部屋には古い暖炉があるのよ。

なぜだ。
なぜ『暖炉』ときくとときめいてしまうのか。
最近は『囲炉裏』にもえもいわれぬ憧憬の心を抱いてしまうのだがおそらく根底はつながっているとおもう。

『囲炉裏』も無理だがこの『暖炉』も我が家には似合わないなぁ。
ありふれた日常 comments(2) trackbacks(0)
Comment








>juju様

なんと、教室の壁下半分が暖炉のような暖房装置?!
それは風流だったのではないでしょうか。
韓国の暖房に似た感じでしょうかね?
空気も乾燥せず、程よく温まる、いい装置のような気がします。
でも牛乳瓶が割れちゃうのは困りますね(^_^;)
from. 夏葉 | 2017/09/18 12:55 |
なかなか想像できないかもしれませんが、
私が通っていたころの中学は古い校舎で、
暖房は壁の下半分の一面の暖炉みたいなものだったんですよ。
石炭をくべて燃やすと、石のような壁の下半分が空洞になってて温かい空気が伝わっていくんです。
よくその前に給食の牛乳とか温めるために置いていて、
ピンが破裂したものでした。
from. juju | 2017/09/18 12:12 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/6730
<< NEW | TOP | OLD>>