れちゃならねぇ、お約束!
ちゃあんとありましたよ。

それと、顏ハメパネル。
あんまはめようとおもわないけど、一応・・・。




ということで、すんげー楽しい展示会でした。
こんなに楽しいの、初めてかも(いつもは尊敬の念だけが強調されるので)。
うひゃひゃひゃひゃ。


オタクの血が騒ぐ comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/6718
<< NEW | TOP | OLD>>