アル中たちのいるところ。−2017の秋の静岡は80年代回帰現象−

チケットの争奪戦もそうだけど、ここ数年の我々ファンのテンションというか気合いがかなりなことになってるな〜とは感じていたけど、いやもう、そんなのスパーンと超えるくらいすごかった、この日の静岡。
熱気も、ノリも、歓声も、アンコールも1986〜1988あたりの、凄まじいパワーがあそこにあった。

たぶんその理由は、終盤にセンセイが
「日本平の(オールナイト)コンサート来た人!」
そう問いかけたのに
「はーい!!」
と挙がった手の多さ、だとおもう。
わたしももちろん挙げたけど、雨後の筍・啓蟄後の土筆の如く、にょきにょきと会館に腕が群生していたさまには、ステージのおじぃたちも
「おお〜」
と、素直に感嘆してくれていたもの。
むふふ「動かぬカラダでもいちど」はっちゃけた甲斐があったわ。
わたしなんて、カンレキーズの振付動画見なかったのに、相方が完璧に踊るので、その横に毎回居たらいつの間にかできるようになっちゃってて、無意識に踊ってたくらいだもの(なのでペンライトがもう1本欲しくなってしまいました)!

つーことで静岡がごっつ盛り上がってめっちゃ楽しかったのでした、とご報告申し上げます。
にしてもこの秋センセイが実にきもちよさそうに、朗々と歌い上げていらっさるお姿がたまらなくかわいいです。


追伸。
県民歌は無事に斉唱されました。
ALFEE comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/6754
<< NEW | TOP | OLD>>