会津若松で『ブラタモ』なぞり−その2−
これまで数回行った『ブラタモリ』なぞりの旅ですが、予習(録画を見直す)をせずに行ったことを悔やんだことはありません。
なのに「さざえ堂」に行くだけでも「帰宅して録画を見直してショックを受けた」のが3回も発生した今回。
そんななかでもっとも
「うわーん!」
と悔やんで嘆くことになったのが、実は泊まった宿でした。
この乗り鉄企画はJR東の【びゅう】のプランで行ったので、宿もJR推奨の候補から選びます。そこから、お風呂がもっともよさげだった宿を、わたしがチョイスしたのですが。
そこは【御宿 東鳳(おんやど とうほう)
ここの宙(そら)の湯という露天風呂が、期待どおりでとてもよかった! ので、ホクホクと満足したわけですが、それこそ帰宅して録画した『ブラタモリ』見たら・・・・・。
ブラタモ御一行が来てたー!!

なぜ来たかと言うと、この会津という地が典型的な扇状地であり、その扇状地の根本(?)というか、はじまる地形である
扇頂(せんちょう)から、扇形に広がった地形を確認できる場所に行きましょう、てことで来ていたのです!
タモリさんも褒めてたその立地。
でも名前は変わってなかったっす(あたりまえ)。
ああでも、ちゃんと予習しておけば、タモさん御一行が扇状地の地形を確認したこの(↓)レストランにわたしも行ったのに。

本来なら偶然とはいえ、番組に関わった宿に泊まったことを喜ぶべきところを、なぞり重視で考えると悔やまれるのであります。
ということで、これが「帰宅して」ショックのそのい箸覆蠅泙后



ですが当日のわたしはそんなことはつゆ知らず、温泉がよかったわぁ、と上機嫌で宿をあとにし、市内観光へと向かっていました。
そしてまずは「さざえ堂」を訪れたのは前回書いたとおり。
今回は「さざえ堂」の次に向かった鶴ヶ城なのですが、こちらもいきなりブラタモ御一行とは逆から入っていたことが帰宅して・・・(ショックそのァ法
番組のルートマップをご覧ください。
※大きい画面はコチラ
タモリさんたちは椿坂側から入っています。
なのに我々ときたら、反対側(マップでいうと右下)の “廊下橋” 側から入りました。
この橋です。

調べたら、もともとはこちらが城の正面入り口だったとか。また、葦名氏が城主の頃は屋根があったみたいです。
敵が攻めてきたら落とせるようになってる構造が一目瞭然、なのが面白いです。
しかも石垣が高い!(↓)
20mあるそうですから、確かに、橋を落とされたら堀を渡るのは容易ではなかったでしょう。
この橋と石垣を見られたから、こちらから入ったのは正解だったのかも、と己をなぐさめてみる(でもやっぱり残念)。

そしてうねうねと曲がりくねる登城路をゆくと、見えてくるのが天守閣です。
番組でも写真が出ていましたが、この天守閣は戊辰戦争でボロボロにされます。(↓)

ですからいまのこの姿は復元されたものです。
それでも凛々しくて優美ですね。
とはいえここでも帰宅してショックそのΔ生じます。
番組ではブラタモ御一行は天守に登っていたのですが、我々は時間がなくて外から眺めただけ、だったからです。
もうほんと、ぜんぜんダメじゃん。
でも天守閣は美しい。

お城の撮影は快晴の空の下に限るなぁ・・・。
表門(鉄門)。

そしてこのお城というか会津藩は、藩主がめまぐるしく変わっているのも特徴です。
歴代藩主の家紋一覧。私的には「上杉」にときめきメモリアル。



というところで帰りの新幹線に間に合うように会津を出なければならない時間が迫ってきており、急ぎ駅に戻ったのです。
いや、ほんとはもっとゆっくり観光したかったです。
またまた帰宅してショックそのГ任垢、街中にあるお堀の痕跡とか


門のあとの石垣とか

城攻めを防ぐクランクとか


用水路の水を均等に流すための工夫のクランクとか

見たかったよーー!! 
わーん(号泣)。

よし、こうなったら会津へはリベンジ観光だ!
いつかまた、きっと行くぞ!
ということで『ブラタモ』なぞり会津若松編はおしまいです。

おつきあいありがとうございました。


おまけ。
会津若松駅のショット数点。
駅外観(↓)

でっかい車輪(↓)は?

SLのもの。

駅舎の正面の壁の時計がオモシロかったので(↓)




さてところで。

こんど、アルコンで高松公演に行く方がいたらお願い!
わたしの代わりに『ブラタモ』なぞりをしてきてくださいませ。

ていうのも、公演の会館である『高知市文化プラザ かるぽーと』の近所と真ん前がブラタモリで!
この写真右の建物がかるぽーとなの!
そんでここの広場の下から堀が開渠になってるの!


あと、会館までの道にも堀の名残とかあるの!

ぜひ、そこを確かめてきてください!

お願いなのだーーー!!!!

ブラタモなぞり comments(2) trackbacks(0)
Comment








>T'sTさん

そうなのよ、会津、よかったのよ。
リベンジしたいから、行きましょう!
from. 夏葉 | 2017/10/22 17:03 |
会津もいいねぇ♪
from. T’s T | 2017/10/22 10:53 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/6758
©2004 瀬戸際日記Neo.
<< NEW | TOP | OLD>>