なぞりのコラボレーション。−序章−

なんとまあ、もう如月に突入してしまった。

なぞりを実施したのは昨年末だったのに。

ということで、べつに誰も待ってないし、今更なんですが、城ホール通年ファイナル翌日に決行したタモさん番組ふたつの「なぞり」クロニクルを、ようやく書いてみる次第です。


で、"タモさん番組ふたつ" とはなんぞや? から解説していくとひとつは『ブラタモリ』でしょ! と皆様推測できたと存じますが、もうひとつの番組は、と申せばそれは『タモリ倶楽部』であります。

というか、今回は『タモリ倶楽部』なぞりのほうがメインだったのです。


それが放送されたのは、京都に【鉄道博物館】がオープンした2016年の春の大型連休中のこと。京都方面の鉄道に関するネタで、3週にわたってひっぱりました。

そのうちの主に2週目と3週目でオンエアされたこれ(↓)

これをなぞってやろうではないか! ということで、2017年ツアー全日程終了を寿ぐこともそこそこに(そこそこ?!)、我々は大阪から京都へ、むかったのであります。


そもそも、番組で言う「京阪電車と比叡山横断乗り物ツアー」とはどんな行程か? というところから始めますが、それはこんな感じです(↓)

これを見ただけで、どんな強行軍やねん! とお解りいただけたかと存じます。

そして実際、強行軍過ぎて、我々のような素人集団(車を準備してくれるスタッフも居ない、臨時電車を走らせてもらえるコネも無い)では一日で、まして年末の時期にはこのルートどおりには進めないことが、事前準備で判明してしまいました。

ので仕方なく、少なくとも浜大津(びわ湖ホールに行ったことある方には懐かしいでしょう)までは行って、時間があれば三井寺の琵琶湖疏水大津関門を見よう、ということにしました。

ところがその時。

【琵琶湖疏水】

という言葉に、わたしの記憶が刺激されました。

そういえば『ブラタモリ』の今シーズン直前SPで、琵琶湖疏水やってた・・・! という記憶が。

そしてマイ・アーカイブを調べたら、やっぱりありました!

2015年1月と3月に「京都」で南禅寺裏手の【水路閣】と【蹴上インクライン】をとりあげてました。


よっしゃーーー! こりゃ行かねばーーーー!


と、企画・立案係の特権乱用して、ここに立ち寄る独自のルートを組み立て、当日はそれに沿って、行動していたわけです。


ということでその「なぞり」をこのあと、披露していきます。

例によって長いので、お時間のある方のみ、お付き合いください。

それでは次回より始めます。




ブラタモなぞり comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hikigiwa.setogiwa-anex.coolblog.jp/trackback/6825
Text:©2004 瀬戸際日記Neo.
<< NEW | TOP | OLD>>