ザッツ・エンタテインメント!

この楽団の名前にピンとこなくても、この楽団が生み出したメロディーはきっと誰もが一度は耳にしたことがあるはず。
たとえばいまなら『KIRIN 一番搾り』のCMの鼻歌(以前わたしが「育てる」ってなんやねん! と文句言ったやつのシリーズ)。
あれはグレン・ミラーの『茶色の小瓶』という名曲なのだ。


または『SUZUKI ワゴンR』のCMのBGM。
こちらは『イン・ザ・ムード』(わたしがいちばんすきな曲)で、これもまた有名。

ことほどさように彼らの楽曲は我々の周囲にいつのまにか流れているのだ。

昨日のセトリもそんなナンバーで埋め尽くされていて、もうかっこいいったら、なかった!!
言っちゃなんだけど、やっぱ本場は凄い。同じ楽器編成なのに、夏に聴いた日本の楽団とはなにかが違った。
たぶん人種のDNAに組み込まれたリズム感、なんだろーなー。
「パパンがパン」がDNAの日本人にはまだまだ遠い、スイングのリズムなのだ。
ああ、素晴らしかった、また行きたいなー。


ところで。
こういうビックバンド形態のライブが初めてなので、ステージ中央で指揮を執る男性がボーカル曲で歌い始めたときはつい
「オマエが歌うんかい!」
とココロの中で突っ込んでしまいました。


2017.12.3 グレン・ミラー・オーケストラ 
於:Bunkamura オーチャードホール

・MOONLIGHT SERENADE
・CARIBBEAN CLIPPER
・(I'VE COT A GAL IN)KALAMAZOO
・BLUEBERRY HILL
・A STRING OF PEARLS(真珠の首飾り)
・ALMOST LIKE BEING IN LOVE
・I'M GLAD THERE IS YOU
・TUXEDO JUNCTION
・AT SUNDOWN
・FALLING LEAVES
・AT LONG LAST LOVE
・AMERICAN PATROL
・LIKE THE FLOW OF THE RIVER(川の流れのように/カバー)※
・IT HAPPENED IN SUN VALLEY
・DON'T SIT UNDER THE APPLE TREE
  (WITH ANYONE ELSE BUT ME)

 −intermission−

・SKYLINER
・I'M OLD FASHIONED
・PENNSYLVANIA 6-5000
・THE RHUMBA JUMPS
・LOVE ME OR LEAVE ME
・LITTLE BROWN JUG(茶色の小瓶)
・SLUMBER SONG
・CHATTANOOGA CHOO CHOO
・MY WAY
・IN THE MOOD(イン・ザ・ムード)
・MOONLIGHT SERENADE

 −アンコール:確認できず−

※日本公演限定プログラム







オールドファッション comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/6784
<< NEW | TOP | OLD>>