女に生まれて−その2−


なにが恐ろしいかって、このマンガ、天下の『資生堂』さんが公開している、ということだ。


女の大半はこの「ダルちゃん」と「サトウさん」要素を持ち合わせているはずだ。
でもって「ダルちゃん」要素を上手に溶解し、飼いならし、昇華できた人がつまりは、自虐的・ギャグ的・半分本気で使う「女子力が高い」のだとおもう。
そして残念ながら(?)「サトウさん」の要素が濃くなってしまうと、その対極を生きるようになるわけだ。

どっちが正解、なんて決まってないけど、どっちにしてもめんどくさい。
そりゃ化粧でもしなきゃ「やってらんねぇ」よな。
ちなみにわたしの化粧下地は「マキアージュ パーフェクトマルチベースBB」だ。







どうでもいい話 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/6778
<< NEW | TOP | OLD>>